バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

エンタメ問答8~「NANA」は果たしておいしい映画なのだろうか?~その2

前回の続きです。奈々役にまつわること中心に記していきます。


1・非現実的な容貌・設定のキャラにあう女優がいない&宮あおいの壁

当たり前であるが、少女漫画ではさも当たり前のように出てくる超絶美少女に匹敵する人物は現実には殆どいない。こういった漫画原作の作品の場合、配役において最も重要となるのは、演技力ではなく、「原作のキャラのイメージを損わない程度の」ということを前提とした上での「外見の魅力や雰囲気」といった原始的なマンパワー。所詮原作に即したキャラを実在の人間で出せるわけがないので、違う要素で原作キャラに匹敵する魅力を見せつけ、原作のキャラの魅力を押し切ることこそが、「ミスキャスト」の烙印を押されることを防ぐ何よりの方法なのである。
しかし、演技の上手い若手女優はそれなりにいるが、スクリーンを通してこういった魅力を見せ付けられる女優は圧倒的に少ない。現時点ではこの宮あおいと長澤まさみくらいなものだろう。しかも、運の悪いことに宮あおいは演技力にも秀でている。外見的魅力、演技力の両面で彼女に超えられる・匹敵する女優を探すのは相当難しい。


2・イメージ戦略、露出制約

仮に宮あおい以上の人材がいたとしても、ここで問題となるのが、前回に書いた「イメージ戦略」である。

今の有望若手女優の殆どが清純さや愛らしさを主のウリ要素としていることから、「ベッドシーン」や「ヌード」(ここでの意は乳首見せ含む)がNGとなっている。「功名が辻」での長澤まさみ、「変身」での蒼井優、「白夜行」での綾瀬はるか、「NANA」でのサエコに見るように、キス+「着衣でのベッドシーン」「布団で腕と顔以外すべて覆い隠したベッドシーン」が最大限の譲歩となっている。

小松奈々を演じられる10代後半~20代前半の女優で且つ、宮崎あおいと匹敵するかそれ以上の人気と魅力を誇る女優で「ベッドシーン」と「ヌード」OKの女優を私は知らない・・・。
たとえ本人が乗り気でも、「海猫」での伊藤美咲のように事務所やCM契約企業がダメだしをするということもある。本人の意思だけで進むことでもないのである。


3・原作に比較的忠実な製作方針

何だかんだと言われながらも、劇場版「NANA」がそれなりの好評を博したのには、シンとかレンとかの一部のキャスティングを除き「原作に忠実に作った」ことがあるからだろう。

1作目での基本方針を継続するのであれば、レイラとシンの絡みをはじめ、話はどんどんダーク且つ泥沼且つエロにせざるを得ない。2の項目とも大きく関わってくることであるが、この3の項目を重視すると必然的に役のなり手が減ってくる。かといって役者獲得のために2の項目を重視し、どろどろさやエロさを大幅に薄めたとしたら、果たしてそれを「NANA」と言うことが出来るのだろうか。ファンが納得するだろうか。いや、それは無理だろう。
まさに八方塞とも言える状況なのではないだろうか・・・。個人的には今作を映画化したことそのものが「やはり間違いだったのでは?」とすら思うところもあるが・・・。

今回の結論として、人気の若手女優を抱える事務所や当人たちにとって、実は小松奈々という役はそれほどおいしくはないのである。
ましてや、それなりの地位と人気とを得ている人にとっては尚更のことであろう。


以上の点と、あくまで原作に忠実な映画作りを変えないということを前提にして小松奈々を演じられる女優の条件を考えてみると、愛らしさと水準以上のルックスを有し、さらに

ベッドシーン、ヌードOKが重要な条件となるので、年齢的には20代半ばぐらいで、「清純派のイメージからの脱却を図ろうとしている人」か、そうでなければ、この作品を足がかりに一気にスターダムにのし上がろうとの野心を持つ「無名か限りなくそれに近い人」

となる。

う~む、名前が思いつかない。「さよなら、みどりちゃん」で濡れ場を演じ、最近お色気役が多くなってきた星野真理や、同じく映画でヌードを披露した池脇千鶴か(ともに今年25歳)・・・。それか、「東京大学物語」で全裸シーン(肝心なところが見えているかどうかは知りませんが)を披露した三津谷葉子か・・・。しかし、彼女は奈々を演じるには豊満すぎ。

いっそのこと発想を変えてベッドシーン&ヌードOKのAV女優まで対象を広げると、蒼井そらとか高樹マリアとか吉沢明歩(夏川純にかなり似ている)とか小沢菜穂とかになるか・・・。ブーイング必死だろうけど。演技力も格段に落ちるし。ま、現AV女優の起用は現実にはないだろうけど・・・。


非難覚悟で方針転換をし、ベッドシーン&ヌードをNGとした場合で考えると、新垣結衣、戸田惠梨香あたりか・・・。(奈々役に関し、皆様のご意見お聞かせください)


こうやって考えていくと、宮あおいってかなり奈々にあっていたのだな~と思う。誰が選んだが分からないが、考えられる最善の選択だったのではないだろうか。


9月からのクランクインなので、正式なキャストが発表されるのもそう遠くないだろう。果たして宮あおいでいくのか。そうでない場合誰を代役に立てるのか。他のキャストにも変更があるのか。特にシンとの絡みが増え露出も過多になる「レイラ」はどうなるのか。大いに関心がある。

一つ確実に言えるのは、「NANA」の映画を見に行った動機の90%が宮あおいを見るためなので(のこり10%は幸子を演じたサエコ)、彼女がキャストから外れた時点で続編を見に行くことはありえない、ということ。それだけは間違いない。

スポンサーサイト




2006/03/30 23:54|エンタメ問答トラックバック:0コメント:6

コメント

こんにちは、高良です。興味深く読ませていただきました。

NANAはもともと原作を読んでいて(特別好きというわけではないです)、映画化という話をきいた時はそりゃあもう「キャストに関するブーイング必至だろうな」と思っていたのですが・・・・意外や意外(といったら失礼ですが)、矢沢ファンの評判もよく、私もパンフレットを見た限りですが、其々が非常に役に合っていると思いましたね、一部を除いて。
宮崎さんはそれまで「名前はきいたことがある」というレベルでしかご存知なかったのですが、ほんわかして女の子らしい雰囲気が奈々にそっくりで、非常に好感が持てたのを覚えています。

さて、本題の奈々役に関してですが・・・バツ丸さんの仰るとおり、文字にして並べてみると「奈々役=宮崎あおい」というイメージがいかに私達の中で確定されているか分かります。宮崎さん以外に、奈々役が考えられないんですよね。

バツ丸さんが挙げられている女優さんの中で一番「私の奈々イメージ」に近いのは星野真理さんでしょうか。続編の奈々がどう描かれるのかは分かりませんが、奈々には「田舎っぺさ」「素朴さ」がイメージとして残っていて・・・特に、タクミと付き合うまでの奈々には(それこそ宮崎さんが演じられたパートですが;)。星野真理さんは何となく素朴で、かなり「普通の子」に近いと思うんです。共感しやすい、というか。小柄でかわいらしいお顔をされていた(と思う)ので、年齢も多少ならカバーできるかな、と・・・。

いずれにしろ、宮崎さんはもちろん中高生に絶大なる支持を誇る中島さん両名のキャストの変更となれば、ブーイングは免れませんね。
NANAに限らず、最近は人気漫画は即アニメ化・映画化・ドラマ化という動きが主流になってきています。こうポンポンとメディアに露出されると、もともとの原作のファンの思いはどうなってしまうんでしょう?原作は原作のままで楽しみたい、と最近思いはじめた高良でした。長文大変失礼致しました。
高良 #llOsW3ec|2006/03/31(金) 15:08 [ 編集 ]


それにしても日本の若手女優は脱ぎっぷりが悪い。
アメリカの若手女優を見習えと言いたい。
こんなていたらくでは、真の演技派になどなれるはずもなく、作品も不完全にならざるを得ない。
猛省を望む。
どん #-|2006/03/31(金) 18:40 [ 編集 ]

難しいです
>高良さんへ

宮あおいの魅力と演技を前には不満の出ようがないでしょう。彼女以上の配役は思いつきませんね。とにかくかわいかった。

後任ですが、他にも候補がいるかと思いますが、今のところ星野さんが一番だと思います。年齢は少し上ですが、彼女は童顔なので大丈夫でしょう。今の大河ドラマに比べたら何の問題もありません。

おっしゃるように最近は安直に人気漫画や小説をドラマ化しますが、本当に最悪です。この春から「医龍」がやりますが、キャスティングと設定を見て唖然としましたよ。原作の設定や作風を全く無視した暴挙ですね。どの作品でもそうですけど、原作を上回れる魅力を出せる作品は全くといっていいほどありません。原作に対する侮辱にも等しいです。

真剣に業界関係者に考えていただきたいですね。
バツ丸 #-|2006/04/01(土) 18:36 [ 編集 ]

まあ脱ぐだけが
>ドンさんへ

確かにペネロペさんやキーラナイトレイ、かつてのシャロン・ストーンなどは豪快に脱いでいましたけど。別に脱ぐことだけが演技派の道ではないでしょう。脱いでいない人でもいい俳優さんはいっぱいいます。

ようは、原作キャラのイメージを損なわない容姿とか、演技力とかでしょう。

また、日本では女優がアイドル的に扱われたり、CM出演している企業との兼ね合いもあり、女優さん本人の意思だけではどうにもならない面もあります。一概に脱がない女優さんを「ていたらく」だと攻めるのはどうかと。

「NANA」の件だけで言えば、宮あおいさんは最初から「脱がない」という条件で出演を決めたはずですし、そもそも続編を作ることなんかは最初からわかってはいませんから。

問題は作品性を考えずに安易に人気作品を映画化する方にあると思います。

バツ丸 #-|2006/04/01(土) 18:44 [ 編集 ]


映画版の「NANA Part1」の幸子役だったサエコさんですが、TBSの「愛の劇場 ニコニコ日記」に花名子役で出るそうです。
真駒内本町 #x4qr718s|2006/12/10(日) 16:24 [ 編集 ]

ありがとうございます。
お返事遅れて申し訳ないです。

サエコさん、出演ですか。主役なんですかね?

どっちにしろチェックチェック。
バツ丸 #-|2006/12/14(木) 23:12 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/209-b15af826

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。