バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

若手女優格付けチェック!!~その1~四天王+α編

先日予告したように管理人の勝手気ままに今をときめく代表的若手女優を各項目を管理人の独断と偏見で評価したいと思います。評価は★による五段階評価ですが、場合によっては★半分を意味する☆を使用することもありますのでご了承下さい。尚、評価項目は予告での内容と少し変更して


●顔:顔の魅力・美しさ
●スタイル:体型の良さ 細い・ポッチャリ関係なく、各々の体型においてどれだけ魅力的な体型をしているか
●演技力:言葉どおりの演技力
●スクリーンを通しての魅力・格:上記項目に演技の上手さなどを含め、いかにスクリーンを通して、特に映画がつまらない場合であっても如何に自らを魅力的に見せられるかどうかの能力。よって美人・スタイル抜群だからといって必ずしも高評価になるわけではないし、その逆でも高評価になる場合もある
●柔軟性:演じてきた役柄の幅広さ 演じている役と本人との違和感を感じさせない能力
●出演作品の質:今まで出演してきた作品の完成度や面白さ
●総合:以上の点を考慮した上での総合評価
●管理人のLOVE度:評価女優に対する管理人の愛情の強さ・深さ

にいたしました。ご了承下さい。

以前にも書きましたが、評価予定の女優は原則16歳以上22歳以下で且つ極力主役ないしはそれに順ずる役を何回も演じたことのある者とします。具体名を挙げると、


沢尻エリカ、上野樹里、長澤まさみ、宮あおい、加藤ローサ、蒼井優、相武紗季、堀北真希、綾瀬はるか、岩田さゆり、福田沙紀、新垣結衣、榮倉奈々、藤井美菜、石原さとみ、上戸彩、北川景子、多部未華子、戸田恵梨香、吉高由里子、香椎由宇、本仮屋ユイカ

になりますか・・・。他にもご要望があればお聞かせ下さい。


今回は昨年の活躍により「若手女優四天王」と呼ばれるまでになった沢尻エリカ・上野樹里・長澤まさみ・宮あおいを予定
(できればこれらに次ぐ存在である蒼井優・相武紗季・加藤ローサもやりたいのですが・・・)。








☆沢尻エリカ


●顔:★★★★☆
●スタイル:★★★★
●演技力:★★★★
●スクリーンを通しての魅力・格:★★★★
●柔軟性:★★★
●出演作品の質:★★★★★
●総合:★★★★☆
●管理人のLOVE度:★★★


昨年は映画以外でも様々なことで大変世間をにぎわせた「女王様」こと沢尻エリカ。まさしく2006年を代表する人物。今回の評価において管理人の個人的愛情以外の項目に関し、最も穴がなくバランスの取れた結果となった。四天王と言われるのも決して過大ではないと思う。

彼女が今回評価するすべての若手女優の中で突出しているのは、出演作品の出来や面白さの安定感。演技や外見云々をさておき、彼女は作品やそこでの「役」にとても恵まれている。

但し、彼女が優れた演技力と外見を持っているのは疑いようがないのだが、この作品に恵まれていることが一方で一女優としての彼女の実力・魅力、つまりはマンパワーを感じにくい&成長を妨げている要因になっているようにも思う。彼女の大出世作である「1リットルの涙」以降、彼女の出演する作品の殆どを見てきたが、この作品以降の彼女は女優として伸び悩んでいるというのが、私の見解だ。もっとはっきり言うと、今の彼女は持って生まれたルックスと演技センスで「いい役」を当たり障りなく演じているとの感が否めない、ということだ。

ただでさえ、その我侭振りがいたるところで反感を買っている。ライバル女優が数多出てきている今、精進しないとすぐに失墜することだろう。今年は彼女の正念場であると私は思う。




☆上野樹里


●顔:★★
●スタイル:★★★☆
●演技力:★★★★
●スクリーンを通しての魅力・格:★★★
●柔軟性:★★★☆
●出演作品の質:★★★★
●総合:★★★☆
●管理人のLOVE度:★★


「のだめ」役で「スウィングガール」の時以上のブレイクを果たした上野。今作をして一気に若手女優トップ格と相成ったわけであるが・・・。上記評価結果からお分かりかと思うが、実は個人的には世間評価ほどの評価をしていない・・・。いや、いい女優だとは思うのだが・・・(スウィングガールズは良かったし)。

一つには天然と言うか彼女の飄々とした雰囲気に真剣味や凄みを感じにくいからかもしれない。それと、今回の評価者の中でも沢尻に次いで作品に恵まれている(と思っている)こともあり、その沢尻と同様、本人の女優としての凄さよりも作品の良さの方に目が行ってしまうこともそうであろう。

(彼女らより後述する長澤・宮を私がひいきにしているのは、映画が良くなくても、女優としてのポテンシャルを自らのビジュアルと演技で出せていることにある。沢尻や上野にはそれがないと、現時点では思う。)



☆長澤まさみ


●顔:★★★★☆
●スタイル:★★★★★
●演技力:★★★
●スクリーンを通しての魅力・格:★★★★★
●柔軟性:★★★
●出演作品の質:★★☆
●総合:★★★★
●管理人のLOVE度:★★★★☆


昨年は映画出演こそ2本と少なかったが、一気にCM出演が増え、沢尻のライバルとしても話題をさらった長澤まさみ。間違いなく彼女も2006年の顔であった。

彼女の場合演技こそ粗いが、その類稀なスタイル・ルックスとかわいい声、多彩な表情だけで既に他の殆どを凌げるぐらいの魅力を出し、映画がつまらなくても観客に金を払わせるに足る満足を与えられるのが、彼女の圧倒的な強みであり、彼女を特別な存在にたらしめている決定的な理由でもある。特にスクリーン映えする容姿という点に関しては、現時点で彼女を凌げる若手女優は存在しない。現時点で唯一且つ絶対の「王道・正統のアイドル女優、スタア女優」である。よく「アイドル女優」であることが批判としてあげられるが、現時点でこの地位を占められ且つそれに足るマンパワーを持っているのは彼女をおいて他に誰も居ないので、それは的外れな批判だろうと思う。私はこの点だけでも彼女を最大限に評価する。

また、昨年における初の主演ドラマや時代劇への出演は、彼女の評価を決定的に高めるものではなかったが、女優としての彼女の成長を確実に促したように思う。課題だった滑舌もだいぶマシになってきたし、コメディエンヌとしての魅力も出せたし・・・。今はともかく後々の評価に必ずや生きてくることだろう。後は、「脱清純」をいかに上手く果たすかであるが・・・。

現時点において彼女の最大の敵は他者ではなく、自身の太りやすい体質(顔だが・・・)とスキャンダルであろう。特に後者は彼女のような女優にとって致命的だと言える。あの絶頂に上り詰めた広末涼子も矢田亜希子も竹内結子もこれで一気に墜落した。長澤とて例外ではない。

また、「涙そうそう」を除き彼女の出演作は軒並み「面白くない」ので、そこのところも何とかしていただきたいところ。沢尻と同様、彼女にとっても今年は正念場のように思う。ここで踏ん張ることが出きれば、彼女も「本物」であろう。



☆宮あおい


●顔:★★★★★
●スタイル:★★★★
●演技力:★★★★★
●スクリーンを通しての魅力・格:★★★★★
●柔軟性:★★★★★
●出演作品の質:★★★
●総合:★★★★★
●管理人のLOVE度:★★★★★(というか∞)


今回の評価において最高のそれをつけた宮あおい。外見の魅力と役に全く違和感なく同化できる柔軟性溢れる演技力及び、その両方をしてのスクリーン・役を通しての圧倒的な魅力・美しさはもはや「超人女優」「化物女優」と言うにふさわしい。同世代の女優と比べても、スタイル以外のすべての点はずば抜けている。素晴らしい若手女優は数多くいるが、彼女と比べれば「スーパーサイヤ人になった孫悟空に対するクリリンや天津飯のようなものだろう。「ただ、君を愛してる」での彼女の外見と演技はこのことを何よりも物語っていた。小嶺麗奈・大西麻恵・黒木メイサ・・・。彼女と共演した同世代女優に待っているのは「不幸」でしかない・・・。


既に彼女は若手女優のカテゴリーを越えた・・・。対抗できる存在は同世代にはおらず、吉永小百合、小西真奈美、鈴木京香、高島礼子、田中美佐子などなど、別世代や別カテゴリーにまで目を広げないと見つけることが出来ない・・・。


彼女の唯一の弱点は、その実力・魅力に反しイマイチ映画や役に恵まれていないことであろう。ただ、2005年の「NANA」、2006年の「純情きらり」の出演を契機に、この問題も少しずつ解決されているようだが・・・。まあ、どんな映画に出ようと、どのような役を演じようと、彼女は既に最高のパフォーマンスを見せ付けてくれるところが、彼女の無敵ぶりを示しても居るのだが・・・。



☆蒼井優


●顔:★★★☆
●スタイル:★★★
●演技力:★★★★☆
●スクリーンを通しての魅力・格:★★★★★
●柔軟性:★★★★★
●出演作品の質:★★★☆
●総合:★★★★☆
●管理人のLOVE度:★★★★☆


昨年、「フラガール」と「Dr.コトー診療所2006」ならぬ「ナース蒼井優」でブレイクした蒼井優。1999年から演劇活動し、2001年に映画初主演を経験して以降数多くの映画に出演しているにも関わらず、「フラガール」で新人賞を受賞したのは個人的に違和感ありあり。

ま、それはともかく、幅広い役を違和感なく演じられる高い演技力と、それと、美人ではないが古風でたおやかな魅力を有したビジュアルをしてのスクリーン通しての魅力構築に関し、宮あおいと共に今の若手女優の中では突出している。「フラガール」でのダンスシーンはこれからも邦画史上の名場面として語られ続けることだろう。「フラガール」や「男たちの大和」のように、古い時代の(あかぬけない)が魅力溢れる女性を演じさせたら、現時点で右に出るものはいない。

彼女はどちらかと言うと脇役が多く、出演作品にもそれほど恵まれていなかったが、昨年での活躍と高評価によりそれも変わることだろう。より彼女の女優としての実力を惜しみなく出し切れる主演作品に恵まれれば、次の段階に彼女も進めると思う。今年は間違いなく蒼井優の一年になるだろう。既に、彼女の存在により四天王体制ではなく5強体制に移行、ないしは、今年の仕事が全く入っていない沢尻に蒼井がとって代わる新四天王体制に移行しつつあるように思う。



☆加藤ローサ


●顔:★★★★
●スタイル:★★★
●演技力:★★★
●スクリーンを通しての魅力・格:★★★☆
●柔軟性:★★☆
●出演作品の質:★★★★
●総合:★★★☆
●管理人のLOVE度:★★★☆


出演作品の数に関しては2006年最多と、実は最も活躍した女優である加藤ローサ。四天王ほどには映画マスコミやエンタメ雑誌で取り上げられていないが、CMやドラマでの活躍も含めると決してそれらに劣っていない活動振りを見せた。今回「+α」としてここで書いたのには、このことがあるからである。

彼女に関しては、かわい過ぎるビジュアルと天然なキャラクターをふんだんに生かした弾けるような魅力をこれでもかと押し出しているのが良い。一方で「ダンドリ」の双葉のような脱力系のキャラを演じられるのも彼女の魅力であろう。この魅力を今後も維持して欲しいのだが・・・。



☆相武紗季


●顔:★★★☆
●スタイル:★★★★
●演技力:★★☆
●スクリーンを通しての魅力・格:★★★
●柔軟性:★★
●出演作品の質:★★★
●総合:★★★
●管理人のLOVE度:★★★☆


2006年は映画出演こそなかったが、3本のドラマ出演と6本のCM出演などめざましい活動を見せた相武。派手さはないものの、その堅実な活動振りは高い評価に値しよう。

彼女の場合演技はともかく、健康的なルックスとスポーツ万能さもあり、元気ハツラツでコミカルさや真面目さに溢れるキャラクターを演じさせたら圧倒的に魅力を出せるのが、彼女の強みであろう。若手女優は数多く居るが、今この手の魅力を出せる者はあまりいないので(加藤ローサ・上戸彩ぐらいかな)、その1点だけをしても彼女の存在は貴重だ。

最近は大人っぽさも増し、ビジュアルもずっと魅力的になっているので、ファンとしては何ともうれしいところ。ただ、今年から放送された「華麗なる一族」において名家の令嬢役を演じるのは、まだ早かったと思うが・・・。

脇役としての出番が多く、主役として演じた作品が少なく、さらにあまり作品の質も良くないので、彼女の女優としての真価が問われるのは今年以降の活動であろう。
スポンサーサイト




2007/01/22 02:52|女優・若手女優評論トラックバック:0コメント:7

コメント
はじめまして
宇多田ヒカルのULTRA BLUEから拝読させていただいてます。とても参考になるのでTSUTAYAが半額のときにFAYRAYや新居昭乃まとめて借りてしまいました。倉木麻衣は初期~ベストアルバム発売ぐらいまで聞いてましたが、特に初期のカップリング曲と、冷たい海が好きでした。
さて、若手女優特集楽しみです。 追加で栗山 千明(22)井上真央ちゃん (20)関 めぐみ(21)も希望します。つくし役がはまってるので。
さや #-|2007/01/23(火) 20:04 [ 編集 ]

私も・・・。
>バツ丸さん
 私も宮崎あおいさんは「好きでした。」(なぜか過去形)
 彼女は私から見ると背が高いです。せめて150cm台であって欲しかった。顔が小さいから勝手に小柄な方だと想像していただけにショックです。(汗)
 あとスキャンダル発覚が私にとってはトドメになりましたね。せめて発覚さえしなければ・・・。美人だし、年も年なのでお付き合いされている方がいたっておかしくないのは重々承知しております。誰にも知られる事なく交際して欲しかったです。
 また、別記事の件で北出さんの「ゴスかわ」アルバムですがホントにあれが本人の企画によるのもでしたら自己満足もいい所です。
 あと、1stアルバム「18」を先日拝聴しましたがすごく良い作品じゃないですか。確かに荒削りで洗練さに欠ける点は否めませんが勢い、独創性や将来性を感じます。それだけにあの「ゴスかわ」は残念です。
 あと、中ノ森さんの2ndアルバムも拝聴しましたがバンドでの活動の主旨やメリットが見えてこないと感じるのは私だけでしょうか?
 何だか批判的な意見ばかりですみません。
ライト #dHR2KU3g|2007/01/24(水) 16:41 [ 編集 ]

リクエストは
>さや様へ

はじめまして。ご来訪ありがとうございます。宇多田さんの「ULTLA BLUE」レビューからご覧いただいてますか。
しかし、巨匠やフェイレイ姐さんを借りられるとは・・・。

私も倉木さんはベストまでですね。

若手女優特集へのリクエストありがとうございます。いろいろ考えたのですが・・・。

井上さんはまだ出演作品が少ないので少し評価が厳しくなりますけど、やります。栗山さんはちょっと悩んでいますね。役が独特すぎるのと、彼女の出演作をそれほど見ていないこともあり、正直評価がしにくいですね。

関めぐみさんに関しては・・・。「がんばっていきまっしょい」に出演していたのは存じているのですが、あんまりいい印象がなく・・・。
現時点では出演作が少なく、個人的にも論ずるだけの知識・興味がありませんので、大変申し訳ないのですが、彼女に関しては今回は出来ません。いずれ、やれたらとは思うのですが・・・。すいません。
バツ丸 #-|2007/01/27(土) 00:59 [ 編集 ]

ははは・・・
>ライトさんへ

私は現在進行形且つ未来進行形です。

まあ、背は高いほうになるのでしょうけど、わたしはあんまりきにならないですね。170センチあったら女優として厳しくなりますが・・・。

熱愛発覚は・・・。もうええっすよ。あの演技さえ見ることが出来れば。

北出さんは企画モノもオリジナルも共にあかんですね。本間氏が制作に入っておらず、駄曲連発の西田氏主導なので結果が見え見えで・・・。

中ノ森バンドに関しては・・・。1stは高評価ですが、セカンドはそうではないですね。急いで作りすぎた感がありますね。
実質中ノ森文子のワンマンバンドみたいですしね。
バツ丸 #-|2007/01/27(土) 01:14 [ 編集 ]

こんばんはです
自分の大好きな加藤ローサさん、なかなか良い評価で嬉しいです♪
確かにローサさんにはこの魅力を維持しててもらいたいですね。
彼女は本当に愛おしいです。

他の6人の方も頑張って欲しいですね(笑)
変な書き込みですいません。
りく #-|2007/01/30(火) 20:26 [ 編集 ]

ファンですか
>りくさんへ

加藤ローサさんは好きですね。あのかわいさと脱力系の雰囲気が大好きです。

他の6人とは?

バツ丸 #-|2007/01/31(水) 20:52 [ 編集 ]

説明不足でした…
>バツ丸さん
「他の6人」とは、この記事に出ているローサさん以外の、6人の女優さんの事です。説明不足ですいません(汗)
りく #-|2007/01/31(水) 21:45 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/453-39ef68af

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。