バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

「2006アンチ・エンタメ総評」発表!! その3「音楽編」

今回は音楽編です。今年は、


・見掛け倒しで賞
・何やってんで賞
・期待はずれで賞
・最低劣楽曲賞
・最低劣作曲者賞
・最低劣編曲者賞
・最低劣作詞者賞
・最低劣ボーカリスト賞
・ブーイングアーティスト大賞


の9部門で該当アーティストを選出していきます。

「私の好きな人や曲が入っているかもしれない」と少しでもお考えの方は、「続きを読む」から先の部分を読まれる際、ご注意ください。










・見掛け倒しで賞

・大賞:HIGH and MIGHTY COLOR
・次点:土屋アンナ


大賞は、重量編成&7弦ギター、ツーバス使用にも関わらず、センスの欠片も、メタルならではの興奮も全く感じさせないハイカラに。演奏技術はともかく音作りが酷く、面白みがない。彼らの存在はメタル・ハードロックの地位向上どころか、その逆の結果にしかならないだろう。現時点の彼らの魅力・実力では、一メタル・ハードロックファンとしてまともに取り合う気はさらさらない。


次点の土屋アンナに関しては、「如何にハードロッカーでござい」的いでたちや、雑誌での強気な発言に反し、アルバム終盤においてR&B、洋楽ポップス的楽曲があったのが意味不明。にも関わらず、本格的ハードロッカーとして各所で扱われているのは誠理解に苦しむ。この程度の実力でもてはやすんじゃないよ。



・何やってんで賞

・大賞:倉木麻衣
・次点:Sowelu


大賞は倉木麻衣。彼女に関しては、「いつもファンのことを考えている」「ファンと距離が近い」などといった美辞麗句や賞賛文句がファンから飛び交うが、その実、理解に苦しむ「自分の誕生日をツアー最終日」に指定することによる過密日程により、詞や編曲のレベル、作品の設計思想といった面で過去より明らかに質が低下している様、さらには、シングルでポジ系アップテンポ曲の連発は「確実にファンを裏切っている」としか私には思えない。

特に「Baby」をはじめとして軽薄な英詞の盛り込みは酷い。実直・ひたむきといった彼女のキャラクター性ともあっていないし・・・。

Soweluに関しては、西尾の作る曲の面白みのなさもあるだろうが、彼女ならではの魅力を感じないのが辛い。ルックス・センス・歌唱力どれをとっても悪くはないのだが・・・。何故なんだろう。



・期待はずれで賞

・大賞:上木彩矢
・次点:ナナムジカ


この賞に関しては、大賞は上木しかないだろう。メジャーデビューの発表があったパンライブ時点では、彼女のファンやGIZAファンの多くが、彼女を「超大型新人」「GIZAの救世主」と捉えていたことだろう。

しかし、メジャーデビュー後の彼女は、インディーズ時代で培ったパブリックイメージを尽くぶっ潰していく、当たり障りのない「普通のロック・ポップス」に成り下がる始末。自作できるはずなのに、メジャー1stアルバムには本人作曲曲はなく、音楽性から考えて全く相性のない大野や、曲の作りわけが出来ない水野といった作曲家の作る凡曲・駄曲をあてがうばかり。


長い間一つのアーティストのファンをやっていれば、音楽性の変化によりファンを辞めることもある。しかし、ここまで短期間での露骨な変化とそれに伴う失望を味あわせてくれたアーティストは、20年にわたるリスナー人生において上木以外にいない。


ナナムジカに関しては、民族音楽とクラシックをバックボーンとした「Ta-lila~僕を見つけて~」「くるりくるり」の2曲が非常に良かったので、とても期待していたのだが・・・。
1stアルバムの収録曲は似たり寄ったりの曲調が多く、ボーカルの歌唱も単調且つ終始キレギレで聴いていて魅力を感じない。音楽エリートならではの経歴が災いしたか・・・。



・最低劣楽曲賞

・大賞:「愛言葉」(三枝夕夏INdb)
・次点:「Honey」(三枝夕夏INdb)

この項目に関しては、三枝以外の楽曲以外に選出するものが全く思いつかなかった。これほどまでに酷く醜悪な曲は記憶にない。


・最低劣作曲者賞

・大賞:三枝夕夏
・次点:水野幹子 大賀好修(OOM)


これも文句なしに三枝。彼女が自作したアルバムオリジナル曲の酷さは、もう形容不能。

水野に関しては、ある意味個性が確立しているとは言えるが、提供相手の特性を全く考えない画一的な曲作りと単調なメロディーにより凡曲・駄曲の山を築いた罪は重い。上木のアルバムも彼女の曲がないだけでもずいぶんマシな出来になったことだろう。

大賀先生はやはりOOMで見せた作曲センスが・・・。水野と同様どこをどう聴いても「らしさ」を出せている点は、ある意味評価に値するのだろうが・・・。


・最低劣編曲者賞

・大賞:大賀好修(OOM)
・次点:該当者なし


OOMでペラペラの編曲を見せた大賀先生に。昨年に引き続き2年連続の受賞。



・最低劣作詞者賞

・大賞:三枝夕夏
・次点:倉木麻衣


この賞に関しては、「愛言葉はデシデシ」「お~キュンキュン」をはじめ、年不相応で意味不明でお間抜けな詞を見せ付けた三枝の独壇場。

彼女に比べるとだいぶ差はあるが次点は倉木。5thアルバム以降の彼女の作詞センスに疑問がいっぱい。倉木が「Baby」と歌っているのを聴くと体が拒否反応を起こしてしまう。



・最低劣ボーカリスト賞

・大賞:望月美玖(OOM)
・三枝夕夏

大賞は声域が狭く且つしゃがれ気味でロックやパンクらしいノリ・爽快感とは無縁で抑揚に欠ける歌唱は・・・。ビジュアルは完璧なんですけど・・・。



・ブーイングアーティスト大賞

・三枝夕夏INdb
・次点:該当者なし


大賞は、作詞・作曲・作品構成・歌唱・人間性といったあらゆる点で醜悪なものを見せつけた、三枝率いる三枝夕夏INdbしかないだろう。

次点を「該当者なし」としたのは、三枝の酷さが突出し過ぎていたから・・・。彼女に比べれば、誰でもマシに思えてしまう。自分のリスナー人生においても前代未聞の酷さ・・・。


スポンサーサイト




2006/11/30 22:40|音楽総評トラックバック:0コメント:4

コメント
そう思います。
>バツ丸さん
 倉木さんですが。
 >「いつもファンのことを考えている」・・・「確実にファンを裏切っている」としか私には思えない。
 仰るとおりです。
 彼女もこのような発言をするファンの人もライブに来る人ばかりがファンだと思っているようですね。
 以前の彼女は「より多くの方々に自分の音楽を理解して欲しい。」そんな気持ちで作品作りに取り組んでいたと思います。
 それなのに何故、今はこうなってしまったのでしょう。
ライト #dHR2KU3g|2006/12/05(火) 21:50 [ 編集 ]


こんばんは~。じっくり読ませて頂きました♪
予想通り、私の好きなアーティスト&GIZA勢が多いですね。(笑)
倉木さんはどうなるんでしょうね?
dbもライブは良かったんですけどねぇ~。

2006年ベスト編を楽しみにしてま~す☆
リアノン #-|2006/12/06(水) 00:02 [ 編集 ]

まあ、どうなんでしょうね
>ライトさんへ

お返事遅れてしまい申し訳ありません。

今の倉木さんはライブのことを意識しすぎなように思います。確かにライブにまで来てくれるお客さんはいわゆる上得意さんなんでしょうが・・・。

あれだけの公演をやっても、そこでの動員数はCDを買ってくれる人・レンタルで聴いている人の数に比べたら遥かに少ないでしょうね。

別にライトリスナーを無視してコアな方向になっていくのも一つの方法だと思うのですが、それは音楽の完成度と明確な方向性があってのことなので・・・。個人的には今の倉木さんにそういったものを感じません。彼女は今でも、

「より多くの方々に自分の音楽を理解して欲しい。」

と思っているのでしょうが、彼女のしていることはそれとは全く逆だと思います。
バツ丸 #-|2006/12/10(日) 01:23 [ 編集 ]

すいません
>リアノンさんへ

お返事遅れてしまいすいませんでした。

別にリアノンさんに敵対しているわけではないのですが、ハイカラ・倉木さん・ナナムジカとリアノンさんお気に入りのアーティストがかなり入ってしまってますね。

ベスト編もがんばってやりますよ。その前にいつもの「通知表」がありますけどね。
バツ丸 #-|2006/12/10(日) 01:26 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/420-0e604e74

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。