バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~史上稀に見る・・・

●三枝夕夏INdb 「U-ka saegusa IN dbIII」(初回限定盤)(DVD付) 10点

ジャンル:J-pop ハードロック パンク


amalogo111.jpg
(2006/9/20)


1. 飛び立てない私にあなたが翼をくれた
2. ジューンブライド~あなたしか見えない~
3. 君の愛に包まれて痛い
4. 愛のワナ
5. 夏のフォトグラフ
6. 君の中に僕の居場所を探したい
7. もう自分が自分に嘘をつかないように
8. 明日に降る夢よ
9. 100もの扉
10. 空飛ぶあの白い雲のように
11. Everybody Jump
12. Fall in Love
13. 愛言葉
14. Honey



<問題点・注意点>

1・曲数が多目なのにオリジナル曲が少ない
2・詞がアホ過ぎ 曲の質も低い 特にラスト3曲のバカ加減が酷すぎ
3・自分の年齢・立場と音楽・詞の内容が全くかみ合っていない
4・何をやりたいのか、何を得意としているのかが楽曲を通して伝わってこない
5・単調で魅力に欠ける歌唱
6・三枝自作曲の出来が酷すぎ、というかまともな曲なし
7・バンド形式であることに全く意味・価値を見出せない



<とりあえずの序文>

稲作・鉄・活版印刷・自動車・火薬・ペニシリン・・・。様々な偉大過ぎる発明は、人類の生活を便利で豊かにし、さらには歴史すら大きく動かしてきた。様々な生活の場面において奏でられ、人を感動させたり、心の傷を癒したりし続けてきた「音楽」もまた、人類が生み出した最も偉大な発明の一つであると言えるだろう。

しかし、発明による科学・文化の発展は、利便性のみならず人類にとって負の一面をも多々もたらしてきた。自動車や鉄、火薬などは人殺しの道具となり多くの人々の命を奪ってきたし、パソコン・インターネット・携帯電話に象徴される通信・電子機器の発明・発達は、コミュニケーションや文化の発達のみならず、生き物のサーカディアンリズムに反し、人々を著しく拘束・管理する結果にもなり、人々に心身的疲弊のみならず、さらにはかつてには考えられなかった犯罪すらもたらしてしまってもいる・・・。

だいぶ長くなってしまったが、今回レビューする三枝夕夏INdb(以下三枝と表記)の3rdアルバムを聴いてまず思うのは、上記にある偉大な発明・科学の発展が持つ負の側面、つまりは、素晴らしい発明・文化であり人々を多々感動させてきた音楽が、一方でその逆の効能を持つという悲しき事実。自分にとっては、自分に向けられた「銃」や「ナイフ」同様の単なる「凶器」でしかなかった・・・。





今作の感想を一文で言えば、「すべてにおいて節度と常識に欠け、さらには聴かせる対象の認識と自分への客観視が全く出来ていない作品」に尽きよう。もっと端的に言えば、「すべてにおいて真面目さや良識に欠ける作品」となるか・・・。


それがまず端的に出ているのが収録曲である。今回14曲とてんこ盛りの収録であるが、前アルバムから約2年近く待たせた挙句オリジナル曲がわずか5曲と少なすぎる。前作も3曲だったこととあわせ、この点だけでもアルバム作りにおける三枝の意識・意欲の低さがとても良く理解できる。また、アーティスト表記こそ三枝夕夏INdbとなっているが、三枝が全曲作詞&6曲作曲及び、デシベルメンバー作曲曲がわずか1曲という事実を見るに、完全に「三枝のソロアルバム」と言ってもいい。いったい他メンバーの存在意義は何なんだろうか? この点だけでも、このグループのおかしさや作品に対する三枝の意識の低さが顕著に見て取れる。しかし、今作の凄いところはこれら問題を全く問題として意識させないぐらいに他の問題が酷すぎることにある。

やはり、その最たるものであるのは、もはや「究極」の領域に達しているとすら言える「あまりに低過ぎる楽曲の質」であろう。邦楽、特に女性アーティストを聴き始めてから16年、そしてそのうちの、徹底的に聴くようになってからの約7年において、ここまで酷い作品は一枚たりともなかった。ガーネットクロウの1stが、「21世紀最初の10年における最高の作品の一つ」とするならば、こちらは「21世紀最初の10年における最悪の愚作」どころか、「恐らくリスナー人生における最凶最悪の愚作」になりかねない醜悪さを放っている。



その醜悪さを完璧に構築せしめているのが、数少ないオリジナル曲を中心に収録曲のうち6曲を占める「三枝作曲曲」であろう。GIZA専属作曲家らによる、「単曲評価としては★2~2つ半」レベルであろう1~3曲目の楽曲すら「名曲」に思えるほどに酷い。楽曲そのものに良いと思えるものは何もない。9曲目以降、特にその中でも終盤3曲の酷さは、間違いなく歴代最悪レベルとも言える醜悪さだ。もはやそれを文章で明快に説明することは出来ない。ゴキブリや蛆虫をこの上なく嫌いな人に対して「何で嫌いなんですか?」と理由説明を求めるのと同じようなものだろう。確実に言えるのは、理論理屈ではなく、20余年ものリスナー人生で少なからず培ってきた音楽への愛と誇り、人間としての良心、生物としての生存本能・防衛本能が尽く「今作はダメ」「今作は危険」と警報を鳴らし続けているということだ。そして、それをもたらす主要因となっているのが、楽曲そのものの質の低さもさることながら、三枝夕夏というアーティストの極めて愚かで軽薄な人間性を見事に示した自己満足・自己陶酔・自意識過剰が際立ちすぎる「長すぎる曲名」・カスレベルの内容で譜割も無視している詞・歌唱である。もう、「歌唱や歌詞が悪くても、声とメロディーがよければ何とかなる」という私の持論である「楽曲至上主義」「声質至上主義」を完璧に否定してすらいる。そのことが、歴代最低最悪の評価点を導き出したと言っても過言ではない。

歌唱に関しては、かつてから全く成長を見せておらず、ハードな曲調ではその脆弱さを、スローなバラード曲においては、低音部分の弱さと表現の乏しさを余すことなく見せ付ける。しかも、その歌唱から発せられる詞が本当に酷い。酷すぎる。1曲目や最終3曲はその最たるものだろう。中でも、「愛言葉はデシデシ」と、全く意味不明の言葉をほざく13曲目は、恐らく今まで見てきた「歌詞」の中でも最悪のものではなかろうか。男に露骨に媚びている歌唱と、酷いメロディーとの究極の相乗効果をあげ、不愉快さと醜悪なノリしか感じない仕上がりに相成っている。「キュンキュン、お~キュンキュン」とのたまっている最終曲もまた然りだ。


さらに極めつけは、こういった醜悪な要素の上に成立した三枝の音楽が、何一つボーカリスト・作曲者としてのセンス・魅力に欠けるにも関わらず、無駄に音楽性が幅広いことにあろう。何一つ魅力的なものに出来てはいない。バンド形式になってから以前より曲種が幅広くなっているものの、全くそのことがプラスに作用していないのには、音楽性がどうあれそのアーティストの核となるものが欠如しているからである。どんな曲種であっても、中村の個性的なボーカルとメロディー、Azukiの深遠な詞、岡本のいぶし銀のギター、古井の編曲が光り、孤高さを発揮し、時流に追随しない優れた音楽を求めているガーネットクロウとは全く対照的だ。

ただ、散々述べてきたような酷すぎる・バカすぎる音楽性であっても、彼女が10代のアイドルアーティスト、アキバ系列のオタク対象の声優アーティスト・グラドルアーティスト、10代人気女優やアイドルらの出演する映画とリンクした音楽企画の一貫での当事者のアーティスト活動などであるのなら、評価したり好きになったりはしないまでも、その活動や音楽性に一定の「理解」「配慮」を示すことは可能だ。だが、彼女はもちろんそういった所属ではなく、通常の専業アーティストであり、さらには今年で26歳になった女性だ。別にエイジズムやジェンダーに固執するわけではないが、ほんと、いくらなんでもこりゃないだろうとしか思えない。このような音楽性にすることが、自分を取り巻く様々な事実・状況において如何に愚かでおかしくて下劣であるかは、音楽論を超えてもう常識論の領域になる。にも関わらず年々あらゆる点で酷さ・醜悪さを増しているのは、彼女が確信犯である確たる証拠。自分がやっていることが如何に愚かであるかを全く理解できていないし、いったいどういった音楽の嗜好の持ち主に今作を聴かせたいと思っているのかも分かっていない、ということだ。究極の恥知らずであり同時にナルシストでもある。ところかまわず地べたに座り込んだり、電車内で平気で化粧したりしている人物らと何ら変わりがない。
だが、どんだけ三枝やその音楽性が醜悪であっても、熱烈なファンと彼女の自己世界とで完結していれば、はっきり言ってどうでもいいことであろう。問題は、このような様を彼女が見せていても、指導・修正させるどころか、「新曲がコナンタイアップ」と、「2007年」においてすら、「プッシュすること」をGIZAが公言してしまっていることである。

遠慮なしに言う。三枝に時間や資金をかけるのは全くの無駄であると。彼女のすべてがそのことを物語っている。現時点においてすら彼女を支持している人はこの先もずっと支持し続けていくことだろう。そうでない人々は、私のようにとっくにファンから「解脱」しているはずだから・・・。よって、彼女に関しては何の販促行為も行う必要はない。
(今の音楽性で「売れる」のなら、世の中に売れない音楽はありえないし、音楽不況もありえないだろう。)

それをする金と時間があるのなら、他のアーティストにこそ注ぎ込んで欲しい。というか、決して商的な成功や業界でのステータスをあげられていないGIZAにおいて、性根を入れかえて実年齢と活動年数相応の楽曲を出すことができない限り、彼女の存在そのものが不要。


今まで自分でもかなりの数の作品を聴いてきたと思うが、ここまで酷く且つ聴いていて腹が立ってくる作品はない。2度とこのような「出会い」がないことを切に願う次第。



<*追記>

ところでどっかしらにおける今作の紹介において「プログレ」という言葉が使われていたが、今作のどこをどうとればそうなるのか、誰でもいいから400字以内で説明していただきたい。


スポンサーサイト




2006/11/12 19:08|アルバムレビュートラックバック:0コメント:78

コメント
三枝ネタでは初めまして。
>バツ丸さん
 三枝ネタでは初めまして。近頃、絢香さんにすっかり萌え(燃え)状態のライトと申します。(笑)

 三枝さんの曲は聴いたこと無いのですがバツ丸さんの評価も芳しくないようなので聴いてみようという気はしませんでした。
 
 しかし、曲のタイトルが長いですね。B'zの「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」並みの長さです。(汗)

 三枝さんの事も知らないのにこちらにコメントするのも筋違いですが・・・。
 三枝さんの場合、年齢的にビジュアルで攻めるのはバツ丸さんが別記事でご指摘の通りもう苦しいでしょうね。確かに三枝さんは美人ですがただ美人なだけならもっと若い方のほうが目の保養になります。^^
 10代や20歳そこそこの若ゾーには無い「ゆとり」や「懐の深さ」といったものがないと心惹かれませんね。(汗)
 
 本文とは関係ないのですが倉木さんはもう大阪には居ないそうですね。先日、私に噛み付いてきた「あの方」のブログにそう書いてありました。大阪に居ないのに何でGIZAなの?というのが疑問です。もうGIZAも見切りをつけちゃったんでしょうか?
 新曲も「熱心なファン」の間でも賛否両論なようですね。そうなると結構やばそうです。(汗)
 大晦日は「カウントダウンライブ」をやるそうです。そうなるとアルバム製作は年明けから?発売はまさか来年8月?そうなると製作期間は6ヶ月弱? もういい加減やばいではすまないですね。 
 
 話を三枝さんに戻しますがそれにしてもひどい点数とほぼ全曲が赤字だなんて最初は自分の目を疑いました。(汗)
ライト #dHR2KU3g|2006/11/13(月) 01:39 [ 編集 ]

すでに…
まさかまさかとは思いましたが、歴代の島谷嬢・某O・東京事変の下を行く点数に点数を見ただけで吹き出してしまいましたよ(笑

まぁ仕方ないかもしれませね、こればっかりは。シングル「Fall in Love」「Everybody Jump」「太陽」は聴くに耐えませんでした。しかもシングルでさえ聴くだけでやっとなのにアルバムなんて…あぁ考えただけで悪寒が(((゚д゚;)))ガクガクブルブル


このあと聴く音楽は、島谷嬢の2ndあたりでもかなりの癒やしになってしまいそうですね(笑
ツンデレラ #-|2006/11/13(月) 06:32 [ 編集 ]

凄い・・・
物凄い点数の低さに低さにびっくりしました。

自分は勿論、アルバムは聴いておらずシングルの「Everybody Jump」「Fall in Love」「太陽」しか聴いてないですが、どれもアイドルっぽいって印象ですね。

しかし10点とは・・・おそらくもうこれ以上低い点は見れない程ですね・・・。
少なくともバツ丸さんのレビューでは。

というか、OOMやMiよりも遥かに低いとは、逆に聴いてみたいかも・・・怖いもの見たさです(^^;)
りく #-|2006/11/13(月) 16:41 [ 編集 ]


お久しぶりです。復帰おめでとうございます。これからもマイペースに頑張ってください。

三枝さんのアルバムは私も聴きました。10点ですか…バカ一代も含めて最低点では無いでしょうか?凄いですね…。
バツ丸さんが挙げておられる問題は本当にそうだと思います。

私は「ファンにしか相手にしてないんだなぁ」と思いました。先日MUGENで、「三枝夕夏INdbの曲には、ライブでノレる曲がいっぱい」と言ってたんですが、最近の曲はファンが楽しめる、ライブ映えする痛快さやノリを意識しすぎて超駄曲になってしまっている気がします。その最も悪い例が「愛言葉」ですね。メロディーもつまらない上に歌詞が崩壊してます。第一あの合言葉はファン以外知らないんですから、それを歌詞にしてしまっている時点でおしまいです。

三枝さんの曲は「夏のフォトグラフ」と「君の中に僕の居場所を探したい」は良いと思ったんですけど、他の曲、特にラスト3曲は確かに酷いです。特に「Honey」で途中途中入る三枝さんの「はに~」という声がたまらなく嫌です。熱心なファンには喜ばれるから、とかいう考えからなのでしょうか。

彼女らがファンの為にしか曲を作らないのなら、これまで会社がしてきた猛プッシュに腹が立ちます。あれだけ売り出しといて、曲がこれじゃどうしようもないです。

唯一救いが「明日に降る夢よ」でした。バツ丸さんは赤字ですが、私はやっぱり彼女の優しい歌声が好きなので…。シングル「太陽」も同じ理由で。

私は「100もの扉」で完全に思いが途切れました。決め手はMステに出た時の衣装です。自己満足と自意識過剰の固まりみたいな人だなぁ、と思いました。素は美人なのはわかりますが、なんか調子に乗りすぎです。これもファンのためなのでしょうかねぇ…。

私としてはこのアルバムは50点ぐらいですが、比較的最近までファンだった事と「明日に降る夢よ」や「夏のフォトグラフ」が好きな事を差し引くとバツ丸さんがした評価ぐらいになるかなぁと思います。特に普通の人が聴いたら超低評価になってもおかしくないでしょうしね。

バツ丸さんも、これで完全にアンチ三枝になられるのかと思いますが、「君痛」までファンだった私も既に「Secret&Lies」しか聴いてません。
とにかく、もう三枝さんには希望を見出せないです。新曲がまたコナンで(三枝さん作曲)やはり腹が立ちます。
倉木さんと違って、元々あまり才能の無い彼女は、これからもGIZAにとっては厄介な存在になるんでしょうね・・。これからGIZAは彼女をどう扱っていくんでしょうか。非常に心配です。

余談ですが、竹井詩織里さんの「Like a little love」、徳永さん作曲ですが凄く良かった様に思います。

長文失礼しました。
yoentown #t0nvtVbQ|2006/11/13(月) 17:05 [ 編集 ]

はじめまして
今までバツ丸さんのレビューを拝見させていただいたものですが、今回は史上最低点ということでかなり驚いております。

気分を切り替えて竹井詩織里さんのレビューをお願いします(笑)
hotter #7RhlQ4fI|2006/11/13(月) 20:54 [ 編集 ]

はじめまして
こんにちは、はじめまして、権々(ごんごん)といいます。
ずいぶん前・・・このブログが始まった頃からずっとロムをしていました。

確かに、三枝の3rd ALは酷かったと思います。
「君の愛に包まれて痛い」が発売された時、この曲は結構言い曲だなと、思っていたので、僕はdbの大幅な路線変更にとても期待をしていたのを覚えていますね。
しかし、次作の「愛のワナ」、「Fall In Love」、「Everybody Jump」 ・・・と、GIZAお得意の「なんちゃって」UKロックの炸裂にはかなり落胆させられました。
しかも、メインの作曲がクオリティーゼロの三枝になったり、三枝の作詞能力がさらに磨きがかかって酷くなってしまったりと、今年に入ってから、リスナーやファンをどう思っているのか、と疑いたくなりそうな作品を量産し続けていたので、僕自身、三枝にはもうウンザリしていました。

そんな時に出された、今回のALをとある方に初回盤を借りて聴いてみたのですが・・・「いい」AL曲がひとつもないというのには唖然となりました。
ただでさえSL曲がかなり酷かったのに、ALもこんなに酷いとは・・・と、聴いた時、こういう感想しかもてませんでした。
かろうじて「ジューンブライド~」と「君痛」、「もう自分が自分に~」がまだマシな曲かなと思いましたが・・・それでも、他の曲をカバーするまでには至っていませんでしたし、これらの曲は全て既に発表されている曲ばかり。
もうショックを通り越してあきれ返るばかりです。バツ丸さんの10点も僕にとっては少し高すぎるのでは・・・と思ってしまうほどのALだったと思います。

ちなみに、初回盤のDVDの内容はよかったと思います。かなり充実しています。
・・・ただ、DVDなんかよりも、楽曲のクオリティーを高める努力をもっとして欲しいなぁと思いますけれど・・・(苦笑
三枝夕夏の1stMiniALの「Secret&Lies」の勢いはどこへ行ってしまったんでしょうか・・・

あ、あと、いつの間にか、プロデューサーの表記が「KANONJI」から「長戸大幸」に変わってますね。
倉木さんのALも確か長戸大幸表記だったはず・・・
でも、GARNETや上原のALのプロデューサーは観音寺のまま
何か深い意味があるんでしょうかね・・・?

三枝夕夏といえば、久しぶりに新しいコナンのOPに抜擢されたようですが・・・三枝作曲という事で、あまり期待が出来ませんね・・・
GIZAもGIZAでなぜ、この期に及んでまで、三枝をプッシュするのか・・・意図がさっぱり分かりません・・・
三枝をプッシュするのであれば、滴草由実や、竹井詩織里、doaなどの本格実力派や北原愛子、岸本早未などのそこそこ実力もあり、魅せられるアーティストこそプッシュしたほうがいいと思うんですが・・・
無駄に糞曲を世に送り続ける三枝とそれを容認し、実力のあるアーティストを売らないGIZAがとても憎いです・・・
GIZAの方針を一刻も早く改善される事を願います・・・

長文乱文失礼しました。
それでは♪
権々 #2UPbaIhc|2006/11/14(火) 18:35 [ 編集 ]

聴く必要はないでしょう
>ライトさんへ

今作を聴く必要はないでしょう。貴重な時間の無駄遣いだと思います。

曲名の長さはGIZAの伝統であり、三枝のナルシズムさを示す例でもありましょう。

年齢は26ですが、やっていることは10代のアキバ系列アイドルと変わりありません。いや、そういうことすら失礼かもしれませんね。奥深さなどは皆無ですよ。

倉木さんはもう大阪には居ませんね。卒業あたりで関東の方にもどられたはずです。

おっしゃるように今の彼女をGIZAに居座らせることにさして意味はないですね。卒業時点で関東にあるビーイング系列のレーベルに移籍したほうがよかったと思います。

新曲は期待してませんが、とりあえず聴く予定です。

次のアルバムはいつでるのでしょうかね。誕生日ライブはもうやめてほしい。
バツ丸 #-|2006/11/15(水) 01:29 [ 編集 ]

確かに名作・名曲?
>ツンデレラさんへ

紛れもなく歴代最低点です。史上まれに見る作品です。

私にとっては1~3曲目以外すべて聴くに絶えませんでした。

今作を聴けば30点レベルの作品でも十分に聴いていられます。



>りくさんへ

アイドルっぽい、というより年齢を考えるとバカっぽいにしかならないですね。

これ以上点数の低い作品だ何て未来永劫出会いたくないです。

今作を前にすればOOMの作品でも名盤だと思います。
バツ丸 #-|2006/11/15(水) 01:32 [ 編集 ]

残念ながら・・・
>yoentownさんへ

お久しぶりです。一応復帰したのですが、恐らくあと少しで再び休業になるかもしれません。

評価点は間違いなく歴代最低ですね。

ファンしか、というよりもとにもかくにも三枝、という面々しか相手にしていないように思います。

愛言葉に限らず歌詞は多々崩壊しています。メロディーもつまらないし歌唱も同じ。「夏のフォトグラフ」と「君の中に僕の居場所を探したい」の2曲もそうですね。自分にとっては駄曲としか思えないです。何もかもが平坦。

私もあの「ハニ~」と聴くだけで胸糞悪くなりますね。


>彼女らがファンの為にしか曲を作らないのなら、これまで会社がしてきた猛プッシュに腹が立ちます。あれだけ売り出しといて、曲がこれじゃどうしようもないです。

に関しては本文でも指摘していますが、もう意味不明・理解不能でしょう。


「明日に降る夢よ」も個人的にはダメ。1~3曲目までがかろうじて評価できましたね。


自己満足と自意識過剰も全く同感。彼女はきっと自分を冷静に見ることが出来ないのだと思います。


>アンチ三枝になられるのかと思いますが

ですけど、私はとおの昔にアンチだったので。というか、楽曲の良し悪しでしか判断しない私にとっては、「アンチ~」という言葉は存在しないですね。

しかし、才能も魅力もないのに、一向にGIZAが彼女を外す気がないのが・・・。もうわかりません。

バツ丸 #-|2006/11/15(水) 01:39 [ 編集 ]

え?
>hotterさんへ

あれ、hotterさんってはじめてでしたっけ?

間違っていたらすいません。

竹井さんのレビューですが、やりたいのですけど、ちょっと無理そうな気もします。すいません。
バツ丸 #-|2006/11/15(水) 01:40 [ 編集 ]

はじめまして
>権々さまへ

はじめまして。でも某所には既にお越しいただいてますよね?

今作は酷いと言う他ないでしょう。しかし、これだけ酷いシングル曲がマシに思えるのですから、ほんと凄すぎますよ。リスナーを舐めているとしか思えません。今作を聴くのは自分にとっては耐え難い苦痛ですね。

ご指摘のように10点で評価が高すぎる!! という人もちらほらいらっしゃいます。

彼女に関しては、ビジュアルレベルの後退も激しいのでDVDもどうでもいいでっす。


長戸さんの名前表記に関しては分からないですね。何故なんでしょうね。


この後におよんでのコナンタイアップは理解できません。こんな音楽性で売り出せると本気でGIZAが思っているとしたら、とんでもないですよ。その分他のアーティストのためにすべてを注ぎ込んでいただきたいものです。GIZAクオリティーは永遠でしょう。
バツ丸 #-|2006/11/15(水) 01:46 [ 編集 ]


本当にお疲れ様でした。今ごろは夢の中でしょうか。
個人的には「明日に降る夢よ」はまともだと思います。(まあ他が酷すぎるというのもありますが)
ただ三枝さんの場合、声質苦手なタイプなので厳しいです。
「100もの扉」は曲も微妙ですが、愛内さんソロの方が良かったです。

>コナンタイアップ
またそこそこ売れちゃいそうかも?汗

ついでに言うと麻衣さんにコナンタイアップは必要ない、多分売上は変わらないような気がします。

コナンタイアップの時だけ売れたしおりんや、愛子様をプッシュして欲しいです。
Mas.K #BszJaHak|2006/11/15(水) 03:45 [ 編集 ]


はじめまして。素朴な疑問ですが、バツ丸氏は何故このアルバムを聴こうとお考えになられたのですか?なぜこのような酷いレビューを書こうとお考えになられたのですか?罵詈雑言の限りを尽くすことで、日常のストレスでも発散なされておられるのでしょうか?あなたの理解できない音楽というものは、世の中にたくさんあるのですから、理解できない音楽を無理に聴く必要もないし、あなたの理解できない音楽に対して無理にあなたが評価を付ける必要もないのですよ。このような言葉遣いの悪い下品なレビューを掲載することは、バツ丸氏の人格・品性を自ら傷つけることになると思います。今後、バツ丸氏は三枝夕夏 IN dbのレビューを書くべきではないと思います。
ABC #5CZ8/9IY|2006/11/15(水) 17:21 [ 編集 ]

はじめまして
>ABCさまへ

はじめまして。書きこみありがとうございます。どう考えても適当としか思えないハンドルネームは、まあ、あえて聞かないこととします。

アルバムを聴こうとした理由はレンタルにあったからであり、とあるところでレビューのリクエストを問うたところ、今作が一番多くなったのが一番の理由です。

罵詈雑言の限りを尽くしているのはストレスの発散でもなんでもなく、GIZAのとりまく状況などをはじめ、様々なことを考えた上で、今作のあまりの酷さに許しがたいものがあったからですね。

それと、私は今作の音楽を理解できていないのではなく、よく理解できています。理解できていないのであれば、そもそもレビューそのものを書けませんし、かいたところで「わかりません」になりますので。

それと、理解できなくても音楽的水準が最低限満たしていたり、アーティストとして尊敬できるものであれば、酷評することは絶対にありません。
何度でもいいますが、歌詞・歌唱・曲といった音楽を構成する要素に関し今作はあまりに酷すぎました。

上記他者の書き込みをご覧いただければ、さらにはアマゾンのレビューをご覧いただければ、私ほどでなくても、今作に対しいいと思っておられない人はかなりいらっしゃいます。

>理解できない音楽を無理に聴く必要もないし、あなたの理解できない音楽に対して無理にあなたが評価を付ける必要もないのですよ。

に関しては、そっくりそのままおかえしいたします。

あなたの理解できないレビューもいっぱいあるのですよ。理解できないレビューに対して、「書くべきではない」「下品なレビュー」と評価を付ける必要もないと思います。

よく、人のレビューに対し、「そういう評価や文面はどうのこうの」「書くべきではない」などとおっしゃる方が実に多いですが、そういう文面そのものも、結局はレビュアーに対する「評価」をしているという根本的な矛盾に気づかれない人は本当に多いです。

あなたの、私のレビューに対する評価も、結局は私のレビュー本文とそんなに変わるものではないように思いますがどうでしょうか?


私は今後三枝さんがよい作品を出せば、遠慮なくいい評価・文面を書くつもりであります。

そうでなければ、今回と同じようになるだけですね。

人それぞれレビューの方針がありますが、私はこういうやり方をポリシーとしております。それがダメ、嫌というのであれば、申し訳ないですけど、「もう当ブログをご覧にならないほうがいいですね」としかいいようがないですね。


ということで、失礼ながらご理解いただけたらと思います。
バツ丸 #-|2006/11/15(水) 18:03 [ 編集 ]


バツ丸氏、あなたは何を根拠に「(三枝夕夏 IN dbの音楽を)理解できている」と自身満々にお答えになるのでしょう?将棋の神様と呼ばれる名人は、「あなたは将棋のことをどの程度理解しているか?」と質問されて「4か5程度」と答えられたそうです。バツ丸氏がどの程度音楽に精通しておられるかわかりませんが、プロの方よりも精通しておられるとは思いません。もちろん素人だから批評してはならないと言ってるわけではありません。そもそも、音楽に限らず芸術に対する批評というものは、根底に愛情がなければただの罵倒です。あなたの文面から察するに、三枝夕夏 IN dbに対する愛情のカケラもないことが伺えます。言わば「愛の鞭」ではなく「ペンの暴力」ですね。リクエストが最も多かったとのことですが、類は友を呼ぶと申しますか、あなたの取り巻きの方々も「ペンの暴力」に期待しておられたのでしょう。また、あなたのレビュー自体も、取り巻きの方々を満足させるための内容としか言いようがなく、三枝夕夏 IN dbに対して「ファンのための楽曲」などと揶揄する資格はないのではないか(少なくとも、「目糞鼻糞を嘲う」の類い)と思われますがいかがでしょうか?Amazonのレビューを事例に取り上げられてますが、Amazonへの投稿にも否定的意見はあっても、あなたの書かれたような酷い罵詈雑言はなく、バツ丸氏の良識を疑わざるを得ませんね。「あなたの理解できないレビューもいっぱいある」に関しては閉口してしまいます。いかに酷い文章であるかは、三枝夕夏 IN dbを知らずとも読めば理解できますし、最低限の日本語能力があれば、愛情のカケラもない「ペンの暴力」だと容易に判断できます。
ABC #-|2006/11/15(水) 18:34 [ 編集 ]


また、アーティスト表記こそ三枝夕夏INdbがとなっているが、三枝が全曲作詞&6曲作曲及び、デシベルメンバー作曲曲がわずか1曲という事実を見るに、完全に「三枝のソロアルバム」と言ってもいい。いったい他メンバーの存在意義は何なんだろうか?

また、アーティスト表記こそサザンオールスターズとなっているが、桑田が全曲作詞作曲という事実を見るに、完全に「桑田のソロアルバム」と言っていい。いったい他メンバーの存在意義は何なんだろうか?

また、アーティスト表記こそMr.Childrenとなっているが、桜井が全曲作詞作曲という事実を見るに、完全に「桜井のソロアルバム」と言っていい。いったい他メンバーの存在意義は何なんだろうか?

また、アーティスト表記こそTHE ALFEEとなっているが、高見沢が全曲作詞作曲という事実を見るに、完全に「高見沢のソロアルバム」と言っていい。いったい他メンバーの存在意義は何なんだろうか?

また、アーティスト表記こそHOUND DOGとなっているが、大友が全曲作詞作曲という事実を見るに、完全に「大友のソロアルバム」と言っていい。いったい他メンバーの存在意義は何なんだろうか?

※HOUND DOGは現在「大友康平のソロプロジェクト」として活動中。他の解雇された5人のメンバーや、前の所属事務所等とは係争中。
ABC #-|2006/11/15(水) 20:25 [ 編集 ]

人格批判は?
バツ丸さん、こんばんは。お久しぶりです。
三枝さんには関心ありませんが、ちょっと気になった点がありまして書き込みさせていただきました。
作品の評価はバツ丸さんの感じた通り書けばよろしいかとは思いますが(この評論文は文が荒れているようにな感じられて個人的には好きではありません)、「極めて愚かで軽薄な人間性」という書き方はどうでしょうか?私には作品の批評ではなく人格攻撃になっているように感じられました。
アーティストとしての姿勢を非難するのとなら、別の表現を使った方が良いかと思います。
それでは失礼致します。
まさかり。 #YK3S2YpI|2006/11/15(水) 20:59 [ 編集 ]


まさかりさん、それは、そのような醜悪な表現を好んで使うバツ丸氏の極めて愚かで軽薄な人間性に起因するものですから、言うだけ無駄でしょう。
ABC #-|2006/11/15(水) 21:02 [ 編集 ]


初めまして。

バツ丸さんの言葉も、確かに攻撃的で気持ちの良いものではありませんが
>そのような醜悪な表現を好んで使うバツ丸氏の極めて愚かで軽薄な人間性に起因するものですから
というABCさんの言葉もまた、気分を害するものであると思われます。
ABCさんのおっしゃる愛情についてですが、「三枝夕夏 IN db」に対する愛情はレビューにおいて必要ない、むしろ邪魔なものかなと自分は考えています。不都合を「見ないフリ」してしまう可能性もありますし。
アーティストの表記~(省略)はバツ丸さんの表現不足だと思います。

初めての書き込みがこのような内容で本当に申し訳ないです。

バツ丸さんのレビューはいつも拝見させていただいています。様々な見方があることに驚きますし、とても感心しています。
(書き込みはしないと思いますが、)これからもお邪魔させていただきますのでよろしくお願いします。

原田 #4pS3wGTw|2006/11/15(水) 21:59 [ 編集 ]

結局あなたも同じですよ。
>ABCさんへ

理解している、というのは完全な主観判断です。自分の能力を超えたところでのレビューはやりません。自分なりに思ったことを書いておりますので、根拠もへったくれもないです。ただ、それだけです。ただ、見てくれる人がそれを十分に思うかどうかはわかりませんが、ある程度の論拠は文章中にこめるようにはしておりますが。まあ、今回のABCさんのように、それに対しては個々ご意見がありましょう。

それと、サザンやミスチルの例を出されておられますが、だからどうなんでしょう。あなたの主張がわかりません。

ただ、三枝さんとこれらアーティストととの決定的な違いと自分が思っているのは、曲の質だと思います。どんな形態であれ、曲がよければ、それについてどうこういうことはないです。しかし、このグループの場合は他にそれなりの曲をかけるメンバーがいるのに、何故か彼女を主に出していることに疑問を感じるから、「存在意義~」と申し上げているわけで。

ミスチルに関して桜井さん以上の作曲家はいますか? サザンにおいて、桑田さん以上の作曲家がいますか?

もし、この両者が酷い曲を書き、さらに他のメンバーに彼ら以上の優れた曲を書くメンバーが居たとしたら、私は遠慮なく桑田さんも桜井さんも批判します。「他のメンバーの存在意義は?」と書きます。しかし、現時点の彼らにそう思っては居ないだけの話です。


それと完全にあなたの一方的思い込みなので、是非とも認識を改めてほしいのですが、私は取り巻きのためにレビューを書いたことは一度もありません。他者がどう思おうと自分の評価を貫きますんで。自分と懇意にしている方との間で、今作のみならず様々な作品で評価に隔たりがあることが多いですが、私には何の関係もないです。これこそ、論拠もなにもないのに勝手に言わないでいただけますか。あなたのこういった言葉も、あなたが私に対して思っておられる立派な「ペンの暴力」ですね。私が三枝さんに対してやるのはダメで、あなたが私についてあれこれ罵詈雑言を並べ立てるのはOKということだと私は理解します。上記の書き込みはその典型例ですね。おかしいと思われないのですか?

私は、自分の文章が決して上等なものでも品のあるものでも、とは思っていませんが、あなたの文章もそうとう酷いですね。私の文章に対してあれこれおっしゃるのであれば、あなた自身がまず、そうではない文章で私を批判すべきではないでしょうか?あなたの良識を私は疑います。

まあ、こう書けばまたあなたは、

「バツ丸氏の極めて愚かで~」とお書きになられるのでしょうが。

見出しに書きましたが、結局私とあなたは同類ではないのですか?


こういうことは「自分だけは例外」と考えるととてもおかしなことになりますよ。

最後に、愛情に関してですが、私は彼女に対し全く愛情がないわけではありません。1stミニアルバムのころはかなり好きだったので、そうだからこそ今の状況に腹が立つわけでして。

ただ、限りなく少なくなっているとはいえますが。

しかし、彼女に愛情がなかったとしても、私は「GIZA」に対する愛情はありますので。納得されるされないは別として、その点のところはご理解ください。
バツ丸 #XrQ9bs/w|2006/11/15(水) 22:05 [ 編集 ]


原田さん、私の前のコメントはバツ丸氏への皮肉です。彼の表現をそのまま引用したものです。もしもあなたが、私の前のコメントに対する不快感と、バツ丸氏のレビューに対する不快感に差異を感じるようでしたら、それは公平ではありません。あのような酷いレビューが掲載されるblogにおいては、同等の酷いコメントは許容されるべきですね。アーティストへの愛情が必要かどうかの議論は避けますが、バツ丸氏の表現が「ペンの暴力」以外の何物でもないことはご理解いただけると思います。
ABC #-|2006/11/15(水) 22:06 [ 編集 ]

まあ、確かにそうなっていますが・・・
>まさかり。さんへ

お久しぶりです。いつも貴重なご提言ありがとうございます。

まあ、確かにご指摘のように人格攻撃になっている点は私も理解しております。

ただ、そうなってしまったのには、彼女の人間性に起因しているのではと思うところがありまして。

作詞しかり、キャラクター性しかり。読んでいて愉快ではないし攻撃的なのも認めますが・・・。

ご忠告、ありがたく受け取らせていただきます。ありがとうございます。




バツ丸 #-|2006/11/15(水) 22:18 [ 編集 ]

はじめまして
>原田さまへ

ご来訪、書きこみありがとうございます。

で、いきなりで申し訳ないのですが、

>アーティストの表記~(省略)はバツ丸さんの表現不足だと思います。

の意味がちょっと分かりません。

私が「三枝」と表記していることでしょうか?

もしよろしければお教えいただけたらと思います。申し訳ないですが。

こちらこそ、こんなブログではありますが、ご覧いただいてありがとうございます。これからも宜しくお願いします。
バツ丸 #-|2006/11/15(水) 22:22 [ 編集 ]


もしもバツ丸氏に、三枝夕夏 IN dbに対するかすかな愛情が残っておられるなら、かのような酷い罵詈雑言を並び立てるというのは理解に苦しみますし、一般的に見て愛情の有無に関わらず読み手を不快にさせる非常識なレビューだと言えます。「醜悪」「ゴキブリ」「蛆虫」などといった下品で汚らしい言葉を並べ立てることを「良心」とまで言い切るバツ丸氏の姿勢は大いに疑問、いや疑問というレベルではなく厳しく叱責しておきたいと思います。

さて、バツ丸氏のレビューには根本的な勘違いがあるようですが、倉木麻衣やGARNET CROWの音楽は、長戸氏(或いはKANONJI名義)がプロデューサーとして一応名前を連ねてはいますが、それ以前のビーイングの音楽とはいささか毛色が違うことはバツ丸氏もご理解いただけると思います。ところで、バツ丸氏は「プロデューサー」という仕事の正確な内容をご存知でしょうか?

アーティストに対してどういう楽曲がいいかを決めて、作家に発注して、出来上がった作品に対して可否を決定する、という絶大な権限を持つのがプロデューサーです。バツ丸氏のレビューを読んでいると、あたかも三枝が三枝夕夏 IN dbのプロデュースを担当しているかのような勘違いをなされているとしか思えませんが、上の事例に当てはめますと、三枝に「こういう曲を作れ」と命じて、出来た作品の可否を決定しているのが長戸氏です。本人たちの意向がある程度反映されている倉木やGCと違って三枝の作品には長戸の意向や嗜好が色濃く出ています。つまり楽曲面で言えば、三枝こそがGIZAの本流であり、倉木やGCは支流という見方も可能なわけです。ここのところを踏まえない批評は、言葉は悪いですがオタクの素人批評の域を出ず、まったく無意味なわけです。つまりバツ丸氏、あなたは三枝を否定しているつもりでも、その実は長戸氏とGIZAを否定しているということです。
ABC #-|2006/11/15(水) 22:25 [ 編集 ]

そういうお考えであるのなら、別に不満はなかったのですけど・・・
>ABCさんへ

あなたが私の文章に対する批判なくして、罵詈雑言だけの文章を書いたのであれば、私は特にあれこれあなたに対して言うことはなかったでしょう。

あなたのおっしゃるように、同等の酷いコメントは許されるべきだと思うところもあります。

散々書いておいて、あとで「皮肉です」と書いても、それは批判においてフェアじゃないのではないですか?

バツ丸 #-|2006/11/15(水) 22:28 [ 編集 ]

意味が分かりません
>ABCさんへ

人が自分の文章を読む際に、その中のどこのどういうところに不愉快さを感じるかを考えていたらキリがなくなります。書き手がこのことを完全に理解することは無理でしょう。これは、眞鍋かをりさんも自身のブログ本でおっしゃっていたことですが。

例えば、三枝さんの作品を100点と思っている人から見れば、仮に私が80点を付けたとしても不愉快に思う人もきっとおられるでしょう。

私自身の経験をいいますと、自分が高く評価をしている作品が低い評価になっているのを見るのは、しょうじきいい気分ではありません。

ただし、それは人それぞれ、ということで割り切りますし、自分は自分だからと思うことにしています。評価が高ければ喜び、そうでなければがっかり、ただそれだけのことでして。

プロデューサーの件に関してはABCさんほど理解はしていませんが、おっしゃったことのだいたいは把握しております。

しかし、私はレビューの際に自分が分かっていないことは書きません。

長戸さんが今作の制作においてどれだけの影響を及ぼしているかなんて理解できるわけありませんので。

色濃くでている、と推測することは

だから、今作に限らず、そういった不透明なことは考えず、あくまで曲の出来で評価を考えます。

作曲者名が「三枝」となっている以上、アーティストが三枝夕夏INdbとなっている以上、彼らが曲に対する責任者として私は認識します。

その認識が間違っているとおっしゃられるのであれば、もう何も申し上げることはありませんが。


>言葉は悪いですがオタクの素人批評の域を出ず

に関しては、その通りです。私はオタクの素人です。
バツ丸 #-|2006/11/15(水) 22:43 [ 編集 ]


「散々」と仰いますが、バツ丸氏のような下品で酷い表現を使ったのは、21:02の1行コメントのみですよ。それ以前のコメントでも、それ以後のコメントでも、使ってません。
ABC #-|2006/11/15(水) 22:46 [ 編集 ]


>ABCさんへ

18:34分のものは違うのですか?

あなたがどう思われるかは分かりませんが、私は「散々」の中に入ると思います。

バツ丸 #-|2006/11/15(水) 22:50 [ 編集 ]


「人が自分の文章を読む際に、その中のどこのどういうところに不愉快さを感じるかを考えていたらキリがなくなります。」それはその通りですが、だからと言って、開き直って意図的に読み手を不快にさせるような文面にするのは悪趣味としか言いようがありません。「ゴキブリ」「蛆虫」「醜悪」さらには「極めて愚かで軽薄な人間性」このような表現を好んで使う人物の常識、及び人間性に問題がないと考える人はおそらくいません。三枝に対して批判的な人ですら、こういった表現には違和感を覚えるでしょう(良識のない人は別ですが)。こういった表現を多くの人に過去に何度も咎められてもやめられないというのは、やはりバツ丸氏の人間性に問題があるのではないかと感じております。
ABC #-|2006/11/15(水) 22:52 [ 編集 ]


私の18:34のコメントに、バツ丸氏が好んで使うような下品で醜悪な単語は含まれておりません。
ABC #-|2006/11/15(水) 22:55 [ 編集 ]


>「長戸さんが今作の制作においてどれだけの影響を及ぼしているかなんて理解できるわけありませんので。」

「プロデューサー」は先にも述べたとおり「最も権限のある人」であり、言い換えれば「最も影響を及ぼしている」ということにほかなりません。その程度のことを理解していないというのは「何も理解していない」に等しいわけで、「三枝夕夏 IN dbの楽曲を理解している」と言い切った自信の根拠はどこにあるのか?と私が先に問うたのは、まさにそのことなんです。

>その認識が間違っているとおっしゃられるのであれば、もう何も申し上げることはありませんが。

はい大間違いです。音楽業界において最高責任者=プロデューサーというのは常識中の常識です。もう何も申し上げることがないというのであれば、過去の自らの不明を恥じて、有言実行していただきたい。
ABC #-|2006/11/15(水) 23:00 [ 編集 ]

そうですか
>ABCさんへ

別にそういった表現を好んで使っているわけではありませんよ。使うべきときに使う、というわけで。ここまで書いたのは、恐らく過去にたくさんあったというわけではないと思うのですが。

それ以外の、「人間性に問題」云々に関しては、私がどうこう言う立場にはないので「はぁ、そうですか」としか申せませんが。


もう、お互いの言い分と立場は十分に分かったと思いますので、そろそろやり取りをおわりにできませんでしょうか?
バツ丸 #-|2006/11/15(水) 23:01 [ 編集 ]


誤解のないように念を押しておきますが、楽曲対する最高責任者=プロデューサー、です。これは初歩的な常識です。キツい事を言わせてもらいますが、バツ丸氏には音楽的な常識もなければ社会的な常識もない(だから、あのような下品で非常識な単語を好んで用いる)。
ABC #-|2006/11/15(水) 23:04 [ 編集 ]


>それ以外の、「人間性に問題」云々に関しては、私がどうこう言う立場にはないので「はぁ、そうですか」としか申せませんが。

あなたが三枝(実は長戸氏)に対して、人間性への(根拠なき)批判を行ったのです。
「三枝夕夏というアーティストの極めて愚かで軽薄な人間性」こう書いたのはあなた自身ですよ?
他人の人間性をとやかく言う人の人間性が問われなくて良いというのは、どういう理屈でしょうか?

もう1つ、あなたは「彼女が10代のアイドルアーティスト、アキバ系列のオタク対象の声優アーティスト・グラドルアーティスト、10代人気女優やアイドルらの出演する映画とリンクした音楽企画の一貫での当事者のアーティスト活動」を小馬鹿にするような表現も用いてます。このことについても反省する必要がありますね。
ABC #-|2006/11/15(水) 23:08 [ 編集 ]

そりゃそうでしょうけど
>「プロデューサー」は先にも述べたとおり「最も権限のある人」であり、言い換えれば「最も影響を及ぼしている」ということにほかなりません。その程度のことを理解していないというのは「何も理解していない」に等しいわけで、「三枝夕夏 IN dbの楽曲を理解している」と言い切った自信の根拠はどこにあるのか?と私が先に問うたのは、まさにそのことなんです。

ですけど、実務面において、長戸氏の関与によって、具体的にどの程度作品に影響を及ぼしたとお分かりなのでしょうか?

今作制作の過程において長戸さんの仕事振りをご覧になられたのですか?

そりゃ無理でしょう。

だから、自分が楽曲を聴いて今まで培ってきたものや自分の価値観で決めています。それで理解している、ということです。プロデュース業がどうの、というのは私の曲評価において重要ではありません。

だいたい、レビューにおいて、プロデューサーがどうの、とかというのは、作品紹介における基本情報の提示、ということ以外で殆ど見たことがないのですけど・・・。通常は歌やら詞やら、とかでレビューするものではないのでしょうか。

それと、あなたのなんの論拠もない「とりまきを満足~」云々のかきこみは、言葉こそ下品でなくても、内容的には同等の下品さであると私は認識します。
バツ丸 #-|2006/11/15(水) 23:14 [ 編集 ]

はじめまして。
バツ丸さん、はじめまして。
思ったのですが、バツ丸さんはGIZAに対し、一リスナーとしての意見という形でメールを送付されてみては如何でしょうか。
ここで言われている「罵詈」部分はオブラートに包んで…ですが。
正直、バツ丸さんのレビュー内容はもし私が三枝さんのファンであれば不快に思うものですが、バツ丸さんのおっしゃっていることも分かります。
しかし三枝さん以上にレコード会社の責任でもあると考えます。
メール送付などする気は無いとは思いますが、ご検討ください。
一部の表現を除けば、なかなか的を射ている意見だと思いましたので。
それでは失礼致します。
たりそ #0DW/rr8Y|2006/11/15(水) 23:18 [ 編集 ]


>ですけど、実務面において、長戸氏の関与によって、具体的にどの程度作品に影響を及ぼしたとお分かりなのでしょうか?

「最も」です。少なくとも、三枝以上には及ぼしています。

>それと、あなたのなんの論拠もない「とりまきを満足~」云々のかきこみは、言葉こそ下品でなくても、内容的には同等の下品さであると私は認識します。

それこそあなたの仰られた「人が自分の文章を読む際に、その中のどこのどういうところに不愉快さを感じるかを考えていたらキリがな」い、という話であって、少なくとも私は下品な表現は避けてます。
ABC #-|2006/11/15(水) 23:21 [ 編集 ]

わかりませんが・・・
>ABCさんへ

>もう1つ、あなたは「彼女が10代のアイドルアーティスト、アキバ系列のオタク対象の声優アーティスト・グラドルアーティスト、10代人気女優やアイドルらの出演する映画とリンクした音楽企画の一貫での当事者のアーティスト活動」を小馬鹿にするような表現も用いてます。このことについても反省する必要がありますね。


申し訳ないのですけど、意味がわからないです。

それと、もうこれ以上やりとりしても、どんどんお互いより細かいところでの話になってゆくばかりなのですし、平行線をたどるだけだと思いますので、先ほども申し上げましたが、もうこの辺のところで終わりに出来ないものでしょうか?
バツ丸 #-|2006/11/15(水) 23:23 [ 編集 ]


バツ丸氏、あなたは単に楽曲批評を行っただけではありません。三枝夕夏という一アーティストの人間性を批判、というより完全に誹謗中傷ですね、したんですよ。それも、ただ楽曲の出来不出来のみで。楽曲の良し悪しだけなら、作詞家や作曲家を批判するのもアリでしょう(あなたのような、下品かつ酷い表現を使わないのであれば)。しかし、人間性に対する言及を行った以上は、プロデュースワークに対する無知について何の謝罪も弁明もなし、というわけにはいきませんよ。
ABC #-|2006/11/15(水) 23:25 [ 編集 ]


「三枝夕夏というアーティストの極めて愚かで軽薄な人間性」こう書いたのはあなた自身ですよ?
他人の人間性をとやかく言う人の人間性が問われなくて良いというのは、どういう理屈でしょうか?

>その認識が間違っているとおっしゃられるのであれば、もう何も申し上げることはありませんが。
もう何も申し上げることがないというのであれば、過去の自らの不明を恥じて、有言実行していただきたい。

この2点について、回答を頂きたい。
ABC #-|2006/11/15(水) 23:28 [ 編集 ]


他人の人間性をとやかく言う人の人間性が問われなくて良いというのは、どういう理屈でしょうか?

潔く非を認めて謝罪すべきだろ?
ABC #-|2006/11/15(水) 23:31 [ 編集 ]


>「三枝夕夏というアーティストの極めて愚かで軽薄な人間性」こう書いたのはあなた自身ですよ?

に関しては、本文中に言及しましたが、作詞の件においてこのように思ったので書いたわけです。こういった作詞になり、楽曲の質を下げた(と思うのには)、彼女の人間性が大きく影響しているのではと考えたので、今回のような文面になったわけですが。

>他人の人間性をとやかく言う人の人間性が問われなくて良いというのは、どういう理屈でしょうか?

ですが、申し訳ないのですが、その内容が私には理解できません。どういうながれでこういう風になったのかも理解できないのですけど。

>>その認識が間違っているとおっしゃられるのであれば、もう何も申し上げることはありませんが。

に関しても、私のレビュースタンスにおいて、プロデュース云々に関する私の無知をおっしゃられても、それがレビューに反映されているわけではないので、よく意味が分かりません。

物事の捉え方の違い、だけと思われるのですけど。
バツ丸 #-|2006/11/15(水) 23:43 [ 編集 ]


三枝夕夏の人間性を問う以上、バツ丸氏の人間性が問われるのは当たり前でしょ?「ゴキブリ」「蛆虫」「醜悪」といった下品で醜い表現を多用する人物の人間性が問われるのは当然ではないか。このような表現を多用する人間こそ「愚かで軽薄」であるとどうして言えないだろうか?

物事の捉え方以前の問題。良識、常識の問題です。
ABC #-|2006/11/15(水) 23:48 [ 編集 ]


初めて書き込みさせて頂きます。

>ABCさん
少し疑問なのですが、謝罪や弁明というのは誰の意においてなされるべきものなのですか?
ABCさん(や、この記事を読んで不快に思ったファンなど…)が今回の記事を読んで不快に感じたからバツ丸さんが謝罪すべきということなのでしょうか?

個人攻撃だと感じるのであればそれをレコード会社に連絡し、直接本人なり関係者に見てもらうなりをした上で、その批判(誹謗中傷だと仮に位置づけしましょうか)を当の本人に見てもらい本人が謝罪要求をするなりするのが筋だと思うんですけどね…。

まあそれ以前にそもそもレビューや日記、意見などは個々個人個人が自由に表現すべきものだと個人的に思いますので、極端な話『こんな音楽作る奴は死ね』と書いても(それが良識として好ましい好ましくないは置いておいて)誰もそれを「やめなさい!!!」と(意見として指摘することは出来ても)"強制する"権利はないと思いますよ。日本の国家として決められている法律に触れない限りは。

と言うのも、このブログはあくまでもバツ丸さんの自己を表現する場であって、言わば氏のテリトリーなわけですよ。
ABCさんや他の読み手の方、もちろんこの僕もですが、この場が自分の領域にも関わらずそれが他人の意志によって自分の意とすることが全うと出来ないのであれば、それは何のための自己表現の場なのでしょう。

ここがABCさんの領域(例としてブログ)であれば、それは当然ながらABCさんの価値観に基づいた倫理観でそこにコメントする人など関わる人に問題があればその主の判断に基づいて是正するのも自由だと思いますが、この場合そうではないですよね?

ABCさんがこの記事を読んで思った意見として書くに留めておく時点では、ABCさんの意見に賛同する方もいらっしゃったでしょうが、それを強制するかのような謝罪要求まで仰るとなると…
それまではお互いの立場をそれぞれの意見としてイーブンに見てたんですけどね…。

最後に一つ。
思うんですが、自分なりの意見など堂々と大衆に訴えかけたいことがあるのであればご自分でブログなど開設なさってそこで意見を主張するのはどうでしょう?
もちろん、それは自分の領域であるわけなので、そこでバツ丸さんのブログ記事を批判したりするのもいいんじゃないでしょうか?
とも #zQAnTeY.|2006/11/16(木) 00:06 [ 編集 ]


ともさん、私は謝罪を強制しているわけではありません。しかし、良識ある人間なら普通は謝罪すると思いませんか?(「こんな音楽作る奴は死ね」なんて文章を書く人に良識など期待しません)

謝罪する、しないはバツ丸氏の自由です。しかし、謝罪しないことで、バツ丸氏の人間性に対する評価が下がり、彼のレビューに対する信頼が落ちるのは確かでしょう。他人の人間性を酷評する人の人間性が問われないのは明らかにおかしいですから。

インターネット上において、テリトリー云々は関係ありません。批判されたくなければコメント欄を閉鎖すればいいだけです。私はコメント欄に自由に書き込む権利があるからそれを行使しているだけです。”自由”と言っても、過度に下品かつ非常識な表現はとっていないつもりですが。
ABC #-|2006/11/16(木) 00:13 [ 編集 ]


謝罪しない=このブログには良識がない=コメントに良識を期待する権利もない

ということになりますので、バツ丸氏はコメント欄に「こんなレビュー書く奴は死ね」と書かれても文句が言えないことになりますね。そうなれば、私がやらなくても他の誰かがきっとやると思いますが。
ABC #-|2006/11/16(木) 00:21 [ 編集 ]


水を差すようなコメントになってしまったらごめんなさい。

三枝さんファンだった私としては、この議論は心が痛いです。

「彼女への思いの違いが故の言い合い」になってしまっているのが…。

この議論は、ずっと平行線上を辿ってしまう気がします。主観の違いを咎めてもどうにもならない気がします。かえってずっと続いてしまう方が、マイナスになってしまうんではないですか?

三枝さんを中傷した事に反発する人もいますが、こういう議論に反発する人もいます。

ABCさんだけの意見を言う場ではないと思うんです。

これが元ファンの気持ちです・・・
yoentown #-|2006/11/16(木) 00:24 [ 編集 ]


yoentownさん、主観の違いについての論争ではありません。そもそも私の(三枝夕夏 IN dbの音楽に対する)主観は、私は何も発言しておりません。主観の違いだけなら、私はここまで食い下がることはありません。

でも、明らかに誹謗中傷でしょ?バツ丸氏の文面は。しかも人格攻撃をしてますよ?
ABC #-|2006/11/16(木) 00:28 [ 編集 ]


もう1つ、気になるんですが「こういう議論に反発する人もいます。」とはどういう意味でしょうか?つまり、バツ丸氏を批判するなという意味でしょうか?批判者たるもの、他の批判に晒される覚悟を持つのは当然のことではないですか。一方的に批判をして、自己への批判は受け付けませんという態度を取る批判者がどこの世の中にいるでしょうか?せいぜい2ちゃんねるの中の名無しの発言者くらいではないでしょうか?批判にさらされたくなければ2ちゃんねるで匿名でやればいいんです。仮にも「バツ丸」と名乗って自らのブログを立ち上げて批判をする以上、こういった議論は避けられません。論争の当事者ではないyoentownさんがとやかく言う資格はないんです。
ABC #-|2006/11/16(木) 00:39 [ 編集 ]


今日聴いてみた!バツ丸さんはよく10点も付けましたね
ゆう #SFo5/nok|2006/11/16(木) 00:40 [ 編集 ]

話を自分なりに整理しなおすと
>ABCさんへ

まず、私への言及もいいのですが、細かいことになりますが、

「あなたのレビュー自体も、取り巻きの方々を満足させるための内容としか言いようがなく」(引用)

に関し、全く事実とは違うと申し上げましたが、そのことに対するあなたのコメントがないです。どういうことでしょうか?

これはあなたの非ではないのでしょうか?事実ないしは、断片的な要素で推測できるある程度のことなしで、いくら下品な言葉を使ってないからとは言え相手を批判するのは下品であると私は思います。

それはさておき、話を整理して自分なりに思うところをもう一度書きます。あまりにやり取りが長くなりすぎて私には話しの流れが分からなくなってきているので。

三枝さんに対してかなりきついことを言いましたが、上記で何度か書いたように、その作詞の内容(年齢にはそぐわなすぎる)とかに言及してその旨記しました。論拠はありますので、最終的には個々人の見解の違いでしょう。



>ゴキブリ」「蛆虫」「醜悪」

の文面に関しては誤解されていると思います。書いた文章を抜粋すると、

「ゴキブリや蛆虫をこの上なく嫌いな人に対して「何で嫌いなんですか?」と理由説明を求めるのと同じようなものだろう。」

です。

読んでいただけたらと思いますが、三枝さんを上記言葉でたとえているわけではありません。今作に対し不愉快さを感じる理由がもう説明できない、とのたとえです。

今作の音楽に対して嫌とかと思う理由の説明がつかない、というたとえで書いたわけで、この言葉をして彼女を誹謗中傷したわけではありません。その点ご留意ください。

次にプロデュースに関して書きます。

上記でABCさんが、今作への影響に関し、「最も」とか「三枝以上には及ぼしてます」とかかれておられますが、

確かにそうなのかもしれません。

しかし、このことも上記で何度か申し上げましたが、「プロデューサー」とはこうだからして云々の理念とか概念では、やはり「最も」とか「~よりもある」といったことをおっしゃられても、それは抽象的だと思います。私にはプロデュースの内容の事実そのものを把握することはできません。これは当事者以外の誰でもそうなのではないでしょうか。


だから、私はレビューにおいて、例えばマイラバのようにプロデューサーが作詞や作曲を担当している、という「具体的な事実」がある場合を除き、プロデューサーについてレビュー内で言及することはしません。

だから、仮に私が初期のミスチルの作品をレビューするとしたら、プロデューサー小林氏の作品に対する影響力が少なからずあることを理解してはいるものの、レビュー本文は桜井さんについての内容になるでしょう。小林氏のことは「彼がプロデューサー」です、ということ以外書くことはないと思います。

仮に今作のプロデュース兼作詞・作曲が長戸氏であれば、私は彼への批判を中心とした内容にしたでしょう。


こういうレビュー方針がありますので、ABCさんが如何にプロデューサーが作品に対して与える影響の大きさをおっしゃったとしても、そのことに対し、如何に私が無知であるかのご意見をおっしゃったとしても、話が全くかみ合わないだけだと思います。

どう思われようと自由ではありますが、私は例えば●曲目は作詞:三枝、作曲:●●ということのみに注目します。
(但し、楽曲を聴くときは先入観を持たないためにクレジットを一切見ないで聴くのですが)

だから私には、長戸氏を否定している、GIZAを否定しているのくだりが良くわかりません。
バツ丸 #-|2006/11/16(木) 00:45 [ 編集 ]


>。一方的に批判をして、自己への批判は受け付けませんという態度を取る批判者・・・

私は話のやり取りによって自分が納得することであれば素直に批判を受け入れますよ。

過去何度か謝罪もしましたし、文章を書き直したこともあります。

本当に批判を受け入れないのであるのなら、やりとりそのものを放棄していますよ。

それと、本筋からずれますが、当事者でなくても、そのやりとりに関する感想や評価は自由だと思います。あなたのおっしゃったコメント欄に自由に書き込む、だと思います。「とやかく言う資格はない」の言はどうかと思います。
バツ丸 #-|2006/11/16(木) 00:52 [ 編集 ]

そうだと思います。
>ということになりますので、バツ丸氏はコメント欄に「こんなレビュー書く奴は死ね」と書かれても文句が言えないことになりますね。

はたぶん、先ほども同じようなことを書いた記憶がありますが、

個々人のご意見なんで、私がどうこういう筋合いはないと思います。もちろん、いい気分はしませんけど。
バツ丸 #-|2006/11/16(木) 00:56 [ 編集 ]


>もう1つ、気になるんですが「こういう議論に反発する人もいます。」とはどういう意味でしょうか?つまり、バツ丸氏を批判するなという意味でしょうか?

そうではないんです。バツ丸さんが人格を中傷したかしてないかという問題以前に、三枝さんが元でこういう争いが起きてしまっている事に心を痛めている人もいる、という事です…。
そういう自分と相手以外の気持ちって、大事だと思います…。

ABCさんはこの議論にケリをつけたいみたいですし、あなたからとやかく言う資格はないと言われたらどうしようもないです。(でもABCさん、結局人の意見を聴いてないんじゃないんですか?「バツ丸氏を批判するなという意味でしょうか?」と勝手に推測をし話を進め、挙句の果てにとやかく言う資格はないと言われるとそう思われても不思議はない筈で)

私はこれで失礼します。水を差して申し訳ないです。
yoentown #-|2006/11/16(木) 00:59 [ 編集 ]


>「あなたのレビュー自体も、取り巻きの方々を満足させるための内容としか言いようがなく」(引用)
>に関し、全く事実とは違うと申し上げましたが、そのことに対するあなたのコメントがないです。どういうことでしょうか?

あなたにその意思がなくても、あなたの文面を批判するコメントがほとんどなかったので、あなたの取り巻きはあの下品な文面を歓迎しているのだと捉えました。あなたの意思が問題ではなく、内容が問題なのです。


>いくら下品な言葉を使ってないからとは言え相手を批判するのは下品であると私は思います。
そういうご自身は「下品な言葉を使った」ことをお認めになられるのですね?


>「ゴキブリや蛆虫をこの上なく嫌いな人に対して「何で嫌いなんですか?」と理由説明を求めるのと同じようなものだろう。」

つまり、『U-ka saegusa IN db Ⅲ」をゴキブリや蛆虫に喩えてます。あなたにその意思がなくても、そう受け取れる文面です。


>レビューの方針
楽曲の批評のみに留まるのであれば、作詞作曲者に対する言及のみで問題ないでしょう。しかし、作詞にも当然プロデューサーの意向や嗜好が入ってますし、プロデューサーの期待に応えられない作詞家であれば採用されることは絶対にありません。こういう事実を無視して「人格攻撃」を行ったのは明らかに勇み足でした。
ABC #-|2006/11/16(木) 01:08 [ 編集 ]


yoentownさん、論争の火種は三枝ではなく「バツ丸氏の下品かつ非常識な文面」です。誤解のないように。
ABC #-|2006/11/16(木) 01:10 [ 編集 ]


>それはさておき、話を整理して自分なりに思うところをもう一度書きます。あまりにやり取りが長くなりすぎて私には話しの流れが分からなくなってきているので。

論争をいたずらに複雑にしているのはバツ丸氏のほうであって、私は終始一貫して、バツ丸氏の下品かつ醜い非常識な言動、及び、アーティストの作詞作曲という些細な情報のみによって人格に対する誹謗中傷を行ったことのみを問題にしています。
ABC #-|2006/11/16(木) 01:14 [ 編集 ]

よく分からないのですけど
>あなたにその意思がなくても、あなたの文面を批判するコメントがほとんどなかったので、あなたの取り巻きはあの下品な文面を歓迎しているのだと捉えました。あなたの意思が問題ではなく、内容が問題なのです。



私は取り巻きとか関係なく事実とは全く違うことを書いて私を批判しているあなたの行動に疑問を感じているわけです。取り巻き(がいるのかどうかはわかりませんが・・・、何せ面識もないし、やりとりも殆どないので)がどうこうというのは本筋と関係ないように思われますが・・・。
書きこみのあるないで判断されるのも私には意味が分かりません。

コメントがなかったからといってご覧いただいている人が内容に賛成・反対だ何て分かりませんよ。あくまで書き込んだ個々人のご意見しか分かりません。メールで意見いただいてもいませんし。

で、それと「あなたの意思が問題ではなく、内容が問題なのです。」とのつながりが私には理解できません。話が飛んでいるように思えるのですが。


>そういうご自身は「下品な言葉を使った」ことをお認めになられるのですね?

既にまさかり。さんのレスやあなたへのレスにおいて、その旨記した内容を書いたと思います。

最初からこのレビューにおける言葉遣いが上品だ何て思っておりませんし、品がないと思ってもいますよ。

ご理解いただけたとは思いませんが、何でそういう言葉を使ったのかの理由も一応レビュー本編でもこのコメント欄でも書きました。

>>「ゴキブリや蛆虫をこの上なく嫌いな人に対して「何で嫌いなんですか?」と理由説明を求めるのと同じようなものだろう。」

これはたとえていません。繰り返しますが、理由説明が困難だ、とのたとえです。何でそのような受け取り方をされるのか、私には分からないです。

>作詞作曲者に対する言及のみで問題ないでしょう。

はい、おっしゃるとおりで本編に関しては、メインの作詞・作曲者である三枝さんへの言及にとどまっておりますが・・・。
バツ丸 #-|2006/11/16(木) 01:20 [ 編集 ]


どうして「楽曲の批評のみに留まるのであれば」という前提条件を外すの?

どうして人格攻撃を行ったことを認めないの?
ABC #-|2006/11/16(木) 01:22 [ 編集 ]

あの・・・
論争をいたずらに複雑にしているのはバツ丸氏のほうであって、私は終始一貫して、バツ丸氏の下品かつ醜い非常識な言動、及び、アーティストの作詞作曲という些細な情報のみによって人格に対する誹謗中傷を行ったことのみを問題にしています

といわれても、作詞・作曲のクレジットでしか判断していない以上、そうなるしかないでしょう。

それ以上言いようがありませんよ。

「愛言葉」とかにおける酷い詞は、彼女の人間性によるところが大きいと考えます。だって作詞者は彼女なのですから。

>作詞作曲という些細な情報のみによって

これって些細なことなんですか?
バツ丸 #-|2006/11/16(木) 01:23 [ 編集 ]


愛言葉の歌詞が酷いかどうかはともかく、リリースまで間がない時期に急にdbコールをネタに新曲を作ろうなどと言い出したのはおそらく長戸氏だろう。なぜなら、三枝にそんな権限はないからだ。バツ丸氏はいきなり1日2日で新曲を書けと言われてマトモな作品を書く自信があるか?それで急遽書いたものを根拠に人格批判を受けたらどう思う?
ABC #-|2006/11/16(木) 01:31 [ 編集 ]

だから・・・
>愛言葉の歌詞が酷いかどうかはともかく、リリースまで間がない時期に急にdbコールをネタに新曲を作ろうなどと言い出したのはおそらく長戸氏だろう。なぜなら、三枝にそんな権限はないからだ。

これってあなたの完全な推測ですよね。事実であればこの文面以下にあるあなたのご意見にも納得いきますが、それが真実ではない以上それに基づいて何をおっしゃられても私にはわかりません。

>バツ丸氏はいきなり1日2日で新曲を書けと言われてマトモな作品を書く自信があるか?それで急遽書いたものを根拠に人格批判を受けたらどう思う?

このことと本論とは全く関係がないと思います。話が変わっています。

本当にそうだったとすれば、それは問題でしょうがもちろん、本当かどうかは分からないでしょう。おそらく、おそらく、で話を進めれてもね・・・。


そういった事実がわからない以上、仮に本当は「1日で書いた結果局が酷くなりました」ということがあったとしても、私は「三枝さんの作詞」に問題がある、こういった詞を書く彼女に問題がある、と思わざるを得ません。作詞者が「三枝」となっているので。
バツ丸 #-|2006/11/16(木) 01:38 [ 編集 ]


>ABCさん

あなたの主張には一貫性がないですね。
バツ丸さんを主張したいだけなのがよくわかります。

僕はこの作品を聴いてないのでレビューに関しては特に意見はしませんが、とりあえず自分の意見をまとめてから出直したほうがいいと思いますよ。
あと推測でモノを語るのもどうかと。

どうしてもバツ丸さんを批判したいんだったらバツ丸さん批判まとめサイトでも作ればいいと思います。
そうすれば自分の意見もまとまると思いますよ。
今のままでは見苦しくてうざいです。
アイデアル #-|2006/11/16(木) 01:40 [ 編集 ]


推測かもしれない。しかし「三枝夕夏に権限がない」ことは事実だ。三枝夕夏が突然「新曲をもう1曲追加したい」と言い出して長戸を説得したと考えるよりも自然じゃないですか?少なくとも真相がわからないなら安易に人格批判など行うべきではないし、仮に真相がわかっていたとしても、人格に大いに問題があるあなたが三枝夕夏の人格を批判するのはおかしい、ということ。
ABC #-|2006/11/16(木) 01:42 [ 編集 ]

最終的には
「推測かもしれない」ではなく、推測そのものです。

それと、三枝さんに権限がないとかあるとかは関係ありませんって。

>三枝夕夏が突然「新曲をもう1曲追加したい」と言い出して長戸を説得したと考えるよりも自然じゃないですか?

推測、どころか妄想の上に妄想を重ねないで下さいよ。
これは私が三枝さんに対して個々人の意見として思うのと同様、単なるあなたの感想に過ぎません。感想を前提に批判しないで下さい。

>人格に大いに問題があるあなたが三枝夕夏の人格を批判するのはおかしい、ということ

プロとして三枝さんがアルバムを出している以上、私の人格がどうの関係なく批判にさらされるのは当然です。

もちろん、その私に対してあなたがどう思われようと批判を投げつけようと自由ですが、それは私が三枝さんに対してあれこれいう自由と同じです。

究極的なところ、何度も同じようなことを言っていますが、「個々人の見解の違い」で終わる話です。

批判するのはおかしい、といわれても私には

「はあ、そうでございますか~」としか思えませんし、それ以上いうこともありません。

さっきから同じやり取りの繰り返しなんでもう終わりにしませんか?

もう、完全に意見が合わないのですからやり合っても無駄だと思います。

バツ丸 #-|2006/11/16(木) 01:51 [ 編集 ]


それと、三枝さんに権限がないとかあるとかは関係ありませんって。

どうして関係ないの?めちゃめちゃ関係ありますが。
関係ないと断じるあなたの思考回路が理解できません。
ABC #-|2006/11/16(木) 01:53 [ 編集 ]


もちろん、その私に対してあなたがどう思われようと批判を投げつけようと自由ですが、それは私が三枝さんに対してあれこれいう自由と同じです。

つまり、あなたが三枝夕夏に対して行ってるような口汚く醜く下品で非常識な言葉を使って、バツ丸氏を批判してもよいということですね?
ABC #-|2006/11/16(木) 01:55 [ 編集 ]

だから
あなたはきちんと人の書いたものを読まれているのですか?

私は神でも超人でもありませんので、私に対して述べられる意見を止めることはできませんよ。それをどうこうするなんて私には出来ません。

いちいち私に伺いを立てることでもないでしょう。

先ほど同じようなことを書きましたよ。
バツ丸 #-|2006/11/16(木) 01:58 [ 編集 ]


常識的ななレビュアーのブログを荒らす人なんてそうそういませんよ。つまり、あなたが常識人になれば、完全には止められなくても減らすことはできる。
ABC #-|2006/11/16(木) 02:00 [ 編集 ]

あの
ここはバツ丸さんのブログですし個人の感じかたなんですから意見が違うなんて当たり前じゃないですか?
それが嫌なら見なければ良いと思いますよ。

ぁ #SFo5/nok|2006/11/16(木) 15:38 [ 編集 ]

いやいや・・
はじめまして(・∀・)/~~~ゆきお。と
申します。いやいや、荒れてますねぇ
歌姫の頃から傍観していましたが、
ここまで荒れたのは初めてじゃない
でしょうか?
ゆきお。 #mQop/nM.|2006/11/16(木) 17:46 [ 編集 ]

心配ですねぇ・・
う~ん・・今件の事でバツ丸さんのレビューサイト活動に支障を及ぼさないか
心配になってきましたね(・∀・)/~~~

大丈夫ですかね~最近、活動を再開したばかりというのに・・これじゃね
ゆきお。 #-|2006/11/16(木) 20:53 [ 編集 ]

まあまあ
きっとバツ丸さんは三枝夕夏に対して”可愛さ余って憎さ百倍”状態になったのだろう。と推測します。
確かにバツ丸さんの文章は悪口が過ぎると思われる部分がありますが、ABCさんもしつこい攻撃をやめるべきだと思います。きっと2人とも三枝夕夏が好きなんですね、ほんとは。そんな気がします。

バツ丸さんのレビュー、個人的には大好きです。いつも楽しみにしてます。
俺 #-|2006/11/17(金) 23:47 [ 編集 ]

とりあえず落ち着きましょう!
ある掲示板にてバツ丸様のブログの話題が出ていたので拝見させて頂こうと思い来ましたが、すごい荒れようですね。

私が思うに、バツ丸様の仰りたい事も分かります。
今回のアルバムは完全に「ファンと私達のつながり~♪」的なアルバムとなっていますよね。
「愛言葉」とか確かに「愛言葉はデシデシ~☆」とかファンじゃない人から見れば意味不明ですし。

言いたい事は分かります。
ただ、表現の仕方が悪かったかな…と思います。
「ゴキブリ~」の所はさすがに言い過ぎなのでは?
これは謝罪すべきだと思います。

ABCさんの言いたい事も分かります。
確かにバツ丸様のレビューは言い方が酷い所もあったと思います。
ただ、揚げ足を取ったりするのはどうかなと。
そういう事で批判するのなら、これ以上荒れるのは普段ロムしている方にも、コメントしている方にも迷惑だと思います。
真っ向とした態度で意見を書き込む方がいいかもしれませんね。

ただ、あなたの言いたい事も、バツ丸さんの言いたい事もものすごく分かります。
但しどちらも言い方がキツいです。
少し穏~やかに話し合った方が見ている側としては良いですね。

あと、バツ丸様。
あなたの三枝夕夏 IN dbというアーティストへの気持ちは分かります。
好きじゃなきゃ、そんなに言う事ないですよね。
昔の音楽性があなたの好みだったのかもしれません。
ただ、今の音楽性が好きという方もいらっしゃいますし少し言い方を良くした方がいいかもしれません。
それに三枝夕夏 IN dbというアーティストがやりたい音楽性が今回のアルバムなのですから、あまり否定しすぎるのも失礼となってしまいますね。

ABCさんは三枝夕夏 IN dbのファンでいらっしゃるのでしょうか?
なのでお怒りになっているのかと思いまして。
レビュー本文のような言い方をされると確かにムカっと来ますが、グッとこらえるのも大切です。
バツ丸さんに失礼ですが「分からない人は分からないんだよ」と思うと気も楽になりますし。

本当にお互いの言いたい事は分かります。
しかし言い方や相手の気持ちを考えてコメントした方がいいと思います。

個人的にバツ丸さんの今回のレビューには正直かなり問題があったと思います。
言い方とか三枝夕夏 IN dbというアーティストへの侮辱です。
失礼すぎると思います。

ちなみにバツ丸さん。
あなたは何か余程夕夏さんを妬んでいるようにも思えたのですが。
聴いた話によりますと、握手会で握手を断られ、それからアンチになったとかなってないとか…。
真偽は不明ですし、間違いでしたら大変失礼しました。

最後に。
実は私はGARNET CROWの大ファンなのですが、GCを引き合いにして、比較したりはしないでほしいです。

特に、

>ガーネットクロウの1stが、「21世紀最初の10年における最高の作品の一つ」とするならば、こちらは「21世紀最初の10年における最悪の愚作」どころか、「恐らくリスナー人生における最凶最悪の愚作」になりかねない醜悪さを放っている。

ここなんか、呆れました。
GARNET CROWを贔屓しているようにしか思えません。
こういうのはレビュアーとして、してはいけない行為なのでは。
少なくともこういう発言が今後のレビュー内であるのなら、レビュアー失格であることは間違いありません。

あとは、

>ゴキブリや蛆虫をこの上なく嫌いな人に対して「何で嫌いなんですか?」と理由説明を求めるのと同じようなものだろう。

こういう発言ですね。
人間としてあなたのこの発言は最低最悪です。
こういう「人」をバカにした発言は慎んだ方がいいですよ。

ゴキブリなどは害虫です。
三枝夕夏 IN dbというアーティストにはファンという人達が居ます。
だからCDが何千枚も売れているのです。
そこの違いを考えていただきたい。

本当にこのような発言ばかりしていたら、あなた、本当にレビュアー失格です。

いや、人間失格ですよ。
匿名 #e0NxOg02|2006/11/18(土) 04:58 [ 編集 ]

>匿名さんへ
>匿名さまへ

どうもです。書きこみありがとうございます。

たくさんのことについて書き込みされておられますが、それに対する私の見解を以下示していきます。

>「ゴキブリ~」の所はさすがに言い過ぎなのでは?

に関してはあなた様の投稿最後にも同じように書かれておられますが、既にABCさんとのやりとりにおいて既に回答を書いています。完全な誤解ですので、その点ご理解ください。


>あなたは何か余程夕夏さんを妬んでいるようにも思えたのですが。
聴いた話によりますと、握手会で握手を断られ、それからアンチになったとかなってないとか…。


どういう話の流れで「妬んで」という言葉が出てくるのかは分かりませんが・・・。

「握手会云々~」に関しては、何故か以前からこのような話が出ていますが、事実ではありません。はっきり言っておきます。私には何の関係もありません。何でこんな話が出てきたのやら・・・。


>>ガーネットクロウの1stが、「21世紀最初の10年における最高の作品の一つ」とするならば、こちらは「21世紀最初の10年における最悪の愚作」どころか、「恐らくリスナー人生における最凶最悪の愚作」になりかねない醜悪さを放っている。


に関しては、主観でレビューしており、自分の思うところをただ書いただけのことですので、どうこう言われるものでもありません。

そもそも私には、もちろん人間である以上「贔屓を絶対にしない」とは言い切れるはずもありませんが、「よければほめ、悪ければ批判する」をどのアーティストに対しても行うことを絶対的なスタンスとしておりますので。

今後逆にガーネットクロウが今作の三枝さんのようなアルバムを出し、三枝さんが名盤レベルに相当する作品を出したら、私は遠慮なくガーネットクロウに辛らつな言葉を浴びせますし、三枝さんを徹底的に褒め称えます。私にとってはただそれだけのことです。

>こういう発言ですね。
人間としてあなたのこの発言は最低最悪です。
こういう「人」をバカにした発言は慎んだ方がいいですよ。

これは一意見として受け止めさせていただきます。

バツ丸 #-|2006/11/18(土) 19:03 [ 編集 ]

ひらり夢一夜
バツ丸様、お久しぶりです。
自分の方のブログは更新サボってますが、こちらは活発に更新されていて毎日来る楽しみがありますね。

この記事に関しては、ROMを貫こうと思ったのですが、やはり一言コメントさせてもらいます。

私はこのアルバム未聴なんですが(現在は三枝に対する興味ゼロ)、まず10点という評価に多少驚き、しばらく笑いました。ただ、乱発したシングルは聴いているので、それらから判断するとこの評価は予想の範囲内でした。

三枝さんの最近の【ご乱心】について多少は知っている私から見て、、、

このレビューはやや刺激的ですが、謝罪を要請されるような箇所は無いですね。

愚劣な歌詞、チープ過ぎる楽曲、オリジナル曲の少なさ、ボーカルの脆弱さ、路線の迷走ぶり、などの問題が端的に指摘されていて、よくまとまっており、良いレビューに見えます。

端的だからこそ、これを読んだ三枝ファンが因縁をつけてきた、といったところでしょう。


私のところにも昔、非常によくこの種のコメントが来ましたが、常套手段としては【適当に受け流す】のが一番いいようですね(あるいは無視)。

ほんとは、「お前にそんなことを言われる筋合いは無い」と言ってやりたいのが実情なんですけどね・・・それは大人の対応ではないので。


当然ですが、ブログでどんな辛口な暴言を吐こうとも、それが「営業妨害」や「名誉毀損」等にならない限り、他人がそれをとめることはできません。謝罪を要求したり、「レビュアー失格」「人間失格」などと部外者が騒ぎ立てるのも奇妙なことです。

私見ですが、レビューを見て気分を害した部外者がとるべき行動は、基本的に【去る】ことだけです。レビュアーを断罪したり、中傷したり、しつこく食い下がったりするのは子供じみた行為です。広大なネット上の、1つの個人ブログの読みきり記事でそんなことして何になるんでしょうね。

・・と私は思います(あくまで個人的に)。


コメント数が75を超えており、おそらくレスに相当な体力を使われたのではないかと心配して、余計なお世話と知りつつも書かせていただきました。

ブログ、ぜひ続けていって下さい。
熱帯魚 #MGuVLNQM|2006/11/20(月) 02:06 [ 編集 ]

すぐに中古へ・・・
バツ丸さん、こんばんは。

私はこのアルバムをフラゲしたんですが、感想を一言で言うなら「3500円の使い方を間違えた」です(苦笑)。

三枝さん作曲があまりにメリハリがなさすぎて聴いてて面白くありませんし、
歌詞に関しても「愛言葉はデシデシ」や「チュッチュッチュッチュ」など酷すぎます。
あと、私も「ハニー」の時の三枝さんの声が大嫌いです。
私は2曲目までで限界でした^^;
あと1曲目は理由は分からないんですが、なぜか好きです。

私も上で熱帯魚さんが述べられているいるように、すごく良いレビューだと思いました。

私は、評論サイトというのは読む人の自己責任だと思います。
10点ということで内容が酷評になることは容易に想像できるはずですし。
「読んだ人を不快にさせた」と別の記事に書かれていましたが、
読まなければよかったのでは、と思います。
あくまでもバツ丸さんの価値観で書かれているのに、「レビュアー失格」「人間失格」などというのは私もどうかと思いました。

この記事に関してはレスなど色々と本当にお疲れ様でした。
私も余計なことと思いながらも、言っておきたかったので書かせてもらいました。

これからも更新頑張ってください。
乱文失礼しました。
青雲 #YkHKI976|2006/11/20(月) 22:32 [ 編集 ]


熱帯魚さんが謝罪を要求するのは奇妙な事だと仰っていますが、
果たして人の作った楽曲を「ゴキブリや蛆虫をこの上なく嫌いな人に対して「何で嫌いなんですか?」と理由説明を求めるのと同じようなものだろう。」と書くのはどうでしょう。
レビューとしては確かに今回のALの悪い点を的確に書けていて素晴らしかったと思いますが、この言葉はもはや暴言としか言いようがないと思います。
これに関しては謝罪を要求されても仕方がないでしょう。
そして、この記事をGIZAにメールで送れば名誉毀損で訴えられる可能性もないとは言えません。
少し表現が悪かったんだと思います。言っている事に関しては確かに当たっていると思いますし。
匿名 #e0NxOg02|2006/11/22(水) 05:39 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/404-b85bdc3b

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。