バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~強く美しき和メタル也

●大鴉 「asymmetry」 87点

ジャンル:ヘヴィーメタル メロディックスピードメタル ジャパニーズメタル プログレッシブメタル


(2005/11/16)


1.Prayer
2.さくら
3.さいはて

4.夜が明けるとき
5.gray ocean
6.影のない場所
7.あかつき
8.Bewhere



<問題点>

1・テンポが早く力強い曲ではいいのだが、少し遅めのパワーメタル系バラード曲になると、高音域での歌唱の脆弱さが露呈する


ハイカラと同じく沖縄出身者で構成されているHMグループ、大鴉(たいあ)の1stアルバム。と言っても、彼らが活動を始めたのは98年とかなり前。そういうこともあってか、1stアルバムにありがちな初々しさや若さ故の甘さといったものは微塵もないが、地道に活動と修練を積み重ねてきただけはある確かな楽曲制作力と演奏能力とを存分に堪能することが出来る好盤だ。

音楽性は、ヘヴィー・メタル(HM)。その中でも80年代に燦然と登場したイングヴェイ・マルムスティーンによって一つの完成形が作られたメロディックスピードメタルの範疇に入るものだと言えるだろう。

しかし、既に完成形を見ているが故に、彼が築き上げたネオクラシカル(クラシック音楽の要素をメタルに取り入れる)の要素を踏襲するだけか、逆に反発してキワモノ路線に行きがちなこの手の音楽と、大鴉の曲とは一線を隠している。

まず、サウンド構成、詞、それらが生み出す世界観が和の要素で満たされているのが大きな特徴である。特にギターリフやソロに関しては三味線で奏でてもそのままいけそうな旋律だ。
だが、メジャーの領域で十分に通用すると思えるくらいの聴きやすさがあるのが、このグループの最たる特徴であろう。

陰陽座や以前レビューした五人一首のように、どうひいき目に見ても「一般リスナーお断り」的な変態さや異様さがなく、ヘヴィーメタルならではの緩急のダイナミズムや迫力、疾走感、力強さ、かっこよさ、美しさ、激烈な展開美、メロディアスさなどを率直に堪能できつつ、和の要素が持つ妖しさや幻想さをも堪能できる完成度の高い楽曲の数々は、このグループの最も評価されてしかるべき点であろう。それはまさに伝統的な寺社建築物~夜のそれの~ようだ。個性と大衆性とを兼ね備えた大鴉のような「正統派」のメタルグループはいそうで実はあまりいないのではないだろうか。

その聴きやすさと風格との大きな源泉となっているのが、楽曲とやはりボーカルである星花の歌唱であろう。
圧倒的な声量や凄み、技術、切れ味、個性があるわけではないが、ストレートでクセがなく、上記要素のバランスが取れた彼女の歌唱は和の要素溢れる楽曲との相性が非常に良く、かっこよい。

もちろん、長い活動歴が培ったであろう演奏力も素晴らしい。ビシバシと決まっていくギターリフ、ソロは当然、リズム隊も非常にしっかりしており、それらが迫力と起承転結に秀でた優れたサウンドを構成している。特にドラムは女性が演奏しているとは思えぬほどにシャープで力強い。数限りなくジャムセッションやライブを繰り広げてきたからこそ出来ることだろう。テクノロジーに依存しているアーティストにはない屈強なサウンドがこのグループにはある。

但し、今作というかこのグループの唯一の問題は、圧倒的なかっこよさと迫力とを見せるメロスピ系曲とは対照的に、一部の曲種~やや遅めのメタルバラード曲の高音域においてボーカルが脆弱さを露呈することである。4~6曲目、特に4・5曲目はそれが極めて悪い形で出てしまった。過去に何度も書いてきたことだが、メタル系統の音楽はボーカルの弱さに対し甘くはない。今後克服していただきたい大きな課題である。

しかし、この点を指し引いても今作は十二分に素晴らしい作品。何故彼らのような実力者がずっと表に出てこない・出て来られないのか不可解でならない。今作を聴いていて、「大型新人不足」とか「個性のあるアーティストがいない」と嘆く前にきちんと自分たちの耳と足とでアーティストを探す努力をしているのかと、業界関係者に問いただしたくて仕方がない。こんなグループがメジャーデビューに7年もかかってしまうなんて・・・。悲しくなってくる。

一刻も早いフルアルバムの発売とメディアへの出演を願ってならない。










・アーティスト評価
歌唱力8 ()
作曲9 ()
編曲9 ()
独創性9 ()
安定性9 ()
9 ()
総合9 ()
熱中度8 ()



スポンサーサイト




2006/02/18 22:03|アルバムレビュートラックバック:0コメント:2

コメント

初めまして! ブログランキングから遊びに来ました
 
素敵な良いブログですね^^ クリポチしてきます♪
take #-|2006/02/20(月) 20:44 [ 編集 ]

ありがとうございます
>takeさんへ

ご来訪ありがとうございます。それとランキングに協力いただきありがとうございます。
バツ丸 #-|2006/02/22(水) 00:25 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/163-73584740

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。