バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

シングルレビュー~見事也:ガーネットクロウ新章開幕?、壮絶なバトルが今幕をあける1

●ガーネットクロウ 「籟・来・也」




体調は最悪ですが、ガーネットクロウ待望の新曲とカップリング、その素晴らしさに浸りきっているここ数日。いや、これは久しぶりに非才の限りを尽くしてレビューを書かねばならないと思った次第。
かなりの大作となります。今回は表題曲のみのレビュー。1回で終わるか・・・?


<序文>

ガーネットクロウはいつも私を、まるで試すかのように不安に落としいれ、そして驚かせてくれる。
3rdアルバム発売前、4thアルバム発売前・・・。その時いつも、

「熱心なファンとしてガーネットクロウを聴くのは今回で最後ではないだろうか」と・・・。

アーティストに対する評価を常に変動させ、ダメになったら・気にいらなくなったら容赦なく切り捨てる私の性格上、彼らのように特に大好きなアーティストの作品リリースに関しては、いつも以上に神経質になってしまわずにはいられない。

しかし、その都度彼らは素晴らしい楽曲を持って不心得者である私に激烈な制裁を加える。そして毎度私は彼らにひれ伏す・・・。

だが、懲りることを全く知らない私はまたしても彼らに対する不信感でいっぱいになっていた。「集メルHEAVEN」「晴れ時計」・・・。悪い曲とは言わないが、「何だか面白くないな~。凄くないな~」というのが、ここ最近の彼らに対する偽らざる本音であった。なまじFayrayや宇多田が素晴らしいプログレ曲を出してくれたことも、彼らに対する意識や評価の低下を後押ししてしまった。だが、またしても彼らはやってくれた。最新表題曲「籟・来・也」で・・・。


1・籟・来・也 ★★★★☆
作詞:AZUKI七 作曲:中村由利 編曲:古井弘人

曲名を訳すと、「風が何かを通して作る音が来る也」と、漢詩的な言葉の連なりを感じさせる曲名を持つこの曲。

TBSが総力を挙げて作り上げた特番、「古代発掘ミステリー 秘境アマゾン巨大文明」のイメージソングと、ここ最近のGIZA&ガーネットクロウとして破格の大型タイアップと相成った。この曲をガーネットクロウの面々が番組内容に合わせて作ったかそうでないかは定かではないが、確実に言えるのは、番組主題が持つであろう雄大さや神秘性、人と自然との関わりを楽曲を構成する要素が余すことなく伝えきったバラード大曲である、ということだ。

冒頭のケーナが奏でる旋律は、単純でありながら日本の富士山よりも高いアンデスの山々や、そこを飛びかう鳥たち、そしてそれらを生かしている「風」を連想させる。シンプルイズベストを地で行く上手さであろう。冒頭の数秒を聴くだけで「古井さん、今回はかなり気持ちが乗っているな」と感じさせられた。

しかし、カラオケ音源を聴けば分かるが、冒頭だけでなく全体的に編曲は押さえ目だったのは予想外であった。だが、それも中村の歌唱を耳にすれば、賢明な判断であったのかと思わせられもする・・・。

とにかく中村の歌唱がキレにキレている。まるで中島みゆきか果てまた吉田拓郎かと思うような「フォークソング」的でどことなく牧歌的な要素を感じさせるAメロの旋律に少し面くらってしまったが、Aメロ・Bメロ・サビメロを問わずその力強さ、伸びやかさ、壮大さたるや一体何なんだ。

細かいところを追求していたら、微妙な音やリズムのずれなどがある。しかし、そんな技術論など全く意味なきものとする圧倒的な魅力と迫力とに秀でている。絶対領域と称された彼女の醍醐味たる中低音での歌唱を完全に過去のものとしてしまった。かつて、プロメタ的要素を持った4thアルバムにおいて、彼女の歌唱にまだ弱さがあった故にサウンドの力強さ・壮大さにやや押されているように思うところもあった。だが、もはやその面影はどこにもない。シンプルながら広がりと力強さのあるサウンドをどの音域においても完全に御しているどころか、一体化しているとすら言える。これがJGMで彼女が言っていた「感情を超えた、もっと大きなところで歌っている感じがする」なのであろうか。喉を痛めてからの彼女の歌唱には、どことなく固さや弱さがあったのだが、そんなことどこ吹く風と言わんばかりの彼女の歌唱は、ボーカリストとして更なる高みへと登ったことを何よりも示しているのではないだろうか。「比較的単調なのでは」と思わせる歌メロにすら凄まじい魅力を与えている。現代のシャーマニズム!!

だが、中村の歌唱も凄いが、やはりこの曲における「殊勲賞」はAZUKIが紡ぎ上げた詞のような気がする。一応主題は「風」となっているが、これ程自然について、悠久に連なる自然と人との関係について単純明快且つ奥深く示したものはないだろうとすら思える。


人は、長きに渡り築き上げてきた文明・科学によって、特に先進諸国の人々を中心に自然に対する敬意を薄れさせてきた。自然に対する傲慢・・・。しかし今、人類はその傲慢さに対する手痛いしっぺ返しを食らっている。「人は自然の恵と自然の怖さの中で生かされている」とのAZUKIのコメント・・・。Azukiの詞は愚かな人類に対する厳しい啓蒙のように思えてならない。

そして、メンバー一体となってこのことを完璧に伝えきったガーネットクロウに敬意を抱かずにはいられない。


この曲は間違いなくガーネットクロウ最強のシングル表題曲であろう。最強の音楽製作集団としての力を如何なく示してくれたと言える。しかし、忘れてはならない。ガーネットクロウにとって、シングル曲はアルバムオリジナル曲を上回るものではないということを。「もう少し秀逸な製作環境で作ってほしかった」「もう少し曲が長くても良かったかも」というあら捜しにも等しい不満と新作への期待を込めて、あえて評価を★4つ半とした。


最後に。
この曲、あえて作風を区分するとフォークとか民族音楽になるのだろうが、叙情派プログレの要素もあると思う。インストが長いとか長尺だとかバリバリ変拍子とかではないが、精神性のところでプログレッシブな要素を感じずにはいられない。

次回では、カップリング曲ではなく、同じくプログレの路線へと行ったFayray、宇多田との簡単な比較を記していく。







スポンサーサイト




2006/03/01 23:02|シングルレビュートラックバック:4コメント:6

コメント

どうも初めまして!今回のガーネットクロウの新曲はかなりいい感じそうでせね!!ぜひ聴いて見たいと思います!
ミッチ #-|2006/03/03(金) 00:18 [ 編集 ]


どうもです、色々散々だったようで。しかし体調悪いのを押してのこのレビュー、すごいですね、鬼気さえ感じられます(^^)
書き終えてバタリと燃え尽きないでくださいね、お願いします!
私は今回「組曲」であると、ちょっとひねった解釈をしました。over blowの解釈に困った末ですが。
てっちゃん #-|2006/03/03(金) 06:07 [ 編集 ]

なんでだろうか・・・
今日、Mステにて聴かせていただきました。
確かに中村さんの歌唱は迫力がありましたね~、私も中島みゆきを連想しました。
それに詞も「詩」な感じがすごく良かったと思います・・・が・・・・・

何故でしょうか、私はこういう感じの曲には馴染めないみたいです。
ガーネットクロウの曲の中では、「夢みたあとで」や「君という光」などはかなり好きでしたが・・・
なんでしょう、これがプログレの壁なのでしょうか・・・・・・
ファンブル #O20j1F1I|2006/03/03(金) 22:21 [ 編集 ]

はじめまして
>ミッチ様へ

ご来訪&書き込みありがとうございます。人それぞれ意見があるでしょうが、個人的に今回の曲は良いと思っています。機会があれば是非聴いていただきたいですね。
バツ丸 #-|2006/03/05(日) 00:46 [ 編集 ]

ありがとうございます
>てっちゃんさんへ

いえ、お褒めにあずかるものではございません。とにかく書きなぐっただけのお粗末なもので。恥ずかしいです。燃え尽きてはいませんが、ちょっと疲れているかな、というのが現在の状況でしょうか。2曲目の解釈は確かに難しそうですね。
バツ丸 #-|2006/03/05(日) 00:48 [ 編集 ]

どうなんでしょう
>ファンブルさんへ

Aメロは中島みゆきさんを感じさせますね。歌唱に関してはちょっとどうかと思いましたが。私は逆に「夢みたあとで」「君という光」はそれほど好きな曲ではないですね。意見は分かれますね。

ただ、この曲がプログレかと言われると難しい面があります。民族音楽に近いようにも思いますね。おっしゃるように壁はあるかもしれません。
バツ丸 #-|2006/03/05(日) 00:50 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
更なる高みへ!!~籟・来・也~
多くのGIZAアーティストがチャートで苦戦を強いられ、低迷している昨今予算の少なさからか、楽曲のクオリティも一定水準をキープするのが困難になり、その品質の悪さを揶揄してGIZAクオリティなんて言葉も流行るようになりました・・・・。しかし、今までGIZA.
Love Needing 2006/03/02(木) 00:57

★「籟・来・也」GARNET CROW
 昨日ゲットしたGARNET CROWのNew Single「籟・来・也」についてアップします。TBS系「古代発掘ミステリー秘境アマゾン巨大文明」のイメージソングです。 「メロディに導かれて紡がれた詞。世界観をより深めるサウンド。メンバー4人の感性が融合した壮大なスケール感.
日本の歌姫たち 2006/03/04(土) 04:35

GARNET CROW「籟・来・也」
{amazon B000EBCKKS}2006年3月1日発売初動万枚累計万枚最高位(初登場週)総合評価:91点
GIZAとかオリコンとか・・・ 2006/03/05(日) 13:50

ガーネットの話only
? Mステ見ましたよー。中村さんの髪型がいつもと違う。可愛いなあ・・・AZUKIさん、ちょっと襟ぐり開きすぎじゃない?少しドキッとしました。そしてタモさんの後ろをゲットしてるじゃないですか!やったね!と思ってたら中村さんはフレームアウト・・・ちょっと落
Room3104 2006/03/12(日) 19:29

トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/175-9a107dc4

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。