FC2ブログ
バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

エンタメ問答10~再び「ハリーポッターはおいしい本なのか!!?」

さて、昨日世界中で歴史的売上げを誇る「ハリーポッター」シリーズの最新刊の日本語版が発売されました。

既にワイドショーやネットニュースにおいて「朝から行列」といった話もあったのでご存知の方もきっと多いことでしょう。もちろん、発売当日に店頭で並んで購入された方もいることと思います。

書店においても、開店時間を大幅に早めて売る「唯一例外」の商品ということもあり、もはやこの書籍の発売は業界そうぐるみの「一大イベント」と言っても差し支えないでしょう。

さて、得てしてこういうモンスターヒットの作品が出ると、世間一般では、「書店は儲かるな~」といったイメージをもたれそうですが、実は必ずしもそうだとは言い切れないのであります。それどころか、状況によっては逆に書店を苦しめる結果にもなりかねない「危険性」が潜んですらいます。

何故そうなるのか? 実はこの話は前の巻が発売されたときに「歌姫バカ一代」で書いたのですが、末端ではあるものの業界人の1人として書店業界の状況を知ってもらうのもたまにはいいかな、と再び思ったこともあり、このことについて改めて書いていきたいと思います。


*なお、話を分かりやすくするために最新刊の値段を本体価格4000円(本来は3800円)、仕入れ時の掛け率を80%、人件費や諸経費は除外とします。ご了承ください。


18日のヤフートピックス(こちら)においてハリーポッターに絡むとても面白い記事がありました。

この記事にもありますが、書店業界は他の小売業界とは違い「委託制」という特殊な販売制度がとられています。

これは、「仕入れた本が仮に売れなかったとしても返品が出来る」、つまりは仕入れの際に払ったお金が返ってくる、ということです。(但し、送料や返品準備にかかる諸経費は書店もちですが)

しかしここ数年、再販制度と同様業界において緩やかではありますが、この制度が崩れつつあります。

このハリーポッターシリーズも、4巻以降は仕入れた分の5%を除いて返品できない・仕入れが20冊未満の場合はすべて返品不可という条件がつけられています。(先日出たダヴィンチ・コードの文庫、今月出るブレイブ・ストーリーの文庫も原則買切り・条件付返品となります)


さて、これが一体どのような影響を書店業界にもたらすのでしょうか?
ハリーポッターは書店にとって「おいしい商品」なのでしょうか?

仮に最新刊を1000冊仕入れたとします。そのうち80%にあたる800冊が売れたとしましょう。(300坪以上の有力書店だとこれぐらい仕入れるでしょう。100点以上支店がある入り込み専門の某くそったれ書店では1万冊以上仕入れている話も・・・)

このとき、書店の儲けは、

4000円×800円×0.2=640000円

となります。

「何だ、少ないじゃないか」と思われるかもしれませんが、どんなベストセラーでも1点で800冊も売れるなんてことはありません。仮にこの分の売上げを2000円のハードカバーの文芸書や新書版のコミックで照らし合わせるとそれぞれ1600冊・8000冊となります。もうとんでもない数値ですね。

「じゃあ、書店は儲けてるのね」と結論づけても良さそうですが、そうは上手くは行きません。

返品できる5%の分以外すべてが「不良在庫」となるからです。

つまりは、

冊数にして、200-(1000×5%)=150冊

額にして、150冊×(4000×80%)=480000円也!!

というわけで、上記儲けから不良在庫分を引くと、

640000円ー480000円=160000円

たった16万円しか儲けがありません。

しかもこれは、80%売れた場合の話。ためしに計算したところ75%の売上げでは

750冊×4000×0.2=600000円

となり、

不良在庫が250ー(1000冊×5%)=200冊

つまりは、200冊×(4000×80%)=640000円


何と750冊も本を売ったのに赤字になってしまうのです。しかも、あくまで本と金だけの純粋なやり取りに過ぎません。これに人件費や光熱費がかさむわけですから、実際の損益分岐点はもっと上がることでしょう。


現在書籍の平均返品率は40%ということを考えても、如何にハリーポッターが書店にとってリスクのある商品であるかが、この時点でも十分に分かります。


じゃあ、そういったことも考えて「ギリギリの仕入れにすればいいじゃない」「仕入れなければいいじゃない」

といった声が聞こえてきそうですが、これもそう簡単にはいきません。


こういったモンスター作品の場合、店頭にしっかり揃え品切れを起こさない状況にしておかないと、「え、おたくハリーポッターも置いていないの」と信用問題に直結します。さらに、買い物の際、「目的の商品があったところでついでに他の商品も買っていく」心理が働きます。だから、ハリーポッターを置いておかなかったことで単にそれだけにとどまらない売上げ面の損失、それ以上の「企業イメージ」の損失と幾十にも打撃を受けることになります。


このことを避けるため、つまりは「商品がないことによるリスク」を避けるためにあえて「売れ残りのリスク」を覚悟で過剰に仕入れることになります。泥仕合の如くの本の奪い合いと言ってもいいでしょう。


しかし、今まで述べてきたように、そういったリスクを覚悟で苦労して仕入れたとしても必ずしも思うように売れてくれるわけでも、当然ありません。もはや悲劇の悪循環の様相すらあります・・・。


さて、この6巻の売上げはどうなるでしょうか・・・。数ヵ月後が楽しみですね。ちなみに私が勤務しているところでは順調に売れています。但し、ある事情があり返品はできません。仕入れた数分すべて売り切らなければならない、というわけです・・・。


私個人としては、書店業界にとって「ハリーポッター」はありがたい存在だとは思いませんね。

皆様はどうお考えですか?









「ハリーポッター」シリーズの携帯サイズ版です。新書サイズで値段もかなりお買い得なので、この機会に読まれるのもいいかもしれません。
スポンサーサイト







2006/05/18 00:15|エンタメ問答トラックバック:0コメント:4

コメント

おひさしぶりです
書店とゲームショップは子供の頃、儲かっていると思っていたのですが
最近、結構潰れてまよね
ハリーポッターは買い切制なんですね
俺の街では小さい書店は殆ど潰れて今は
大手が一軒と小さいとこが一軒しかありません
書店自体は公共性が高い業種だと思うので
潰れないようにしてほしいですね
買切制は反対です
taka #-|2006/05/20(土) 19:03 [ 編集 ]

本屋は・・・
>takeさんへ

お返事遅れてしまった申し訳ありません。

ゲームの場合は開発費の高騰とやたらと難しく且つクリア時間がかかってしまったことが低迷の原因ですね。ソニーとスクウェアが生んだグラフィック至上主義の弊害ですね。

本屋は率直に言ってその利幅の少なさから儲ける商売ではありません。業界規模も2兆円程度ともう最低レベルですね。

儲けたい&まともな収入をと考えているのならば本屋は決して手を出してはいけない商売ですね。

どの小売業界もそうですが、今は大手チェーンが幅を聞かせて、個々の店ごとの特色や仕入れに対する確固たる思想を感じにくくなっている何とも嫌でつまらない状態になっています。本好きにとっては本当に嫌な世ですね。

買いきりに関してはとても難しい問題で、やめたら業界は失墜するでしょうが、今のようないい加減な仕入れ体制にも改善する余地がたくさんあるでしょう。

まあ買きりよりも問題なのは、既に出版社が一部の大手書店にしか本を回さないことでしょうね。本を売れる機会を自ら逸しているというか・・・。

他の業界と違って文化を担っていることもあり、何とかいい文化的価値のある本を出しているところを保護できるような体制が出来ればと思います。

バツ丸 #-|2006/05/22(月) 20:40 [ 編集 ]


確かに本屋に行って欲しい本が無かったら注文するより
アマゾンで買ったほうが早いですもんねぇ(^_^;)
昔なら本屋を何軒かはしごして探したもんですが・・・
本の流通体制が問題なんですね
taka #-|2006/05/23(火) 11:35 [ 編集 ]

そうなんですよね
私は店員割引があるので自分の店で本を買っていますが、それ以外のCDや家電商品などは殆どネットで買っています。わざわざ現場に行かずに帰るという便利さが、忙しい生活を送っているものとして本当に助かりますので。

流通体制は問題ありありで、誰しもそのことを分かっているのですが利益の少なさから何も対策が取れないですね。未だに注文して1週間以上入手するのに時間がかかり、さらにいつに本が来るのか特定できない・・・。どうしようもないのですが、今の時代信じられないですね。

バツ丸 #XrQ9bs/w|2006/05/24(水) 21:15 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/253-ad560894

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.