バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧

カレンダー 

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

嗚呼、波乱盤上4~90年代最高の女性アーティストにして青春の象徴ZARD~その3

仕事の関係と総評の関係で間が空いてしまいましたが、今回でZARD編終了となります。

副題は「ZARDと私~大切なことはZARDから学んだ」になりましょうか・・・。




▽続きを読む▽
スポンサーサイト




2007/06/26 23:02|嗚呼、波乱盤上トラックバック:0コメント:2

嗚呼、波乱盤上4~90年代最高の女性アーティストにして青春の象徴ZARD~その2

少し間が空きましたが、波乱盤上「ZARD」編の続きをやります。




▽続きを読む▽



2007/06/04 23:24|嗚呼、波乱盤上トラックバック:0コメント:0

嗚呼、波乱盤上4~90年代最高の女性アーティストにして青春の象徴ZARD~その1

先日お亡くなりになった坂井さんに追悼の意を込め、久しぶりの「波乱盤上」でZARDを取り上げることにいたしました。

今こうやって歌姫作品のレビューをブログで行っているのには、彼女の存在・影響があってのものだと思います。彼女は自分にとって本格的なファンになった最初の歌姫。彼女が居なければビーイング系列の音楽や日本人の歌姫に興味・関心を持つことはなかったかもしれません。

こうやってあれこれ書いているとキリがつかないのですけど、本題に移ります。


(*5月31日 21:55分松田聖子のいとこであるという文面は事実ではないとの指摘を受け、さらに事実であるとの確証が得られなかったので削除しました。ご了承下さい。)




▽続きを読む▽



2007/05/30 01:44|嗚呼、波乱盤上トラックバック:0コメント:12

嗚呼、波乱盤上~3:天上界の音楽を紡ぐ現代音楽の巨匠新居昭乃~その2

新居巨匠編の続き。





▽続きを読む▽



2006/08/18 01:19|嗚呼、波乱盤上トラックバック:0コメント:5

嗚呼、波乱盤上~3:天上界の音楽を紡ぐ現代音楽の巨匠新居昭乃~その1

個人的に、今年の音楽シーンにおいてプログレならびにプログレ的音楽の台頭を感じてならないのだが、やはりそういった音楽におけるパイオニアとも言える存在であるのが、この新居昭乃であろう。

そもそも存在自体が一般的に認知されているわけでもない。が、新譜を出せば確実にオリコン上位に入るぐらいには作品は売れている。が、アニメの歴史を彩ってきた名作アニメの主題歌・サントラばかりと言うこともあり、未だにアニメ歌手とのイメージが強いのが残念であるが、実際にはそれらのみならず、企業CMの音楽の作曲やチャラや種ともこのバックアップを努めたこともあるなど、その活動振りは正確に把握するのが困難なほど多岐にわたっている。
最新の仕事として、あの「ゲド戦記」の主題歌「時の歌」の作詞・作曲を手がけている。このことだけを見ても彼女の凄さの断片をうかがい知ることが出来よう。有力なアニメ作品、アニメ史を代表する作品の主題歌の作曲者・歌い手として彼女の名が刻まれていることは多い。一般人には余り知られていないが、知らず知らずのうちに彼女の音楽を耳にしたことがある人も多いのである。

そういう意味においても、彼女は現代の音楽を考える上で決してはずすことの出来ない、まさに「巨匠」と称すべき希代のアーティストなのである。個人的には、服部良一・古賀政男・久石譲・千住明・筒美京平とかといった作曲家に匹敵するとすら思っている。私にとって彼女は歌手やアーティストではなく「名音楽家」なのである。それは、私が高評価している他のアーティストとの決定的な違いであり、彼女が私にとって特別な存在となっている最大の理由でもあろう。

今回はその巨匠新居昭乃を取り上げる。





▽続きを読む▽



2006/08/16 02:01|嗚呼、波乱盤上トラックバック:0コメント:0

嗚呼、波乱盤上~2:美と混沌と激情を支配するシャーマンHEAD PHONES PRESIDENT 2

今回はHPPの作品~お勧め作品などについて解説していきます。




▽続きを読む▽



2006/07/25 23:06|嗚呼、波乱盤上トラックバック:0コメント:4

嗚呼、波乱盤上~2:美と混沌と激情を支配するシャーマンHEAD PHONES PRESIDENT

だいぶ間があいて申し訳ありません。

今回の波乱盤上で取り上げるのは、恐らく当ブログをご覧になっている人の殆どが知らないであろうHEAD PHONES PRESIDENTです。本当に無名ではありますが、その筋ではかなり有名なグループであり、間違いなく世界的に見ても最高レベルの実力と魅力とを有す化物アーティスト集団だと思います。今、管理人がとてもはまってもいますね。

へっぽこな文章、内容となりますが、少しでも彼らの凄さを表現できたらと思います。







▽続きを読む▽



2006/07/24 01:21|嗚呼、波乱盤上トラックバック:0コメント:0

嗚呼、波乱盤上~1・現代メタル・プログレの重鎮DREAM THEATER~その2

波乱盤上2回目です。ドリーム・シアター後編ですね。だいぶ長いですが、ご覧いただければ幸いです。

▽続きを読む▽



2006/06/03 22:02|嗚呼、波乱盤上トラックバック:0コメント:5

嗚呼、波乱盤上~1・現代メタル・プログレの重鎮DREAM THEATER~その1

いよいよ新コーナー開始!!

記念すべき第一回目は現在のメタル、プログレ、プログレメタルを考える上で絶対に避けては通れないDREAM THEATER(通称ドリムシ)を取り上げます。

▽続きを読む▽



2006/05/28 20:18|嗚呼、波乱盤上トラックバック:0コメント:0

新コーナー始めます

まるで、もうすぐラーメン屋や中華料理屋の店頭で掲示されるであろう「冷やし中華始めました」的タイトルでございますが・・・。


唐突ながら今までやっていた「早聴き小僧!!」を辞め新コーナーを始めます。カテゴリーの名前は「嗚呼、波乱盤上」~最強アーティスト列伝とします。

月1回か2回(早聴き小僧!!の代わりに)ぐらいをめどに、管理人のリスナー人生において絶大な影響を与えたアーティストやその作品、果てまた楽曲について国籍、時代、ジャンル関係なく紹介していく予定です。

以前「歌姫バカ一代」でやっていた「一期一会」と被るところもありますが、こちらでは「アーティスト解説」「アーティストや作品と管理人との関わり」「お勧め作品」「お勧め楽曲」といった点を重視して書いていけたらと考えているのですが・・・。


とりあえず記念すべき第一回目は「DREAM THEATER」を取り上げる予定です。来週の休みにでもやれたらと思いますね。








▽続きを読む▽



2006/05/22 00:45|嗚呼、波乱盤上トラックバック:0コメント:0

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。