FC2ブログ
バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

エンタメ問答~問答7「Being/GIZAアーティスト死論・暴論」+α&最終

先日はご心配、ご迷惑をおかけしてどうもすみませんでした。全快には程遠いですが、原因が(たぶん)分かったこともあり快方に向かって?います。まあ、その代わりですがお金が・・・(T_T)



とういことで、長きにわたり連載してきたこのお話ですが、今回で最後となります。

先日の予告通り、北空さんをやってから締めに入りますが、ついでついでにもう二人追加します。ころころ予定変わってすみません。まあ行き当たりばったり、思うがまま、というのがホムペからブログに移行したときに立てた方針でありますので・・・。




●北空未羽

デビュー前はソフトなロックをやるかと思いきや、結構激しいハードロックをやっているのには驚いた。が・・・。

楽曲に関しては結構聴けるし面白いものがある。だが、アルバムの音質が最悪ということを考慮しても、歌唱に難あり。上木・星田・真中の3者と比べると、声量・音感・リズム感・発声・滑舌・声質すべてで劣る。特に何言っているか分からない滑舌の悪さは痛い。それなりに魅力的な詞を歌唱で全く提示できていないのは残念でならない。ルックスも一般レベルでは美人だが、GIZAアーティストと比べると並なのも厳しい。

ただでさえハードロック系の歌い手が密集している今のBeing/GIZAの状況において飛躍的に歌唱技術が成長しない限り、厳しいが彼女が躍進する余地はないように思う。

ソロアーティストとして活動するよりは、今のGIZAの貧困な製作事情もあるので、その作詞力と作曲力を生かし、裏方に回っていただけたらと思うのだが・・・。愛内、上原、竹井あたりについたら面白いのではないだろうか。



●西田エリ

ZAINからデビューし、1シングル出したっきり「楽曲発売」に関しては音沙汰なしの西田。

個人的には原田知世似のルックスとレトロな感じ漂う楽曲が好きなのだが・・・。しかし、これを売り出すのは相当きついだろう。開き直ってナツメロOR演歌路線に行き、特定少数からの支持を確実に集めるという戦略も無きにしも非ず。

今のところ次の動きが何にも分からないので、正直なところコレといって述べることは今のところない。

とりあえずこの曲調をキャミソール姿で秋葉原で歌わせるのはもうやめた方がいい。でないと、おかしな人というイメージがついてしまうから・・・。



●Fayray

Being/GIZA絡みで彼女の名を出すのは恐らく今回で最後になろう。5thアルバムにおいては、スタジオやバックアップミュージシャンなどでGIZAとの接点があったFayray。しかし、ニューアルバムである6thにおいて、それはなくなってしまった。

まあ、Fayrayの実力と性格、向上心やプライドの高さを考えると当然極まりない結果である。よりプログレ路線へと傾倒していったカバーアルバムや「Spotlight」の段階で今回の結果は容易に推測できた。FayrayがGIZAと協力することで得られるメリットはもはや何もない。それどころか彼女の足を引っ張るだけでしかないだろう・・・。

彼女を引き止められなかったGIZAに情けなさを感じつつも、6thアルバムの素晴らしさを前に、一連の件はあまりに正しい判断であると認めざるを得ないのが何よりも悲しい。

できれば、しおりんと一緒にパンライブに参戦していただくとともに、めいいっぱい彼女を鍛えてほしかった・・・。





ということで、だいぶ長くなったが強引に結論づけると、


1・倉木、愛内、ガーネットクロウの3強体制を維持してもこの先の発展・売上げ増加はありえない。この3アーティストを最前線に出すことをやめ、代わりに上木、星田、竹井の3者を「新3強」として積極的に売り出していく

2・三枝夕夏、ジュエリー、スパクリ、青紀ひかり、高岡、OOMは即リストラ

3・上原、北原の両名に関しては、安定して良曲を与えられないのであればインディーズ扱いとする

4・OOM望月に関してはビーイング関連イベントの司会進行役をするとともに、グラドルかタレント、ないしはアイドル歌手活動をさせる

5・ガーネットクロウと小松未歩はとことん製作活動に集中させる

6・安易なアニメタイアップは不要

7・岩田と真中、上木に関してはビジュアル面での販促も積極的に行っていく

8・ビックタイアップはもはや無理なので、地方のラジオ局の番組への出演、大型店でのインストアイベントなど地道な活動を重視する


9・一部のアーティストが持っている「コネ」を今後も大事にしてほしい

10・合同ライブの復活、非関西地域でのライブ・イベント開催




以上のことを踏まえて、先日変更された「GIZA24枠」を自分なりに考えると、


第1列:上木彩矢、竹井詩織里、星田紫帆、ガーネットクロウ、岩田さゆり、倉木麻衣
第2列:小松未歩、愛内里菜、doa、大野愛果、北原愛子、岸本早未
第3列:タンバリンズ、菅崎茜、YOKO、岡本、森田葉月、森川七月


となる。もう24枠も要らない。アーティスト数を3分の1、いやもっと減らしてもいいだろう。今の状況で数多くのアーティストを抱え込むことに何の意味もない。


とにかく今の状況ではBeing/GIZAはらちがあかないということだ。頼むから関係各者は性根を入れ替えてGIZAを立て直していただきたい。



長い間のお付き合いありがとうございました。

次回は、「絢香は女性アーティストシーンの救世主になるか?」を予定。
予定は未定なので変わる可能性もありますが、そのときはご容赦ください。



スポンサーサイト







2006/02/07 22:54|エンタメ問答トラックバック:0コメント:12

コメント

こんばんは。
GIZA新3強案は全面的に賛成なんですけど、今の竹井を見るに楽曲レベルが伴っていないので、一部まだ不安が残りますね。
もっともこの3者は凡曲を良曲レベルまでには上げられると思いますが。

まともなタイアップをつけなくても3万前後は売れるであろう倉木は、暴論ですけどピッチ上げて(去年程度)活動し、若手育成の資金源にしてもよさそうです。
愛内は前作がまあまあ良かったものの今後のビジョンは不明ですね。個人的には愛内の売り上げを倉木の半分くらいまでもっていければ、倉木同様活動ペース重視で資金源にしてもいいと思います。大型タイアップ付いたようですし、そんなに無理でもなさそうです。
凄く危ないこと書いていると思いますけど、そうでもして稼がないとGIZAは本当にまずいでしょう。

あとは北原&上原でしょうか・・北原さんは楽曲よりビジュアル面で売り出せば売り上げも付いてこなくはないでしょうけど、上原さんはもうリストラでいいと思います。
あの歌唱力じゃ新規ファンは間違いなく付いてこないでしょう。

では。
長文&雑文失礼しました。
蓮士 #-|2006/02/08(水) 01:38 [ 編集 ]


>「GIZA24枠」を自分なりに考えると
私もそんなところです。やっぱり最近は頭数が多いせいで、真に売り出すべきアーティストに悪い影響が出ていると思うので・・・。挙げられている「リストラ候補者」に関しては滴草さんとは違う意味をもって移籍させるのもアリかもしれません・・・。取り合えずGIZAに必要な人材ではないですよね。
この記事を関係者が読んでいたら良いのですが・・・。
はるな #w50H46U6|2006/02/08(水) 05:14 [ 編集 ]

いやはや~
長きに渡りGIZAへの不満や僅かな望みへの記事お疲れ様でした!

しかと、拝見させていただきました!GIZAの関係者の方はご覧になってるでしょうかね~(´□`ι)是非バツ丸さんのお考えを参考にして改善させてもらいたいですね。

やはりGARNET CROWと小松未歩さんの制作環境が少しでも向上してくれたら嬉しいですね~♪


北原さんをインディーズへと考えていたとは驚きでした(笑
瑞樹 #-|2006/02/08(水) 19:00 [ 編集 ]

今年のGIZAやいかに
上木さんのメジャーデビューも決まったようですし、まずは安心といったところですか…。しかしコナンタイアップの効果がほとんど期待出来ない今、まともなタイアップが取れないGIZAではなかなか売り出していくのは難しいかもしれませんね。
chris #q3SNfJew|2006/02/08(水) 21:32 [ 編集 ]

確かに
>蓮士さんへ

竹井さんの楽曲に不安があるという意見、全くその通りで。今の状況は壊れそうな車を無理やり動かしているのと同じ。いつかダメになるでしょう。

倉木さんの現在の売上げでも確かにおいしい面がありますが、個人的にあのレベルの楽曲と歌唱、戦略で「GIZAのナンバー1アーティスト」とされ、GIZAのイメージを構築している点がどうにも許せないのですよ。

あれだけ金かけて、これかい!!ってな感じで。売上げどうのこうのより、他のアーティスト売り出せや!!って怒り心頭です。

愛内さんは自力があるので後は曲。そうすれば蓮士さんのアイデアも生きると思います。できればそうあってほしい。

上原さんは新規層は無理でしょうね。過去からのファンの同情買いの面が・・・。彼女が活動していた時期ならいざ知らず、今あえて活動させる意味は見出せないですね。キワモノねらい。

とにかく今年が勝負どころでしょう、GIZAは。つぶれるのは勝手ですが、いいアーティストを道連れにするのだけはやめていただきたい。無理な注文だけど。
バツ丸 #-|2006/02/08(水) 22:24 [ 編集 ]

臨機応変
>はるなさんへ

儲けがいっぱいあれば、いろんなアーティストを数多く売っていってもらえばいいわけですよ。しかし、今はそんな状況ではない。

今のGIZAの一番悪い点は売上げが下がっているにも関わらず、アーティスト数は減らさないkとと、メジャーデビューにふさわしい待遇を与えないままずるずるとアーティストを引きずっていることですね。

やはりその時々の状況にあわせていかないと。「ご利用は計画的に」ですよ。

今回の柱は、見込みのあるものは売っていく。売り出さなくてもある程度の売上げを見込めるものはインディーズ。全く見込みがないのは即リストラっということですね。アーティストをきちんと売り出せる体制に変えない限りどこの誰が出てこようとダメでしょうね。

愛子様はビジュアルで売っていけると思うので。曲数増えても浮き沈みが激しいのが難。
バツ丸 #-|2006/02/08(水) 22:45 [ 編集 ]

いやはや~ですな
>瑞樹さんへ

投稿が被っていたので一つは消しますよ。あと、コメントがすぐに反映されないのは、新しく承認制度を取り入れたからですね。管理人が承認しない限り反映されません。最近ちょっとあったもので、新しくこのブログに入ったこの機能を使っています。すいません。

最近は関係者やアーティスト本人がご覧になることもあるようで。mixiの方はこの前斉田さんがいらっしゃいました。たぶんこのブログもごらんになっているでしょう。

世の中甘いファンだけではないよ、なめた戦略とっていると手痛いしっぺ返しが来るよ、ということを少しでも関係各位にご理解いただければ幸いです。私もGIZAが大好きですから。
バツ丸 #-|2006/02/08(水) 22:48 [ 編集 ]

とりあえず
>Chrisさんへ

上木さんのデビュー、安心しましたがGIZAからでは・・・。現時点では3強の存在もあり、あまり売り出せてもらえないような予感がしてなりません。

もうアニメタイアップは諦めて、地道なショップ、ラジオ周り、そしてゲリラライブがいいと思います。アーティスト活動に支障がない売上げを何とか維持できるようがんばっていただきたいです。

愛子様は、「DA DA DA」以上の曲を安定して出せないのであれば、インディーズでいいと思います。美貌も曲あってのものですので。
バツ丸 #-|2006/02/08(水) 22:51 [ 編集 ]


連載お疲れ様でした。
表現方法はかなり違いますが、自分の「初心者のためのGIZA講座」と方向性が似ているな~と、ニヤニヤしながら読んでしまいました。ま、私はアンチGIZAなのでバツ丸さんほどストイックに書けないですけど(汗)

現三強に関して、概ね同意ですね。
倉木・愛内はもうあかんでしょう。近々、書き溜めてた倉木の昨年のライブレポをアップしますが、ライブも頭打ちかなと思います。ライブだけは、と思ったんですが、作品のグダグダ感は確実に生にも影響しますね。残念です。倉木と愛内だけは長年見守ってきただけに、こんな結果になったのは残念です。
GARNETは新曲に期待したいですね。竹井インストアライブ時でのプチオフでは、4th以降のシングルは悪くはないけどパッとしないというのが全員の共通認識でした。シングルでは「クリスタル・ゲージ」以来の実験作みたいなんで、楽しみにしています。それと、タイアップはもう付けなくてもいいと思いますね。良く、小松さんになんでタイアップを付けないんだって怒る人いますけど、彼女がタイアップ付だったら、7thアルバムまで行き着かなかったんじゃないかな、と思います。GARNETも同様に好き勝手にやらせてやれ、と。ガネは器用なので、タイアップがあると順応してしまいますからね。
竹井さんは楽曲次第ですね。イベントレポでも書きましたけど、GIZAの皺寄せが最悪の形で現れています(ところで、桜色のレビューをトラックバックしたんですが、反映されないのはバグでしょうか)
あと気になるのは上木さんですね。彼女を中途半端な売り出ししたら、もうそれこそBeingGIZA自体見放しますね。それだけ期待してます。

最後になりましたが、ブログの更新頻度が戻ってきたので、遅ればせながらこちらのブログ、リンクに加えさせていただきました。
宜しければ、相互リンクお願いします。
今後とも、お世話になります。
クール #-|2006/02/09(木) 00:50 [ 編集 ]

似てますかね
>クールさんへ

確かに似ているような気も。パク、いや「リスペクト」という奴ですか(爆

しかし、文面見ていると私ももう立派な「アンチ」のような気もします。

倉木さんは成長どころか後退していると思います。昨年のライブは2005年に見に行ったすべてのライブの中でダントツワーストでしたね。ライブを見ていてあくびが出たのは人生初の経験でした。

愛内さんは、シンガーとしては良くても曲がダメなのでアーティストとしてはかなり厳しい。

ガーネットも次のシングルでダメであれば、個人的にFayrayへと一気に気持ちが動くでしょう。

タイアップは特別にいい場合を除いていらんでしょうね。ご指摘のように、タイアップ元にあわせてしまうのは致命的。「忘れ咲き」ぐらいですね、成功したのは。

竹井さんは曲の問題が解決しないと徐々に退化していくと思います。今年がそれを判断する重要な年になることでしょう。
トラバが反映されなかったのですか? う~む、理由はわからないですね。すいません。

小松さんはこれからも独自の世界を展開していただきたいですね。

上木さんは唯一メジャー領域で通用しそうな人材だけに、しっかりと売っていってほしいのですが、倉木・愛内・三枝が依然として力を振るっている現状ではそれは望めないでしょうね。ZAINやB-gramからデビューしてほしかった。

相互リンクは了解です。近々こちらも作成します。それでは。
バツ丸 #-|2006/02/09(木) 23:20 [ 編集 ]


GIZAの問題点は、旧来の手法から脱皮できていないことでしょうね。
最近は、他社との交流もあり、そのうちのジャニーズは、強力な提携先だとは思いますが、
それだけで何かメリットがあるかというと疑問です。
個々の歌い手ごとに、個性的な路線を取り、
先ずは楽曲の製作技術を強化しないといけないと思います。
もっとも、曲製作が一番の難題なんですけれどね・・・。

倉木麻衣に関しては、今の路線は無理かもしれません。
特に20歳を超えても、10代の歌手が10代~20代の客層に売り込むような手法では、困りますね。
基本的に、プロデュースの段階で、売り出し方、選曲に間違いがあると思います。
歌唱も、柔らかく、優しくなっていますし、もっと大人の愛を歌うようにし、
ライブでの主力客である30~40代の人を対象にした、落ち着いたものにすべきて゜しょうね。
歌詞についても、従来のイメージを壊す勇気があるなら、書けると思いますよ。
逆に、年齢的には、今の路線や倉木麻衣のイメージでの歌詞を書くほうが難しいのかもしれません。
robasan #dJQmTE1U|2006/02/09(木) 23:36 [ 編集 ]

変われないね
>robasanさんへ

どうもです。確かにGIZAは従来の方法から脱却できていませんね。今の3強体制が出来上がって早6年。いくらなんでも変えるべきだと思いますが・・・。

歌い手のビジュアルは技術はまだしも、楽曲が全くなっていないです。元々歌唱技術が低めなので、曲がダメだったらもうお話になんない。おっしゃられるようにこの「最も難しい」ことが出来ていないから・・・。

倉木さんに関しては、セルフプロデュースの弊害がモロ出ています。デビューから7年立っているのに、詞のテーマは殆ど変化をしていない。さらに、表題曲の曲調やアルバム構成、プロモ、とあらゆる点で稚拙さばかりが浮き立っていますね。

歌唱技術は確実に上がっていますが、上記問題がある限り、焼け石に水でしょう。元来、歌唱技術のみで他の問題を払拭できる歌い手なんていやしないし、もし居たとすれば、それは歴史的な名ボーカリストでしょうから。

今の路線を継承する限り、さらに楽曲の質が良くならない限り、倉木さんを支持することはありえないですね。
バツ丸 #-|2006/02/10(金) 01:36 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/146-5346bcda

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.