バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

五輪間近~バツ丸のフィギュアスケート論2

さて、採点&評価に入っていきます。順番は現時点でのポイントが高い順に行います。


・安藤美姫 五輪◎ メダル×

人気一番で、各所でもとにかく別格の扱いを受けている彼女。現時点でポイントが最も多く、さらに参加するだけでかなりのポイントを獲得できるGPファイナルに出場できることから、この大会で表彰台に登りさえすれば、五輪出場はほぼ間違いないだろう。だが、今の彼女に対する個人的評価はかなり低い。理由はいくつかある。

1つ目は彼女の体型。一般女性としては華奢であるし、性的な魅力を考える上ではいいのだが、フィギュア選手として今の彼女は明らかに重すぎ。巷では「4回転ジャンプ」云々言われているが、今の体型ではほぼ100%不可能。現に本人もコーチもそのことを分かってか、「飛びたい」という本人のコメントとは裏腹に、今年の大会において1回も4回転ジャンプに挑戦していない。
ジャンパーとしての能力は14歳のころをピークに年々低下してきている。連戦による疲労があったとはいえ、3回転ジャンプすら殆ど成功できなかったことがそのことを何よりも示している。

2つ目は細部における技術・表現の甘さ。
以前に比べれば、ジャンプ以外の技術に関しかなり向上してはいるものの、エッジワークやスピンなどはまだまだ甘く、世界の頂点を狙えるレベルではない。実際問題、各大会における彼女の「技術点」の伸びは「芸術点」に比べると悪い。ジャンプの質が下がっていることからも、今以上に各コンポーネンツの質を何とか上げていかないと、選手として何一つ強みがないことになってしまいかねない。

3つ目は、2つ目のことも含め彼女のスケート観や資質が新採点方式に向いていないこと。
もともと、良くも悪くも天然で滑ってきた彼女に、いろんなことを事細かにやらせチェックする新採点方式は露骨にあっていないと言える。さらに、芸術性や美しさの表現に重きをおいたプログラム構成は、技の難度が厳しく問われる新採点方式で勝利をおさめられるものではないだろう。これには本人の意識の問題もあるが、それ以上にコーチの育成方針に問題がある。強化委員の城田氏も同様の指摘を何回か各所でしていた。

この3つの問題を克服できない限り、世間からの人気とは裏腹に、ますます勝負に勝てなくなるだけだろう。


・浅田真央 五輪× メダル◎

現時点どころか、日本フィギュア史上において最高最強の選手であろう。スケーターとしての天性の資質もすばらしいものがあるが、それを新採点方式が完璧に後押ししてもいる。つまりは以前に記した勝利の条件である3項目プラス1をすべて持っているのである。

細くて長い手足は、それだけで見栄えがいい。同じ技を繰り出しても審査員の評価や印象が明らかに良くなる。

足首の柔軟性もすばらしい。多少ぐらついても崩れないジャンプの安定感の秘密は実はここにある。

また、バレエで培った柔軟性とバランスのよさをいかしたビールマンスピンやスパイラルに関しても、美しさ・難度共に申し分なし。

そして何より、これらことと天性の技術の高さを生かして新採点方式に対応したプログラム構成ができているのが、彼女の何よりの強みであろう。今度挑戦すると公言している「トリプルアクセルを1プログラムに2つ盛り込む」や、彼女しか現時点でできない「3回転ジャンプ3連続」は、成功すればそれだけで大きな加点をもたらす。

しかし、周知のとおり年齢制限の問題から彼女は五輪に出場できない。だが、現時点で彼女ほどメダルに近い日本人選手もいないだろう。日本のフィギュアスケート協会は五輪協会に対し彼女が出場できる様圧力をかけてしかるべきなのに、どうやら何もしていないようだ。何と愚かな。安藤選手を見れば分かるように、今以上の魅力・実力を4年後に見せられるかどうかなんて何の保障もないのに・・・。ひょっとしたら今がピークという可能性もあるだろう。

こうなったら彼女には何が何でもGPファイナルで優勝していただき、彼女の出場を拒むおばかな連中に強烈なプレッシャーを与えていただきたい。








スポンサーサイト




2005/12/15 20:54|その他トラックバック:0コメント:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/39-78171c45

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。