バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

読書日記~記事はあげていないけどそれなりに読んでます4~ついに、ついに!!

4・村山由佳 「おいしいコーヒーのいれ方 (10)」 集英社 (48点/50点)




日本の代表的な人気作家である村山由佳の出世作第10巻。

前巻でかれんが教師をやめ、家を出て、かねてより希望していた老人ホームに勤めることにより大きく動き出した勝利との関係・・・。

いや~、既に10巻目なのに、相変わらず読んでいてグイグイ引きこまれずにはいられない「上手さ」は全く衰えていない。

好きだからこそ、相手を信じたい。でも、否応なしに二人を隔てる「距離」という絶対的な壁が、勝利の気持ちをとてもいらだたせる。しかも、かれんが学校を辞めたことにより、かねてより彼女に思いを寄せているイケメン優秀先輩教師である中沢が、ここぞとばかりに果敢に彼女にアタックをする。

本当は一人前の大人として、かれんと付き合うにふさわしい人として、彼女を信じ、優しく見守っていかなければならないのに、そういった本心とは裏腹に、嫉妬心と邪心ばかりが際限なく膨らみ、彼女に対し発す言葉と言えば自己本位で彼女を傷つけるものばかり。

少しずつ、少しずつではあるが、二人の思いがすれ違っていく・・・。かつてなかったとすら言える関係の危機・・・。

相手をこの上なく好きだから、彼女のすべてを自分のものにしてしまいたいという気持ちが故に、当人も相手も際限なく苦しみ、時に相手を著しく傷つける・・・。もう、まさしく聖帝サウザー様がおっしゃった「愛故に、人は悲しまねばならない」「愛故に、人は傷つく」としか言いようがないこの辺のところの勝利の心理描写は、余りに上手すぎてズキズキ心に響く。人を一度でも好きになったことがあれば、誰しもが思い当たるところがあるに違いない。すれ違いに耐えられなくなり無断でかれんのところに来た勝利とかれんとの壮絶なやり取りは、涙腺が弱い人であれば涙がこぼれまくるのではないだろうか?
何気ない感情描写や当たり前の感情描写で読み手を引き込み、感動させる・・・村山由佳の真骨頂である。


そして、お互いの思いをこれでもかとぶつけ合った二人の先にあったのは・・・。恐らくこのシリーズの愛読者であれば誰しもが「いつ?」と思っていた「あのこと」である。

長かった・・・。作中時間で3年半、現実時間で13年・・・。
連載開始時は、かれんどころか勝利よりも年下だった私が今やもう・・・。しかし、それでも感慨深い気持ちでいっぱいだ。このシリーズを愛読して本当によかったと思う。

恐らくこのシリーズは終わりが近いであろう。フィニッシュに向けてどうなっていくのか、今まで以上に楽しみである。



スポンサーサイト




2006/06/07 01:08|読書評トラックバック:0コメント:2

コメント
恋してます?
 大好きです。
 村上さんて、女性なのにどうして男性の心理を巧みに表現できるのでしょうかね。
 人間が恋愛すると出てくるドロドロとした醜いものを鋭く描いた上で、それに限らずふわふわした幸せな気持ちもキッチリ描いていますよね。幸せとか、優しさ(鈍感つか優越感の裏返しでもある・・・)みたいなふわふわと軽い気持ち。 村上さんは頑丈ではない「しなやかさ」を持っている人だと思います。

 それと今東野圭吾の「幻夜」読んでます。怖いけどやめられない・・・・・・。
りお #-|2006/06/25(日) 18:27 [ 編集 ]

恋してるのですか?
>りおさんへ

どうもどうも。

村山先生って何であんなに上手く人間心理を描けるのか不思議です。

どろどろしているのに、ご指摘のように幸せさや清廉さを感じてしまうのですよ。

「しなやか」・・・。本当にそうですね。私なんかは「凡の非凡」と称していますけど。

「幻夜」読まれているのですか。あれも辞められないです。

後は「さまよう刃」「容疑者Xの献身」「変身」「どちらかが彼女を殺した」「私が彼を殺した」あたりですか。

真保裕一も素晴らしいですよ。
バツ丸 #-|2006/06/25(日) 22:37 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/274-276272c7

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。