バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

格闘アクション映画バカ一代~秋の夜長をアツクする作品紹介!!その2

今回は結構マニアックな選出になりますよ!!






・ドニー・イェン

恐らく中国・香港アクションスターの中でも一番の力強さと破壊力、暴力性を有し、格闘シーンにおいてはエンターテイメント的楽しさとはかなり隔たりのある独特の路線を行く「カンフー天皇」ことドニー。とにかく日本ではおよそありえない痛さと迫力と残虐さ満点の格闘シーンには、たただた感嘆と唖然があるのみ・・・。


ドラゴン 危機一発’97 ドラゴン 危機一発’97
ドニー・イェン (2000/04/25)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る



個人的にドニー出演作の中で最も面白く且つ一番の格闘の出来だと思うのが今作。とにかくドニーの持ち味である化物じみた力強さと身体能力、全編を貫く暴力性がたまらない。特に終盤の「熊手?使い」との戦いにおける連続回し蹴りと、旋回しつつ「欽ちゃんキック」のような蹴りである通称「ドニー・イェンキック」(バツ丸が勝手に命名)には、ただただ悶えるだけ・・・。恍惚としてしまう。

但しストーリーに関しては、この手の中国映画らしく全く救われないものであるのだが・・・。



ヒート HEAT ヒート HEAT
ドニー・イェン (2003/05/09)
ビデオメーカー
この商品の詳細を見る



ストーリーは「4人の少年少女の冒険劇」というどこぞの国の超有名映画と同じであるが、それと完全に違うのは、少年達が執拗に極悪な大人たちに命を狙われ、暴力を振るわれそうになることだろう。しかし、「スーパーマンよろしく!!」が如く、少年達が危機に陥ると何故か完璧なタイミングで登場し、超絶格闘で敵をぶちのめしていくドニー兄貴の凄さに悶絶必至!! 戦う相手の人数も銃火器の存在も彼にとっては全く意味を持つものではない。香港格闘アクション映画史上最強最悪の悪役である超人ビリー・チョウとの超絶蹴り合いも壮絶。あんたら人間ですか? ああ、カタルシス・・・。



SPL 狼よ静かに死ね 特別版 SPL 狼よ静かに死ね 特別版
ドニー・イェン (2006/06/23)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る



ドニー・イェンとサモ・ハン主演の中国ノワール映画。サモ・ハン演じる麻薬を牛耳るマフィアのボスと、その彼を手段を選ばず、法を犯すことも辞さずに追いかけていく刑事達との熾烈な戦いを描いた大傑作。途中から捜査に参加することになった刑事を演じたドニーとサモ・ハンとの中盤・ラストにおけるバトルが凄まじい。お互いもう若いとはいえないのに、この体の動きの良さとアクションの残虐さ・迫力には感動しかない。

だが、アクションもさることながら、今作は一映画作品としてストーリーや演出、丁寧な人物描写が非常に素晴らしい。これほど端的に「因果応報」という言葉や「無常」という言葉を表現した作品はないだろう。評価をするならば95点以上いく「バツ丸心の名画選行き」の映画。お勧め!!



・サモ・ハン・キンポー

ジャッキーやユン・ピョウの兄貴分に当たり、「世界で最も偉大なデブ」「世界で最も速く動けるデブ」と称されるサモ・ハン。体型からは全く想像できない超絶の動きは、私が若かりし頃すべてのデブの憧れであり夢でもあった・・・。


しかし、代表作が尽くDVDになっていない!! リー師父のオマージュ作品の中でも最高傑作である「燃えよデブゴン」の1作目や、ビリー・チョウとの凄まじい対決がある「ペディーキャブドライバー」はどこに行った!! さっさとDVDで出せやい!!



・ユン・ピョウ

「京劇3兄弟」(ジャッキー、サモ・ハン)の中で一番年下なのが、このユン・ピョウ。この3人どころか、香港アクション俳優の中で最も身軽で運動神経が良く、アクロバティックなアクションを堪能させてくれる。実は「孔雀王」「無問題2」など日本の映画にも数多く出演している親日派であることは、殆どの人が知らないだろうが・・・。


検事Mr.ハー 俺が法律だ 検事Mr.ハー 俺が法律だ
ユン・ピョウ (2000/05/26)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る


ジャッキーやサモ・ハンらビックネイムと共演した映画以外では、ユン・ピョウ作品史上今作が一番アクションが凄いのではないだろうか。
検事を演じるユン・ピョウが、法の穴をすり抜けたり、警察・検察との癒着により無罪放免となった極悪人どもを裏でひたすらぶっ殺していくという凄い内容。というわけで、内容・アクションに関してはとにかく残忍。

最強のアクション女優の一人、シンシア・ラスロックと彼とのアクションはかなり見ごたえがある。もう「女性だから」というジェンダー的思考や紳士的考えは、香港格闘アクション映画においてクソ程の意味もないということを身をもって思い知らされる。

しかし、今作で最も印象に残るのはラスト。一度見たら絶対に忘れることが出来ない衝撃。日本映画では絶対にない。

バツ丸が選ぶ「最高B級作品」の一つ。


ユン・ピョウ in ドラ息子カンフー デジタル・リマスター版 ユン・ピョウ in ドラ息子カンフー デジタル・リマスター版
ユン・ピョウ (2005/07/08)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
この商品の詳細を見る


こちらはサモ・ハンと共演した時代物(武侠)カンフー映画。自分を強いと思い込んでいたドラ息子が、あることをきっかけに急に使命感に目覚め、戦いに身を投じていくというもの。やたらとコミカルさを見せたと思えば、ひたすら無残に人が死んでいく描写も多々あるなど、無茶苦茶な構成がいかにもこの手の映画らしい。

しかし、詠春拳を主体としたユン・ピョウとサモ・ハンの格闘やアクションは美しく且つ凄まじい。武侠カンフー映画の傑作。



というわけで、イロイロ紹介していきましたが・・・。いかがでしたでしょうか? マニアに方にとっては「あれもない、これもない」ときっとお思いのことでしょうが、何分分量が限られておりますのでご容赦ください。

と、言いつつも、本当は2回で終わらせる予定だったのがどうやらそうはいかなくなったようです。
年末に向けてレビューが溜まっているのでしばらくこのネタでの更新はしませんが、やる機会がありましたら、ミシェル・ヨー、ジャン・クロード・ヴァンダム、ドルフ・ラングレン、トニー・ジャーやそれ以外の作品を紹介できたらと思います。
スポンサーサイト




2006/11/22 01:07|バツ丸の戯言トラックバック:0コメント:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/410-0f122c6d

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。