バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 次ページ >>

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

ファイナルカウントダウン~2009年上半期~各部門受賞者候補発表!!

当ブログの更新も残りわずかとなりました。今回は最終更新記事になる上半期エンタメ総評のうち、音楽総評を行います。毎度の如くですが、まずは各部門の受賞者候補を発表いたします。


・「最優秀アーティスト候補」
・「最優秀新人賞候補」
・「優秀新人賞候補」
・「最優秀ライブ候補」
・「最優秀作曲者候補」
・「最優秀編曲者候補」
・「最優秀ボーカリスト候補」
・「最優秀作詞者賞候補」
・「管理人特別賞候補」
・「最優秀楽曲候補曲」

が対象となりますが、今回は「ブーイングアーティスト」に関しては選出致しません。

<概ね作成終了 但し、楽曲選出に関しては追加の可能性あり>

▽続きを読む▽
スポンサーサイト




2009/06/25 22:34|音楽総評トラックバック:0コメント:0

2008年音楽総評~ベストアルバム20発表~その2 ベスト10発表!!

ベストアルバム発表、今回で終了します。これで全作発表となりますが、いかがでしょうか?

ご感想や他のお勧め作品等教えてただけると幸いです。






▽続きを読む▽



2009/01/05 19:56|音楽総評トラックバック:1コメント:7

2008年音楽総評~ベストアルバム20発表~その1上位作品以外

今回は、上位8作品上位10作品以外の作品を紹介します。基本1~20位と順位をつけはしますが、大まかなランクの区切りとしては、1~3位、4位~10位、それ以降となりますか。11位以降の作品は実質順不同といってもいいかもしれません。今回はコメントなし。コメントはベスト10作品につけます。



▽続きを読む▽



2009/01/03 23:26|音楽総評トラックバック:0コメント:0

2008年音楽総評~ベストアルバム20発表~番外編

遅れましたがようやく2008年の個人的ベストアルバムを発表いたします。とは言え、今回は、残念ながらの選出漏れ作品となりますが・・・。さくっと紹介していきますよ。

結局、陰陽座とAira Mitukiは聴けませんでしたが・・・。


今年は個人的な事情もあり、例年の6・7割ほどしか聴けなかったのですけど、いい作品が多かった当たり年だと思います。なんだかんだと業界に対して言いつつも、ここ数年の作品レベルは結構高いと思いますね。




▽続きを読む▽



2009/01/02 19:01|音楽総評トラックバック:0コメント:0

2008年音楽総評~総評の総評~女性ボーカルグループ・バンドの復調傾向と格差~その2

一回で終わらせられなかったので、今回も続けます。今回は、先日選出した各賞に対する感想・解説らしきものを書いていきます。




▽続きを読む▽



2008/12/13 18:11|音楽総評トラックバック:0コメント:6

2008年音楽総評~総評の総評~女性ボーカルグループ・バンドの復調傾向と格差

今回は前回の総評~今年の音楽総評各賞~の結果の解説らしきものと、今年1年のシーンに対して感じた個人的感想・見解などをざっくばらんと書いていきたいと思います。




▽続きを読む▽



2008/12/12 21:46|音楽総評トラックバック:0コメント:0

2008年音楽総評~各部門受賞者・受賞曲発表!!

陰陽座のアルバムを聴けてないなど若干の不足点があるにはありますが、今年も例年通り私的音楽総評の第1弾、各部門受賞者・受賞曲を発表したいと思います。

選出対象となる項目ですが、例年と同じく、

・「最優秀アーティスト賞」
・「最優秀新人賞」
・「優秀新人賞」
・「最優秀ライブ賞」
・「最優秀作曲者賞」
・「最優秀編曲者賞」
・「最優秀ボーカリスト賞」
・「最優秀作詞者賞」
・「管理人特別賞」
・「最優秀楽曲」
・「最優秀楽曲最終選出残留曲 」


となります。



▽続きを読む▽



2008/12/11 23:42|音楽総評トラックバック:0コメント:4

上半期有力アルバム発表!!

今までと同様10作品選出しますが、きちんと聴けていない作品が多いため今回はあえて順位をつけません。ハイカラ・青山テルマ・木村カエラなどなどの作品聴けておりませんので。

まず、選出漏れの作品ですが、


・安藤裕子:「chronicle.」
・奥華子:「恋手紙」
・タイナカサチ:「Love is...」
・ステファニー:「ステファニー」
・菅野よう子・中島愛・May'n:「娘フロ」
・Gulliver Get:「episode~桜の木の下で~」
・島みやえい子:「ひかりなでしこ」
・川田まみ:「SAVIA」


辺りかと・・・。




▽続きを読む▽



2008/07/02 02:22|音楽総評トラックバック:0コメント:4

2008年上半期音楽総評~各部門受賞者発表!!

恒例の音楽総評を複数回に分けて行っていきます。 まず今回は各私的音楽賞の受賞者を発表します。

但し、今年に入ってから管理人を取り巻く環境が激変し、音楽を聴く・アーティストをチェックする時間がほとんどなくなってしまったことから、「邦楽歌姫」関連ブログの一環としての私的音楽総評は今回を最後にしようと考えているところです。CDレビューに関しては今後も続けていこうと思っていますが、総評となるとどうにも自分で自分を納得させられるだけの最低限の聴き込み・チェックすら出来ておりませんので・・・。

で、毎度のこと選出各賞は↓

・「最優秀アーティスト候補」
・「最優秀新人賞候補」
・「優秀新人賞候補」
・「最優秀ライブ候補」
・「最優秀作曲者候補」
・「最優秀編曲者候補」
・「最優秀ボーカリスト候補」
・「最優秀作詞者賞候補」
・「管理人特別賞候補」
・「ブーイングアーティスト大賞候補」
・「最優秀楽曲候補曲」


となります。




▽続きを読む▽



2008/06/30 23:50|音楽総評トラックバック:0コメント:2

2007年音楽シーン総評~「総評の総評」(アルバム総評も踏まえて)3~流行における男性排除のメカニズム

今回は、アニメ・ゲームサントラ業界と、今最もアツイグループである某グループの人気形成に大きく関わっていると個人的に考えていることについて書いていきます。


はっきりいって今まで以上に論理的根拠はありません。ただ漠然と管理人が勝手気ままに思っていることを率直に記したものです。こんな風に考えている人もいるのだな~と気軽に思っていただけたら幸いです。




▽続きを読む▽



2008/01/20 01:29|音楽総評トラックバック:0コメント:1

2007年音楽シーン総評~「総評の総評」(アルバム総評も踏まえて)2

総評の続きをやっていきますよ。

今回はメジャーシーンに魅力を感じない、ぱっとしなくなっているその理由等に関し個人的見解を示していく。

▽続きを読む▽



2008/01/01 21:33|音楽総評トラックバック:0コメント:0

2007年音楽シーン総評~「総評の総評」(アルバム総評も踏まえて) 

いいものを書ける自信はありませんが、今年もあと数日で終わりということもあり、がんばって書いていこうと思います。



▽続きを読む▽



2007/12/27 23:22|音楽総評トラックバック:0コメント:2

2007年音楽シーン総評~ベストアルバム10位~1位

早いですが今回でベスト10のすべての作品を発表します。



▽続きを読む▽



2007/12/24 01:27|音楽総評トラックバック:2コメント:5

2007年音楽シーン総評~ベストアルバム20位~11位~今年も凄い

まだ、聴きたいけど聴けていない作品がちらほらございますが、諸事情もありここでスパッと切って2007年のアルバムベスト20を発表したいと思います。今年はざっとですが、プライベートで購入ないしはレンタルしてしっかり聴きこんだアルバムは100枚くらい。そうでないものを含めると200枚近く聴いているのではと思います。最近は自分の時間がかなり少なくなってはいますが、聴いている量は何か増えてきていますね(汗)

その大半をレビューしておらず申し訳ないのですが・・・。


ま、それはさておき、今回は20位~11位までを発表します。

出来れば簡単ながら作品に対する感想・コメントを付けらたらと思うのですが・・・。


今年は名盤入りの数こそ昨年より少ないですが、選出した作品の全体的な完成度に関しては今年の方が上だと思います。昨年は80点前半の作品も選出されていますが、今年は恐らくないでしょう。それほどまでに今年はレベルが高かったですね。人それぞれ感想・ご意見がありましょうが、個人的には「メジャーアーティストの不振」を除き昨年と同様、大変満足できる女性音楽シーンでありました。

ちなみに、

・昨年の20位~11位はこちら
・昨年の10位~1位はこちら
・今年上半期の10位~1位はこちら

をご覧下さい。


今回のランキングに入ると思われる今年のシーンを席巻した某グループのアルバムは、一応今年の作品ではありますが、昨年に発売された作品の再発盤につき、その順位に関しては「暫定順位」として付けることにいたします。ご了承ください。

尚、上半期で紹介した順位と変わる場合もございますのであわせてご了承ください。




▽続きを読む▽



2007/12/21 22:15|音楽総評トラックバック:1コメント:2

2007年音楽総評~各部門受賞者発表!!

さて、早いもので今年もあと10日ほどで終わりとなります。

というわけで、恒例の音楽総評を複数回に分けて行っていきます。

まず今回は各私的音楽賞の受賞者を発表します。
選出対象となる項目ですが、毎度御なじみであると思いますが、


・「最優秀アーティスト賞」
・「最優秀新人賞」
・「優秀新人賞」
・「最優秀ライブ賞」
・「最優秀作曲者賞」
・「最優秀編曲者賞」
・「最優秀ボーカリスト賞」
・「最優秀作詞者賞」
・「管理人特別賞」
・「最優秀楽曲」
・「最優秀楽曲最終選出残留曲 」



以上の項目に関し選出いたします。各賞の説明及び選出基準に関しては、こちらをご覧下さい。


尚、今年は「最優秀作詞曲賞」に代わり「最優秀作詞者賞」を設けることにいたしました。ご了承ください。




▽続きを読む▽



2007/12/20 01:31|音楽総評トラックバック:0コメント:0

2007年音楽総評~アーティストランキング発表!!

本日、HEAD PHONES PRESIDENTとALHAMBRAの新譜を購入・試聴したことを受け、今年の私的音楽総評に絡む各々の大勢が決しました。まだ、年内にライブ鑑賞の予定を残してはいるのですが、各賞を完全決定→公開するまでに消化しきれると思いますので影響はないでしょう。

さて、今年の音楽シーン=邦楽女性アーティストシーンの雑感を述べますと、個人的には史上最高と思われた昨年にはわずかに及ばなかったものの、それに準ずる内容・結果であったと思います。特に旧レビュー方式における90点以上・新レビュー方式におけるAA以上の評価をつけた作品数に関しては、史上最高でありました。例年であるのなら、ベストアルバム20に関し、下手をすればA-(旧レビューでは80点台前半相当)評価の作品を選出することがあるのですが、今年はA(80点台半ばに相当)評価の作品すら選出されるかどうか・・・。
それほどまでに良作でひしめいていました。

ほんと、個人的に感謝感激の一年でありました。ただ、総評などで書けたらと思いますし、当記事本編を読んでいただけたらよくお分かりいただけると思いますが、メジャーシーンは極一部のアーティストを除き実に振るわない結果となりました。メジャー、マイナー問わず良いものを紹介・評価していくという当サイトの基本絶対方針ではありますが、今年の私的音楽総評各賞に関しては、その殆どが一般音楽雑誌やテレビに出てこないアーティストで占められる結果になってしまいました。


と、話が結構脱線しましたが、私的音楽総評の第1弾として、アーティストランキングを公開します。
私的音楽賞各賞に関しては、来週の終わりに予定しています。


<上半期の結果とランキングの解説はこちら>


今回はかなり加入者が多くなりましたね!!




▽続きを読む▽



2007/12/13 14:55|音楽総評トラックバック:0コメント:7

1曲選べと言うけれど・・・~悩める秋

10月になりました。今年ももう残り3ヶ月を切りましたですね。

どの業界においても、個人的にも「年末」を意識し始める時期であると思います。

毎年年末に各種エンタメ関連の私的賞選出している私も、実質は12月の中旬にほぼ決定してしまうことから、あと2ヶ月くらいで選出しなければならない、というわけでして・・・。もう年内のリリースもほぼ決定していることもあり、そろそろ頭の中であれこれ考えたりCDを聴きなおしたり、ということを始めなければならなくなりましたね。

特に最優秀楽曲に関しては、現時点でもかなり悩みまくっております。


まあ、半分手抜き記事ではありますが、現時点での有力候補曲を比較的多めに紹介いたします。


では行ってみよう!!



▽続きを読む▽



2007/10/01 23:38|音楽総評トラックバック:0コメント:5

2007年上半期音楽総評~アーティストランキング発表!!

今回はアーティストランキングを発表します。初めてご覧になられる方もいらっしゃるかと思いますのでその内容を以下に記します。




<新ランキング形式の解説>

階層分けは、「S1」「S2」「A」「B」の4段階といたします。



その内容は、

S1:アルバム・楽曲・歌唱・ライブ活動などにおいて管理人を心底満足させる最高峰のものを見せてくれたアーティスト。

S2:S1アーティストに次ぐものを見せてくれたアーティスト。ないしは、アルバム未発表ながらシングルやライブなどにおいて圧倒的なものを見せてくれたアーティスト。

A:アルバム、シングル、ライブにおいて優秀なものを見せてくれたアーティスト

B:アルバム、シングル、ライブにおいてまずまずのものを見せてくれたアーティスト。



最も優先すべきはアルバムの出来。そして、歌唱やライブ、シングルの出来、テレビをはじめとした対外活動をそれに加味し、「管理人の独断と偏見」でランク付け(階層分け)していきます。原則下の階層になるほどアーティスト数が増えるようにするつもりではありますが、率直にアーティストの階層分けを行いたいので、必ずしも各階層ごとで人数制限などは行いません。

最後に。この4つの階層に選出したアーティストは、管理人が高い評価をしている、ないしは好きである、とお考え下さい。

ちなみに2006年は「こちら」




▽続きを読む▽



2007/06/25 02:03|音楽総評トラックバック:0コメント:2

2007年上半期音楽総評~ベストアルバム10発表!!

本当は、プチレビューで未レビューの作品をざっとレビューしてから上半期ベストアルバム発表しようと思っていたのですが・・・。諸所の、自分にはどうしようもない理由によりあえなくその思いが費えたので、発表することにしました。


今回は、久しぶりに「低調」になりましたね。当初の予想より選出にてこずりました。まあ、名盤入りが5作、90~94点の作品が2作も出た昨年が異常すぎたのですが・・・。それにしても、何とか10作を選出できた、という感じです。聴いた枚数が例年よりも少ないことがあるでしょうが、それ以上に全体的に出来が悪かったように思います。A-以下の作品をどうにも選出する気になれなくて・・・。







▽続きを読む▽



2007/06/24 00:43|音楽総評トラックバック:1コメント:13

2007年上半期音楽総評~各部門受賞者発表!!

さて、早いもので今年の上半期もあと10日ほどで終わりとなります。

というわけで、恒例の音楽総評を複数回に分けて行っていきます。

まず今回は各私的音楽賞の受賞者を発表します。以前の映画評のところでも書きましたが、最終的には1年を単位に受賞者を発表しますので、今回の発表はそれに向けての候補者・曲・作品選びであるとお考え下さい。今回は今まで以上に大目に候補者・曲を選出しています。なぁに、増えた分は後で減らしますよ(えっ!!?)。

選出対象となる項目ですが、毎度御なじみ


・「最優秀アーティスト候補」
・「最優秀新人賞候補」
・「優秀新人賞候補」
・「最優秀ライブ候補」
・「最優秀作曲者候補」
・「最優秀編曲者候補」
・「最優秀ボーカリスト候補」
・「管理人特別賞候補」
・「最優秀楽曲候補曲」
・「最優秀作詞曲候補曲」
・「ブーイングアーティスト大賞候補」



各賞の説明及び選出基準に関しては、こちらをご覧下さい。


<作成終了!! 但し、今月いっぱいまでは変更の可能性があります ご了承下さい。>

▽続きを読む▽



2007/06/21 00:01|音楽総評トラックバック:0コメント:4

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。