バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

2006年上半期音楽総評~各部門受賞者発表!!その2

今回は、以前選出した各賞受賞者・受賞曲に関し解説をしていきます。


・「最優秀アーティスト候補」

いつもはもう少し候補者を選出するのだが、今年の上期に関しては、圧倒的なアルバムを出したFayrayと宇多田以外に選出すべき者が見当たらなかった。プログレッシブな感性に溢れる、個性と完成度の高さと確固たる世界観とで満たされた彼女らの曲をリアルタイムで聴けるのは、本当に幸せだと思う。

惜しくも選出からもれたのは、彼女らと同じくプログレ楽曲を素晴らしい歌唱により堪能させてくれた大竹佑季。山口百恵のカバー曲とシングル表題曲の収録さえなければ、もっとこの両名に接近できたことだろう。惜しい。

下半期に関しては、天才的な資質を見せ付けたこの両名にどれだけ肉薄する者が現れるのかが唯一絶対の関心ごとである。その数は極めて少ない。

アルバムを出していないことで選出から漏れはしたものの、シングルで問答無用の楽曲を出してくれた新居昭乃、梶浦由記、石川智晶、そしてガーネットクロウと熊木杏里。さらに、久しぶりに活動を再開したOLIVIAは、宇多田・Fayrayに匹敵できる数少ない存在であろう。下半期の活動に期待したい。


・「最優秀新人賞候補」「優秀新人賞候補」

ここ何年かは、それなりに注目と賞賛に値する新人アーティストがいたのだが、残念なことに今年の上期に関しては、かつて選出した面々に匹敵する有望な新人はいなかった。皆決め手に欠けるのである。

絢香に関しては、歌唱力やルックスはいいのだが、肝心要の曲に魅力がないのが痛い。他人からあてがわれて売り出そうとする曲が自作曲よりも質が低いのは、致命的と言ってもいいだろう。現状で行くのなら、小柳2世になる可能性は高いだろう。

Bahashishiは、ボーカルの声・歌唱と楽曲の世界観が面白い。ただ、現時点ではまだやりたいことに技量がついていけていない感じか。
真中とJoelleに関しては、水準以上の実力と優れたルックスはいいものの、楽曲の出来に関しては、どうにも穏当で物足りなさが否めない。

ここで挙げたアーティストの奮起に期待するとともに、下半期でシーンを動かしてくれるような、今尚続く「男性優位」の状況を覆すような有力な新人アーティストの登場に期待したい。


・「最優秀ライブ候補」

ここで挙げた3ライブは皆非常に素晴らしいものであった。上半期が終わっただけであるが、ライブに関しては既にほぼ満足な状況にある。Fayrayライブが圧倒的な凄みを発していたからであろう。それ以外の2つのライブは、通常年で考えるのであれば、間違いなく最優秀レベルのものであったが、何せ相手が悪すぎた・・・。

下半期も恐らくいくつかライブに参加することだろうが、少しでもより良いライブに出会えたらと思う。




・「最優秀作曲者候補」

選出者は全員プログレ路線ないしはそれに少し浸かっているアーティスト。やはり、こういったアーティストはジャンルレスのオールラウンダーでいながら、そうであっても確固たる個性と個々の曲の完成度の高さを出しているからであろう。
現時点では、アルバムを出したFayray、宇多田両名が最も「最優秀作曲者」に近い位置にいると言える。後は、「最優秀アーティスト候補」のところで名を挙げたアーティストが数少ない対抗できそうな存在であるが・・・。


・「最優秀編曲者候補」

やはりここでもプログレアーティストが・・・。作曲者と違い、基本的にこちらはアルバムを出したアーティストを選出した。保刈は相変わらず巨匠の曲で凄まじい編曲を見せ付けてくれたのを考慮して例外的に加えた。

もちろん、お馴染みの面々である梶浦由記、吉俣良、古井弘人も下半期の活動如何では十分にトップを取る可能性がある。結構混迷の予感あり。


・「最優秀ボーカリスト候補」

一応6名選出したが、実質は、ダークな心象風景で聴き手を鬱と悲しみへと陥れたFayray。抜群の声質と一層進化した感情表現が凄みを放つ竹井。どこまでも伸びやかで透き通った美しい歌唱とその中に潜む少女のかわいらしさがたまらない大竹。物凄く上手いのに、その上手さを「上手さ」として認識させず、完全と曲に一体化した高度な歌唱を聴かせた石川。そして、変幻自在な歌唱で曲世界の語り部に徹したasの5人が突出していたように思う。

植村も、その元気で聴いているだけで楽しくなってくる歌唱や高音でのファルセットは非常に好きなのだが、ダークな曲での歌唱の甘さが少し気になった。

この項目に関しては、下半期に食い込めそうなのは中村由利とOLIVIAくらいか・・・。


・「管理人特別賞候補」

本音を言ってしまうと、毎年毎年この賞は「愛子様」になってしまうので、今回から「愛子様」を選出対象からはずすことにした。

調子に乗って多く列記してしまったが、「タイヨウのうた」で悶絶必死のかわいさと「影のある表情」を見せたYUIがダントツの「特別賞」候補。下半期で彼女を超える何かをバツ丸に訴えかけてくれる人は出てくるのだろうか?

後はコンタクトのCMで萌えかわいさを炸裂させた岩田、それとインディーズデビューすらしていない石神、早川両名も・・・。歌唱や声質はともかく、美貌に関してはGIZAクオリティー顕在。もちろん、GIZAの「ほしのあき」こと、望月ちゃんもね・・・。歌手に縛られないで、彼女らにはアイドル・タレント活動させてもいいのではないだろうか。小町よりもずっといいだろうに。


・「ブーイングアーティスト大賞候補」

思ったよりも多くのアーティストを挙げたのに自分でも驚いている。

しかし、ダントツなのはやはりハイカラと三枝。現時点でこの両者ほど腹ただしいと思うものはいない。ファンの方々には申し訳ないけど・・・。下半期でこの両者以上のブーイングぶりを見せ付けることは、Fayrayや宇多田以上の優れたアーティストを見つけるよりも難しいと思う。

上木・ナナムジカ・倉木の3者に関しては、かけた期待や当人に課せられた役割と楽曲の出来との間に開きがありすぎたので。特に上木に関しては、過去の自分の人生で存在しなかったと断言できるくらいの短期間での凋落振り・・・。もはや怒りしかそこにはない。

上原は純粋に力量不足。これではディーンズモデルとして人気があってもダメだろう。



・「最優秀楽曲候補曲」

今回は非常に優れた曲が多くて、どれを選出するかで大いに悩んでしまった。こういうことでの悩みなら、いくらでも悩みたい。

選曲に関しては、石川や熊木といった一部を除き、基本的にプログレ曲中心の選出となった。ここでもFayray、宇多田の2強の曲が光る。
ただ、今のところはFayray「Nostalgia」が一歩リードか。個人的にはダークで精神的に来る曲の方が好きになりやすい。

石川、Fiction~、平原、新居巨匠の曲も、通常なら「最優秀楽曲」になってもいいぐらいの良曲。
ガーネットクロウ、熊木杏里の曲は、選出はしたものの、それ以外の進出した曲に比べると若干落ちるか・・・。



・「最優秀作詞曲候補曲」

こうやって見ていると、自分ってとことん「ネガティブ思考」なんだなと思う。
ま、それはともかく、選出した曲の中でも、人と自然の関わりを見事に集約させた「籟・来・也」と、

「誰もが純粋さを私に望むけど
擦り切れそうな空に持っていけるものなど
咲いている花を折って自分のものにするような
罪深いものばかり」

という詞がとても印象的な「美しければそれでいい」、

そして、「分け合って譲り合ってってゆうなら~(何を~)」をはじめ、全体から漂うダークさがこの上なく秀逸な「Nostalgia」が特に気になった。



以上で各項目選出に関する解説は終わり。アーティストランキングとアルバムランキングについては7月の上旬を予定しております。

しばしお待ちください。
スポンサーサイト




2006/06/25 14:47|音楽総評トラックバック:0コメント:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/291-eb23c569

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。