バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~クサメロ好きに捧げる~

●AREA51 「ANKH」 82点

ジャンル:メロディックスピードメタル クラシカルメタル 北欧メタル




1.Invitation
2.Extend Wings
3.Domain
4.Fate
5.Sky Above Clouds
6.Alea Jacta Est
7.Ankh
8.The Last


<問題点・注意点>

1・ボーカルの歌唱がまだまだ甘い
2・もう少し曲展開がシャープであれば
3・どうしても楽曲パターンが似通ってしまう


一般的には全くといっていいほど認知されていないが、一部のクサメロ、メロディックスピードメタル(通称:メロスピ)愛好家の間では徐々に名が知れ渡ってきているAREA51。多分活動歴は結構あるのだろうが、今作は2004年に女性ボーカルであるKate Cain(日本人です)を迎えて以降初の作品であり、メジャー1stアルバムでもある。


メンバーの大半がX-JAPANやイングヴェイ・マルムスティーンといったアーティストの影響を受け音楽活動を始めたこともあり、音楽性に関しては、もろに80年代のメロスピやクラシカルメタル。
クラシカルな旋律を織り交ぜた早弾きギターと、それと融合するキーボード、ハイトーンボーカル、ツーバスどこどこのドラミング、それらがもたらす疾走感と躍動感、1~2曲目のつなぎ、インスト曲の挿入・・・。まごうことなき様式美溢れるメロディックメタルの世界。余りに基本や型に忠実且つお約束過ぎて意外性や個性には欠けるが、楽曲から「貪欲にこのジャンルの音楽を極めていこう」という徹底的な熱意や美意識を感じ取れるのには大いに好感が持てる。

そういうこともあって演奏に関してはかなりのものがある。特にギター担当の石野は、Bonnと同じく音楽学校 MI JAPAN の GIT-DX 科講師を務めているだけあって、その実力は折り紙つき。終始叩き込まれるクラシカルな美旋律と早弾きは、この手のジャンルが好きであるのなら涎ものであろう。

また、ギターと並びこの手のジャンルにおいて重要となるキーボードに関してもかなり良い。チェンバロ風味の音色で奏でられるバロック的な旋律は、正直にいってかなりクサく、さらにクサイ詞との相乗効果によりさらにクサくなるのだが、これまたこの手のジャンルが好きな人にとっては大満足の出来の良さであろう。多々繰り広げられるギターとのインストバトルにはカタルシスを感じずにはいられない。特に80年代メロディックメタルブームを肌で感じ取った人ほどこの思いが強くなるように思う。

メロスピの教科書的展開を見せる3曲目や美旋律と展開美がさえる大曲である5・6曲目は本場のアーティストと比べてもそうひけをとるものではないだろう。日本語によってクサさが増幅される点を除いては・・・。

ボーカルのKateに関しては、X-JAPANのTOSHIをフェイバリットボーカルとしてあげているだけあり、歌唱スタイルがかなり似ている。奥井香の声を甲高くしてTOSHIの歌い方にした、という感じ。ただ、幕張のコスプレイベントや秋葉のメイド喫茶にいそうな「ちょっとイケていない女性」という感じの容貌とファッションは音楽性とかみ合っていないように思う・・・。


全体的には、演奏も楽曲も高水準で非常に優れた作品だと言える。が、まだまだ改善の余地もあると思う。その改善が、マニアの領域でしか語られないこのジャンルをメジャーへと押し上げる原動力にもなると思うのだが・・・。

まずはボーカルの歌唱。伸びやかで力強い歌唱はいいのだが、最高音域での歌唱がまだまだ弱く、やや聴き苦しい。体や喉に負担をかけず且つ効果的に声を出していける歌唱スタイルを今後は突き詰めて欲しい。

また、演奏はいいのだが、歌メロに関してはややメリハリに欠け曲ごとの差異を感じ取れないのはマイナス材料。どうしてもこの手のジャンルは「黄金パターン」とも言うべき曲調や演奏になりがち。マイナーの領域から脱却し世間に存在を知らしめるには、このジャンルならではの魅力を維持しつつ一般層にも受け入れられるキャッチャーな歌メロの更なる追求が必要だろう。今後の精進に期待したい。


イングヴェイやストラトヴァリウス、ソナタ・アークティカ、X-JAPANといったアーティストが好きであるのならお勧めの作品。


<追記>
今作の試聴はこちらで出来ます。
CDの入手に関しては一部特約店かHMVのネット通販、及び公式サイトからしか出来ないのでご注意ください。

・こちらもお勧め

●Aphasia 「WILD AND INNOCENT」


ガールズメロスピバンド。SHOW-YAやピンクサファイアの後継者的存在。この手のジャンルをやる女性にありがちなマッチョさがなく、しなやかさ・柔らかさを感じるのが特徴。疾走感と美旋律は中々のもの。


●大鴉 「asymmetry」



沖縄出身の女性ボーカルメロスピバンド、大鴉(タイア)の1stメジャーアルバム。従来のメロスピ系グループとは違い、沖縄や日本の民族音楽の旋律やリズム感を盛り込んだプログレッシブな要素を見せるのが特徴。ボーカルの歌唱も演奏もかなりのものがありますね。近々購入予定。


スポンサーサイト




2006/01/29 16:28|アルバムレビュートラックバック:0コメント:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/130-b1e1c403

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。