バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

「GIZAアーティストの通信簿2006」~仁義なき評価その2

今回は2段目です。この列はかなり評価・文面がきつくなる人がちらほらいらっしゃいますのでご注意を!!









・岩田さゆり 15点 (15点)

上半期と同様プロモDVDの発表のみなので点数も変わらず。アーティストとしては評価できるものではなかった。

ただ、連続ドラマでは深夜枠とはいえ「吉祥天女」「地獄少女」で主役を演じ、また終戦特番「沖縄従軍少女看護隊~最後のナイチンゲール~」でも準主役。「マチベン」では第一回目でゲスト出演、映画でも「テニスの王子様」に出演するなど、女優としての活動に関しては高く評価できる。

今年に関しては、宮あおい、長澤まさみ、沢尻エリカ、上野樹里、加藤ローサ、蒼井優といった女優の活動が目立ちすぎていたが、それでも、これら女優に次ぐ「次世代の担い手」としての実力・魅力は十分に見せたように思う。

彼女の強いところは、デビュー時からそのかわいいルックスに反し、「声を出せない人」「知的障害者」「地獄少女」などなど「王道」「正統」の役を演じていないことにある。これは他者との大きな差異でありアドバンテージでもあろう。来年の活動が楽しみだ。

しかし、「吉祥天女」「地獄少女」は私が住む名古屋地区ではやっておらず・・・。ふざけんな!!


・the tambourines 評価不能 (0点)

今年はミニアルバム1枚のみの活動。元々多作ではないので、これでも十分だろう。ただ、既に彼らに対する興味・関心が全くなく、作品を全く聴いていないので評価は出来ない。どうなんでしょうね?



・岸本早未 50点 (0点)

今年に関してはアルバム1枚、シングル2枚とまずまずの活躍。昨年のことを考えると、大いに喜ぶべきだろう。しかし・・・。

最も人が成長する時期にアルバムのリリース間隔が空いたせいか、アルバムにおいて歌唱に関しても楽曲に関しても、曲によってえらく子供っぽいのもあれば、そうでないものもあり、全くまとまりがないのが、楽曲の完成度以前に気になった。まあ、この先につなげることができれば、後々に今作の持つ意味が大きくなってくるとは思うのだが・・・。

如何にして路線変更できるかが、彼女の今後の活動の浮沈を決めるような気がする・・・。


・上木彩矢 30点 (30点)

今年はシングル4枚、アルバム1枚と結果だけ見れば完璧な出来。だが、その内容に関してははっきり言って「雑魚」としか言いようがない出来だ。彼女を見ていると亀田一家が頭に浮かんで仕方がない。両者には相通ずるものがあると思う。

ファッションや言動・行動の「いきがり具合」に反し、楽曲そのものはビーイング的ハードポップの王道を行く可も負もない、というか印象に残らない軟弱なものばかり。「ウケ狙い」よりも、とりあえず「嫌われないようにしよう」と無難な路線・最大公約数的路線に行ってしまったのが、そもそもの間違い。基本方針が間違っているのでその上に如何に実績を積み重ねていこうとも、より良いものになろうはずがない。まさに「キングオブチキン」。

アルバム発表後のニューシングルにも期待したのだが・・・。大野作曲と言う時点で結果は見え見えで、案の定サビメロの露骨な浮き具合が最悪な1曲。

こんなていたらくぶりでは、木村カエラや土屋アンナといった「兼業ロッカー」にすら太刀打ちできないだろう。



・北原愛子 60点 (45点)

今年はシングル4枚、アルバム1枚、DVD1枚と見事な活動振り。シングルもアルバムもお世辞でも「すばらしい出来」だとは言えない。だが、彼女のビジュアルや人間性を損なうぐらいに曲が悪いわけではなく、ファンなら確実に彼女への愛を再確認できる内容ではあるので、及第点は与えることは出来る。発展性は皆無だが期待は決して裏切らない安定感がある。

この先もその圧倒的な美貌と素晴らしいキャラクターを生かした活動をしてさえくれれば、ファンの誰もが満足であろう。



・三枝夕夏 0点 (0点)

活動しているGIZAアーティストで1年をとおして「0点」で終わったのは三枝が初めて。
ここ数年、全くもって評価に値しないダメダメ活動・ダメダメ作品の連発であったが、それも三枝主導による楽曲制作がより目立つ今年でついに行き着くところまで行った様に思う。

今年の女性アーティスト全般の活動やその作品に対し、かつてないほどに満足しているのだが、唯一最低最悪だったのが、この三枝の存在。

楽曲の酷さもさることながら、すべてにおいてこの人物が「勘違い」しまくっているのが、この評価になった根本的理由であろう。あほ過ぎる詞、バンド編成なのにそれを全く生かしていない楽曲、年齢を省みない醜悪で意味不明な楽曲のノリ・・・。音楽的な努力よりも、まず良識・常識を取り戻すことが、この人のすべきことであると思う。

スポンサーサイト




2006/12/23 01:56|音楽総評トラックバック:0コメント:4

コメント

始めまして、血脇柚利と申します。
いつも拝見させて頂いてますっ!

地獄少女が見れないということで、
良かったら・・・・こちらへ行ってみてください。http://www.youtube.com/
上のすみのほうにサーチがありますので、「Jigoku Shoujo Drama」と打ち込んで頂いたら、ズラッと出ますので、良かったらどうぞ★
私も名古屋近辺の人間ですが、こちらの海外サイトには、かなり感謝しています(笑)

ちなみに、ガネクロ大好きですv
ライブ来て欲しいですね!

でわ、乱文ですが失礼致します。



血脇柚利 #-|2006/12/23(土) 11:58 [ 編集 ]

あー、、、
タンバリンズですか、、、一言で言えば「強引と中途半端」のオンパレードといった感じで。
「何やってんのよっっ!?」的な作品にも比較的寛容なワタクシですら買った翌日にはブックオフに直行でした(ぷんぷん)。ホントに3rdアルバムまでのタンバリンズはドコ行っちゃったんだろう?
栗ご飯 #-|2006/12/23(土) 12:04 [ 編集 ]

はじめまして
>血脇柚利さまへ

はじめまして。書き込みありがとうございます。
返事が遅れてしまい申し訳ありません。

地獄少女の情報ありがとうございます。休みのときを利用してみることといたします。

ガーネットクロウのライブは・・・。もっといろんなところでやっていただきたいものですよね。

バツ丸 #-|2006/12/26(火) 16:03 [ 編集 ]

そうですか・・・
>栗ごはんさんへ

そうですか、そのようなできでしたか・・・。某所へ直行とはね・・・。

私もタンバリンズは3rdまでだったと思います。
バツ丸 #-|2006/12/26(火) 16:04 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/431-45e3f8f0

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。