FC2ブログ
バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ライブレポ~ayaka-Acoustic Round Vol.1 "SOUNDS REAL"~名古屋クラブクアトロその2

本日も引き続き絢香のライブレポです。


・MC

本日初のMC。やはり初のツアーということもあり、かなり緊張しているとのこと。しかし、コテコテの関西弁交じりの元気さ溢れる喋りからは緊張の「きの字」すら全く感じさせない。垢抜けていないルックスと相まって親しみやすさを感じる。言い方は悪いかもしれないが、田舎から出てきてまだ擦すれていない子が持つ純朴な魅力とでも言えるだろうか。本当に「いい子」だと思う。


4・シャララ

ニューシングルのカップリング(ライブVer.)であるこの曲。ややダークでどろどろした雰囲気を醸し出すピアノの旋律と上品なバイオリンの旋律が印象的なブルージーな曲。気だるく退廃感のある絢香の歌唱と序盤部分に設けられた一瞬の静寂と共に渋い魅力を放出している。

Dメロ部分での歌唱の力強さは圧巻。

思うに「melody」よりも完成度が高いこの曲を何故表題曲にしなかったのだろうか? 不思議でならない。


5・不明

アコースティックのバッキングが冴え渡るやや早めの曲。絢香のややレイドバック気味の歌唱が素晴らしい。今の10代の歌い手でここまで渋くアコースティックナンバーやジャズナンバーを歌いこなせる者はそうそういないだろう。


6・夢のかけら

1stシングルのカップリング曲。軽快かつ気だるさを感じさせるギターのバッキングが冴えるアップテンポのロック曲である。

既に6曲目になったこともあるのだろうが、ここに来て果然歌唱の調子が上がってくる。「完璧な歌唱」と言う他ない。

しかし、その圧倒的な声量・技術に感嘆しつつも、素晴らしいライブの時にまるで霊を呼び出したイタコが感じるゾクっとした体の震えがない(今年で言えば、Fayrayや竹井、上木ライブの時にはあった。)。

ライブが始まってからこのことをずっと考えていたのだが、何故そうなってしまったかの理由はライブが進むにつれ少しずつわかってきた。
このことに関しては、最後に分量を割いて書くのでここでは割愛。


・MC

全国各所を巡るアーティストだからこそ出来るライブMC時のお約束の話。それは「ご当地の名物料理」ネタである。

既に天むす、ひつまぶし(ひまつぶしとオヤジギャグを炸裂させる)、手羽先を食したらしい。おいしかったかどうかの感想コメントがなかったのがちと気になったがまあ良しとしよう。

「他にお勧めの食べ物があったら教えてください」と観客に問いかけたものの反応は至って悪し。まあ、どうなんだろう・・・。

私はもう20年以上名古屋に住んでいるがイマイチ名古屋の味というものになじめない。完璧に順応できたのは「味噌煮込みうどん」と「ひつまぶし」だけ。

申し訳ないけど何の返事も出来なかった。


と食べ物の話ばかり出ていたが、唐突に家族ネタに変わる。Mステでも笑いが取れた「おじいちゃん」ネタと、プラス親戚の男の子の話。聞いていて「家族から大切にされているな~、彼女は」としみじみと思う。うらやましい限りだ。


6・グッドナイトベイビー

MCを挟んで披露されたこの曲は、そのMC内容とリンクする「家族」、特に小さいころ自分に子守唄を歌ってくれた母親に対して作った自作曲。よって、ゆったりとしたバラード曲と思いきや、アップテンポのピアノが結構全面に出たゴスペル調のバラード曲だったのには意外。

絢香の優しい歌唱が光るしみじみとした良曲だ。


7・今夜も星に抱かれて

バイオリンと絢香のピアノ引き語りを主軸としたバラード曲。時折挿入される電子サウンドが中々面白い。

ここで初めてバイオリンを担当している女性の「ほぼ全身」を拝むことが出来たのだが、物凄い美人だ。「○○No.1のキャバ嬢」ってな感じの華麗且つ物凄くスレンダーな容貌に釘付け。この人の姿がしっかり見えるようになってからというものの極端に絢香を見る時間が減ってしまった。すまぬ、絢香ちゃん・・・。


・MC

デビューして3ヶ月と少し。自分の曲をいたるところで耳にすることが彼女にとって何よりもうれしいらしい。その思いが強すぎて、訪れたCDショップの試聴器で彼女の曲を聴いている人の顔を強引の覗き込んでしまうぐらいに・・・。2度逃げられたという「成果」があることからも、試聴者に対するくらいつきぶりは相当のようだ。

しかし、もったいないな~と思う。もしこれが自分であったのなら、喜んで握手やサインをしてもらうなり、曲に対する感想を話すなりするのだが・・・。

まあ、相手が愛子様やFayray姐さんなら、恐らく私も逃げるだろうが・・・。


スポンサーサイト







2006/05/24 23:24|ライブ・イベントレポートトラックバック:0コメント:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/261-a7c9136f

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.