バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

2006年上半期音楽総評~ベスト10アルバム発表!!

今日から7月。今年も早半分が終わりました。月日の流れは本当に速いものです。
ま、とりあえず書店人にとって苦痛である棚卸から解放された今日。午前中こそジムに行って来ましたが、マッタリとした休日を満喫しております。

さて、まだ数作聴けていないアルバムがありますが、ここはスパッと切って上半期で管理人が良かったと思うアルバムベスト10を本日紹介いたします。

では発表します!! と言いたい所ですが、、ベスト10に入れる作品を決めているところ・・・。その最終的な順位決定作業が難航しております。総評の「私的勝手に振り返り編」でも書きますが、今年の上半期は例年以上に優れた作品が多く、既に良作の数が通常の1年分に匹敵するぐらいありますので・・・。

CDをとっかえひっかえ聴き倒しています。


作品及び順位の発表は本日の夜か深夜に行う予定です。


それまでの間、ベスト10に入る作品やその順位に関し、当ブログを見てくださっている皆々様にあれこれ予想していただくのも面白いかもしれません。ベスト10の作品と順位をすべて当てた人に関しては、何か進呈してもいいかも(笑

 今回、誠に残念ながら選出漏れとなった良作は、中ノ森BANDの「Oh My Darlin’~Girls having Fun~」、m.o.v.eの「GRID」、melody.の「Be as one」、久嶋美さちの「Vibrato」、Rie fu の「ROSE ALBUM」、小松未歩「8~a piece of cake~」。通常年だったら間違いなくベスト10入りしててもおかしくない作品であった。


7月2日 (21時40分)にコメントをつけました!!
 
また、選出作品を一つ変更しました。



アルバム総評は別の機会に。






・10位 植村花菜 「いつも笑っていられるように」


amalogo111.jpg


レビューはこちら

もはやキングレコードを代表しているといってもいい植村の1stアルバム。アコースティックギターを主軸とした軽快で清涼感溢れる曲と彼女の元気さと伸びやかさに秀でた歌唱が絶品。個性はないが、等身大の恋愛心理を綴った詞にも好感が持てる。

暗い曲を歌っているのにも関わらず、何故だか元気づけられ、前向きになれるのは、彼女の最大の魅力。しかし、一方でこういった曲種における歌唱の説得力に少し欠けるのが、現時点での弱点か・・・。今後の精進で克服していただきたい。

10位という順位ではあるが、聴いた回数においては恐らく5位以内に入るのではないだろうか。自信を持って他者に勧めることの出来る作品。



・9位 平原綾香 「4つのL」


amalogo111.jpg

レビューはこちら

既に国民的アーティスト的存在となっている平原の3rdアルバム。およそ他者には真似のしようもない、豪華作曲者&演奏者により作られた今作は、そのスケールの大きさと「収録曲の完成度」に関し上半期最高だと思う。特徴的な彼女の歌唱に関しても更なる磨きがかかり、孤高の魅力を発している。

個人的にはもう少しダークさや狂気さがあればと思う。ともあれ今後は「Will」「Reset」や「アリエスの星」で見せた「プログレ路線」に期待したい。彼女は「こっちの路線」に進むべきアーティストであると思う。



・8位 as 「and song」


amalogo111.jpg


レビューはこちら

恐らくここ数年の新人アーティストにおいて、最も柔軟性に富んだ歌い手だと思うasの1stアルバム。殆ど隙のない質の高い収録曲と彼女の優れた歌唱が放つ「ノスタルジー」に、聴いていて懐かしく、切なくなってくる。
最終的に当初考えていたよりも順位が下がったのは、長尾大作曲曲の出来の悪さと、「通学バス」「暁」未収録という問題が尾を引いたから。本当に残念だ。

実力や楽曲の完成度のわりに殆どその存在が知られていないのが残念であるが、今後の業界を背負っていける実力者であると思う。お勧めのアーティストであるので、是非とも一度耳にしていただきたい。



・7位 RYTHEM 「夢幻ファクトリー」

mugen.jpg
amalogo111.jpg


業界屈指どころか、邦楽史上屈指の同性デュオであるにも関わらず、イマイチ知名度や人気がないRYTHEMの2ndアルバム。
二人の絶品のコーラスワークが紡ぎだす絵本の世界のような幻想性と美しさ、20世紀初頭の喜劇映画のサントラのような楽しさに秀でた楽曲は、既に確固たる個性と魅力がある。



・6位 Miz 「Mizrock」


amalogo111.jpg


レビューはこちら

ビクターが相当力を入れてはいたが、それにふさわしい売上げや人気があるとは言えないMiz。しかし、海外デビュー盤を挟んでの2ndアルバムとなる今作は、低迷する日本のハードロックにおいて白眉とも言うべき出来。北欧ロックならではのシャープで哀愁に秀でたハードな曲を中心に、収録各曲の質は非常に高い。楽曲を力強く且つエモーショナルに歌い上げていくMizの歌唱と共に、既に北欧や英米の同種アーティストと比べても遜色はないと思う。



・5位 YUI 「From Me To You」

fromme.jpg
amalogo111.jpg

レビューはこちら

ボーカルの歌唱力やアルバム収録曲の完成度に関しては今回の10作品の中でも一番下。しかし、流麗なメロディーラインを有す楽曲と、繊細でかわいい歌唱は、技術的な未熟さや楽曲の甘さを払拭して余りある魅力がある。完成度は高いが発展性や魅力に欠ける歌い手が多い中、彼女や今作のような存在は貴重だと思う。



・4位 大竹佑季 「眠る孔雀」

nemuru.jpg
amalogo111.jpg

レビューはこちら

東芝&ホリプロの秘蔵っ子、大竹佑季の1stアルバム。豪華製作陣を惜しみなく起用し、シングルにおいて既にスケールの大きい幻想的な楽曲をやっていたが、アルバムで聴けたのはそれをはるかに凌ぐ「プログレ」曲であったのには、ただただ驚きであった。
秀逸な楽曲を歌いあげる、彼女の「幼さと凛とした高潔なたたずまい」が同居した伸びやかな歌唱も非常に素晴らしい。



・3位 COCCO 「ザンサイアン」


amalogo111.jpg


一度は一線から退いた巨人COCCOの復活アルバム。「SINGER SONGER」での活動や「音速パンチ」の出来の悪さもあり、今作には何の期待もしていなかったのだが・・・。
かつてのグランジやミクスチャー系の激情ヘビーミュージックと、活動再開後のアコースティックな要素がいい具合に合わさった傑作。
今作を聴くと、「天才」と「優秀な人間」との間に存在する決定的な差を認識せずにはいられない。



・2位 宇多田ヒカル 「ULTLA BLUE」


amalogo111.jpg


レビューはこちら

秘めた宇多田の天才的なセンスが一気に解放された大傑作。シングル曲以上に、今までの彼女の集大成であり、他の何者でもないジャンル不問の宇多田型デジタルポップ&プログレを堪能できるアルバムオリジナル曲の出来は圧巻。


・1位 Fayray 「光と影」


amalogo111.jpg


レビューはこちら


やはり上半期の1位は今作。21世紀でありながら、60年代後半から70年代に隆盛したプログレとサイケデリックロックを見事に継承した楽曲と、それを構築したFayrayの作編曲能力、卓越したサポートミュージシャンの演奏にただただ圧倒されるだけ・・・。

かつての音楽性とは露骨に違うダークな心象風景やチクチクするサウンド構成は聴き手を選ぶが、間違いなくプログレの傑作である。

スポンサーサイト




2006/07/01 17:05|音楽総評トラックバック:7コメント:2

コメント
はじめまして
はじめまして。
僕はガーネットクロウが大好きでそれをきっかけに歌姫バカ一代をみつけちょくちょく覗いていた者です。

特にガーネットの中でもバツ丸さんが好きと書かれている曲が僕も好きだったので、好みが合うのかなあと感じ名盤入りしているCoccoさんの作品を聴くようになりました。
正直、圧倒されました。
こんな凄いアルバムなんで今まで聴かなかったのだろうと。

そして今年は丁度Coccoさんが復活するということでバツ丸さんがどんなレビューをするのかとても楽しみにしていました。
だけどなかなか書かれている様子がなかったので残念だなあと思っていたのですが、こんな形で書かれるとは嬉しいです。

『ザンサイアン』は彼女ならではの世界観が発揮された良いアルバムですよね!ぞくぞくする感じがたまらないです。
本当に彼女は天才だと思います。
そしてバツ丸さんとは音楽的な好みがすごく似ているな、と改めて感じました。(個人的には『音速パンチ』は大好きですが(笑)

それでは長くなりましたがこれからもひっそりと楽しみに覗かせて頂きます。(Coccoね単独レビューも楽しみにしていますね)
弾丸 #JalddpaA|2006/07/03(月) 00:51 [ 編集 ]

はじめまして
>弾丸さまへ

はじめまして。ご来訪&書き込みありがとうございます。

「歌バカ」時代からご覧いただいているとはありがたいことです。

COOCOさんは私がきっかけで聴いていただけたのですか。いや、うれしい限りですね。彼女の音楽は後にも先にも彼女にしか出来ないと思います。不世出の天才ですよね。

率直に言って「ザンサイアン」には全く期待していませんでした。「音速パンチ」は実は好きなのですけど、何か違和感がありまして・・・。

しかし、軽い気持ちでCD屋で試聴してみたら、びっくりしましたよ。

往年のヘヴィーな要素あり、残酷さあり、包み込むような優しさもあり、そして今までになかった要素もあり・・・。そうであっても、どっからどう聴いてもCOCCOなんですよね。

「うわ、こんなん聴かされたら並のアーティストは気の毒でならん」とマジ思いましたね。天才の存在の残酷さを痛感しました。

単独レビューはやりますよ。ただ、今金欠で・・・。CDが手元に来るのはしばらく先・・・。すいません。
バツ丸 #-|2006/07/04(火) 00:37 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
2006年上半期ベストアルバム発表!!
一昨日にブログ復活したわけですが、さっそく昨日はお休みしてしまいました(汗;いや、単にサッカー観るのに夢中になってただけなのですがね・・・。王者ブラジルベスト4進出ならず!!私は仲間内とのジャンケンの結果、ドイツ(残り物)に福沢諭吉を託すことになったので
Love Needing ~凛の音楽日記~ 2006/07/02(日) 09:32

★2006年上半期アルバムベスト10発表!
 それでは「2006年上半期アルバムベスト10」を発表したいと思います。今期は良作が多くて、10枚選ぶのが難航しました。 反面、突出したアルバムもなく、順位付けは難しかったです。 あまり考えても結論が出ないので、聴く回数が多かったアルバムを順位付けのポイントにして
日本の歌姫たち 2006/07/02(日) 22:59

上半期ベストアルバム。
便乗企画以外の何物でもない私的ランキング。まぁ、こうやって広がっていくのもBlogの良さではないかと。1st. DELIGHT(愛内里菜さん)2nd. PRHYTHM(angela)3rd. 4つのL(平原綾香さん)4th. Mizrock(Mizさん)5th. ハナダイロ(元ちとせさん)6th....
Journal Bleu 2006/07/03(月) 21:50

上半期ベストアルバム。
便乗企画以外の何物でもない私的ランキング。まぁ、こうやって広がっていくのもBlogの良さではないかと。1st. DELIGHT(愛内里菜さん)2nd. PRHYTHM(angela)3rd. 4つのL(平原綾香さん)4th. Mizrock(Mizさん)5th. ハナダイロ(元ちとせさん)6th....
Journal Bleu 2006/07/03(月) 21:50

上半期いろいろBESTとMagic Music
誰も興味ないだろうw 上半期のいろいろベストを発表それと、7/3に「saku saku」に凱旋かむば~っくし、秋には「パーラー木村でボブツアー」という名のライブハウスツアーが決まった木村カエラ「Magic Music」のレビュー。
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο 2006/07/04(火) 22:24

上半期アルバムランキング2006
えっと、アルバム編です。よっぽどのことがないと買わないし、ゲ○の半額クーポンも少なかったと思うので、そんなには聴けてません。なので、メジャーどころ中心、ベストやリミックスを含んだりします。他にも聴いたんですけどねぇ、ランクインならず、というか。1位...
カルナック遺跡 2006/07/04(火) 22:47

2006年上半期リリースCD・私的ベスト10
バツ丸様の記事に触発され、不肖のねずみもランキングを作ってみました。私ごときがしゃしゃり出ていいものかと思いつつ…。※ バツ丸様のランキングは↓こちら。堂々の説得力。さすがでございます。私の及
ノネズミ式徒然オンガク帖 2006/07/05(水) 00:44

トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/298-de64ef81

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。