バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~それがガーネットクロウの進む道:新章始まる

●GARNET CROW 「THE TWILIGHT VALLEY」 95点 (名盤入り)

ジャンル:J-pop プログレ 


amalogo111.jpg
(2006/10/4)


1. Anywhere
2. まぼろし~Album arr.~

3. 今宵エデンの片隅で
4. Rusty Rail
5. 夢・花火

6. かくれんぼ
7. 向日葵の色

8. 晴れ時計
9. マージナルマン

10. 籟・来・也
11. Yellow Moon
12. もうちょっとサガシテみましょう
13. 春待つ花のように
14. WEEKEND



<問題点・注意点>

1・「まぼろし」のニューアレンジ
2・壮大でプログレッシブな曲とそうでない曲とのミスマッチ感
3・今までで最も聴きやすく、癖や迫力のない作風をどう捉えるか


<序論>
どんなに偉大なアーティスト・優れたアーティストであっても、長きに渡る活動をし数多くの作品を出していると、時に「???」と思ったり、お世辞でも「良い」とは思えなかったりする作品が出てきたりもする。ある意味ヒットチャートで上位を取るよりも、「長きに渡る活動をし、優れた作品を安定供給し続ける」ことの方が遥かに難しいように思う。

しかし、デビュー以来常にハイクオリティのアルバムを出し、この道理から逃れ続ける「ガーネットクロウ」という稀有なアーティストがいる・・・。私的評価においても、デビュー以来5作連続95点以上という離れ業をやってのけた現時点で唯一のアーティストだ。

だが、圧倒的なエナジーを放出した4th以降に発表されたシングルは、悪くはないものの「アニメタイアップが故の穏当で面白みに欠ける楽曲」のように思え、来るべき5thアルバムに対する私の不安を大いに醸成させてしまった・・・。個人的に大好きなプログレ的作風で満足感を満たしてくれるアーティストとその作品の存在も、この不安をさらに大きなものにしたと言える。率直に言って、今作を何回か聴いた時点での評価・感想はいいものではなかった・・・。

さりとて、流石はガーネットクロウ。何度も聴きこんで行くうちに今までの彼らの作品~特にここ2作品~とは明らかに違う要素を感じると共に、またもや彼らに対する考えを改めるに至った・・・。う~む、白旗。

というわけで、大変長くなるが今作に対する評価、感想を書いていく。





今作を聴いていてまず思うのは、プログレメタルっぽい硬質化・壮大化路線を突き進んでいたここ2作の音像との明らかな違いである。確かに一部曲ではそういった名残を感じさせる曲があるものの、全体的には音のつくりがシンプルな方向へと向かっている。シンセが全面的に出ている曲であっても、随所に盛り込まれるオーガニックな鍵盤楽器(シンセ)の音色やアコースティックギターの音色を主軸とした、一見シンプルなように見えて実は複雑且つ緻密なアンサンブルが温かみや柔らかさ、深みを感じさせる。2曲目や4曲目、9曲目などはインディーズや1stアルバム路線への回帰を感じさせもする。

ただ、初期路線との決定的な違いは、長きに渡る活動による経験の積み重ねと修練もあり、音楽性がより多彩になっていることである。プロメタ的前衛さや重厚さを感じさせる1・7・12曲目、他の何者でもないガーネットクロウならではの荒涼さや冷たさを感じさせるマイナー調で民族音楽のエッセンスも感じさせる2曲目、明るさと同時にほんのりとした哀愁をも感じさせる3・8曲目、しんみりとした泣きを放つ4曲目、ラテンっぽい5曲目、スパニッシュ風味溢れる6曲目、インディオの伝統的な民族音楽を感じさせる11曲目、王道バラードである11・12曲目・・・。

どこをどう切っても「ガーネットクロウらしい郷愁や荘厳さ、冷たさや明るさ」などを感じさせながらも、拡散していく音楽性・・・。円熟の境地であろう。その最たるものはやはり、中村の歌唱に尽きる。

上記音楽性の拡大もさることながら、それをしっかりと受け止め・表現することの出来る彼女のボーカリストの成長が今作でもかなり際立った点ではなかろうか。4thアルバムにおいて自分を含めガーネットクロウ識者の間でささやかれた「中村のボーカル限界説」をあざ笑うが如く、4thアルバムを軽く凌ぐ力強さや安定感、声の広がり、高低柔軟をフルに活用した無理のない歌唱を全編に渡り聴かせ続ける・・・。ここ2年間彼女は、いったいどのような修練を積んだのであろうか・・・?

しかし、今作を考える上でもう一つ極めて重要なのは、作品の設計思想の違いにあると考える。
過去のどの作品においても全体的に完成度の高い作品をリリースしてきた彼らではあるが、基本的にそれら作品において、「全体的に完成度が高い上で、少数の極めて優れた曲が作品を引っ張っている」という印象があった。インディーズの「A CROWN」、1stの「水のない晴れた海へ」「夏の幻」、2ndの「夢みたあとで」「Holly Ground」、3rdの「Only stay」「Marionette Fantasia」、4thの「夕月夜」「U」のように・・・。

さらには、インディーズアルバムを除く最終曲に盛り込まれる既存曲のリミックス収録という構成がアルバムの質を落としていたようにも思う。さらには、ここ2作のお約束になっていた「シングル曲が比較的固められて収録されたこと」もだ。

だが、今作にはそれらがない。6・7・10・14曲目などは「ガーネットクロウの凄さ」を理解させられる素晴らしい曲らであるが、今までの作品に比べると「極めて突出した曲」とか「作品を象徴している」とかとは言えないと思う。バラけて収録されたシングル曲も「完璧にアルバムオリジナル曲と馴染んでいる」とは言えないが、今までのアルバム程には違和感なく作品に溶け込んでいるのではないだろうか。まあ、あくまで個人的考えではあるが・・・。

つまりは、今までの作品の中でも最もアルバム全体の流れが考えられて制作されているのでは、ということなのだ。

だが、あえて言うが、この試みはある程度作品の質を高める成果を挙げはしたものの、「完全に成功した」とは思えないところがある。

その最たるものは、「今宵エデンの片隅で」の存在。単曲としては決して悪くはないのだが、その曲調は前後の曲とのつながりを切ってしまっており、且つ比較的まとまりがあるであろう今作の中において唯一浮いてしまっているように思う。この曲は収録しない方が良かった。「メルヘヴン」タイアップに依存しすぎた販促戦略の顕著な弊害である。

また、「まぼろし」の編曲変更は個人的にいただけなかった。シンプルではあるが、深さやスケールの大きさを感じさせるシングルの編曲の方が断然良かったと思う。編曲を変更するのであれば、「管弦四重奏」とか「フルオーケストレーション」とかにしてほしかった・・・。

そして、中村の歌唱の飛躍的な成長・やや抑え目の編曲・突出した完成度や特徴のない曲といった点らが、良くも悪くもガーネットクロウならではの「クセ」「らしさ」というものを幾分薄れさせしまったようにも思う。多様さのある作品と言うのも、裏を返せば「散漫で何をやりたいのかがわからない」とも言えよう。ただ、一方でこれらことが「今まで作品の中で一番の聴きやすさ」を今作にもたらしたのだとも思う・・・。ベストアルバムを除き、一番の「入門用アルバム」ではないだろうか。



<私的総論という名の雑論>

今作を聴いて、ガーネットクロウは、今年私が非常に高い評価をしたFayray・宇多田・ASHADAといった「完全プログレ」ないしは「それにかなり接近したアーティスト」とは違い、「変態になりきれない」「開き直れない」のだなと確信した。それはガーネットクロウらしさではないのだと・・・。


結局彼らはファンや会社、スポンサーやタイアップ番組の意向を完全に振り切れない。私的には彼らに対する「もの足りなさ」を感じる一番の理由でもあるが、一方で決して「独りよがりにならない」「ファンを裏切らない」という彼らの良さでもあり魅力でもあろう。彼らならではの独自性を出しながらも、決してマニアックで偏狭な音楽にはならず、メジャーアーティストとしての視点をも兼ね備え続ける・・・。これがガーネットクロウの「進む道」なのだろうと・・・。だがら、それに不満を感じるというのは、彼らの考えと自分の考えとが合致していないに過ぎない、ということだ・・・。
う~む、それにしても今作の存在によって今後どのような方向性に進むのか、益々わからなくなってきた・・・。だからこそ面白くもあるのだが・・・。










・アーティスト評価
歌唱力10 ()
作曲10 ()
編曲9 ()
独創性10 ()
安定性10 ()
9 ()
総合10 ()
熱中度10 ()








スポンサーサイト




2006/10/09 22:39|アルバムレビュートラックバック:0コメント:15

コメント
唐突ですいません
お久しぶりです
こちらでバツ丸さんのレビュー、紹介されとります。
http://www.kasaya.com/mrsirius/index.htm

ミスターシリウス再発というということで

http://www.rakuten.co.jp/kasaya/479977/738075/
 上記で50セットだけ限定で販売されるようです。

近況は忙しくて、プログはHDDが壊れたことで
アクセスできなかったりして放置して増したが復帰したところ、
HPもたびたびうかがわせておりますので。

とてつもない音楽、女性ヴォーカルですが
SEVEN REIZHというバンドとNeophyteのRebekkaという作品が
すごいのでお勧めします。

それでは又お邪魔致します。
凛 綺羅 #-|2006/10/11(水) 03:45 [ 編集 ]


ふふふ、やっぱりね。
てっちゃん #-|2006/10/11(水) 04:24 [ 編集 ]

そうですね~
評価は、あがったもののやはりそういう結論になりましたか。
僕も、彼らはGCらしさの枠の中で、今後も楽しませてくれると期待しています。
某掲示板で、バツ丸さんもSeanNorthのアルバム好評のようで嬉しいです^^
ホント、民族風音楽好きにはたまらないですよね。先日、渋谷のミニライブに参加してきたのですけど、CD通りのパフォーマンスに、ライブならではの勢いもあって最高でしたよ><b
 
Mizu #2Kmidmv2|2006/10/12(木) 00:01 [ 編集 ]

びっくりですな
>凛 綺羅さんへ

どうもです。例のレビュー私も先日とあるところから教えられて存在を知りました。

これは欲しいですが、今事情があってお金が・・・。

お勧めいただいたアーティストはおりを見てチェックしようと思います。
バツ丸 #-|2006/10/12(木) 21:13 [ 編集 ]

やられましたな
>てっちゃんさんへ

点数こそ今までで一番下になりましたが、完成度は一番高いように思いますね。改めてこのグループのとてつもなさをひしひしと感じましたね。


>Mizuさんへ

SeanNorthは名盤入り決定でガネより上の点数をつける予定です。本当にびっくりの素晴らしさで。今年、ASHADAと並ぶダークホースとなりました。

歌もべらぼうに上手かったので、ライブは是非とも見たいですね。名古屋に来い~。
バツ丸 #-|2006/10/12(木) 21:17 [ 編集 ]

お久し振りです
お久し振りです。といっても、覚えてないかもしれませんが・・・(汗)

GARNET CROWまた名盤入りですか~。凄いですね~(^.^)このサイトで、出すアルバム全部「名盤入り」に成っているのって、ガネだけではないでしょうか?

ちなみに自分はまだこのCD持っていませんが(ぇ)

まじ関係ないですが、heというバンドの「FURTHER SHORE」というミニアルバムが個人的に凄くお気に入りなのでお薦めします(爆)
ただ、男性ボーカルで、ハードロックとは違うポストロックというジャンルなので、バツ丸さんが良いと思うかは分かりませんが・・・。自分的には名盤です☆

変な事言ってたらすいません(^^;)では、失礼しますm(__)m
りく #-|2006/10/19(木) 10:27 [ 編集 ]

早く買ってくださいな
>くりさんへ

お久しぶりでございます。お名前は存じ上げておりますよ。

ガネは本当は名盤に入れる予定は無かったのですけどね。やっぱり聴いているうちに完成度が高い作品だと思い、評価を上げていれることにしました。ファンなら十二分に楽しめる作品だと思います。

リリース作品全部が名盤なのはガネだけです。次に多いのは、Renaissanceになりますけど。


で、heというバンドの作品、早速試聴してみましたが、爽快なロックで気持ちいいですね。
ポストロックというジャンルはあまり知らないのですけど。

基本的に男性アーティストにはゴリゴリで暴力的なのに惹かれますんで。面目ない。
バツ丸 #-|2006/10/19(木) 18:06 [ 編集 ]

拝聴いたしました。
>バツ丸さん
 ガーネットクロウ(以下 GC)の今作品を先日拝聴いたしました。
 実は私、GCについては今までノーチェックでした。以前こちらのレビューにてGCの2ndアルバムの点数が100点ということで2ndアルバムを拝聴いたしましたがGCの魅力と言う物がイマイチ見えてきませんでした。
 しかし、今作品については仰るとおりかなり聞きやすく分かりやすい印象を受けました。バツ丸さん的には問題点・注意点とご指摘しておりますが私のようにGC初心者にはまさに入門編的作品で良かったと思います。
 今作品をきっかけにGCのファンが増えてくといいですね。
 こちらのブログを拝見するようになってから「売上げは決して多いとはいえませんがこんなに素晴らしい作品を作るアーティストの方々がいるんだ。」といろいろ勉強させられます。と同時にバツ丸さんには感謝しております。
 そんな訳で今後もブログの存続を切実に願っております。もちろんバツ丸さんの無理の無い範囲でお願いします。
 いつもながら長文ですみませんでした。^^
ライト #dHR2KU3g|2006/10/23(月) 11:22 [ 編集 ]

名前違いです・・・!
どうも、「くり」です。
三つ上に書き込まれている方は「りく」さんという別の方ですね。。。

こんなにそっくりの方がいらしたとは知らずに、紛らわしい名前をつけてしまいまして・・・りくさんにも申し訳ないです!
次回からはHN変えますわ。
お騒がせしました!
くり #-|2006/10/24(火) 22:56 [ 編集 ]

確かに
>ライトさんへ

100点ということは1stアルバムですね。1stより前にインディーズアルバムがありますので、数的には2枚目となるのですが・・・。

1stは今でこそお気に入り作品ですが当初は私もダメでした。繰り返し聴いていくことでまた感想が代わるかと思います。

5thアルバムに関しては、いい意味で彼らの聴きにくさになっている部分がなくなり、聴きやすくなっていますね。入門用には最適だと思います。ファンが増えてくれるといいですね。

どうも日本には洋楽上位の考えの人が多いようですが、日本人アーティストにも非常に素晴らしいアーティストがいることを自分の確固たる音楽観を通してマイナー・メジャー関係なく紹介していくのが当ブログの方針ですので。そういっていただけるとうれしいです。ありがとうございます。
バツ丸 #-|2006/10/25(水) 00:23 [ 編集 ]

別に変えられなくても・・・
>くりさんへ

確かに一瞬間違えそうですが完全に違いますからね。HNは何らかしらの理由があるからつけていると思われるので、特に変えられる必要はないと思いますが・・・。

いや、差し出がましいですけど。
バツ丸 #-|2006/10/25(水) 00:26 [ 編集 ]

そうだったんですか。
>バツ丸さん
 >1stは・・・当初は私もダメでした。
 そうだったんですか?でもそういう事ってありますよね。私も倉木さんを例に挙げますと2ndアルバムは今でこそ良作ですが発売された当時は1stと全く違った作風にかなりの違和感を覚えました。
 で、GCですが今作品のような「分かり易い作風」は意図的に行なったものなのでしょうね。きっと。
 以前より「分かり易い作風」の作品を出そうと思えば出せたはずでしょうから。中村さんが他のアーティストに提供した曲を聴く限り、GCにおいても分かり易い音楽で売り込んで行く事は可能だった思います。
 でも、なぜそれをしなかったかというとやはり「自分たちらしさ」にこだわると言った事でしょうか?
 あと中村さんの歌唱ですが以前より高音域での声が伸びるようになった印象を受けました。
 うまくいえませんが彼らの音楽には余裕が感じられます。誰かさんとは違って。(汗)
 あと別の記事での倉木さんの事についての私のコメントに喰いついて来た方へのフォローをしていただきありがとうございました。
 本当は私の投稿に喰い付いて来たのだから私が相手するべきだったのでしょうが「あの方」には何を言っても恐らく無駄でしょうからスルーしていました。
ライト #dHR2KU3g|2006/10/30(月) 01:55 [ 編集 ]

今でもそうなのですが・・・
>ライトさんへ

ガネに関しては、最初から満足したのは4thだけで後は皆印象が悪かったですね。

倉木さんの2ndも私も最初はダメでしたね。

ガネに関しては、独自性を保ちつつも聴きやすい仕上がりになってきていますね。
彼女の実力をすれば、いわゆる商業的な曲を作るのもそう難しくはないと思います。

彼女らは常に作品・楽曲に対するこだわりがありますからね。それが揺るがない限りガネが大崩れすることはないですね。気持ちの変わりが激しい私が常に高評価している現時点で唯一のアーティストですね。


ところであの記事に関しては、ライトさんの記事関係なく納得いかないので書きました。

ただ、彼は何を言っても無駄な人ではないと思います。
バツ丸 #-|2006/11/05(日) 17:54 [ 編集 ]

うお!!
うお、95点って俺と同じ全く同じ評価!!

「変態になりきれないよさ・悪さ」とか、同感だなあ。
唯一異なるのは俺が異常なほどエデン好きだったことくらいですか。

お久しぶりです。ちょっと評価が気になったので寄ってみました。

今年も参加されるかどうかは分かりませんが、もし参加される場合はkarnak氏の「みんなで選ぶレコード大賞2006」にてお会いしましょう。

Ash@VRS #-|2007/01/09(火) 13:01 [ 編集 ]

お久しぶりです。
>Ash@VRSさんへ

お久しぶりです。点数同じですか。

エデンが好きな人ってちょくちょくいらっしゃいますね。

結局彼らは開き直れないところが良さでもあり、欠点でもあると思います。個人的には、他に開き直ったアーティストの存在があることもあり、少し彼らから距離を置きつつあります。

今の自分にとっては、ガネより、HPPやFayray、ASHADA、SeanNorth、星田紫帆の方が好きかな。

例のところに関しては、仕事変わってから忙しくなったのと、結局総評に関し、各賞の選出しかやっていない状態なんで。整理がついていないのでどうですかね。

除いてみようとは思います。それでは。
バツ丸 #-|2007/01/10(水) 01:01 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/377-e6d5bbd1

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。