バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~天野月子の凄さが分かる良質ベストアルバム

●天野月子 「デラックスカタログ」(期間限定生産)(DVD付) 85点

ジャンル:ハードロック メタル グラインドコア



amalogo111.jpg



ディスク:1
1. 箱庭~ミニチュアガーデン~
2. Love Dealer-2006-
3. B.G.~Black Guitar+Berry Garden~
4. 菩提樹
5. スナイパー
6. Treasure
7. HONEY?
8. 人形
9. 鮫
10. 蝶
11. 月
12. イデア
13. 翡翠
14. 聲


ディスク:2
1. 青紫
2. 日曜日
3. 時計台の鐘
4. 恋
5. 龍
6. JOKER JOE
7. Stone
8. おんがく
(ベストアルバムにつき色付けによる曲評価は行いません)


<問題点・注意点>

1・ディスク2は不要だと思う







激情轟音系アーティスト、天野月子の活動5周年を記念して発表された自らの選曲による初のベストアルバム。


個人的に3rdアルバムまでは聴いていたのだが、その出来に満足できず、ここ2年以上彼女の作品から遠ざかっていた。

しかし、このベストで彼女の曲に触れ、改めて「彼女は大したアーティストだな~」と思った次第。


彼女の音楽は、基本的にCOCCOや鬼束ちひろといったアーティストにより隆盛した「情念系」「激情系」の影響下にあると考える。しかし、圧倒的な凄みや孤高性、欝さや暗さ・重さを感じさせる詞世界や独特の歌唱スタイルもあり、日常的に楽しんで聴く音楽としては不向で、娯楽性に欠けるこの両名の音楽に対し、天野の音楽は両者の音楽の要素を感じさせながらもこの両者程には天才性や孤高性を感じない。本人の卓越した技量により、表現する感情が巧みに制御されており、何となしに聴ける娯楽音楽としての聴き易さを満たしている点が大きく違っている。特に、恋愛や対人関係をユーモアを織り交ぜながらシニカルに、自嘲まじりに表現している点は最たる違いではないだろうか。よって、強烈な音楽性に反し、爽快さや楽しさすら感じるのである。エンターテイナーとしてのセンスなのだなと思う。


とは言え、ディスク1の2・4・9といった、メタルやコアも顔負けの疾走轟音激情さを誇る曲の迫力・凄みや、それと対照的に、巧みにストリングスやオーケストレーションを盛り込んだ和のエッセンスや「雅」すら感じさせる美しさ・優雅さは、やはり凄まじい。メジャーアーティストで、この両要素をここまで高いレベルで見せられる者は殆どいないように思う。中でもグラインドコア並の轟音・突進力を見せる9曲目と優雅な美しさをこれでもかと感じ取れる11曲目は何度聴いても惚れ惚れとする。


選曲に関しては、彼女の熱心なファンにとってはイロイロ思うところがあるだろうが、シングル曲中心に彼女の経歴を代表するを曲を収録した王道且つ手堅い構成となっており、天野月子の音楽を知る入門用としては上々の出来なのではないだろうか・・・。


ただ、ディスク1はいいのだが、わずか8曲しか収録されていないディスク2の存在意義がイマイチ理解できなかった。曲は悪くはないが、上記曲をはじめディスク1に収録された曲らと比べると、だいぶ聴き劣りする。まあ、彼女のファンではあるが、全作聴いていないとか、シングル持っていない人向けと考えれば納得は行くのだが、ベストを通して彼女をまだそれほど知らない人・名前は知っているけどそんなに彼女の曲を聴いたことがない人に対する遡及効果は期待できないだろう。個人的にはディスクを1枚にし、全く無駄のない収録にした方が良かったように思う。

そして、それ以上に、これだけ才能・実力があるのだから、今作のディスク1枚目レベルの完成度を有したオリジナルアルバムが欲しい。どうにも作品を通して感じる溢れんばかりの資質と共に、「詰めが甘いな~」と感じるところが少なからずあるので・・・。これが、実力や楽曲の良さに反し、既にブレイク時期を逃した感のする一番の理由なのではと、勝手ながら思う。今後は、このベストアルバムを無用にするぐらいの作品を出してくれることに期待したい。
スポンサーサイト




2007/02/06 02:41|アルバムレビュートラックバック:0コメント:2

コメント

今回、久々にバツ丸さんの天野月子さんのレビューがみる事ができてとても
嬉しいです!
私も確かにディスク1と2を比べると
2枚目の方が少し弱かったと思います。
それと、このベストアルバムと同時発売されているDVDもおすすめです。
特に、「箱庭」の5年後の世界を歌いあげた「ウタカタ」は圧巻ですよ。

彼女は今年、「A LUNCH」というバンドのアルバムも出しているので
そちらの方も注目したいです。

では、失礼しました。



桜音 #-|2007/02/07(水) 17:33 [ 編集 ]

ほんと久々・・・
>桜音さんへ

ほんと、久しぶりの天野さんレビューです。

ディスク2は個人的になくても良かったと思いますね。DVDに関しては某ルートから入手できればいいのですけどね・・・。
今の所金がなくて買えないです。貧乏は嫌です。

バツ丸 #-|2007/02/10(土) 02:11 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/460-302d19cc

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。