バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

読書日記~記事はあげていないけどそれなりに読んでます3

3・大塚英志 「おたく」の精神史 一九八〇年代論 講談社




4・村山由佳 「おいしいコーヒーのいれ方 (10)」 集英社 (48点/50点)




さり気なく1つ増えていますけどお気になさらず・・・。今回を含めあと2回で一連の書評終わらせます。スイマセン。



3は、様々な事柄をサブカルチャー的に分析することや文章作法において多大な影響を受けた大塚英志の「80年代おたく論・物語消費論」作品。

相変わらず政治、アニメ、文学、映画、フェミニズム、プロレス論、消費論といった様々な事柄について好き放題語っており節操がない。

無駄に長く、内容がそれほど整理されていないこともあり読みづらさが否めないが、ディズニーランドやビックリマンシール、ガンダムに象徴される、「仮想現実」が「商品」となり「現実世界」すら食っていく過程の分析や、80年代を代表するアイドル、岡田有希子の自殺の理由を「仮想現実」の象徴であろう「アイドル」足らんこと、に押しつぶされたとする解釈など、その賛否や説得力はともかく読んでいて非常に興味深いものがある。

しかし、一番興味深かったのは上野千鶴子の「フェミニズム論」に対する分析である。

80年代、「男女雇用機会均等法」の成立や「優生保護法」の改正に象徴されるように、女性の自立・男性からの解放が喧伝された。もちろん、その中心的・象徴的役割を果たしたのは、言わずもがなの上野千鶴子であろう。

各フェミニズム運動の成果もあり、女性が徐々に男性に近い待遇(開きはかなりあったが)と所得を得るようになりつつあった。さらにそれを介してのあらゆる事柄における女性の「自己決定」「自己実現」が叫ばれ始めたのもこの時代である。こういった動きが当時の消費社会を促進させた一方、消費社会に巧みにフェミニズムが絡め取られることにより、ジェンダー的価値観の強化ならびにそれの体の良い隠蔽(男性側からの)に繋がったとする著者の指摘はとても面白い。

このことは、今の世を見ていても明らかであろう。男性誌、女性誌関係なく、最近の雑誌の紙面を飾る象徴的言葉は「モテ~」「モテる~」である。もはやそれは、「他人は他人、私は私」とする90年代的価値観や男女間の平等(とされる)関係性が後退ないしは消失と、各々ジェンダーの「マッチョ化」に他ならない。より男女間の「性」や「容貌」、「地位や権力」「財力」といった要素を介した相互依存や「寄生」が促進されているのは、最近の「セレブ志向」をはじめ様々な事象が物語っている。

かつては軽蔑されたはずの古典的とも言うべき「外見信仰」、「金信仰」という風潮になってしまったのには、マスメディアやアパレル業界の恣意的な誘導もさることながら、それ以上に、社会情勢の不安や雇用情勢の悪化、成果主義志向に端を発す経済情勢の悪化、所得や地位の「二極化」といった動きがあるからであろう。「金」「経済」といったものが、見事にジェンダーやフェミニズムを揺り動かしたのである。

上記と重複し且つこの書籍の書評からどんどん遠ざかっているが、「経済」や「成果主義」「能力主義」といったいかにも中立公正と思われるものがもてはやされ、浸透していけば行くほど、それとは全く反対にジェンダー、血縁、学歴、地位・権力といった「古典的なもの」が世で幅を効かすようになる。

上記雑誌の件だけでなく、政治・芸能分野における2世・3世の跋扈、盛んに喧伝される「愛国心」「武士道」「サムライ」「大和魂」などなど、枚挙に暇がない。何とも逆説的だ。この動きは今後も続くであろう。


本当に嫌な世の中だ・・・。


まあウダウダ長くなったが、80年代文化論や消費社会論、サブカルチャー分析に興味がある方は一度目を通していただけたらと思う。


スポンサーサイト




2006/05/29 20:32|読書評トラックバック:0コメント:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/267-48bfb7b9

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。