バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

シングルレビュー~ビックリマンチョコレート?

●北原愛子 「もう一度 君に恋している」


amalogo111.jpg






1・もう一度君に恋している ★★★
作詞:北原愛子 作曲:春畑道哉 編曲:Kouichi Osa

愛子様お得意の哀愁漂うラテンバラード。作曲は愛子様史上最高傑作曲である「虹色に光る海」を手がけたTUBUの春畑。恐らく愛子様と最も相性の良い作曲家ということもあり、その出来に期待していたのだが・・・。

変にデジタルチックな打ち込みのアップテンポ曲よりも、この曲のように王道のパーカッションサウンドが入っているものの方が彼女にはあっていると思う。

まあ、シングル表題曲としては、無難且つゆるめで印象がやや薄いのが少し残念であるが、その堅実な編曲と愛子様の繊細でもの悲しく、それでいてかわいさすら感じさせるボーカルが非常によろしいのでこの評価。一般層に受け入れられる・支持されるかどうかは大いに疑問があるが、愛子様信者としては十分納得のいく出来。


2・ダイジョウブ ★
作詞:北原愛子 作曲・編曲:小澤正澄

久々の小澤曲。ややアップテンポのラテンポップ曲。岩田さゆり2ndアルバムや愛子様2ndアルバムにおいてそれなりにマシな曲を提供したと思う彼であるが・・・。「あぁ、やっちまったよ」ってな感じか・・・。

恐ろしく安っぽく薄っぺらでな編曲、抑揚がなさ過ぎる歌メロ、終始苦しげで爽快さに欠け、さらに編曲とのミスマッチ感が過ぎる愛子様の歌唱・・・。

流石の私であっても語る言葉を持たない・・・。勘弁してくれよ、おい。


3・常夏のエトセトラ ★★★☆
作詞:北原愛子 作曲:Kenji touma 編曲:小澤正澄

いかにも「ア~チッチ、アーチッチ」の曲を髣髴させる情熱的アップテンポラテン曲。詞も曲調も曲名が示すように死ぬほどクサく、恥ずかしく、聴いていて全身が痒くなってくるが、一方でこれが快感であったりもする。また、必要以上のエロさや品のなさを感じず、終始健康的で爽快且つ明るい雰囲気になっているのは愛子様の歌唱とキャラクターの賜物であろう。まあ、至って善良な「ラテンソング」のファンからすると「ちょっとこれは・・・」などと思ったりするのではないかと、個人的に勝手に考えたりもするのだが・・・。

パン工場ライブにおいて、愛子様のあの「必殺グラドルポーズ」を見て心停止寸前まで追い込まれた私は(危うく医龍の朝田龍太郎かERのグリーン先生のお世話になるところだった)、もはやこの曲とまともに向き合えるだけの精神力がない・・・。

恐らくあの場に居合わせた「愛子様信者」は大方同じような心境ではないだろうか。


<総評の名を借りた妄想話?>

2曲目は論外であるが、後の2曲に関してはまずまずの出来だと思う。しかし、これでヒットしたりファンが増えたりということは、ファンである私でも流石にないと思う。あくまで私のような「熱心な愛子様信者」達が喜ぶ「身内」のための曲だ。それ以上でもそれ以下でもない。

まあ、あいも変わらずお美しゅうあらせられる愛子様の御姿と、その魅力をそれなりに活かしたであろう変わらずの「ラテン」(もどき)の曲を再確認するため「定例行事」であろう、新曲発表は・・・。
「愛子様は愛子様」、ただそれだけのこと・・・。


それにしても今作のジャケ写の素晴らしさといったら・・・。前シングルでもそうであるが、もはやジャケ写こそが商品のメインであり、曲はあくまで「おまけ」とすら思ってしまう。アイドル歌手でもモデル歌手でもなく、れっきとした「専業アーティスト」であるにも関わらずこのように思わされるのは愛子様をおいて他にないだろう。かつて、「チョコがメインでシールがおまけ」であるにも関わらず、シールだけ取りチョコが捨てられた「ビックリマンチョコレート」を何故か思い出してしまうのであるが・・・。

まあ、このことは愛子様の強みであり大きな欠点でもあろう・・・。しかし、商品の本質を考えるとよろしくないのだろうが、それでも腹が立つとか批判したくなるとかではなく、「何だかんだと言いながらも最後には何だかほほえましくなってくる」のは、やはり愛子様が(以下延々と続くので強制終了)。


スポンサーサイト




2006/05/22 00:52|シングルレビュートラックバック:0コメント:4

コメント
核爆弾!
「常夏のエトセトラ」に関しては曲の出来云々言う前に、その破壊力が絶大ですね♪


濡れた白いビキニがセクシ~


凛@生姜部員 #-|2006/05/23(火) 01:29 [ 編集 ]

絶大さ~
凛さんもあの場にいらっしゃったですからね。

露出が少ない服装での「あのポーズ」でございましたが、なまじの女性の裸より興奮シマスタv-238
バツ丸 #XrQ9bs/w|2006/05/24(水) 21:12 [ 編集 ]


相変わらずの愛子さまへのお熱の入れようで……いやあ、バツ丸さんが愛子様について書かれる時は、筆が弾むというよりは筆が飛ぶ(!)という感じて、読んでいてほとんど痛快です!
てっちゃん #-|2006/05/28(日) 05:53 [ 編集 ]

愛はとまらない・・・
>てっちゃんさんへ

いや~、単に変態なだけですわ・・・。暴走機関車の如く愛子様信者としての忠誠心はとどまることを知りません。てっちゃんさんにも一度生で彼女を見ていただきたいものです。悶絶しますよ!!



バツ丸 #-|2006/05/28(日) 17:21 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/259-fcb03e52

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。