バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

映画評「イーオン・フラックス」~シャーリーズファンなら必見かと・・・

・評価価格:60点

まちゃまちゃが早朝の渋谷(だったけか?)を昆虫や節足動物のように徘徊するCMでおなじみ?の今作品。鑑賞ポイントがたまったことと主役であるシャーリーズ・セロンが結構好きなこともあり見に行ってきました。

ということで、毎度ではありますが、簡単な作品説明と勝手きわまりない感想とを書いていきます。


<あらすじ>

舞台は現在から400年くらいあとの地球。2011年に流行したウイルスにより人類の99%が死滅。残された人類は荒廃した自然に囲まれつつ城塞都市「ブレーニャ」に集まり生き続けてきた。そして約400年後の2415年・・・。

高度な科学技術の恩恵で、人々はそこで何不自由なく幸せに生きているように見えた。が、実はある一族の独裁支配の下、「超管理社会」と「反政府的な者に対する容赦ない拉致・粛清」が裏で横行する恐怖の世界であったのだ。しかし、政府に対する人々の不信・反抗心を完全に根絶することは出来ず、地下で反政府組織の芽が確実に育っていく・・・。

独裁支配を打破し、人々に真の自由をもたらすために反政府組織は「モニカン」という特殊技能を有する暗殺のプロを秘密裏に養成。その中でも最も優秀なイーオン(シャーリーズ)に指導者暗殺の指令が下される。

圧倒的な暗殺技術をして瞬く間にリーダーのところにたどり着いたイーオン。しかし、そこで彼女が見て知った驚愕の事実は・・・。



荒廃した地球環境、高度な科学技術、超管理社会、科学の発展に反比例して「種」として確実に弱まっている人類・・・。そして、「悪」と教えられ「倒すことが絶対」とされていた政府や指導者が実はそうではなく、「真相」が教えられてきたことと全く違っているどんでん返しのストーリー展開など、「マトリックス」や「攻殻機動隊」といった有名作品の流れを汲んだ王道の要素を満載したSF作品である。原作はティーンズ対象のアニメ作品とのこと。何一つ目新しい点はないが、一方で安心して見ることができるとも言えるだろう。だが・・・。


主役を演じたシャーリーズ・セロンに関しては、とにかくスクリーンを通しての存在感と美しさが圧倒的過ぎた。原作の設定もあり自慢のブロンドを封印してはいるものの、元々の美しいルックスと177センチもの長身と全く無駄な肉のないスレンダーな体型が損なわれるはずもなく・・・。
原作よりも衣装の露出度が少なかったのは残念であったが、「ミニミニ大作戦」や「スタンドアップ」の時とは全く違う、危険な色香とどんな状況にも動じない冷静さとを兼ね備えた凄腕美貌の暗殺者を文字通り「体」で演じきれていたように思う。抜群のスタイルと昔バレリーナを目指していた程の運動神経と柔軟性とを活かしたワイヤーアクションは、それが故にタメ息モノに美しい。はっきり言って彼女を前にして他の役者たちは女王に対する一兵卒の如きの存在でしかなかった。人類様々な人種がいれど、遺伝子的な違いはほんの少しでしかない。しかし、その「ほんの少し」があまりに不平等な結果を人類にもたらしているという厳然たる事実を今作でのシャーリーズを見て改めて思い知らされた・・・。ああ無常。


と、シャーリーズの容貌絶賛で話が大きくそれてしまったが、評価点60点という結果が示すように映画作品としての出来がどうかと言われると結構問題が多い。

まずはアクションシーン。シャーリーズはよくがんばったと言えるが、今作の見所とされていたはずにも関わらず、アクションシーンがそれほど多くなかった。しかも、その殆どにおいてカメラが役者に接近しすぎで、その切れ味や迫力を伝え切れているとは言いがたかった。シャーリーズの美貌とスタイルがあったからこそ何とか水準レベルに踏みとどまったものの、彼女の長身とスタイルの良さを存分に活かすために「引いたカメラワーク」に徹し、より動きのダイナミックさを出したほうが良かったように思う。

そしてもう一つの問題は説明不足なストーリー。ことの真相や、科学万能主義や自然に対する傲慢さを見せる人類に対する啓蒙を含んだ作品性はいいのだが、今作においてかなり重要であるはずの「反政府組織」の目的や存在意義などに関し全く明かされていないのは理解に苦しむ。これでも、ありきたりではあるが「反政府組織の方が実は悪だった」というような設定が明かされれば良かったのであるが・・・。あえてそれをうやむやにしたのは、ひょっとしたら反響次第で「2」を作ろうという今の映画界の悪しき風潮があるからなのか?
どっちにしても大きな減点要素には違いないが・・・。


つまりは、人類に対する啓蒙を含んだSF作品としても、SFアクション作品としても中途半端なのである。正直なところシャーリーズの美貌以外にこれといっての見所がない。個人的にはうだうだ思想的なものはいれず、純粋にシャーリーズの美貌を存分に堪能できるシャープなアクション作品に徹したほうが良かったと思う。

しかし、シャーリーズファンであるのなら絶対に見に行くべき作品であるのは間違いない。






スポンサーサイト




2006/03/13 18:29|映画評トラックバック:4コメント:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
イーオンフラックス
イーオンフラックス見ました~{/kaeru_fine/}前作「モンスター」では体重を14kgも増やしその見た目も恐ろしく変貌したシャーリーズセロンが美しさを取り戻して主演した作品{/kirakira/}何の前知識も無く見たので物語の途中でワケわかんね~?って感じになりつつ{/ase/}で
♪SARUのBEAT♪ 2006/03/13(月) 17:27

シャーリーズ・セロンが彼氏と破局
Charlize Theron and Stewart Townsend英国ゴシップ誌 「The Sun」 は、シャーリーズ・セロン(30)が5年間交際していた俳優のスチュアート・タウンセンドと破局したことを報じた。シャーリー
ハリウッドセレブ★最新情報 2006/03/14(火) 18:46

イーオン・フラックス
シャーリーズ・セロンの魅力のみで成り立っているような作品です。 ストーリー自体には目新しさや惹かれるものがなく、いまいち見入ることができないのが残念です。 ですが、彼女のしなやかで美しいアクションは見応えがあります。
シアフレ.blog 2006/03/15(水) 13:54

【DIARY】---「イーオン・フラックス」
今日は少しだけマジメにお仕事。そしたら定時前に、今日のノルマは完了してしまい、少し焦り気味のオイラ(笑)なので本日は定時で退社。暇つぶしがてら、映画館に行ってみました!結構気になっていた「イーオン・フラックス」を観てきました!平日....
お洒落で美味しいぶろぐ 2006/03/17(金) 07:34

トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/189-d4b71261

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。