バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

ライブレポ 植村花菜インストアライブ~名古屋松坂屋オルガン広場

2005年のシーンを代表する有力新人で今年の飛躍が期待されるキングレコードの植村花菜。
彼女は、私の幼少時の生活圏であった兵庫県川西市生まれということもあり、インディーズ時代に少し話題になり始めたころから密かに注目していました・・・。
最初はそういったどうでもいいような動機で注目していたのですが、気づいたら彼女の歌唱と曲にかなり惹きつけられ、いつの間にかCDを買い、私的音楽総評の「優秀新人賞」に選出するまでのファンになってしまいましたね。今、「いい新人アーティスト教えて」と尋ねられたら間違いなく彼女の名前を出すでしょう。


と、その彼女のインストアライブが本日矢場の松坂屋名古屋本店南館1Fオルガン広場において開催されるということで、がんばって見に行って来ました。

ということでご報告を。非常にすばらしいライブでしたね。


<セットリスト>

1・ミルクティー
2・大切な人
3・キセキ
4・恋の魔法
5・いつも笑っていられるように





ライブ開始は14:00から。13:30に会場に着いたのだが、予想に反し用意された座席はほぼ満杯で立ち見もちらほらいるという状況。
というのは、リハーサルで彼女が既に歌っていたからなのだが・・・。

流石日曜のデパートだけあって、老若男女幅広い層の人がいた。果たして植村の楽曲は受け入れられるのか? 失礼ながらそんな心配をしてしまった。しかし、その心配は無用だったようだ。

以前にいった竹井詩織里のインストアライブと同様、リハーサルの歌唱で足を止める人が続出した。それだけの何かを彼女が持っているということであろう。

で、初めて見る彼女はというと、「細!!」「スタイルいい」「美人」。

ここ最近のジャケや本人のブログ写真では「ちょい太ってる?」「顔まん丸!!」との印象ばっかり。本人も体重の増加を自覚しているのか、某音楽雑誌で「カナり簡単ダイエット」なるコラムを連載しているぐらいなのだが・・・。
減量に成功したのか、それとも「元々太っていなかった」のか定かではないが、流石に過去にモデルもやり雑誌の表紙を飾ったことがあるだけのスタイルのよさ。ひざから上は細いし、足も長い。それでいて出るとこはしっかりと出ている。背も161センチと高すぎもなく低くもなく、とまさに理想の体型。はなからありえないJJやCamCanモデルよりも彼女の方がずっと親近感がわく。

と、体にばかり目が行ってしまったが、肝心要の歌唱も実にすばらしかった。


1・ミルクティー

自ら奏でる心地よいアコギのバッキングに乗せ伸びやかで力強い歌唱が会場中に響き渡る。
念入りにリハーサルをやったこともあり、歌唱の調子は良いようで高音音ファルセットのところも全く問題なく歌いきる。

それにしても、CDと全く遜色ないどころかそれ以上のものを見せる歌唱の安定感はすばらしい。歌とギター1本でも十分に聴かせるに足る技量を持っていることを見事に示した。正直に言ってここまで歌えるとは思ってもいなかったのだが。数限りなく行ってきた路上ライブで鍛え上げられたからであろう。テクノロジー先行のアーティストにはない、アーティスト自身の強いマンパワーをひしひしと感じさせられた。


2・大切な人

記念すべき彼女のメジャーデビュー曲であり、彼女の代表曲として間違いなく君臨し続けるであろう良曲。
芯の通った力強く、それでいて伸びやかな歌唱が存分に冴え渡る。高音のファルセット部分「たいせつなひと~」のところは絶品。

ただ、歌唱に関しては文句なしだったのだが、亀田編曲による秀逸なストリングスがあってこそのこの曲。アコギと歌唱というシンプルな構成では曲の魅力を十分に伝え切れていなかったように思う。
録音音源でもいいから、バックの演奏を流したほうが良かったのではないか。


3・キセキ

軽快なギターのバッキングとほんのり哀愁を感じさせる植村の歌唱が好きな人に対する切ない思いを表現する佳曲。

前2曲と同様、高音部分での歌唱が安定していて非常に良い。


4・恋の魔法

軽快なリズムと伸びやかな歌唱、恋をし始めた頃の絶頂の気分を簡潔明瞭な言葉で綴った詞が聴いていて爽快な良曲。
今までずっと携えていたギターを置き、本日唯一のマイクを持っての歌唱となる。
ただ、今回のライブの中ではちょっと出来が良くなかったような。
ギターを持っていないと本人落ち着かないのだろうか?他の曲と違って少し安定感を欠いていたように思う。

とはいえ、曲調もあり手拍子が沸き起こるなどそれなりの盛り上がりを見せた。ウケは良かったように思う。

動き回る彼女のミニスカから見える足がなやましい・・・。


5・いつも笑っていられるように

今回唯一のアルバムオリジナル曲。最初は非常に淡々とした展開であるが、徐々に盛り上がっていく歌唱と演奏が切ない雰囲気を演出していく。
歌唱はもう完璧と言うほかなく、観客もうっとりと聞惚れていたように思う。


MCに関しては、流石関西人とも言うべき兵庫弁での軽快トークが結構面白かった。自らボケて自らボケる。関西人の多くが生活環境と文化と人生経験とによって培っているであろうものを惜しみなく出してくれた。話のネタをちゃっかり自分のCDの宣伝へと結びつける商魂逞しい一面も見て取れて・・・。


<総評>

シンプルな構成ながら彼女の優れた歌唱技術と楽曲の良さとを存分に堪能できたすばらしいライブであった。そして、それと同じくらいに歌を歌うのが・音楽が本当に好きなのだな、ということと飾らない人柄の良さを強く感じ取れたのは、今回の大きな収穫であった。派手さとか奇抜さとかはないが、聴いていて何だか応援したくなる。彼女は聴き手をそういう気にさせるアーティストである。キングレコードはいいアーティストを採ったと思う。がんばって今年は飛躍の年にしていただきたい。出来れば次回は小ホール以上の規模の会場でライブを見たいと思う。

そのときは、「腹ペコブキウギ」「虹色の風」あたりの曲もやってほしい。

スポンサーサイト




2006/01/22 15:32|ライブ・イベントレポートトラックバック:1コメント:2

コメント

こんばんわ。
私も松坂屋に行ってました。
12時30分くらいに会場に到着したときは
さすがに席も空いてたんですが
花菜ちゃんが会場到着した13時くらいになると
席も増設されたんで、早く行って正解でしたよ。
ちなみに3列目で私は見てました。
それにしても花菜ちゃんは想像以上に細くて綺麗でしたね。
歌もかなりうまい。やっぱり生で聴くとうまさが際立ちますね。
HILOVINSON #-|2006/01/22(日) 18:29 [ 編集 ]


>HILOVINSONさまへ
はじめましてですよね。たぶん。
席は増設されたのですか。いや、それは珍しいですよね。

13時に会場に居たとは・・・。早すぎると言うか、それだけプロ意識が高いと言うか。

やはり驚いたのは植村さんの体の細さ。ある意味歌唱よりもこのことの方がびっくりですよね。

もちろん、歌もとてもすばらしかったです。もう清々しい若さと上手さがうらやましすぎます。
バツ丸 #-|2006/01/22(日) 19:37 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
植村花菜ちゃん、好きです。(笑)
                                                         行ってきましたよぉ~。植村花菜ちゃんのミニライブ。                                  すげぇ~いい! やっ..
好きです!J-POP 2006/01/22(日) 18:31

トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/118-576bc26a

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。