バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~やはりオリビアは凄いね~

●OLIVIA 「The Cloudy Dreamer(DVD付)」 評価:AA

ジャンル:ゴシックロック・ポップ エレクトリカ ミクスチャー ハードロック


amalogo111.jpg
(207/01/17)


1.If You Only Knew
2.Stars Shining Out

3.Dream Catcher
4.Who’S Gonna Stop It
5.Cloudy World

6.Cut Me Free
7.Wish (English Ver.)
8.A Little Pain


<問題点・注意点>

1・NANA絡みの最終2曲は蛇足のような気も・・・
2・無理に日本語を入れる必要はなかった
3・どうせなら7曲目は通常Verを収録して欲しかった
4・2ndアルバム収録曲にあったダークさやキレキレさを感じさせるラウド・ミクスチャー曲がなかった
5・やはりオリビアとジェフリーで制作された曲の方が出来が良い







元々はダンスアイドルグループ出身であるが、そういったものを全く連想させない前衛的で攻撃的且つ深遠さや美しさを内包したディープなアンビエントポップ・ロック、ゴシックロック・メタル、ミクスチャーとも言うべき強靭な音楽をまざまざと見せ付けてきたOLIVIA。かつての浜崎や今の倖田・大塚といったアーティストのような成功をおさめてはいないが、知る人ぞ知る存在であり、その実力は紛れもなく「エイベックス最強」。個人的にも最高レベルの評価をし、思いを寄せた「スペシャル」な存在であった。

しかし、その音楽的資質を如何なく発揮した2ndアルバム「The Lost Lolli」を発表後、ぱったりと音沙汰がなくなる。拝金主義にまみれたエイベックスとの対立か? 音沙汰がなくなって早2年。考えたくはない最悪の予想が頭をよぎる。しかし、2年の沈黙を破り、「NANA」アニメ盤の歌唱キャストとして劇的な復活を遂げた。

だが、復活を遂げたものの、「NANA」の主題歌と極めてメジャーなタイアップということもあってか、立て続けに出されてシングル表題曲は、良曲ではあったが、完全に満足のいく出来ではなかった。このまま彼女はエイベックスの商業主義に取り込まれてしまうのか? 約3年ぶりに発表されることになるオリジナルアルバムに対し、期待よりも不安の方が遥かに大きかった・・・。

不安に駆られながら今作を聴く・・・。「ああ、ようやくOLIVIAが帰ってきた」のだと、とても感慨深い気持ちになった。


私のような「かつてから」のOLIVIAファンにとって、今作に対する一番の注目どころは上記あるように、

「エイベックス的な商業主義に毒されていないか」

であろう。その結果がどうであるかに関しては、各々の聴き手によって変わるだろうが、個人的には・・・。「OLIVIAはOLIVIAである」との認識を改めてする結果になった。やはり彼女は「化物」であり、「エイベックスの反逆児」であった・・・。


結論から言うと「NANA」タイアップである7曲目や明るめのゴシックロックである2・5曲目をはじめ、以前の作品よりはいわゆる「メジャーへの恭順」を感じさせる楽曲がある。キレキレで狂気さをはらんだ「Fake Flower」や「SpidER2pins」といった曲は今作にはない。「NANA」をきっかけにOLIVIAを知ったであろうリスナーへの配慮=彼女と彼女の実弟でありよきサポーターであるジェフリー以外の人物が楽曲制作に関与したことによる音楽性の明らかな変化であろう。

しかし、そうであっても凡百のアーティストのように社や他者からの影響にずるずると流されることなく頑強に踏みとどまったのは、流石OLIVIAと言ったところ。「NANA」タイアップ曲をまるで「不要」「ボーナストラック」であるかの如く最終2曲に追いやり、かつての彼女の名曲である「Alone in our Castal」や「Space Halo」を髣髴させる美しく深遠なアンビエントバラード曲を1曲目に配し、さらにはアルバムオリジナル曲である2曲目を「リードトラック」と公言するなど、ここ1年「NANA」タイアップで得た商的なアドバンテージを意図的に捨て去るかのような構成になっているのは、如何にも彼女らしい。1曲目のアンビエントなピアノの音色とサビでの魔性の高音歌唱&コーラス、6曲目のアンビエントな打ち込みを聴けば、彼女の確固たる音楽世界が顕在であることを即座に理解できるだろう。アンビエントなサウンド構成と彼女の魔性の魅力を有す神々しい歌唱とコーワスワークが織り成す、まるで別世界へと誘われていくかのような美しさや深さは、紛れもなく「本気」の彼女からしか味わえない醍醐味だ。

また、かつての音楽性の堅持しつつも、「NANA」タイアップの影響があったのだろうか・・・。2・5曲目など歌メロ・サウンド・歌唱すべてにおいてキャッチーさが加わっているのが、今までになかった点だと言える。このキャッチーさや聴きやすさに関してはファンからの批判も出てくると思うが、個人的には2ndアルバムにあった芸術的・前衛的な要素に1stアルバムにもあったメジャー的な聴き易さがいい具合に備わり、多様性も増すなどより洗練された音楽になったと、点数が示すように好意的に捉えている。


さらに、「NANA」タイアップで注目されたこともあってか、かつての作品に比べるとギターの音色をはじめ音質がかなり良くなっているのも点数を高くした大きな理由である。やはりいい音楽だからこそいい音質で聴きたい。ようやくこの当たり前と言える要求がまともなレベルで果たされた・・・。

唯一とも言える音質面の不満が取り払われた今、当然鬼才である彼女に隙や問題があろうはずもなく・・・。と言いたい所だが、皮肉にも彼女の知名度を一躍高めた「NANA」タイアップ曲の存在が今作の足を引っ張るという何とも皮肉な結果に・・・。最終2曲に追いやったのは実に賢明な判断であったが、彼女本来の魅力が満載した「ラスト」を飾るにふさわしい魅力・完成度を完璧に備えた6曲目を筆頭に、それまでの曲が皆素晴らしく曲順も良かったからこそ、水準以上の魅力・完成度があるとは言えこの2曲の(特に英語バージョンに変えられた7曲目)の楽曲レベルの低さと、それによる不要さがより浮き立つ結果になってしまった。この2曲の代わりに彼女とジェフリーのみが手がけたオリジナル曲(いっそのこと「NANA」シングルのカップリング最終曲)を収録するか、いっそのことこの2曲を除いた6曲構成にした方が良かっただろう。この問題がなかったら名盤入りも十分に考えられただけに惜しい。だが、これは、「NANA」関連の楽曲を収録しなければならなかった時点でどうしようもなかったことだ。なまじのアーティストならいざ知らず、彼女程の天才アーティストだからこそ、ほんの少しの妥協や商的配慮すら作品評価を考える上で大きな傷となってしまうのは、ファンとしては実に嘆かわしいことだ。

無理やりタイアップをつける必要などないので、エイベックスは余計なことを一切せず、彼女の圧倒的な才能をより生かすことの出来る環境の整備と彼女が生活に困ることがないよう販促により務めていただきたいところ。彼女の魅力を損ない作品の質を貶めることだけは絶対にやめていただきたい。


もう十分に知名度を獲得した。「NANA」でファンになった人にも今作をして彼女の凄さを十分に知らしめることが出来ると思う。今後は一切の妥協なく、自らが思うがままの孤高の音楽をより極めていただけたらと思う。個人的には2ndにあったジャンル区分不能のミクスチャーロック的曲やキレまくった曲が聴きたい。次はフルアルバムで!!










・アーティスト評価
歌唱力9 (↑)
作曲10 (↑)
編曲9 (↑)
独創性10 (↑)
安定性9 (↑)
10 (→)
総合10 (↑)
熱中度10 (↑)

スポンサーサイト




2007/01/17 02:24|アルバムレビュートラックバック:1コメント:10

コメント
復活が本当に嬉しいです
このアルバム、エイベックスらしからぬトンガり具合ですよね。
肝心の音質もCCCDではなくなったこともあってはるかに向上しましたし。

おっしゃられましたように、2曲目の出来がハンパではなく良いと思いました。

ただ、彼女の実力はまだまだこんなものではないはず、とも思うのも事実ですね。
前作のような容赦ないほどのハードでダークな曲を実装してくれれば…。


でも、なんだかんだでこのミニアルバム、大好きです。
のねずみ #-|2007/01/20(土) 11:16 [ 編集 ]

ミニアルバム聴きました
お久し振りです。ミニアルバム聴きました。

聴いた感想は「Synchronicity」と「The Lost Lolli」の中間、もしくは「Synchronicity」と「The Lost Lolli」を足して2で割って、少しポップにした感じかなと思いました。

曲のクオリティは相変わらず良いです。特にバツ丸さんと同じく、オリビアとジェフリーが共作したのは。
あと、相変わらず音楽性も広いとは思います。

ただ「The Lost Lolli」等にあった、ダークで退廃的な雰囲気は少し薄れた感じです。良くも悪くも大衆向けな感じはしました。

しかし、バツ丸さんと同じく、やはりオリビアは凄いですね。
自分もこのミニアルバム好きです。ちなみにM-2・M-4・M-6・M-8が特に好きです。
りく #-|2007/01/20(土) 15:05 [ 編集 ]

カッコイイ~
Nanaとか全くわからないのですが、去年のシングルのカップリング曲で一気にオリビアさんにハマッしまって、過去の2枚のフルアルバムと、シングルを集めて聴きまくってました。

 今回のアルバムでは1、4、6曲目が好きです。7、8曲目とかはいらないと思います(言い過ぎかな)。

 オリビアさんには日本詞は不要…、なんとなくわかります。はい。

 個人的に今は、OLIVIAさんFayrayさんが自分の中で「実力もあって、カッコよすぎるアーティスト」と感じてます。
 宇多田ヒカルさん等も含めて、作曲どころか編曲にまで携わる、携われるアーティストの作品(アルバム)は、飛びぬけて優れている感があります。

美肌旋盤工員 #-|2007/01/22(月) 20:36 [ 編集 ]

いいですね~
>のねずみさんへ

エイベックスにはあるまじきとんがり具合ですね。まあ、ここにはあと笹川美和さんや志方あきこさん、安藤裕子さん辺りは結構とがってますよ!!

2曲目の出来は非常に素晴らしいと思います。私も聴き倒していますね。

ただ、それでもNANA絡みや商的な制約もあり、完全に彼女の実力が発揮されたわけではないでしょうね。おっしゃるようにこんなものではないと思います。次作に期待ですね。いつ出してくれるかわかりませんけど。


>りくさんへ

お久しぶりです。アルバムお聴きになられたようで。1st・2ndを足して割ったという印象は私も持ちましたね。楽曲の完成度はとても高いですね。

その中でも姉弟が制作した1・5・6は流石だと思います。私は1~6曲目まですべて好きですが、特に1・2・6曲目が好きですね。

7・8は私も不要だと思います。NANAのコンピ作にでも放り込んでくれたらよかったと思いますね。


>美肌旋盤工員さんへ

NANAはアニメ作品です。今作に登場する歌姫の歌唱キャストをオリビアさんが担当しているわけで。

日本語に関しても、商的な戦略でそうなったのでしょうが・・・。いらないでしょう。

OLIVIAさんFayrayさんは、自分にとってもトップクラスですね。他にもいいアーティストはいますが、両名は別格の存在ですね。最高レベルのアーティストはやはり真の意味でのオールラウンダーであると思います。
バツ丸 #-|2007/01/23(火) 01:20 [ 編集 ]


こんばんは。
OLIVIAさん、気になったので先日近作を視聴してみたのですがハマりました。1,6曲目が特に好きですね。レビューや他の方の感想を見ていると「The Lost Lolli」が気になるのでこちらも今度聞いてみたいと思います。

後SeanNorthを購入したのですが、こちらも良いですね~。1,5,6,11曲目が特に好きなのですが、その中でも『線香花火』と『千年樹』が格別で好きです。どうもこういう系統に弱いようで…。
またまた良い楽曲に出会うことができました、ありがとうございます。
宮 #i35YMEVU|2007/01/23(火) 21:21 [ 編集 ]

それはよかった。
>宮さんへ

オリビアさん気に入っていただきましたか。やはり1・6曲目がいいですよね。個人的に2曲目も大好きなのですけど。

2ndアルバム「The Lost Lolli」も音質を除けば非常に素晴らしい作品だと思います。是非聴いてください。

シャーンノースも気に入っていただきましたか。和系統の曲はいいですよね。もちろん、トラッド曲もいいのですけど。

後はHPPかな、お勧めは。
バツ丸 #-|2007/01/27(土) 01:08 [ 編集 ]

ガーネットと同じでライヴが・・・。
いや~お久し振りです。聴きました。

次回作に危惧を抱かずにはいられませんね~(・∀・)エイベに干渉を受けたんでしょうか、
キャッチーで分かりやすい作風が随分と
増えた気がします。個人的には彼女の魅力が削られた感じがして残念ですね。

そうそう・・残念といえば、ライヴの歌唱も・・・。ガーネットと同じで音源と生の違いがあらゆる点で目立ってたかなと。バックに声量が完全に負けてますね。ファルセットは綺麗で音域の広さは保っているんですがね・・・・。

彼女はボイトレはトレーナーの癖が出るので嫌と言っているらしいですが、
困ったもんです(・∀・)/~~~
ゆきお。 #-|2007/04/07(土) 17:38 [ 編集 ]

だめでしたか・・・
>ゆきおさんへ

お久しぶりです。

ゆきおさん的にはあかんでしたか。

私はメジャー感とマイナー感がいい具合に合わさった力作だと思うのですが。

NANA曲をはじめキャッチーな曲が増えたのは、まあ仕方ない面もあるのでしょうけど。

今後に軌道修正していただけたらと思います。

NANA関連曲以外は結構好きですよ、私。


ライブに関しては・・・。向いていない人はいるもんです。声量が足りないですね。ボイトレ受けて欲しいような気も・・・。
バツ丸 #-|2007/04/08(日) 23:12 [ 編集 ]

初めまして
CDレビューや歌姫についての考察など、いつも感嘆させられながら、拝見しております。
この度、OLIVIAさんの「The Cloudy Dreamer」を購入いたしまして、そのすばらしさに感動し、このような名盤を紹介されたバツ丸様に、尊敬と感謝の意を述べたく、書き込みをさせていただきました。

どうも私は高音歌唱に魅せられる性質のようで、「If You Only Knew 」、「Cut Me Free 」この2曲をとても気に入った次第です。バツ丸様をして「魔性の~」と言わしめた彼女の歌唱のとりこになりました。

「The Cloudy Dreamer」を聴いた後、「The Lost Lolli」をレンタルではありますが、聴いてみました。
私のツボにはまったのは、「Alone in our Castle」、「Space Halo」ですね。「Alone~」はその歌唱に、
「Space~」はアレンジの雄大さに惹かれました。ただ、個人的にハードなロックは苦手なものでして、その他の曲にはこれといって興味を抱けなかったのですがね…。

そもそもこの「The Cloudy Dreamer」を購入しましたのは、「NANA」がきっかけ(「A Little Pain」に惹かれて)だったのですが、なるほど、アルバムオリジナル曲を聴いてしまうと、「NANA」曲がすっかりかすんでしまいました。
あと、「無理に日本語を入れる必要はなかった 」というご意見ですが、確かにそうだと思います。OLIVIAさんに限らず、伊藤由奈さんやmelody.さんもそうですが、日本語が流暢でないために、曲の流れがちぐはぐになってしまうように思います。これまではさほど気にとめてはこなかったのですが、今作においては至高の名曲を損なっているような気がしまして残念でなりません。歌詞の意味がわからなくても、すばらしいものはすばらしいのですね。

長々と書き込みをいたしましたが、今後もバツ丸様が名盤に巡り会えますことをお祈りしつつ、文を結ばせていただきます。では。
Keisei #-|2007/05/10(木) 16:53 [ 編集 ]

はじめまして
>keisei様へ

はじめまして。書き込みありがとうございます。お返事遅れてしまい申し訳ありません。

「The Cloudy Dreamer」を気に入っていただけたようでなによりです。

彼女の高音歌唱はほんと、魔性の魅力があると思いますね。keiseiさんが挙げられた2曲、私も大好きです。

「Spece Halo」はやはりきましたか。OLIVIA史上最高の1曲だと思います。

NANAをきっかけに彼女を知った人が非常に多いと思いますが、従来から知っている人にとっては、NANAでの使用曲はおまけでしかないです。彼女がこれで売れた、というぐらいの認識しかないでしょうね。

日本語歌唱に関してはほんと、ご指摘のとおりで。彼女はがぜん英語で歌うことになれています。

これからも自分がいいと思う作品をどしどし紹介していけたらと思います。

ありがたいコメント、感謝感激ですね。
バツ丸 #-|2007/05/13(日) 01:12 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
◆「The Cloudy Dreamer」 OLIVIA
 今日はOLIVIAさんのNew Album 「The Cloudy Dreamer」 を紹介します。 REIRA(TRAPNEST)としてのシングル曲 「a little pain」 「Wish(English ver.)」 以外は、全てOLIVIAさんが手掛ける新曲となってます。 「NANA」とタイアップで知名度も上がり、今作はポップな雰囲気.
日本の歌姫たち 2007/02/10(土) 23:12

トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/450-d6064808

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。