バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

シングルレビュー~見事也:ガーネットクロウ新章開幕?、壮絶なバトルが今幕をあける3

●ガーネットクロウ 「籟・来・也」


amalogo111.jpg



表題曲のレビューだけあげて、「カップリング」曲をほったらかしにしていたガーネットクロウ「籟・来・也」レビュー。本当に間が空いてしまってすいません。今日中に出来るだけ完成できるようがんばります。




2・Over blow ★★★☆
作詞・Azuki七 作曲:中村由利 編曲:古井弘人

穏やかなアコギの旋律から始まるゆったりとしたネオアコバラード曲。AメロからBメロまでは、ギターの音色と中村の歌唱を中心としたシンプルな構成だ。この部分での力の抜けた、まるで囁きかけるかのような繊細な歌唱は絶品。以前に比べ、また一段階表情づけが上手くなったように思う。歌唱や詞から漂うメランコリックさがたまらない。

ただ、サビのメロディーが今一歩か。悪くはないのだが、特に後半のメロディー進行と編曲がどっかしらで聴いたような気がしないでもない。
しかし、それに反し一気に広がりと盛り上がりとを見せるDメロは絶品。「僕は君と出会い~」からの展開と、一瞬を間をおいてからのサビメロへの流れ、そして力強さを増していく中村の歌唱が良かっただけにやや残念に思う。


3・風の音だけをきいて ★★★★☆
作詞・Azuki七 作曲:中村由利 編曲:古井弘人

比較的のどかな2曲目に反し、こちらは出だしから「祭のじかん」にも通ずるダークな雰囲気に満ち満ちているミドルテンポの曲。
流石はガーネットクロウと言うべきか、カップリング3曲目にして相変わらず実験的で、それでいて高水準の曲を平然と盛り込んでくるところが凄まじい。

中低音主軸に感情表現を抑え目にして淡々と歌っていく中村の、荒涼とし且つ冬の早朝にパジャマのままで外に出た時のように肌をひんやりとさせる歌唱が何ともいえない暗さを演出している。しかし、それだけでなく、サビ部分の澄んだファルセットがより曲にダークさを与え、さらに浮遊感を加味していく。表題曲だけでなくこの曲においても、以前とは一味も二味も違う歌唱の成長振りを存分に見せ付けている。

その歌唱を聴いていると、何だか自分の心の暗い面と対峙させられているかのようだ・・・。そして、それは中村の歌唱だけでなく、彼女の名パートナーであるAzukiの詞の存在ももちろんある。

「愛しているとか好きとか安売りみたいに歌われるけど耳障りでしょうがないけれど」の部分を始め、如何にもAzukiらしい厭世さや自嘲さ、社会や他者に対する皮肉めいた詞にドキりとさせられる。相変わらずこの辺のセンスの良さは、既にわかってはいるけれども尚凄いと思わずにはいられない。

そして特筆すべきはメロディーであろう。Bメロ以降の変則的で予想がつかないメロディー展開はまさに中村ならではのもの。初期の頃や4thアルバムに収録曲にある「一歩間違えば駄曲」とも言うべき危うさ・緊張感がある。コレと上記ダークさや荒涼感こそが、私がガーネットクロウに求めている大きなものなのである。ありきたりのメロディーの曲やお約束のラブソングなどは他のアーティストで聴けばいいだけ。

オルガンの音色を使用したジャズっぽい中間奏も良く、良質の編曲がAzuki、中村の仕事振りを堅実に守り立てる。隙などはもちろんない。

Azuki、中村両名を主軸とした各々の素晴らしい仕事振りとその相乗効果が生み出す、「他のアーティストでは決して味わえない、言いようのないゾクゾクした感じ」をこの曲でも十二分に堪能させてくれた。他のアーティストでは、シングル表題曲やアルバムのキートラックとなっていてもおかしくないぐらいの出来だろう。


<総評>

3曲とも「ガーネットクオリティー」とも言うべき高水準の作品。ここ最近のシングルにあった「らしくなさ」「ありきたりさ」が完全に吹き飛んだと言えるだろう。カップリングを含めこのレベルでシングルを送り出せるグループアーティストは彼らをおいて他にいない。活動6年目を経てもこのレベルを維持できているのは、そのことだけでも何よりの絶賛に値する。ただ、こういったこともさることながら、個人的に表題曲におけるプログレ路線への接近が何よりもうれしかった。ついに彼らも来るべきところにようやく来たのだと。Fayrayや宇多田、大竹佑季らに比べ、「開き直り具合」という点で少し遅れが見られたことから心配していたのだが、この曲をして、今年の「私的音楽シーン」を考える上で最重要キーワードとして勝手に決め付けている「プログレ」及び、「プログレ頂上対決」の舞台にようやく彼らも立ったように思う。

既に舞台に立った宇多田、Fayray、大竹。そして参戦する気配がありそうなOLIVIAと新居巨匠、そしてこのガーネットクロウ・・・。

今年が終わる段階でこれらアーティストの対決がどのような結果になっているか本当に楽しみである。というか、このことしかもはや頭にない。出来れば、ファンの心理としてガーネットクロウに勝ってもらいたいと思うところがあるが、既に最高の結果を出したFayrayや、かなり素晴らしい作品を出した大竹佑季の壁を越えるのはそう簡単ではないだろう。しかし、過去にも様々な有力作品を押しのけ、作品毎に年間ナンバーワンアルバムとなってきたガーネットクロウのことだ。再び4thアルバムのときのような一発逆転劇に期待したい。このシングルはこのことを予感させるに十分なものであった。


スポンサーサイト




2006/03/29 00:39|シングルレビュートラックバック:0コメント:2

コメント

今回はカップリング曲も粒揃いでしたよね(^^♪ガネクロの持つ様々な面が3曲それぞれで表せていたなーって思います。全体的にも二大要素だったダークさと大らかさが融合した感じがあり、ついにガネクロならではの表現を掴んだ感があります。
私は、人によっては応援歌になる「風の音だけをきいて」に本当に助けられました。こういうことを同じく思ってる人がいたことに感動、信念の強さがある詞に感動、それを鋭く歌う由利さんに感動でした。試聴して感触が良かったので購入してみたのですが、単にクオリティーが高かっただけでなくきっちりと私の心に残ってくれた作品で、今月のベストシングルはもう確定ですね。
はるな #w50H46U6|2006/03/30(木) 02:43 [ 編集 ]

よかったと思います。
>はるなさんへ

バラエティーに富みつつ、実験的要素もあり、しかも水準以上の完成度と今回はすばらしい内容でした。

最終曲は私も大好きです。現時点では最優秀楽曲候補にはいっています。
ますます「らしさ」が進化していますね。ダークでありながら、ダークさだけにおぼれず、何らかしらの光明を見せてくれるのが、AZUKIさんの大きな魅力だと思いますので。

「晴れ時計」がどうなりますかね。
バツ丸 #-|2006/03/31(金) 11:07 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/206-4b5000a7

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。