バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

読書評~「理系離れはいいことなのかも」

●中西貴之 「最新科学おもしろ雑学帖」 技術評論社




告白しよう。私バツ丸は理系科目がてんでダメである。英語も日本語作文もダメなのだが、理系科目の比ではない。学生の時は、「何でこんなことをしなければならないのか」「いったい何の役に立つのか」と日々思い続けていた。しかし、それが愚かな考えであると気づいたのは、つい最近なのであるが・・・。当然、時既に遅し・・・。

ま、それはともかく、「大人としてそれはどうなんだ」「やはり常識として知っておかねば」という、まさに恥の意識にも似た思いがあり、時々ナツメ社の「図解雑学」シリーズやら、日刊工業新聞社の「トコトン」シリーズやらを読んで「理系学問」の情報収集に努めてはいる。今回もその一環として読んだのであるが・・・。


得てして「定説」や有名な事象一つに対する解説に終始しがちな従来の入門雑学系書籍と違い、この書籍は物理学・量子力学・天文学・数学・地学・進化論・医学・ロボット工学・環境学・材料学などと、非常に幅広い分野を取り扱っているのが面白い。それのみならず、「最新の学説や研究成果はどうなっているのか」に関してもしっかりと記載されているのが大きな特徴となっている。一つの事柄を学ぶのではなく、様々な事柄のおいしいところと、そのおいしい部分たちの関係性まで分かるのは、手っ取り早く様々な情報を収集したいと思っている雑学好きにはもってこいの構成であろう。しかしだ、ヒジョーに騙されたと思うところもいっぱいある。

この書籍、上記にあるようにかわいらしい?「アインシュタイン」のマンガ絵が表紙となっていることから、「あまり理系分野に詳しくない人向け」の理系入門用の書籍だと思いきや、最新学説を積極的に紹介していることもあり、「やたらと難しい」というか「わけわからん」。例えば、


P14:
 さて、ブレーンワールドはM理論と呼ばれる超弦理論の背後にある未完成の究極理論から生まれた考え方で、私達の3次元空間というものは実は「膜」に埋め込まれているのだ、というものです。そして余剰次元はその外側にある・・・。


P17:
「宇宙誕生の直後、ビックバンから100万分の数秒後、宇宙は2兆度もの高温と高密度状態でした。このとき素粒子クォークとクォーク同士を結びつける役目を持つグルーオンがどのような状態であったのかを知ることは宇宙誕生の秘密を解明するために重要なことです。


また、P32:
宇宙は誕生したときわずか10のマイナス33乗センチメートルしかありませんでした。そして、宇宙の誕生から10のマイナス35秒後に急激に宇宙の膨張が起きましたが・・・



はい、さっぱりわかりません。「何でそんなことが分かるんだよ、言えるんだよ!!」と喚きたくて仕方ありません。上記説明を理解できないのは、単に私だけなのだろうか。私が愚か過ぎるからだろうか・・・。理解不能のオンパレードである。

もちろん、上記紹介した文面はこの書籍の「ほんの一例」に過ぎないのは、言うまでもない・・・。


この書籍を読んで思ったのは、理系科目の奥深さもさることながら、それ以上に「理系科目とは選ばれた人間のみが学ぶものだな」ということ。天才作家東野圭吾も自身の半生を振り返った自伝「あの頃ぼくらはアホでした」(集英社)において何度も何度も語っているが、安易な気持ちで素人がやるものではない。こういった分野の研究でご飯食べている人は、もはや自分にとって「宇宙人」以外の何者でもない。出来もしない人間にこのような恐ろしい学問の数々を必要以上にやらせるのは酷且つ不毛であろう。「理系離れ大いに結構」とまで最近では思うようになっている。凡人は常識の範囲で知っておくだけでよい。


しかし、それにしても理系科目もダメ、国語も英語もダメな私って・・・。

Fayray姐さんみたいに数々の能力・魅力に秀でた人もいれば、私のように何一つとりえがない者もいる。世の中は・人類は何て不平等なんだろう(泣。


とは言え、読んでいて「内容が殆ど分からなくても、自ら学ぼうとするのはやはりいいことだ」と思うのも事実。勉強するのに年齢も立場も関係ない。だから本の乱読をやめられないのだが・・・。


スポンサーサイト




2006/04/17 22:12|読書評トラックバック:0コメント:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/225-df837b73

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。