バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

カテゴリー別による最強アーティスト・重要アーティスト発表!!

継続中である音楽総評「私的勝手に振り返り編」に入る前に、もう一つの総評?とも言うべき「カテゴリー別に夜最強アーティスト・重要アーティスト」をここで発表したいと思います。

これは半期ごとに発表するアーティストランキングと同様、アーティストに対する評価の一貫なのですが、あくまでアーティストごとの序列を示したアーティストランキングとは違い、こちらはどちらかと言うと「格」とか「名誉」に近いものがあります。

分かりやすく言うと、アーティストランキングというのはテストの点数とか通知表の評価、会社での能力評価といった数値での評価。一方「最強アーティスト・重要アーティスト」というのは、「~の達人」とか「名誉~」「~部長」といったステイタス評価と言ったところでしょうか。


前回は、3月23日(こちら)に行ったのですが、残念なのか喜ばしいことなのか、わずか4ヶ月の間に大きくその内容が変わってしまいました。というわけで急遽発表することにいたしました。


まあ、自己満足の一方的な内容の記事となりますが、読んでいただけたら幸いであります。







●3大アーティスト
☆Fayray 宇多田ヒカル COCCO

Fayray以外の2名が変更。劇的な変更と言ってもいいだろう。
シングル発表のみの活動となり、いずれ出るであろうアルバムに対し一抹の不安があるガーネットクロウとアルバムに往年の凄みを感じなかった小松に変わり、既に上半期で非常に優れた作品を出した宇多田、COCCO両名を加えた。

現時点ではこれで固定だが、下半期におけるガーネットクロウのアルバムの出来次第では再び変わる可能性が高い。あくまで暫定的な措置と捉えていただきたい。

今後ガーネットクロウ以外でここに加わる可能性があるのは、下半期にアルバムを出すと噂されているHEAD PHONES PRESIDENT。素晴らしい作品を出しさえすれば、OLIVIAも有力候補となる。



●3大巨匠
☆菅野よう子 新居昭乃 梶浦由記

カテゴリー変更。ここ数年の楽曲制作能力を鑑み、従来からの2名に梶浦を加え「3大巨匠」とした。これまた大きな変更である。この3者に関しては、チャートを席巻するアーティストと根本的に楽曲の質や格が違いすぎる。菅野は最近活動状況がよく分からないのが心配であるが、残りの二人に関しては、シングル1枚のリリースながら圧倒的な存在感を見せてくれたので、この調子で下半期も活動していただけたらと思う。



●最強ソロアーティスト候補
☆COCCO Fayray


「一番」だと思っているソロアーティスト。上半期の活動を考慮してFayrayを加えた。しかし、COCCOやOLIVIAの活動再開、熊木杏里のアルバムリリースもあり、今後はかなりの激戦が予想される。



●最強グループアーティスト候補
☆FEEL SO BAD、Mr.Sirius


変更なし。MR.SIRIUSに関しては今後も変わらないだろう。FSBは復活アルバムで変わらずの凄まじいものを見せてくれて、本当にうれしい。後はどれだけのグループがこの両グループに肉薄できるかであろう。


現時点でこれらに次ぐグループは、HEAD PHONES PRESIDENT、大鴉、m.o.v.e、See-Saw。活動休止も含めるのならPAMELAHも。

最近評価急上昇中のHEAD PHONES PRESIDENTに関しては今年発表される可能性が高いアルバムの出来が90点以上であれば、確実に上記アーティストと同列に並べる予定。



●4大美声系
☆ANZA(HEAD PHOENS PRESIDENT) 竹井詩織里 大竹佑季 melody.


「楽曲」が優れている上で「声質の魅力・歌唱の魅力」に秀でているボーカリスト。

今回はシングルに関し最高の評価を下せなかった熊木杏里と柴田淳の両名をはずし、HEAD PHOENS PRESIDENTで化物っぷりを発揮しまくっている驚異のシャーマニックボーカリストANZAと、アルバムとライブで凄まじい美声ぶりを披露したmelody.を加えた。

但し、柴田・熊木両名に関しては、あくまで楽曲の問題であるので、今後の楽曲次第では再び復帰する可能性は高い。

現時点で、この4者+熊木・柴田とそれほど変わらない位置につけていているのは、以前とほぼ変わらずの、Viki、植村花菜、下川みくに、坂本真綾、そして平原綾香。今後も熾烈な争いが続き、頻繁に変わっていくように思う。



●ハードロック・メタル四天王
☆HEAD PHONES PRESIDENT 亜矢 OLIVIA 星田紫帆

予想通りのダメっぷりを見せ付けた上木を降格させ、変わりに星田を入れた。OLIVIAは活動再開、亜矢も只今楽曲製作中ということで、今後の展開から目を離せない楽しみな状況になっている。


現時点でこの4者に次ぐ存在は大鴉、Miz、久嶋美さち。

ここであげたアーティストがもっとシーンの前面に出てくるようになれば、日本の音楽シーンも面白くなると思うのだが。




●4大前衛系
☆鈴里真帆 志方あきこ 笹川美和 大竹佑季

カテゴリーは以前より継続。選出に関しても変更なし。


この4者に次ぐ現時点での存在は、柴咲コウ、安藤裕子、Salyu。



●3大アコースティック系
★YUI 竹仲絵里 植村花菜

今回から新たに加えたカテゴリー。簡単な話「ギターを抱えて・・・」のアーティストである。

この3者に共通しているのは、声の魅力としっかりとした作曲力。後は自己の音楽性の更なる追求による一層の個性の確立と、楽曲の完成度を安定させていくのが今後の課題だと思う。
スポンサーサイト




2006/07/23 23:08|音楽総評トラックバック:0コメント:9

コメント
発送しました
という事で本日完了。

お送りした物がバツ丸さんの認識を変えられるだけのインパクトかどうか、
とりあえず到着後、お聴き下さいませ~。

(マグマはMDK→ライブ(2枚組)、3部作ライブ
→コンタルコスという準をお薦めします。
迫力勝負なので音量は大きめの方がよいかと。)

夜間指定で、水曜日か遅くても木曜には着くと思います。

凛 綺羅 #-|2006/07/24(月) 20:57 [ 編集 ]

ありがとうございます
とどきましたよ~。ありがとうございます。

早速聴き倒していますが、イエス、ジェネシス、エマーソン、チューダロッジ辺りは流石ですね。
バツ丸 #-|2006/07/25(火) 22:27 [ 編集 ]

柴田淳
柴田淳、四大美声系落ちか~。
実は僕、ここを訪れる以前から柴田淳さんは好きで、バツ丸さんのレビュー見て泣きそうなほど嬉しかったです(僕の周りにはシバジュン好きな人いないんですよね)。柴田淳さんは僕を音楽に目覚めさせてくれた人でもありますし。

僕も「花吹雪」は好きになれなかったのですが、新曲「紅蓮の月」はよかったです。やっぱり雰囲気のある曲になると強いですね。詞も秀逸です。

個人的な意見を言うと、柴田淳さんの声は存在感があるな、といつも思います。別に声を張り上げてるわけでもないのに、すごく大きく聞こえる。真っ直ぐダイレクトに響いてくる。そんな気がします。
バビデブー #-|2006/07/26(水) 07:29 [ 編集 ]

他にも
宮殿も入っていますよ。オリジナルメンバーの
ロバート・フリップが2002年頃に偶然倉庫で発見した
最もよい状態のオリジナルテープからのバージョンを
、マスタリングをフリップが完全に関わる形で録音、
最近発売されたばかりの紙ジャケ版の宮殿です)

5大について
(普通は4大といいますがジェネシスいれて5大)

やはりオリジナリティーが優れていて個性がはっきりしている
あたりは素晴らしいです。
ジェネシスはシアトリカルで叙情性に優れ、イエスは壮大さとテクニックが抜群…など。

フォークはチューダロッジは素晴らしいですが、自分の場合は
どちらかというと好みではとお送りしたフェアポートや
ヴァシュティですね。好きなのは。
チューダロッジやメロウキャンドルはあまり聴いていないので
そんなにいろんなことはとは言えないです。

(今は毎日MAGMA漬けです。どんな場合でも同じ物ばっかり聴いていると発展がないというかは場が広がらないというか…
他の物が聴けない状態はどうかと思うのですがすごいので自分でも押さえが利かないです。)

当面マグマですが、時間を作って何とかVACACY
聞くことにします。
HEAD PHONES PRESIDENTのこのアルバムは聞かせていただいて、「ああ、確かにこれはすごいわ」って思う出来でしたので。
まだ全部まだ聞けてませんが、すいません)

邦楽もよろしければ。
今回は邦楽は偏っていますが。
凛 綺羅 #-|2006/07/26(水) 21:21 [ 編集 ]


OLIVIAは秋にアルバムを出すそうです。
本人曰く、凄くいいものができたとのこと。
楽しみに待ちましょう。
アルパカ #-|2006/07/27(木) 21:24 [ 編集 ]

残念ですが・・・
>バビデブーさんへ

柴田さんは落ちましたね。残念ですが。

「花吹雪」も「紅蓮の月」も悪くはないですが、好きにもなれないですね~。

ここ数年の柴田さんの悪しき傾向ですが、歌メロが間延びしすぎです。

1stアルバムのころのようにもう少しメリハリの効いたシャープな展開にしてほしいと思います。ただ壮大で彼女の凄い歌唱力が光るだけなんですよね。

ただし、おっしゃるように声の存在感は凄いですね。表現力も圧倒的。聴かせる歌唱に関し彼女以上の人はそうそういないでしょう。それ変わらないですね。
バツ丸 #-|2006/07/28(金) 00:58 [ 編集 ]

いろいろ
>凛綺羅さんへ

いろいろありがとうございます。宮殿は既に所有していますね。

4天王やプラスアルファーのビックアーティストは皆作品の質が高く安心して聴けますね。エマーソンもイエスもすばらしい。今更ながら偉大さを思い知らされます。

MAGMAはまだきいていません。邦楽とビックネームばかり聴いてしまって。90年代北欧プログレの作品は良かったですね~。それ以外にも蒼景ノ恋歌も良かったです。

HEAD PHONES PRESIDENTようやく聴いたいただけたようで。好みに合うかどうか疑問ですが、実力の凄さは分かっていただけると思っております。
バツ丸 #-|2006/07/28(金) 01:18 [ 編集 ]

それはそれは
>アルパカさんへ

おお、それはびっくりな情報で。

まああれだけ休んでいたので、アルバム1枚分の曲は出来ているでしょうね。

問題は収録曲の出来ですけど。作風はどうなるのかな~?
バツ丸 #-|2006/07/28(金) 01:22 [ 編集 ]


こんばんはです。

引越し作業の合間で今はマグマのMDKと
フェイレイさんの光と影を聴いております。
(やっとじっくり聴くことが出来そうで、
「光と影」、まだちゃんと聴いたのは数曲と途中ですが
1曲目など、どこぞ、そこいら辺のJポップスとは
確かに雰囲気も出来も違うのがわかります。
これは名盤だと思います。)


北欧の作品
オランダとポーランドの作品が多めですが
満足頂ければ幸いです。

邦楽
これは自分の趣味丸出しでやや恥ずかしい気も。
送ってなかった岡崎さんの残り全アルバムとか。
白鳥さんアルバムは昭乃さんが全面的に
作曲していたので入っています。

MAGMA

MDKはライブ三部作が本来のバージョン。
スタジオ版「MDK」は4曲目あたりでいったん
フェードアウトしますが本来はそうならないので
スタジオ版は不完全ということになります。

作風は簡単にいえば宇宙語の
「コバイア語」を駆使した壮大な「コバイア語」によるロックです
(簡単にいえていない)


蒼昊ノ恋歌はよいと思います。
三部作で一番プログレッシブではないと
思いますが、茶太りんの民族調のヴォーカルが
すばらしいと思います。
サウンドコンポーザーのべるめい氏は
電子系の打ち込み作品を得意としているので
あのような曲は珍しいかったりします。

茶太りんこと茶太さんですが、8月13日に同人でですが
お送りした「誓い」に続く2nd「eclips」を
1stより約2年ぶりですが発売されるとの事。
「誓い」、「蒼昊ノ恋歌」と共によい作品なので楽しみです。

ASHADAといい茶太さんといい結構新しい発見が
あっていいですね。

では、長文失礼しました。
凛 綺羅 #-|2006/07/29(土) 20:09 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/322-04fe34f1

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。