バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧

カレンダー 

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

ライブレポ~星田紫帆ラストライブ~12・24日京都VOX HALL

残念ながら年内を持ってソロ活動を休止することになった星田さんのラストライブの感想を書いていきます。

ライブが行われたのはイブの日でしたが、最高の感動と悲しみとを強く感じさせられたとても印象・思い出に残るライブでありました。

ソロでは日の目を見ることなく終わりはしましたが、彼女の余りあるアーティストとしての実力・魅力はそんなこと関係なしに凄まじいものがありました・・・。くどいですが、ほんと残念でもったいない・・・。会場に来た皆がきっとそう思ったことでしょう。


まずはセットリスト。


1・ほどけた指
2・終わらない願い
3・願いとかたち(新曲)
4・爪痕
5・心ノママ(未発表曲)
6・儚 ―ヒトユメ―(新曲)
7・TRAGIC LOVE

個々の感想は後ほど。



▽続きを読む▽
スポンサーサイト




2007/12/30 22:20|ライブ・イベントレポートトラックバック:0コメント:4

2007年音楽シーン総評~「総評の総評」(アルバム総評も踏まえて) 

いいものを書ける自信はありませんが、今年もあと数日で終わりということもあり、がんばって書いていこうと思います。



▽続きを読む▽



2007/12/27 23:22|音楽総評トラックバック:0コメント:2

京阪のバンドはレベルが高いよ!!

ほっしーこと星田紫帆のラストライブを見たいがために、VOX HALLでのほっしーを含めた合同ライブに参加してきました。


そう遠くない以前、○○ナイトにおける某2アーティストのしょぼさや、某ライブハウスで某帝王の前にやった2組のバンドのあまりの雑魚さに辟易した私にとって、インディーズアーティストライブにおける本命以外のアーティストの存在はトラウマと言うべきものになっていたのですが。今回のライブにおいても、ほっしー以外の面々がどうであるかを異常に心配していました。

しかし、非常にレベルが高かったですね。京阪神のインディーズシーンの凄さを垣間見た気がします。

ほっしーのラストライブレポは機会があれば書くとして、今回は彼女以外のアーティストについて感想を簡単に述べていきます。

ちなみに某所の訂正加筆版。




▽続きを読む▽



2007/12/26 01:57|ライブ・イベントレポートトラックバック:0コメント:4

2007年音楽シーン総評~ベストアルバム10位~1位

早いですが今回でベスト10のすべての作品を発表します。



▽続きを読む▽



2007/12/24 01:27|音楽総評トラックバック:2コメント:5

2007年音楽シーン総評~ベストアルバム20位~11位~今年も凄い

まだ、聴きたいけど聴けていない作品がちらほらございますが、諸事情もありここでスパッと切って2007年のアルバムベスト20を発表したいと思います。今年はざっとですが、プライベートで購入ないしはレンタルしてしっかり聴きこんだアルバムは100枚くらい。そうでないものを含めると200枚近く聴いているのではと思います。最近は自分の時間がかなり少なくなってはいますが、聴いている量は何か増えてきていますね(汗)

その大半をレビューしておらず申し訳ないのですが・・・。


ま、それはさておき、今回は20位~11位までを発表します。

出来れば簡単ながら作品に対する感想・コメントを付けらたらと思うのですが・・・。


今年は名盤入りの数こそ昨年より少ないですが、選出した作品の全体的な完成度に関しては今年の方が上だと思います。昨年は80点前半の作品も選出されていますが、今年は恐らくないでしょう。それほどまでに今年はレベルが高かったですね。人それぞれ感想・ご意見がありましょうが、個人的には「メジャーアーティストの不振」を除き昨年と同様、大変満足できる女性音楽シーンでありました。

ちなみに、

・昨年の20位~11位はこちら
・昨年の10位~1位はこちら
・今年上半期の10位~1位はこちら

をご覧下さい。


今回のランキングに入ると思われる今年のシーンを席巻した某グループのアルバムは、一応今年の作品ではありますが、昨年に発売された作品の再発盤につき、その順位に関しては「暫定順位」として付けることにいたします。ご了承ください。

尚、上半期で紹介した順位と変わる場合もございますのであわせてご了承ください。




▽続きを読む▽



2007/12/21 22:15|音楽総評トラックバック:1コメント:2

2007年音楽総評~各部門受賞者発表!!

さて、早いもので今年もあと10日ほどで終わりとなります。

というわけで、恒例の音楽総評を複数回に分けて行っていきます。

まず今回は各私的音楽賞の受賞者を発表します。
選出対象となる項目ですが、毎度御なじみであると思いますが、


・「最優秀アーティスト賞」
・「最優秀新人賞」
・「優秀新人賞」
・「最優秀ライブ賞」
・「最優秀作曲者賞」
・「最優秀編曲者賞」
・「最優秀ボーカリスト賞」
・「最優秀作詞者賞」
・「管理人特別賞」
・「最優秀楽曲」
・「最優秀楽曲最終選出残留曲 」



以上の項目に関し選出いたします。各賞の説明及び選出基準に関しては、こちらをご覧下さい。


尚、今年は「最優秀作詞曲賞」に代わり「最優秀作詞者賞」を設けることにいたしました。ご了承ください。




▽続きを読む▽



2007/12/20 01:31|音楽総評トラックバック:0コメント:0

CDレビュー~センス爆発の圧巻の作品

●school food punishment 「air feel,color swim」 評価:S(名盤入り)

ジャンル:ポストロック プログレ エレクトロニカ ニューレイブ  


amalogo111.jpg



1. you may crawl
2. sky step
3. loop,share
4. 煙に白

5. turn
6. 曖昧に逸れる
7. art line
8. transient



<問題点・注意点>



今年のアルバムレビューも残りわずかとなりました。今年の残りでレビューする作品は、皆今年の私的アルバムランキングや音楽賞各賞選出に大きな影響を与えるすばらしい作品ばかりであります。中でも、今回取り上げるSFPの今年早くも2枚目となる今作は、近々レビュー予定の某アルバムと並び今年の最優秀作品最有力候補にふさわしい、誠すばらしい作品でありました・・・。





▽続きを読む▽



2007/12/19 00:30|アルバムレビュートラックバック:0コメント:0

2007年映画総評洋画各賞発表!!

まだやり残していた映画総評洋画編の発表です。例年通り下記の6部門となりますね。

●最優秀洋画作品賞
●最優秀主演男優賞
●最優秀主演女優賞
●最優秀助演男優賞
●最優秀助演女優賞
●最優秀製作者賞


ちなみに上半期は→http://badtzmaru.blog34.fc2.com/blog-entry-554.html#more

▽続きを読む▽



2007/12/17 01:11|映画評トラックバック:0コメント:0

CDレビュー~ガーネットクロウの後釜になるには・・・

●Gulliver Get 「Gulliver GetI~彩~」 評価:A

ジャンル:ジャズ ブルース ポップス ロック ハードロック ファンク


amalogo111.jpg
(2007/12/12)

視聴はこちら→http://gulliverget.net/main.html

1. アヒル(仮)
2. 両手でもたりない

3. 「じゃあね」
4. 街
5. ピース
6. アシタノトビラ
7. 三日月
8. ベイリーズ

9. 僕のすべて
10. 赤い月~あの人に愛されますように~
11. Beating
12. Prayer
13. あいのことば
14. ピース(Bossa)


<問題点・注意点>

1・予想していたよりは地味
2・収録曲が多い






▽続きを読む▽



2007/12/14 18:18|アルバムレビュートラックバック:0コメント:4

2007年音楽総評~アーティストランキング発表!!

本日、HEAD PHONES PRESIDENTとALHAMBRAの新譜を購入・試聴したことを受け、今年の私的音楽総評に絡む各々の大勢が決しました。まだ、年内にライブ鑑賞の予定を残してはいるのですが、各賞を完全決定→公開するまでに消化しきれると思いますので影響はないでしょう。

さて、今年の音楽シーン=邦楽女性アーティストシーンの雑感を述べますと、個人的には史上最高と思われた昨年にはわずかに及ばなかったものの、それに準ずる内容・結果であったと思います。特に旧レビュー方式における90点以上・新レビュー方式におけるAA以上の評価をつけた作品数に関しては、史上最高でありました。例年であるのなら、ベストアルバム20に関し、下手をすればA-(旧レビューでは80点台前半相当)評価の作品を選出することがあるのですが、今年はA(80点台半ばに相当)評価の作品すら選出されるかどうか・・・。
それほどまでに良作でひしめいていました。

ほんと、個人的に感謝感激の一年でありました。ただ、総評などで書けたらと思いますし、当記事本編を読んでいただけたらよくお分かりいただけると思いますが、メジャーシーンは極一部のアーティストを除き実に振るわない結果となりました。メジャー、マイナー問わず良いものを紹介・評価していくという当サイトの基本絶対方針ではありますが、今年の私的音楽総評各賞に関しては、その殆どが一般音楽雑誌やテレビに出てこないアーティストで占められる結果になってしまいました。


と、話が結構脱線しましたが、私的音楽総評の第1弾として、アーティストランキングを公開します。
私的音楽賞各賞に関しては、来週の終わりに予定しています。


<上半期の結果とランキングの解説はこちら>


今回はかなり加入者が多くなりましたね!!




▽続きを読む▽



2007/12/13 14:55|音楽総評トラックバック:0コメント:7

CDレビュー~これでは・・・

●リア ディゾン 「Destiny Line 」(通常盤) 評価:C-


amalogo111.jpg
(2007/9/12)


1.IMPOSSIBLE
2.Everything Anything
3.Missing
4.恋しよう♪
5.運命線
6.Could you be that one?
7.Are you feelin' for me?
8.Softly
9.Time (Clock Of The Heart)
10.アイシテル~Love Story
11.Wonderlin'
12.L・O・V・E U
13.Drive me crazy
14.Again and Again


<問題点・注意点>

1・収録曲多すぎ
2・歌唱が平坦すぎ
3・楽曲に面白みがなさすぎ




▽続きを読む▽



2007/12/12 23:53|アルバムレビュートラックバック:0コメント:0

CDレビュー~これでボーカルが凄ければ・・・

●interpose+ 「interpose+」 評価:AA

ジャンル:プログレ ジャズプログレ シンフォニックプログレ

interpose.jpg
(2005/11/25)

視聴は→http://www.interpose.jp/pg_songs.html


1.Aircon(エアコン)
2.Dayflower Part1,Part2
3.Zitensya(自転車)
4.Koibumi(恋文)
5.Last Sign(最後の前兆)


<問題点・注意点>

1・ボーカルの歌唱が脆弱・・・(泣き)
2・歌入り曲は3曲で、そのどれもがイントロから歌いだしまでかなり長い
3・一番収録時間の短い曲でも7:16秒(笑)




▽続きを読む▽



2007/12/11 01:34|アルバムレビュートラックバック:0コメント:2

CDレビュー~やっぱり良い歌い手だね

●長瀬実夕 「Gateway to Tomorrow」 評価:A- 

ジャンル:ハードロック ハードポップ


amalogo111.jpg
(2007/11/21)


1. Key~夢から覚めて~
2. GAME

3. Days
4. free
5. 素直になれずに
6. winter memories
7. futari
8. with U
9. 涙の彼方
10. promising

11. 光さす場所



<問題点・注意点>

1・もっと激しさやインパクトが欲しかった




▽続きを読む▽



2007/12/09 01:56|アルバムレビュートラックバック:0コメント:3

遅ればせながら秋のドラマ評その3

評予定作は「ガリレオ」「SP」「オトコの子育て」「ジョシデカ」。




▽続きを読む▽



2007/12/07 20:49|ドラマ・テレビ番組評トラックバック:0コメント:0

とりあえず、準備運動~今年の最優秀アルバム選出に向けての予定なんぞ・・・

某所の記事の訂正加筆版。


来週の発売で個人的にチェック予定の3作

HEAD PHONES PRESIDENT 「Folie a Duex」
ALHAMBRA 「Fantasista」
Gulliver Get 「Gulliver Get I ~彩~」

で今年私的にチェックする最後の作品になると思います。この3作皆かなりの出来になると思われますが、やはり個人的には以前申し上げたとおりHPPの新作が一番気になりますね。自分にとって今年一番聴くことに胸膨らませている作品であります。


私的音楽賞やベストアルバム20の選手はこの3作品を聴いてから~早ければ今月第3週から第4週にかけて総評を公開する予定です。 フラゲ日である11日が待ち遠しくてならんですよ(と言ってもアマゾンで注文なのでこの日にはこないでしょうが。)



さて、そのHPPの新作、

http://www.livecheers.com/hpp.html


において全曲視聴が出来るのですが、どうやらもう決着あったかな?、という感じです。

いや、すげえ、凄すぎる。全曲ヤバい。間違いなく彼らの最高傑作となりそう。

とは言え最終的な決断を下すのは製品盤を完全に聴き倒してからになりますが、これに期待するなというのが無理な話。

現時点ではsfpの2ndが今年の最優秀作品最有力候補でありますが、とりあえず確実にいえるのは、今年のナンバー1アルバムは名盤入りするということ。sfp vs HPPの図式が今年最後の月において私を魅了し続けることでしょう。


共に各々が領域とするジャンルの王者たる風格があると思います。



個人的ちょ~押しHPPの凄さをお知りになりたい方は下記のサイトへGO!!

http://www.hpp-official.com/jp/video.html
http://www.hpp-official.com/jp/music.html



ニューアルバム1曲目である「Chain」のフルプロモはこちら↓




右サイドバーにも同じものを入れておりますが、これはぶっ飛ぶね。




▽続きを読む▽



2007/12/06 20:29|未分類トラックバック:0コメント:2

2007年アンチエンタメ総評洋画編

アンチエンタメ総評の洋画編、やっていきますよ~!!


●洋画


「007 カジノ・ロワイヤル」
「墨攻」
「ディパーテッド」
「STEP UP」
「デジャヴ」
「プロジェクトBB」
「勝ちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート」
「バベル」
「スパイダーマン3」
「ロッキー・ザ・ファイナル」
「ブラッドダイヤモンド」
「ザ・シューター~極大射程」
「300」
「あるスキャンダルの覚え書き」
「ダイハード4.0」
「プレステージ」
「トランスフォーマー」
「TAXI4」
「ボーン・アルティメイタム」
「ブラックブック」(D)
「ラストキング・オブ・スコットランド」(D)


の計21本となります。

部門は

●最低劣映画賞洋画部門
●最低劣男優賞
●最低劣女優賞
●期待はずれ賞
●最低劣製作者賞




▽続きを読む▽



2007/12/05 01:34|映画評トラックバック:0コメント:0

遅ればせながら秋のドラマ評その2

間が空きましたが続きをやっていきますよ。




▽続きを読む▽



2007/12/03 23:39|ドラマ・テレビ番組評トラックバック:0コメント:0

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。