バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~これではな~

●上原奈美 「15」(DVD付) 57点

ジャンル:J-pop ダンス R&B デジタルポップ


amalogo111.jpg
(2006/03/29)

1.Intro
2.Real Me
3.Yours,
4.大人の時間
5.HANAUTA
6.Slow Revolution(inter)
7.Destination
8.xoxo...
9.IAM
10.Tears

11.Slow Revolution
12.Message Box(interlude)
13.be one’s
14.15 Carat
15.タイムマシンにおねがい


<問題点・注意点>

1・曲数が多い
2・歌唱が貧弱すぎて曲の良さをぶち壊している
3・初期のエイベックスダンス曲的安っぽさが・・・
4・意味不明であほすぎる最終カバー曲・・・


事務所はスターダスト、レコード会社は東芝EMIと、ビックな所に所属している「Hana*chu→」専属モデル上原奈美の1stアルバム。

デビュー曲やそのカップリングでの「かなりやばい歌唱ぶり」もあり、今作の出来には全く期待していなかった。たまたま借りる作品がなかったから手に取ったようなものなのだが・・・。

「駄作」と言うほどに酷くはないが、かといってこれといって良くもなく、すべてにおいて「微妙さ」が支配する何とも言いようのない作品である。


作風に関しては、アルバム名が顕著に示すように今の彼女の年齢だからこそ歌うことの出来る青春模様や若者ならではの葛藤、赤裸々な思い等を等身大に綴った詞を、ダンスやR&Bやデジタルポップ、爽やかなミドルテンポのバラードといった様々なジャンルの曲に乗せ、稚拙ではあるがそれなりに気持ちの入った歌唱で歌い上げていく、という感じか・・・。

聴いていて少し驚いたのだが、以上の点を見るに、初期の浜崎にも通ずるものがある。実際声質もどこかしら浜崎に似ている。3・11・13曲目などの歌唱を聴くに如何にも「ひ弱・繊細になった浜崎」っぽい。
恐らく楽曲に関しても、恐らく浜崎をかなり意識したのではないだろうか。かつて浜崎が若い女性を中心にこの方法論で絶大な支持を得たのをカリスマモデルである上原で再現、とまではいかないまでも少しはあやかろうとしたのだろう。

ということもあり、曲に関しては、当初の予想・期待に反しエモーショナルでダークな3曲目やおセンチさを振りまく大仰なバラード曲である14曲目、シングルの11曲目など出来は結構いい。流石に有力事務所・有力レコード会社に所属しているだけはあるということか・・・。だが、如何せんそれなりに出来のいい曲の魅力の殆どを彼女の余りに稚拙な歌唱がぶち壊してしまっている。7~10曲目はそれがモロ出てしまった典型例である。

確かに稚拙さが、曲の主題であろう青春模様や若者の葛藤の表現において有効に作用しているところもある。が、全体を通して考えてみると、上記の良曲のみと非常に稀であり、殆どにおいて曲の魅力を削ぎまくっているだけ。なまじ曲の出来がしっかりし、さらに歌うのにそれなりの技量がいるようなR&B・ダンス的曲が多いことから尚更歌唱の未熟さが浮き立っているのは、聴いていてかなり辛い。この手の曲の醍醐味である豪快さやシャープさを感じるどころか、「歌うだけでいっぱいいっぱい」の感がありありとするからである。私のようにそれほど歌唱技術を気にしない者でもそう思うので、曲評価やアーティスト評価において「歌唱技術」を重要視する人にとってはおよそ聴けたものではないだろう。

逆に歌唱技術を全く気にしないのであれば、恐らく誰しもが今作に「傑作ぶり」を求めていないだろうこともあり、思ったよりも「良い作品」に聴こえることだろう。

ただ、歌唱の問題に比べたらマシではあるものの、収録曲が15曲と多く、しかもそのうちの3曲がさして必要とは思えない「インタールード」であること。また、初期の浜崎っぽい作風にある「エイベックス的安っぽさ」を感じること。さらに最終曲として十分に役割を果たしているであろう14曲目の後に「軽薄」「安っぽい」としか言いようのないカバー曲を入れたことなど見過ごせない問題があったのも気になった。


率直に言って、彼女がいくらカリスマモデルとはいえ今作をして業界に名を轟かしたり人々から絶大な支持を得たりすることはありえない。実際問題、売上げはかなり悲惨な結果となったようだ。だが、彼女の歌唱技術を見るに、こういった厳しい現状を打開することは不可能のように思う。下手をすると今作で「フェードアウト」する可能性も大であろう。果たして東芝とスターダストはどう次の手を打つのだろうか・・・。










・アーティスト評価
歌唱力3 ()
作曲-- ()
編曲7 ()
独創性4 ()
安定性5 ()
2 ()
総合3 ()
熱中度2 ()







スポンサーサイト




2006/05/06 23:05|アルバムレビュートラックバック:1コメント:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
アルバムレビュー。→15/上原奈美
15/上原奈美(★7.5点)  アルバムほぼ全曲試聴できるページ1.Intro&nbsp; 2.Real Me&nbsp; 3.Yours,&nbsp; 4.大人の時間&nbsp; 5.HANAUTA&nbsp; 6.Slow Revolution(inter)&nbsp; 7.Destination&nbsp; 8.xoxo&nbsp; 9.IAM&nbsp; 10.TEARS&nbsp; 11.Slow Revolution&
ろぐろぐ音楽ブログ 2006/05/08(月) 20:10

トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/244-3ef557bd

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。