バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

シングルレビュー~久しぶりの傑作

●GARNET CROW 「まぼろし」


amalogo111.jpg







●まぼろし ★★★★☆
作詞:Azuki七 作曲:中村由利 編曲:古井弘人

ビーイング系列と仲の良い「テレビ朝日」系列ドラマ「新・科捜研の女」主題歌として起用された楽曲。縛りのあるドラマタイアップということと、前作「今宵エデンの片隅で」の曲調もあり、若干の不安要素がなくもなかった。また、その番組チェックの際に聴いた感じにもあまりいい印象が持てずにいた・・・。しかし、「製品盤」で聴くことの出来た楽曲は見事と言う他ない。ガーネットクロウのシングル表題曲史上を代表する名曲であり、彼らの音楽製作集団としての凄さが見事に発揮された曲であると言える。

出だしから、この曲のために岡本が用いたというガットギターの哀愁漂う旋律が一気に聴き手を楽曲の世界へと引きずり込む。ガーネットならではのもの悲しさと冷たさが聴き手にモノトーンに彩られた過去の情景~ノスタルジーを強く喚起させる・・・。他の何者でもないガーネットだからこそ出来る音楽世界であろう。

ギターに続き且つ平行して流れていく中村のボーカルは、基本的には淡々としていながらも、「夢・花火」で開花したポテンシャルをさらに極めた感のある、圧倒的な広がり・大きさ、そして芯が強く太くありながらどことなく儚さや弱さをも秘めた多彩且つ多感な表現を見せる。彼女の絶対領域である中低音域と、ここ数年飛躍的な成長を見せた高音歌唱がこれまでになく完璧に融合した至高のパフォーマンスだ。

中間奏部分におけるファルセットとDメロ部分での歌唱、そしてコーラスが重なる部分での歌唱には、ゾクっとしたものを感じずにはいられない。

今年は、Fayrayやmelody.、大竹佑季、石川千晶らといったボーカリストが圧倒的な歌唱を見せたこともあり、自分にとって中村の存在感は薄れつつあった。しかし、この曲で聴かせた歌唱は、今年における他者への劣勢を補って余るものであろう。元来あったボーカリストとしての個性と長年の活動で培った技術と経験とが高度な融合を見せ、比類なきボーカリストへの進化の道筋を今確実に歩みつつある。最優秀ボーカリスト候補として当然彼女の名を挙げねばなるまい。


そして、やはり考えなければならないのは楽曲の雰囲気、音作りであろう。
ギターサウンドとストリングスによる装飾を基調としたシンプルな構成であるが、中間奏におけるバイオリンやシンセの用い方はプログレやサイケデリックロックに通ずると思えてならない。本人達は恐らく意識してはいないだろうが、彼らの音楽のスケールや内容、それらがもたらす「深み」は完全にプログレの領域に達している。

但し、この曲の唯一の欠点は、各所で指摘されているようにドラム音が打ち込みであることだろう。格闘ゲームのパンチ音の如く安っぽく曲が発す厳粛な雰囲気を損ねている。これが生音であれば完璧だったのに・・・。


<総評>

4thアルバム直前の「忘れ咲き」でもそうだが、アルバム発表直前のシングルでいつも凄い曲を見せつけ、ファンを興奮させてくれる。今回も見事にやられたと言えるだろう。間もなくでるニューアルバムに否が応にも期待が高まる。何て嫌なグループなのだろうか・・・。

今までの経験則から、彼らに関してはシングル曲は所詮アルバムオリジナムオリジナル曲を考える上でジャブに過ぎない。いったいどれほどの曲がアルバムに眠っているのだろうか・・・。本当に楽しみだ。





スポンサーサイト




2006/09/22 01:21|シングルレビュートラックバック:1コメント:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
◆「まぼろし」 GARNET CROW
 昨日、GARNET CROWの3ヶ月連続リリースの第3弾 「まぼろし」 をフラゲしました。 テレビ朝日系木曜ミステリー「新・科捜研の女」の主題歌です。 残念ながら、限定100枚の“まぼろし盤”ではなかったですが、誰か当たった人いるのかなぁ~? さて、感想ですが、「まぼ..
日本の歌姫たち 2006/09/24(日) 09:09

トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/364-833a392a

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。