バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

シングルレビュー~素晴らしいがちょい不安も・・・

●柴咲コウ 「影」




1・影 ★★★★
作詞:柴咲コウ 作曲:渡辺未来 編曲:前嶋康明

TBS系ドラマ「白夜行」の主題歌。同じTBS系で以前に話題となったTV版「世界の中心で愛をさけぶ」と、主役、主題歌を歌うアーティストが一緒と、商的なあざとさを感じずにはいられないが、それはさておき、曲自体は「さすが柴咲」と言える良曲だ。

曲種は番組内容を反映するかのようにダークで壮大なバラード曲。

編曲が前嶋ということもあり、クラシカルな要素と民族音楽的な要素が織り交ざったストリングスが凄まじい。その壮大さ、美しさ、優雅さは業界でも屈指。こういった曲調の編曲をやらして彼の右に出るものはそうはいない。まさに職人芸。


しかし、その編曲に何ら押されていない柴咲の歌唱も素晴らしい。意図的に感情表現を抑え、気だるさすら感じさせる歌唱は「幽玄の美」と言ってもいいのではないだろうか。女優として今年も大活躍であるが、相変わらずそうさせるのが惜しい見事な歌いっぷりにますます磨きがかかっている。

それだけでなく自らが担当している詞も見事である。番組の内容にきっちし合わせた詞を書くのみならず、「対になる棘たち」「君が幸せ掴むように偽日になり祈ろう」と、一癖も二癖もある表現が満載。本音を言えば、余りに素晴らしすぎて本人が本当に作詞しているのか疑問があるのだが・・・。

作詞・作曲・編曲・歌唱が高度で、それが高度に一体化した曲で、それでいて柴咲らしさ全開の曲。


2・interference ★★★
作詞:柴咲コウ 作曲:Jin Nakamura 編曲:市川淳

こちらはゴージャスなパーカッションが印象的なちょいジャジーなアップテンポ曲。軽快な曲調と湿り気たっぷりの柴咲の歌唱との対比が秀逸。良曲だと言えるのだが・・・。しかし・・・。

問題なのは曲が「荘野ジュリ」っぽ過ぎること。作曲者がJin Nakamuraと同じだから当然なのだが、もう少し曲調を変えるなど工夫できなかったものだろうか。荘野を知らない人には何の関係もないが、知っている人・ファンの人にとっては「荘野を潰す気か」としか思えないところがある。これは柴咲の2ndアルバムレビューでも書いたことなのだが・・・。
柴咲にとっても、ビクターの有力アーティストと曲調が似通っているのは良いことではないだろう。ビクター、ユニバーサル双方の大人の解決及び、Jin Nakamuraの精進に期待したい。


3・あのひとこのひと ★★★
作詞:柴咲コウ 作曲:So-to 編曲:市川淳

アコースティックサウンドを基調とした穏やかで優雅なバラード曲。柴咲の繊細な歌唱とアコースティックギターの音色が心地よさを聴き手に提供する。コレといっての凄みや個性があるわけではないが、柴咲ならではの和の魅力に溢れた佳曲。


<総評>

表題曲は文句なし、カップリングに関してもまずまずと実に良く出来たシングルで、彼女に対するユニバーサルやスターダストの力の入れようを見て取れるのだが・・・。

良いが故にあえて厳しく注文をつけると、やはり2曲目。2ndアルバムから急にJin Nakamuraの曲が増えてきているのだが、曲の出来はともかく曲種に関しては上記にあるように明らかに問題がある。いったJin Nakamuraが何を考えているか分からないが、もうちょっと何とかしてほしかった・・・。出来れば今後は彼の主導の作品作りをやめ、1stアルバムのように民族音楽的な曲+多様な音楽性という図式で行って頂きたいのだが。

でないと、一般世間からの評価は良くても個人的にはNGとなる。



ビクター有力新人アーティスト、荘野ジュリの1stアルバム。作曲は全部Jin Nakamura。柴咲の2ndアルバムが気に入られた方にお勧めの作品。と同時に、柴咲がJin Nakamura主導の路線で行くことがいかに間違いであるかがお分かりいただけると思う。さすがの柴咲も荘野には勝てません。





スポンサーサイト




2006/03/05 19:53|シングルレビュートラックバック:1コメント:2

コメント
ジュリさん
こんにちは。バツ丸さま 体調はもう大丈夫なのですか?
前にバツ丸さまのお勧めもあってジュリさんのアルバム聴きました。
柴咲さんの曲も良いですが ジュリさんも良いですよね。
面白い世界観とそのギャップが良いと思います。
ただジュリさんの今後を考える場合、
JinNakamuraの曲だけに頼るのはダメかなと思います。
Jin Nakamuraの方もジュリさんより
売れていて話題の多い柴咲さんの方に力を入れている気がしますし・・
それがどうしても差ができてしまう気がします。
色々な作曲家さんにもっと頼んだ方が良いのかも・・と思いました。
眞昼 #5t8kcLeM|2006/03/08(水) 11:21 [ 編集 ]

すいません
>眞昼さんへ

こんにちは。体調は良くないですね。耳鳴りに、感染症に、外科的なけが・・・。最悪です。

ジュリさん聴かれましたか。ありがとうございます。レビューも既に拝見しておりますよ。私は高評価にしましたが、眞昼さんご指摘の内容にはうならされました。確かにそうだと思います。
ご指摘のように中村仁の路線で今後も行くのは危険だと思います。現状では確実に柴咲さんのために曲を作っている感じで。人気・知名度でも比べられない差がありますので、この措置は仕方ないと思います。

所属がビクターなので、他の有力どころにお願いするとかは出来ないのでしょうかね。
バツ丸 #-|2006/03/08(水) 17:47 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
■「影」柴咲コウ
 今日は柴咲コウさん、9th Single 「影」 をレンタルしてきました。TBS系ドラマ「白夜行」の主題歌になっています。昨年末に2nd Album「ひとりあそび」をリリースしたばかりですが、今作は柴咲さん自身がドラマの原作を読み、その世界に触れることで詞を書き上げたナン
日本の歌姫たち 2006/03/05(日) 23:47

トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/179-b77fd175

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。