バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

「音楽と癒し」~もっと暗闇を!!~私的ベストネガティブソング洋楽「臨終の時に聴きたい曲」編

一部の人はご存知かと思いますが、今、私は人生3度目にして5年ぶりの「超暗黒期」に突入しております。心身共にズタボロの状態で・・・。相当へこんでおります。

こういう、「どうしようもなく辛い時」「どうしようもなく悲しい時」に「音楽に癒された、慰められた」人は少なからずいることでしょう。

こういった状況にあるときには、「元気の出る明るい曲」とか「癒される曲」に救いを求めるのが普通だと思います。しかし、ひねくれ者でトコトン「ネガティブマインド」「マイナス思考」である私は、こういった類の曲を聴くことは一切なく、それどころか救いようのない暗さや重さ、死にたくなってくるような鬱さ満ち溢れている曲を聴いて、辛い境遇にある自分をさらに追い込み、これ以上ないほど落ち込ませることによって「心身の安定を図る」というのが私の自己回復の方法です。


今回は、上記状況にある時に愛聴している楽曲を、「臨終の際に聴きたい曲」「トコトン辛く悲しい時に聴く曲」に分け、簡単な解説をつけつつ思うが侭に紹介したいと思います。まずは洋楽編。相当マニアックで変態で、邦楽歌姫とは全く関係ない選曲になりますが、それは次回以降ということでご容赦下さい。

尚、声質・歌メロ重視の私としては珍しく、今回の選曲に当たっては結構歌詞やそれと声質・メロとの一体感をも重視しております。やっぱり用途が用途だからね。

また、皆様はこういった境遇にあるときに特にお聴きになる曲などがあれば、教えていただけたらと思う。







<臨終の際に聴きたい曲>

不慮の事故か病気にでもならない限り恐らくまだまだ生きる私ですが、既に臨終の際に聴きたいと思っている曲はかなり絞って選定しております。

・COVERDALE・PAGE 「COVERDALE・PAGE」内「Take Me for a Little While」



元ZEPのギタリストのジミー・ペイジと元ホワイトスネイクのボーカリスト、デイヴィっト・カヴァーデルによるスーパーユニット。短期間で活動が終わってしまったことから半ば伝説と化しているこのユニットの最初にして最後のアルバム愛する人と親しい友人を失くし悲観にくれ、今死に行くところにある男の回想歌。シタールの旋律、カバーデイルデルの渋すぎ且つエモーショナルな歌唱とペイジの泣きのギターとが聴き手の魂を昇天させる名曲。ライブで聴いたとき、涙が出ました。



・LED ZEPPELIN 「IN MY TIME OF DYING」「STAIRWAY TO HEAVEN」(天国への階段)

両方とも、もう今回のテーマにうってつけの曲。特に後者は、あの20世紀最高の指揮者であった「帝王カラヤン」をして「クラシックと成りえる名曲だ」と言わしめた、ハードロックのみならず20世紀を代表する屈指の名曲。アコースティックギター、リコーダーによるもの悲しすぎるイントロ、ロバート・プラントの穏やかでいて絶品の悲しさを見せる歌唱、ジミー・ペイジによる泣きのギター・・・、それらすべてがまさに「天国への階段」を想起させる至上のものであった。



・ANGRA 「ANGELS CRY」内 「Lasting Child」



ブラジルを代表するメロスピバンドにして今や業界を代表するバンド、アングラのデビューアルバムにして最高傑作。この曲はその最終曲。クラシック音楽の要素をふんだんに盛り込んだ楽曲が多い今作の中でも一番の壮大さを見せる2部構成のこの曲が表現したのは、「永遠の子供」。中間奏部分で奏でられるラファエルのアコースティックソロは、わずか10秒そこそこで、しかも同じ旋律を2度繰り返したものであるが、その旋律は形容不可能なぐらいに美しい。打ち込みであるが、1回旋律が繰り返すごとに楽器が変えられていくオーケストレーション部分は、「輪廻転生」を描いているかのようだ。


スポンサーサイト




2006/08/24 22:42|バツ丸の戯言トラックバック:0コメント:12

コメント
ブログ停止とは悲しいです…。
歌姫バカ一代から、ずっと読ませていただいてます。毎日、必ず見てます。
(Fayrayのファンで、バツ丸さんの影響でガーネットクロウのファンでもあります。最近ではOLIVIAにもハマってます。)

私の「精神的に落ちこんだ時ソング」はFayray姐さんの♪「Baby if,」、GARNET CROWの♪「Holy ground」あたりです。

自分の好きなFayray姐さんやGARNETのシングル・アルバムが出るのに、バツ丸さんのそれらのCDのレビューが読めないのは残念です…。

どうしようもないぐらい落ちこんだ時に「彼女」とか、自分を思ってくれる優しい女性の言葉があればうれしいのですが、残念ながら、そういう女性の存在がいません。自分はもしかして、それを補うために、女性シンガーの曲を好んで聴いてるのかもしれません。(ヘッドホンで彼女らの曲を聴くと、耳元で優しく励ましてくれてるような…)

私も自分に自身がなくて、仕事を転々と変わったりして、不安定な身で、いつも心が不安な状態で、唯一、女性シンガーの曲にハマこんでいるときが一番心が安らぎ、癒される感じです。 

バツ丸さんの心身の回復を願いますが、辛いときはやっぱりゆっくり休んでください。
美肌旋盤工員(30歳独身彼女なし) #-|2006/08/25(金) 23:06 [ 編集 ]

はじめまして
どうも、はじめまして。私も歌姫バカ一代からずっと読ませていただいています。もともとはGarnet crowが好きだったのですが、このブログの影響で、最近ではfayrayにはまっているという次第です(笑

辛い時には私もネガティブソングを聴きたくなります。余りエネルギーに溢れている曲は精神状態的に受け入れないのでしょう。最近私も鬱々としていることが多く、やはり『光と影』あたりをヘビーローテしています。

辛い時は、GARNETなら「夏の終わりの長い雨」や「blue bird」、「夕立の庭」あたりを
fayrayなら「Baby if,」や「Nostalgia」、「光と影」などですが、何と言っても「look into my eyes」ですね。「幸せと痛みはいつだって絡まって訪れる 深い夜が朝を連れてくるように」というフレーズが大好きです。痛みの裏には必ず幸せが存在している、むしろ痛みが無いところに幸せも無いのだ、と気付かせてくれます。

バツ丸さんは、邦楽ではどのような曲を聴くのか、次回の記事を心待ちにしています。
タイガー #-|2006/08/26(土) 01:01 [ 編集 ]

厳重注意です、美肌施盤工作員さん
書き込みありがとうございます。

しかし、私はあなたに対し、非常に不愉快さを抱いています。

某掲示板において、ことあるごとに、しかも名前を間違えたまま、さらには、私が意図しているのと全く違う意味で、あなたの勝手な解釈の元で私の意見を勝手に紹介するのはやめていただきたい。

おかげでこっちは、あなた=私ととらえられたり、あなたの、私の意見に対する勝手な解釈で私自身が非難・軽蔑されたりといい迷惑です。

あなたがFayrayさんをはじめとした女性アーティストに対する意見を述べるのは自由です。

しかし、私の意見に「ただ乗り」した「あなたの勝手な解釈」を書くのを金輪際やめていただきたい。

あなたが、上記にあるように、私や私の見解に賛同・共感していただいてるのであれば、尚のことああいう場で書くことの影響を少しは考えていただきたいものです。

ブログなりサイトなりを立ち上げて、「美肌施盤工作員さんご自身」のお言葉でFayrayさんや女性アーティストに対するご意見をお好きなように書いてください。

そして、私の意見を引用されるのであれば(していただきたくありませんが)、一字一句違わずされるか、きちんと私の意図を捉えるようにしてください。

何度でもいいますが、私の文章・意見を紹介しているようで、あなたの勝手な主観が入りすぎておりますので。


以上の点、何卒宜しくお願いします。
バツ丸 #XrQ9bs/w|2006/08/26(土) 01:04 [ 編集 ]

時間と忘却の果てに。
久しぶりです。事が終わった時音楽で癒される・勇気をもらうという事はありえるでしょうが、最中では多分ないと思いますね。徹底して落ちるため徹底して聞く分にはおそらく暗い音楽の効果はてき面でしょうね。
山崎ハコ・森田童子・中島みゆきのセット(曲名忘れちゃいました)が抜群という記憶が残っています。
中島みゆきの「雪」という曲で〆てもらえばと・・・。
気にかける人間が多くいるだろうことだけは今後の希望として持っていてください。
かんくん #-|2006/08/26(土) 17:39 [ 編集 ]

ごめんなさい。
あそこで「バツ丸さんがこんなこと書いてる!Fayrayを褒めてくれてる!」みたいなことを書き込み、勝手にバツ丸さんの文章などを、何度も引用したりした自分がいました。

まさかご本人さんが読まれてるとは思ってもみませんでした。(本人が見てるとか、見てないとか、そういう問題でもないこともわかります。)

このサイトを毎日わくわく読ませてもらっていただけに、バツ丸さん本人から、こうして厳重注意を受けて、かなりショックを受けています。もちろんすべて私が悪いです。

もう、2度とあのようなことはしません。
ほんとにご迷惑をかけてすいませんでした。
美肌旋盤工員 #-|2006/08/26(土) 21:50 [ 編集 ]

はじめまして
>タイガーさんへ

Fayrayにはまられましたか。ブログにしてからガネ色をより薄めていますが、彼ら以外にもいいアーティストもいっぱいおりますので。

ガーネットクロウとかは既に定評があるので、今後とも世俗流行や売上げに関係なく、実力・魅力のあるアーティストを紹介していただけたらと思っております。

それにしても、「Look~」を選ばれるとは渋い選出ですね。終盤サビ直前のDメロ部分が特にいいですね~。
私はFayrayさんのダークソングだと「口づけ」「Angel」辺りが大好きですね。

邦楽編は出来ますかどうか・・・。

散々痛みばっかり感じているので、幸せが欲しいところですね~。

バツ丸 #-|2006/08/26(土) 22:37 [ 編集 ]

お久しぶりです。
>かんくんさんへ

お久しぶりです。

>徹底して落ちるため徹底して聞く分にはおそらく暗い音楽の効果はてき面でしょうね。

もうごもっともで。
山崎さんは森田さんは、聴いていて死にたくなってくる暗さがありますよね。

>気にかける人間が多くいるだろうことだけは今後の希望として持っていてください。

そうですね。ほんとうにありがとうございます。それだけが悲惨な状況の中においてせめてもの救いでした。
バツ丸 #-|2006/08/26(土) 23:08 [ 編集 ]

わかっていただければ
>美肌施盤工作員さんへ

少し厳しい言い方になってしまいましたが、ご理解していただきありがとうございます。

書いている方々の中には、「本人は読んでいないだろう」との気持ちがあるかもしれませんが、実はそういったものは意外にもよく分かります。

あそこでああいう文面を紹介されるとほんと、即座に影響が出てきっついんで。

宜しくお願いします。
バツ丸 #-|2006/08/26(土) 23:19 [ 編集 ]

落ちる時は徹底的に…
お疲れ様です…。

私も、悲しい時はあえてさらに気分を沈みこませますねー。
どこで聞いたのかは忘れてしまいましたが、
無理やり気分を高揚させるよりも効果があるとか。

邦楽では、森田童子や筋肉少女帯あたりを、
洋楽では、MUSEとAvrigusというゴシックメタルを聞いて、
悲しみのどん底に落ちてます。
森田童子ぼ効果は特に凄いですね…。


本当に色々とおありのご様子ですが、
無理だけはしないでください…。
のねずみ #-|2006/08/27(日) 00:20 [ 編集 ]

お久しぶりです
忙しくて、本日みたらしばらく
更新停止ということで残念です。

(ご事情はわかりませんが事情というものは仕方がないこととお察しします。
プログの更新は大変ですが
また復帰されることを願っております)

また何かお送りすることも考えておりましたが
立てこんでいらっしゃる様子ですのでご迷惑であれば
見合わせていただきます。
現在はASHADAの購入を決めたので到着まち中。

この項目の臨終のときの曲ということであれば私は
マグマの
「MEKANIK DISTRAKTIW KOMMANDOH」ですね。
(マグマ、いかがでしたでしょうか?)
闇と美のコバイアコーラスで送られたいです。


別項の哀しいときと辛いときなら
Vashti Bunyanの
{JUST ANOTHER DIAMOND DAY」ですね。
14曲目の「REINBOW RIBER」の
リコーダーには涙せずにいられないです。
どの曲も素朴で美しく、癒されます。
後はミスターシリウスの名曲「STEP INTO EASTER」でしょうか。
凛 綺羅 #-|2006/08/27(日) 21:15 [ 編集 ]


非常に返事遅くなって申し訳ありません。
メール返信ありがとうございました。
疑問がすぐに解け、そのアルバムも聴いてみました。
休止は残念ですが、私は何もできないので、影から応援しています。
悲しい時に聴きたい曲ですが、以前TVで初めは暗い曲を聴き、どっぷり浸かってから少しずつ明るい曲にというのが良いそうです。
いきなり気分を高揚させようとしてもできないみたいです。
私は悲しい時小松さんの「regret」と「恋心」を狂った様に聴きます。それからアヴリル・ラヴィーンさんの「How Does It Feel」や倉木さんの「冷たい海」とかです。
随分最近の曲ですがOLIVIAさんの「tears&rainbows」がドツボに嵌り、自分を追い詰めるというよりは美声で昇天するという感じです。これはどちらかというと麻薬とかそういう類になりますね、私の場合…。

人を元気付けるためのポジティブソングも、どん底の時はなんの効果も成さないというのは、また悲しい事ですね。
yoentown #-|2006/08/28(月) 01:09 [ 編集 ]

すいません
>のねずみさんへ

今も昔もはやっている「プラス思考」は身を滅ぼすだけだと思いますね。これを繰り返し続けると痛みに関し単なる無神経になるだけなので。

Avrigusは評価いいようですね。まだ聴いたことはないのですが、「The Secret Kingdom」が凄いらしいようで。

某所に書いた件も含め、あまりに同時期にイロイロありすぎてくたばっています。無理しないとやっていけないのですけどね。

何とかなってほしいものです。


>凛 綺羅さんへ

ちょっとイロイロあってブログ更新することも、その意欲の面でも難しい状況になってしまって。

CDを聴く時間もあまり取れなくなると思います。
ASHADAは新居さんやザバダックがお好きであればドツボだと思いますよ。いい作品です。

マグマはとにかく暗黒で切れていますね。ただただ凄いと言う他ないですね。

個人的に悲しいときってあんまりプログレ聴かないですね~。何故?


>yoentownさんへ

すいません。予定通りに行かなかったですが、北原さんのアルバムレビューと、その次の挨拶&連絡文とで一端更新停止にします。まだ出来ていないのですけどね。

小松さんは私にとっても落ち込んだとき、悲しい時に必須のアーティストです。こういう曲を作り、歌わせて彼女に匹敵できるのは松任谷由美さんや竹内まりやさんぐらいでしょう。

「tears&rainbows」は確かに昇天できますね。私的には「Space Halo」が一番キますけど。彼女の「本気」の曲は、ドラッグ的な危険な魅力があると思います。次のアルバムにもこういう曲あるかな~。

どん底の時にはポジ系ソングなど役に立たないですね。
いつか、どこふく風で「ハッピーソング」「ポジ系ソング」名曲選などを紹介できたらとも思いますが、永遠に無理でしょうね。

早い時期に復活できたらと自分でも思いますが、しばらくはダメだと思います。すいません。



バツ丸 #-|2006/08/28(月) 18:29 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/349-8aa252e7

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。