FC2ブログ
バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

超個人的声質ランキングバトン2

今回から女性ボーカル編です。こちらはお勧めのアルバムも併記しますよ~。セコイですけど・・・。

海外女性に関してですが、今回このバトンに回答していて自分が如何に洋楽作品を聴いていないことが明らかになりましたね・・・。情けない。


●海外女性ボーカリスト

1・カレン・カーペンター (EX:カーペンターズ)

私にとっての「最高の歌姫」。包み込むようなスケールの大きな歌唱と何者にも汚すことが出来ない気品と美しさと温かみのある声質は20世紀最高の歌姫と称すに足るものでしょう。今後彼女を超えるボーカリストは永遠に出てこないでしょうね。




2・アニー・ハズラム (EX:Renaissance)

英国が生み出した史上最強の女性ボーカルプログレグループのボーカリスト。私にとっての「最高の歌姫」パート2。4オクターブの音域と田園風景の温かみ・広がり感を連想させる歌唱、天使ファルセットと悪魔のスキャットを自在に使い分ける声音の多彩さはまさに「歌の女神」としか言いようがありません。




3・ジュリアン・リーガン (EX:ALL ABOUT EVE)

80年代に大人気だったニューウェイブバンド、オールアバウトイブのボーカリスト。歌唱技術はそれほどないですが、アイドル的なかわいさや甘さのある声質はとても魅力的。




4・ソーニャ・クリスティーナ (EX:Curved Air)

ルネッサンスと双璧を為す70年代名女性ボーカルプログレバンドCurved Airのボーカリスト。凄まじい美声とかではないですが、全編から漂う虚ろな美しさを携えた声質と、聴くといっちゃいそうな凄まじくダークでドラッグやってる的キレた歌唱に全身なます切りにされます。




5・サンディー・ガンフィールド (EX:GÅTE)

ノルウェーが生み出した新進気鋭のラジカルトラッド、プログレをやるグループ、ゴーテのボーカリスト。この人も凄まじい美声の持ち主ではないですが、声質の変幻自在さと切れ味の凄さにぶっ飛ばされますね。小悪魔らしいかわいさがあるのも大きな魅力です。




6・アネク・ヴァン・ガースバーゲン (EX:ギャザリング)

ゴシック四天王が一つ、ギャザリングのボーカリスト。とにかく伸びやかで力強い歌唱・声質が凄まじい。どの音域においても声の魅力が損なわれることはありません。




7・リブ・クリスティン (EX:シアターオブトラジティー、Leaves' Eyes)

ゴスクイーンと称された名ゴスボーカリスト。中世的な妖しさと気品、少女のようなかわいさを併せ持った声質は、この称号にふさわしいですね。




8・Origa

菅野巨匠に見出されたロシアのボーカリスト。妖艶な声質に複数の言語を駆使する歌唱は天上界レベルですね。




9・サラ・ブライトマン

ま、このボーカルは反則ですな。




10・タニア・トゥルネン (EX:Nightwish)

問答無用の迫力を持ったオペラ歌唱的声質にぐいぐいと押しつぶされます。えげつないです。





惜しくも選考もれはWithin Temptationのシャロン・アデル、Kate Bush、ジャニス・ジョプリン、キャンディス・ナイト(ブラックモアズナイト)、エイミー・リー(エヴァネッセンス)あたりかと。


スポンサーサイト







2006/03/09 22:20|バツ丸の戯言トラックバック:0コメント:3

コメント
洋楽歌姫ですか…
ご無沙汰です(^^;) 
自分は洋楽疎いのであまりわかりませんが、サラ・ブライトマンは凄いと思います。凄まじいまでの歌唱力!カーペンターズも今度聴いてみようかな?
邦楽女性ボーカル編も楽しみにしております。
chris #q3SNfJew|2006/03/10(金) 00:17 [ 編集 ]

思わず…
こんにちは。わたしは洋楽には疎いのですが、今日ちょうどサラ・ブライトマンのDVDを見ていたので、思わず指が…。世界観を語らんとする歌唱は素晴らしかったですが、どちらかというと終始スケスケ衣装に目がいってしまいました…(^_^;)
ところで、最近"she moved through the fair"や" Carrickfergus"などが好きで、ケルトっていいなあ、と思ってるので先日紹介されていた "Dressed in Gentle Days"のレビュー楽しみにしてます。
ただ、滴草さんのアルバムも購入するか迷う金欠中なので購入の方はわかりませんが…。ケルティック・ウーマンもかなり気になる所です…。
yuna #w1DaaoEY|2006/03/10(金) 00:54 [ 編集 ]

どうもです。
>chrisさんへ

ご無沙汰しております。私もそれほど洋楽に詳しいわけではありませんが、サラ・ブライトマンは凄いですね。圧倒的。
カーペンターズはとてもお勧めです。どこのレンタル屋にもおいてあるかと思いますので借りてみてくださいな。邦楽女性編は先ほど完成しました。読んでやってください。


>yunaさんへ

確かにサラさんは衣装も凄いですね。
she moved through the fair"や" Carrickfergus"に関しては全く存じませんですね。試聴してみましたが、確かにケルティックな感じがします。
Dressed in Gentle Daysに関しては恐らく来月かと。イギリスからの輸入みたいなんで。

滴草さんは悪くはないですが良くもないですね。個人的にはもっと買っていただきたい作品があります。ケルティック・ウーマンもその一つです。


バツ丸 #-|2006/03/11(土) 00:27 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/184-aee57db9

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.