FC2ブログ
バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

シングルレビュー~ふ、不安が・・・

●GARNET CROW 「今宵エデンの片隅で」


amalogo111.jpg



完成しました!! かなり長いですが読んでやってください









1・今宵エデンの片隅で ★★★
作詞・Azuki七 作曲:中村由利 編曲:古井弘人

あいも変わらずの、バカの一つ覚えとも言うべき「メルヘヴン」タイアップ曲。彼ら曲がこの番組で起用されることにもはや商的なメリットは何もないと思うのだが・・・。

とは言え、タイアップで売り出すアーティストが圧倒的優位に立っているタイアップではないので、必然的にタイアップ元番組の作風の制約を受けるのは避けられない。良くも悪くもこの点が明確に反映された曲のように思う。

イントロやA・Bメロ部分こそ比較的マイナーっぽい哀愁を出しているが、だからこそ、それと対照的過ぎるサビメロがどうにもしっくり来ない。既にこういったアップテンポの「サビがハッピー系、明るい系」曲は「スパイラル」「晴れ時計」といった曲を始め定番化しているが、今回はガーネットにしては軽いというか安いという感じが否めない。
曲名から連想されるイメージと曲調が違う点も、「夢・花火」とは違い今回は裏目になったような気がする。

久しぶりに終始目立っている岡本の、軽快で良いアクセントとなっているギターや艶っぽい中村の歌唱など、個々には光る点があるものの、個人的にガーネットクロウが「シングル表題曲」として「あえて」やるべき曲かどうかに関しては、やや疑問がある。



2・失われた物語 ★★★★
作詞・Azuki七 作曲:中村由利 編曲:古井弘人

ガーネットクロウのカップリンングは質が高く実験性にも秀でているとの今まで築いてきた評価に違わない曲。

ややブルージーな雰囲気を出しているイントロをはじめシンプルな構成と展開ではあるが、それを「良いもの」として転化させているのは、中村の歌唱に尽きるだろう。いや、そもそもが中村の歌唱を最大限に押し出すが故にこのような音の作りになったのか・・・。

イントロの後に続く、彼女の必殺である「中低音域」を駆使した歌唱とそれによる哀愁表現が絶品と言う他ない。昨年後半あたりから彼女の歌唱の進化振りには目を見張るものがあるのだが、ここでの歌唱は前シングル、前々シングル以上の「稀に見る良歌唱」だと思う。

サビ部分における高音の伸びも申し分なし。以前と声の出し方が変わったのだろうか? できれば直に歌唱を聴いてみたいところ。



3・nonsemse ★★★☆
作詞・Azuki七 作曲:中村由利 編曲:古井弘人

2ndアルバム収録の「WISH」を髣髴させる煌びやかで爽快で痛快なアップテンポ曲。

やや中村の歌い回しが強引な気もしないではないが、伸びやかな歌唱がそれをいい具合に封じ込めている。サビでのファルセット部分は彼女の歌唱の好調ぶりを改めて認識させられる出来の良さ。

中間奏のピアノ演奏とDメロへと至る中盤以降の流麗な流れも秀逸。ライブで披露した場合、かなりの見せ場・盛り上がり部分になるのではないだろうか。



<総評>

曲評価に関しては上記にあるように、まあそこそこといった所。毎度毎度だが、ガーネットクロウならではの安定した完成度は顕在だ。だが、他の誰ならぬガーネットクロウだからこそ、納得いかないこと・満足いかないこと、そして不安がある・・・。

それは、大きく分けて、

1・タイアップ縛りによる5thアルバム完成度低下の予感
2・楽曲の魅力に占める歌唱の比率の上昇



まず1から。

はっきり言って今回の表題曲を「メルヘヴン」のタイアップ曲として「悪くない」「まずまず」とは思っても、ガーネットクロウの歴代の曲らと比較して「名だたる傑作」「上位に入る名曲」と思っている人は少ないのではないだろうか。

ガーネットクロウに取り巻く悪しき問題とも言うべき「ガーネットクロウに合わなさ過ぎるタイアップ元番組」がかつてないくらいに出てしまったように思う。

彼らは「プロの音楽製作集団だ」。例え音楽性とタイアップ元のアニメの作風とが露骨合っておらずとも、それなり以上のものを送り出してくる。だが、それは、言わば「手かせ足かせ」のようなもの。「最善」と言えるかもしれないが、「最高」のものには程遠い。かつては、それでもアニメタイアップが音楽性を広げるのに寄与したこともあったが、既に何年も変わっていないタイアップではもうそれも無理だろう。

結局、このことは、3rdアルバム以降顕著になってきた「シングル曲」と「アルバムオリジナル曲」との作風の違い・完成度の差という、現時点で彼らの「唯一」と言っていい「弱点」が克服されていないことを再び明確に示したに過ぎない。「君の思い描いた夢集メルHEAVEN」がその作風が故にベストに収録され、恐らくアルバムに収録されないことを喜んだファンは少なからずいただろうが、今回の曲の方が上記問題をより深刻にするような気がする。今までの彼らの実績・アルバムのつくりから言ってこの曲を違和感なく纏め上げることは不可能だと思う。いっそのこと、この曲を収録しなければいいだけの話だが、それは日本のアルバム製作を考えるにありえないだろう。5thアルバムの発表はもう間もなくだが、ここに来て大きな不安材料が出てきてしまった・・・。


長くなったが2。

相変わらず楽曲は高水準を保ってはいるものの、その内容に関し以前とは少し違ってきているように思う。それは、楽曲の魅力・完成度に関し、「曲上位で中村の歌唱がそれに喰らい付いている状況」から「中村の歌唱で曲が引っ張りあげられている状況」になったのではということだ。つまりは、曲の魅力の構成に関し、曲そのものではなく中村の歌唱によるところが大きいということである。
もっと率直に言えば、曲そのものの持つ凄み・魅力というものが少し後退しているのではないかと・・・。

単曲単位で聴いてれば気づかないが、旧譜やベストアルバムを引っ張り出して往年の曲を聴くと、このように思ってしまうのだ。


人によっては、ガーネットクロウファンによっては、「言いすぎ」「考えすぎ」「気にしすぎ」と思う方もきっといることだろう。だが、この2つの問題をはじめ、彼らに何だかんだと言ってしまうのは、彼らがやはり稀有の実力を持つアーティストだからである。さらに、Fayrayや宇多田、大竹佑季、ASHADA、FSB、HPP、新居昭乃、梶浦由記らといった相当なレベルの作品を既に送り出してきたアーティストの存在もある。ガーネットだけを聴いていれば気にならないだろうことも、それに比する優れたアーティストの優れた曲を耳にしてしまえばそうとはならない。上記問題は、常に最高のものを彼らに目指してほしいと考えている私にとっては、「ほんの紙一重」ではあるが、だからこそ凄く気にせずにはいられないことなのである。最高の領域では、ほんの些細なことがその明暗・出来不出来を分けるボーダーラインとなるから・・・。

何度でも言うが、彼らに求めるのは「良い作品」ではなく、歌詞・歌唱・メロディー・編曲・コンセプトなど楽曲を構成するすべてのものが「最高レベル」の「圧倒的な楽曲」「至高の名盤・名曲」だ。


だからこそ、ちんけなタイアップ事情に左右されて作品のレベルを落とすようなことは決してあってはならないと思っているのだが・・・。

今回の表題曲が5thアルバムのアキレス腱にならないことを切に願う。
スポンサーサイト







2006/08/19 19:14|シングルレビュートラックバック:1コメント:9

コメント
やっぱり?
こんばんわ~
バツ丸さんのレビュー、GCファンとして気になっていました。何となく予想はしていましたが、表題曲の評価厳しめですね^^;
ただ、各所のインタビュー記事から分かる様に彼ら(特に中村さん)は、作曲時に良く聴くジャンルに影響を受けて、音楽の幅を広げていくのが好きなように思います。
バツ丸さんの求められている(一つの)方向にこれから彼らが邁進していくかというと、可能性は低いんじゃないでしょうか?徹底した求道系のバンドとは思えないので・・・
僕としては、良い音楽を聴かせてくれる限りは、見限ることはないですけど、バツ丸さんとしては、次の5thALの出来にかかっている感じですねえ^^;
Mizu #2Kmidmv2|2006/08/20(日) 20:15 [ 編集 ]

彼らには厳しくありたいので
>Mizuさんへ

そうですね。彼らに関しては、常に「最高のものを」という気持ちがあるので。他のアーティストよりも辛めになっていると思いますね。

ただ、私は決して彼らに一つの方向を求めているわけではないのですよ。
いろんな音楽を貪欲に取り入れてもらえたらと思っているし、これからもどんどんそれはやってもらえたらと思っています。

ただ、シングル曲の存在がアルバムの質を下げている問題は3rdアルバム以降厳然と存在していることで。

今回のような曲がアカンとはいいません。出来は良いと思います。ですが、やはり彼らに対し最高のものを求めている立場から言うと、あくまで「実験性に富んだカップリングレベルの曲の1つ」として収めていただきたかったと思うぐらいの出来でしかなかったと感じるわけで。

それと音楽性の幅を広げるにも限度があり、そこにはやはり完成度・結果が求められると思います。それに確実に答えられたかに関しても、少し疑問がありますね。

5thアルバムに関しては、現時点では不安先行となっています。まあいままでもそうだったのですけどね。

ファンを辞めるくらいに酷い出来ということはないでしょうが、最高の評価をしなくなる可能性はあると思います。

こういった不忠とも言える思いをぶっ飛ばしてくれるアルバムであることに期待したいですね。
バツ丸 #-|2006/08/21(月) 00:30 [ 編集 ]

でも・・・
総評前のコメントだったので、もう少しだけ。
>Fayrayや宇多田、大竹佑季、ASHADA、FSB、HPPら
自作でない大竹さんは置いておくとして、僕にはGCから彼女らの様な完成度を追求していく気迫みたいなものが感じられないし、もっとPOPよりなアーティストだと思うんです。バツ丸さんの期待とGCの実体にズレが出てきたというか。GCメンバーの言う飽きのこない・いつまでも聴ける曲というのは、究極とか最高とかいうのとは対極にあるように感じます。だから、バツ丸さんの中で第二グループ、最高でなく優秀アーティストに括られてもしょうがないのかなぁ。

次のアルバムでは、こよエデよりも、籟・来・也の方が浮かないか心配です^^;
Mizu #2Kmidmv2|2006/08/21(月) 01:13 [ 編集 ]

え?
>Mizuさんへ

そういうお考えだったのですか。なんかガネファンの中では極めて少数派なのご意見かな、などと勝手に思ってしまいます。

どうなんでしょうね。1st、3rd、4thアルバムを聴いていると、彼らにプログレ精神を感じますし求道的な姿勢もあるように思います。

私個人としては、ポップ性があるない関係なく、素晴らしい曲こそが最高・究極に値すると思っております。究極のポップ曲もありますからね。

ガーネットクロウで評判の高い曲の中には、ポップ性に欠ける曲が多いようにも思います。「未完成の音色」「水のない~」「Cried a little」「夕月夜」「Holly Ground」などなど。

>籟・来・也方が~

これはある意味そうかもしれませんね。しかし、そうなってしまったら、個人的に彼らに用がなくなると思います。残念ですけど。

ま、とりあえず5thアルバムを聴くしかないですね。彼らの場合は製品盤を聴いてなんぼですからね。
バツ丸 #-|2006/08/21(月) 01:26 [ 編集 ]

タイアップに縛られる?
予想していたように厳しい採点ですね。
今回の作品はメジャーコードの作品が欲しいという注文があったようですが、タイアップによって作風が縛られてしまうのではないのかといった危惧が見事に反映された結果と言えるかもしれません。
メルへブンはアニメですから子供にも親しみやすいメロディーになってしまい、それがもともとプログレ色をもっているガーネットクロウの魅力を落としているのは否定できないですね。
ガーネットクロウがその魅力を如何なく発揮できる良いタイアップ先をGIZAが見つけてくれるといいんですが…
ユースケ #-|2006/08/21(月) 02:03 [ 編集 ]

難しいですね^^;
ちょっと、僕の方も誤解があったようで。対極とは言い過ぎでしたね。ここ最近のアップテンポ、ポップな曲に対する評価が芳しくなかったのでつい^^;僕もGCの魅力とは何かと聴かれたら、上記の人気曲・プログレ要素のある曲にあるというのに異存はありません。ただ、GCの凄みというのは、求道的な姿勢の方向が違うというか、聴き手を突き放すのではなく、包み込むようなところに
あると思うので、ファンとしてあまりせっつくのもGCが可哀想に思えただけです><
Mizu #D.y1tYuI|2006/08/21(月) 02:40 [ 編集 ]

愛ゆえのきびしさですか?
こんにちは~☆
バツ丸さん厳しいですねぇ
バツ丸さん程厳しくないけど俺も共感できるものはあります
「今宵エデンの片隅で」は解りやすい曲調で初聴からすんなり入れます
ここ最近のガーネットの特徴ですが・・・
かつての名曲は初聴ではその良さが中々解らないけど
何度も聴いているとジワジワと心に沁みて
名曲だなあと思う曲が多かったですね
良い悪いは別にして
やはりタイアップの関係で曲調が分かりやすくなったと思いますが
どちらが心に残るといえばかつての名曲でしょう
かつての曲は聞いていてうっとりできる曲が多数ありましたもんね
ただ
今作も決して悪いとは思いませんが
・・・
曲自体は丁寧に仕上げていると思いますし
カップリングは相変わらず高レベルですし・・
ガーネットゆえに高いレベルを求めてしまうのですね
俺もあのタイアップは明らかに合ってないと思ってました
CDのパッケージの裏にメルが印刷された紙が・・・・(-_-;)
いらねぇ
って思ったの俺だけでしょうか?
メルのファンに対して必要だったんでしょうか?
しかし
今回でメルの呪縛から解放されたので今後はやってくれるでしょう
「まぼろし」は期待大ですし
もうアルバムの発売も決定しましたし楽しみですね
taka #iqhSIKS2|2006/08/22(火) 10:33 [ 編集 ]

お久しぶりです。
「今宵エデンの片隅で」、きびし目評価と聴いていましたが、思ったほど悪い評価でもなかったようなのでほっとしている次第であります(笑)。
というか前回GIZAの総評のページで質問にお答えいただいたのに、一言もお礼を申し上げずに、大変失礼いたしました...。

10月発売のアルバムについて、私はプログレッシブ・ロックというジャンルについて、あまり・・・というかまったく知識がないので、バツ丸さんの思い描くアルバムの全体像が想像しきれない面があります。
何でしょう、ZABADAKや新居昭乃さんでしたら、私も大好きなんですが、ああいった音楽がプログレなんでしょうか? だとすると、たしかに私もGARNETの立ち位置や、音楽の方向性は、彼らとは微妙に異なる気がしますね。(ただ、彼らのような雰囲気をまとったGARNET CROWを見てみたい(聴いてみたい)気持ちも、たしかにわかります。)
私の場合は、漠然とですが3rdアルバムに近い雰囲気のアルバムになるのかな? と思っています。曲調の幅広さ実験性を持った作品になるのでは、と。それが「バラエティに富んでいる」ととられるか「散漫」ととられるか、できれば前者であればいいなと思っていますが、14曲という少々詰め込み気味ともいえる曲数はちょっと不安材料でもあります。

それと今回の「~エデン~」に関して言えば、「声を殺し 泣いた君を抱きしめた」以降が、すべて予想したとおりのメロディ展開だった、つまりどこにでもあるようなメロディだったというかなりマイナス評価の部分があります。
上がり下がりの激しい中村嬢のメロディは、もともと昔の歌謡曲っぽい要素を持っていましたが、「CANDY POP」あたりからほとんど歌謡曲そのものになってしまっている気がします。これはメロディの独創性に、大きな影を落としている気がしてなりません。中村嬢の一時的な嗜好であればいいんですが。
まぁ、次回作の「まぼろし」は、個人的にとても満足できる楽曲だったので、大丈夫だろうと思っています。

いずれにせよ、GARNETのアルバム、不安も大きいですが、期待して待ちたいですね。そして、バツ丸さんも仰っていましたが、シングル曲なしの、新曲のみで構成されたアルバム、とても魅力的です。ぜひGARNETに作っていただきたいです。

以上、思いがけず長文になってしまって申し訳ありません。失礼いたしましたm(__)m.
くり #-|2006/08/22(火) 23:26 [ 編集 ]

いろいろ
>ユースケさんへ

まあ、これが「厳しい」かどうかに関しては、いろいろあるでしょうけどね。

スポンサー・製作者からの注文にはほぼ完璧に答えたと思いますが、彼らにかなりのものを求めるファンにとってはどうかといったところですね。
もう、この手の曲はいいので、更なる高みを目指していただきたいのが私個人の本音。十分にこういった曲で魅力在るものを作れることは証明できたので。

あと、現在のタイアップであるのなら、商的にメリットはないので、いっそのことタイアップなしでもいいと思います。


>Mizuさんへ

まあ、アップテンポ系の曲は・・・。今までの名曲に比べたら・・・と思うところもありますね。
私個人としてはやっぱり聴き手を叩き潰し引きずりむような曲が聴きたい!!

私は、彼らには申し訳ないけどせっつきたいですわ。


>taka

まあガーネットクロウだけを特別扱いするわけにはいきませんからね。

番組の内容に即したタイアップ曲としては満点ですけどね。

おっしゃるように曲はいいですし、作り込みもいいと思います。しかし、彼らならもっともっといいものが出来るとおもうのですよね。そう思いたい。

最近のGIZAアーティストでアニメタイアップ曲シングルについているカバーはいらないですね。いつも捨てています。

「まぼろし」「アルバム」共に期待しましょう。


>くりさんへ

まあ★3つなんで今までの彼らからすると厳しいと思います。流石にこれが「駄曲」とか「クソ」とはいえませんよ。

ZABADAKや新居昭乃さんはプログレですね。
まあ一言で言っても種類が多いのですけど・・・。

彼女らは叙情派プログレとか民族音楽プログレとかになります。
おっしゃるようにガーネットクロウとは立ち居地は似ているようで違うところがあります。

3rdアルバムはプログレというよりも「プログレメタル色」が一部曲にありましたね。

ニューアルバムに関しては、全くの予想つかずで・・・。

曲名からするとポップなのもダークなのもありな多彩なアルバムになる気がします。

14曲は長いブランクがあったとは言え少し多いような気もせんでもないです。個人的にはコンセプトアルバムを望んでいるのですけど・・・。

エデン~はタイアップ縛りがある以上仕方ないですね。あれでキレたダーク曲をやるのは不可能ですしね。

歌謡曲の影響を受けるのはいいのですけど、出来れば初期にルーツとしてあげていたクランベリーズ路線もやってほしいような気もします。

バツ丸 #-|2006/08/23(水) 23:08 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
■「今宵エデンの片隅で」 GARNET CROW
 GARNET CROW、3ヶ月連続リリースの第2弾シングル「今宵エデンの片隅で」をゲットしました。テレビ東京系「メルヘヴン」のエンディングテーマです。 今作は「目に見えない 形のない愛」をテーマに描いたPEACEソング、小気味良いテンポを刻むリズムに乗せたキャッチーな.
日本の歌姫たち 2006/08/20(日) 23:55

トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/346-cbb69de7

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.