FC2ブログ
バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

シングルレビュー~大丈夫か!!?姐御

●上木彩矢 「Communication Break」


amalogo111.jpg




1・Communication Break ★★★
作詞:上木彩矢 作曲:徳永暁人 編曲:後藤康二

ビーイングの歴史を代表するのみならず、業界でも頂点狙えそうなハードロッカー上木彩矢の記念すべきメジャーデビューシングル。1st・2nd、特に2ndアルバムでの楽曲の充実振りから、発売前からこのシングルに対する思いが強かったわけであるが・・・。申し訳ないけど、がっかりもいいところ。

作曲が徳永担当ということもあり、やや乾いた感じの、doaの曲に近いグルーブ重視のガレージロックっぽい曲である。しかし、サビをはじめ全体のメロディーの流れが平坦で間延びしており、ロックらしいシャープさやテンポの良さに欠ける。doaの仕事をしてから一気に製作曲数が増えたこともあるのだろうが、倉木楽曲をはじめ徳永曲の質も下げ止まりが効かなくなっているようだ。大野愛果と同じく、既に才能が枯渇したのだろう。

だが、楽曲の質の低さもさることながら、このことと同じかそれ以上に、こういった曲がそもそも上木にあっているのかという根本的なところでの疑問がぬぐえない。

上木ならびに彼女の曲の魅力は、シャープで豪快な展開を有す曲と、エモーショナルで力強く鋭い歌唱、及びそれらの高度な融合により激情を巧みに表現しているところにある。しかし、今回の曲はこういった魅力を全く持っておらず、「だるい」「まったり感」「ノリの良さ」を見せているに過ぎない。上木の歌唱があるからこそ聴けるレベルには達しているが、このような特徴が、彼女の大きな魅力である突き抜けた感や豪快さを大きく奪ってしまった。はっきり言って「ダサい」。

率直に言ってこういった曲調を聴くのであれば、ラブ・サイケデリコを聴いていれば十分。表題曲としてこの曲を持ってきたのは戦略面も含めあらゆる点で失敗であった。


2・HAPPY GO LUCKY ★★★☆
作詞:上木彩矢 作曲:水野幹子 編曲:Bonn

作曲が水野幹子ということを如実に物語る痛快なパンクナンバー。ややかわい目の声音で楽しそうに歌い上げる上木の歌唱はとにかく上手く、楽曲の雰囲気を完璧に守り立てている。

ただ、どうなんだろうか。水野の曲は悪くはないのだが、これといっていい点もない。誰に対しても同じような曲しか書けていないので、上木の魅力を引き出しているとも言い難いし・・・。典型的「カップリング曲」であり、アルバムの中ではアクセント的な曲になる感じか・・・。


<総評>

悪くはない。しかし、表題曲のところにも書いたが、過去に優れたミニアルバムを2枚出したハードロックの天才上木のメジャーデビューシングルとして考えた場合、出来が悪いとしか思えない。他のアーティストに対する★1つ半の評価と同じような感じである。

とにかく曲の質が低く曲調も?なのがすべての元凶。どんなに歌が上手くても、曲や曲と歌い手との相性、戦略が伴っていなければその魅力を出し切ることは出来ない。徳永曲にしたことがそもそもの間違いだろう。ミニアルバムにあったシャープさ、重厚さ、問答無用のかっこよさ、激しさは一体どこに行ってしまったのだろうか? 断言するがこの程度の楽曲で売っていくのは不可能だ。


上木は、GIZAの新エースのみならず、今の閉塞した音楽シーンを打ち破ってくれる有力なアーティストになれるとすら思い、期待していたのが・・・。このシングルで一気に彼女に対する評価が下がってしまった。もし今後のシングルやアルバムもこのような調子であるのなら、早晩自分にとって必要なアーティストではなくなるだろう。もう一度初心に返って楽曲作りに精を出していただきたい。一体彼女を売らずして誰を売るというのだ!!?

やはりGIZAからのデビューは間違いだったのだろうか・・・。これではZAZZYの真中潤の方がずっと良い。



スポンサーサイト







2006/03/25 01:24|シングルレビュートラックバック:0コメント:8

コメント

以前歌姫のサイトにも書いたものです。上木さんは1st2nd両方持ってるし、ライブもよく行くし、最近一番ハマってるアーティストで…、今回のデビューは本当に待ち焦がれていたデビューだったんですが…、同じく何だコリャ…って感じでした。せっかくのメジャー一発目やのに、これが本当にアノ上木彩矢なのか!?と思う内容でガッカリです。CRAZYみたいなノリノリの曲を期待してたんですけど…、残念です。でももっと残念なのは、この曲を本人がすごく気に入って、本人の希望もあってデビューシングルになった…っていうことだったりします。これからこういう方向性でやっていくっていうことでなければいいんですけど…。あと、ピエロ試聴してきたんですが、なんか微妙で、B級な感じがして、やっぱc/w(B’zの)だなあ…と思いました。ピエロはc/wに期待したいと思いますが…、どうなることやら不安です。これからは、後藤さんとか優秀な人いっぱいいるんだから、そういう人使ってほしいですね…。
あき #AkuYvC9M|2006/03/25(土) 22:39 [ 編集 ]

たぶん
メジャーデビューに際して作家のネームバリューに頼ろうとしすぎた感がします。まあ徳永さんの作曲ならそれだけでちょっとはGIZAファンも反応するか?という感じでしょうね。
表題曲の方は個人的にはなかなか好きにはなってきたのですが、バツ丸さんとは逆の感じでc/wがちょっと厳しいかな・・・という感じです。

しかし、それにしても作家のネームバリューで売るよりも、インディーズ時代の最高の相性の作家を継続して使わなかったのが残念ですね。
そうすべきということに気付かない限りは元のファンは離れていくだけでしょうね。。。
piany #YtchORn2|2006/03/26(日) 19:23 [ 編集 ]

どうもです
>あきさんへ

お久しぶりです。あきさんと同じくシングル評価に関しては、「がっかり」となりましたね。シャープでメロディアスで、かっこよくて、という上木さんの魅力が伝わっては来ませんでした。まあ、「曲が気に入った」とかというのは社交辞令の如くあることなんで彼女の本心は分かりませんが、もし本人が望んだ結果であるのなら、かなり先はやばいと思います。

「ピエロ」は個人的にダメでした。そもそも他者の曲をカバーして売っていくだなんて戦略としてあまりに稚拙。何でオリジナルで勝負しないのでしょうか。どっちにしろ今急速に彼女に対する評価が下がっています。

バツ丸 #-|2006/03/26(日) 21:54 [ 編集 ]

評価しているわけでは
>pianyさんへ

徳永如きのネームバリューにいった何の力があるのでしょうかね?
徳永さん作曲だから買うGIZAファンも今更いないでしょう。

あと、カップリングも評価こそ★3つ半ですが、「総評」で書いたように褒めているわけではありません。

彼女もGIZAもやるべきことを見失っていますね。本当にくだらない。

バツ丸 #-|2006/03/26(日) 21:58 [ 編集 ]


バツ丸さん、今回のメジャーデビューシングルだけで無くインディーズアルバム自体も楽曲自体これ良いって言う曲は多く無かったと思いますよ。ライブで聴き想いいれが多くなって良い曲に成ったんじゃないですかね。
上木彩矢はライブを観てなかったら曲を聴いても何も感じないん違うかなぁ。
カミキのライブ観てもたんよな、えぇライブ観たいから応援しょ。
ジロー #p.6nAuMc|2006/03/30(木) 01:06 [ 編集 ]

そういうわけではないのですけど。
>ジローさんへ

個人的には1stミニアルバムの表題曲や2ndミニアルバムの3~5曲目はかなり好きです。

私が上木さんのファンになったのは、アルバムを聴いてからなので、ご指摘の件は当てはまりません。それとあくまでライブはライブ、アルバムはアルバムなので。

アルバム聴いても感じるものはありますね。そうじゃなければライブにはいきませんです。ま、考え方は人それぞれです。
バツ丸 #-|2006/03/30(木) 01:24 [ 編集 ]

救いはやっぱり歌唱力だけ
結局、倉木も愛内も上木も、なんとか本人たちの歌唱力なりポテンシャルなりで、メジャーレーベルからリリースするクオリティを維持してるって感じですよね。曲だけ聴いたら、うわべのキャッチーさをなぞってるって感じで琴線にひっかかる曲がほとんどない。ひどいもんです。作家の力不足は如実に現れてるんだから、外注でもなんでも見境なく使って、その間に若手を育成して立て直せよ!って本気で思います。
徳永はdoaでやってるようなフォーキーなロックをそのまま上木に提供すれば案外相性よかったんじゃないかな。Communication Breakは、キャッチー感もいまひとつだし、さらっとドライに聞き流すにはしつこいし、バランスが狂ってます。徳永は提供曲だとヒネりすぎというか、アクセントつけすぎで小手先技がウザいです。
ただ、個人的にはもう一度上木×徳永は別の曲で聞いてみてもいいかな、という期待感もあり。本来、圧倒的な熱とパンチで押しまくる上木のような歌唱と、徳永の大味なメロディは相性がよいはずなので。5曲に1曲は超名曲、残りの4曲は凡曲な徳永のことですから、運がよければ聴ける曲ができるかもw
それにしてもバツ丸さん、徳永<水野幹子ってホントですか?水野の曲って基本的にアレンジの勢いで救われてるだけで、掴みは悪いし、ノリきれないし、どれも同じ単調さで正直今までいいと思えた曲が1曲もありません。今回も私は星ゼロです。(表題曲は2くらいかな?)
それ以上に、上木×水野のカップリングになんら戦略性が見出せない時点で、もうホントにGIZAが末期なんだなぁと痛感してます。GIZAからデビューするアーティストは上木がマジで最後かもしれないと思うと、悲しくもあり安堵もあり。複雑です。
SADA #AIlHpmOk|2006/04/04(火) 02:23 [ 編集 ]

確かに
>SADAさんへ

まあ、歌唱で持たせているようではお話にならないのですけどね。琴線に引っかかる曲は、特に非シンガーソングライター系でめっきりへっていますね。今は新人デビューよりも製作陣建て直しですよ。この前のパンライブみたいなへっぽこへっぽこアーに歌わせている場合じゃないです。

私は個人的にアンチ徳永的になっているので。上木新曲に関しては、とにかくあの間延び&強引なサビ大嫌いです。上木・徳永コンビはもういらね、と言うのが本音。

水野曲も上木さんの歌唱があったからで曲そのものは良いとは思っていません。適度に似非パンクっぽいのもたまには良いでしょうってな感じで。流石に☆0にはならないです。

戦略に関しては、三枝、愛内とブッキングしている時点でありませんね。
上木がダメであれば、もうGIZAは本当に終わりだと思います。彼女以上の歌い手はそうはいないでしょうから。

上木さんに関しては、東京ビーイングにでも行ってもらったほうが。GIZAそのものも東京と一本化してもいいと思います。
バツ丸 #-|2006/04/05(水) 00:42 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/201-1a5710fa

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.