バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~いいのか悪いのか・・・よく分かりません

●真中潤 「Sky High」 75点

ジャンル:ハードロック ハードポップ ロック


(2006/01/18)

1.Step you
2.Fly away
3.Sky High
4.かけがえのない存在…
5.24
6.ROUND 4
7.Piece of Mine


<問題点>
1・ハードロックボーカリストとしての力強さやシャープさにはやや欠ける




ビーイングの新インディーズレーベルZAZZYの第一弾アーティストとしてデビューした真中潤の1stインディーズミニアルバム。GIZAアーティストとは違い東京メインの活動という点を見ても、彼女に対してかなり力を入れていることが分かるのだが・・・。ケチのつけようがないナイスバディーぶりはいいのだが、アルバムの出来はというと・・・。正直に言って、いい作品なのか並みの作品なのかの判断がイマイチつかないでいる。恐らく今年のアルバムの中で最も評価に苦しんだものになると思う。いや、ほんとマイッタ。

曲調は洋楽のロック、ハードロックサウンドをモロに意識した豪快なハードロックに90年代のビーイングやガールズポップシーンが作り上げてきたハードポップが合わさったもの。ハードロックの一つの形式であろう情念の放出や力強さ、激しさ、退廃感、先鋭さといったものがそれほどなく、ストレート且つ非常にキャッチーで聴きやすい。それでいて決して軟弱ではなく、1・3曲目をはじめ結構テクニカルで重厚な作りになっているのが大きな特徴である。非常に完成度が高いと言えるだろう。凄まじい個性とかひねりとかはないものの、実に丁寧に作られている。とにかくキャッチーで癖がなく、それでいてかっこよい。その中でも躍動感とテクニカルな構成で、グルーブ感がかっこよい1曲目と、ストレートなハードポップである表題曲3曲目、ダークでエモーショナルなストリングスと重厚なサウンド構成がかっこよい6曲目の出来は非常に良いと思う。圧倒的な技量や攻撃性を求めているコアなハードロックファンには受け入れられないだろうが、「気楽にロック・ハードロックを楽しみたい」と思っている人にはまたとない楽曲たちだ。

注目すべきは音作りの良さ。生楽器の演奏にこだわった音・サウンドの質は明瞭で迫力があり、ここ最近のビーイング作品の中でもトップレベル。上木や星田などの作品にあった音質のショボさや音のヌケの悪さといったものは微塵もなく安心して聴いていられる。この落差はいったい何なんだろうか・・・。


つまりは、楽曲面に関してはほぼ文句なしの作品なのだが・・・。ここで評価のポイントとなるのは、歌い手である真中の歌唱であろう。

下手とかセンスがないといったことはないし、ややハスキーな声質に癖のない歌唱とそれなりのものを持っているのだが、ハードロックボーカリストに必要なシャープさや力強さ、声量の豊かさにはやや欠けている。しっかりと作りこまれた各楽曲にかなり押されている感がどうしても否めない。今のところは曲を歌っているというよりは歌わされているという感じか。この辺のところは今後の課題であろう。ハードロックボーカリストとしての実力では、上木や星田と比べると確実に下である。ハードロックのボーカルにうるさい人であれば、結構厳しい評価となるのではないだろうか。

但し彼女を、抜群のルックスを活かして大塚愛や木村カエラ同様アーティストとしてではなく、特に若年男性層や女性層をターゲットとしたモデル活動やテレビ出演といったマルチな活動をさせ、トータル商品としての「真中潤」で売っていくのであれば、その資質には十分なものがあると言える。今後の活動を考える上で重要となるのは、楽曲の質もさることながら、如何にメディアに露出させ人々の認知と支持とを得るかであろう。それができず、アーティストとしての活動に限定されるのであれば、今の彼女の資質では今後の活動はかなり厳しいと言わざるを得ない。

上木や星田と同様、メジャーでも十分に通用すると思えるアーティストなので、何とかがんばって売っていただきたいのだが・・・。










・アーティスト評価
歌唱力7 ()
作曲-- ()
編曲8 ()
独創性6 ()
安定性7 ()
6 ()
総合7 ()
熱中度6 ()






スポンサーサイト




2006/02/26 01:18|アルバムレビュートラックバック:0コメント:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/172-cdc8381a

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。