バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~ああ、ケルティックメタル

●Lyriel 「Autumntales」 評価:A- (ドイツ盤)

ジャンル:ケルティック・メタル フォークメタル シンフォニックメタル

autumntaless.jpg


1.First Autumn Days(インスト)
2.Surrender In Dance
3.Memoria
4.My Favourite Dream
5.The Promised Land
6.Days Of Yore

7.Fairyland
8.Autumntales
9.Wild Birds
10.Hijo, De La Luna
11.Enchanted Moonlight
12.Regen
13.Last Autumn Days(インスト)
14.My Favourite Dream (dedicated Version)
15.Lind E'huil (data Track)


<問題点・注意点>

1・全体的に高水準の楽曲ばかりなのだが、決め手となる必殺の1曲がない
2・メタル的アレンジが単調で少し古臭い
3・後半の楽曲が少し弱い




女性ボーカルと女性チェロ奏者・男性バイオリン奏者を中心としたドイツの7人編成バンド、LYRIEL(リリエル)の2ndアルバム(らしい)。

音楽的には今メタル界で結構流行っている(?)、メタル的なサウンド構成と土着のケルトやトラッド・フォークを融合させたケルティックメタル、フォークメタル。

ひっきりなしにバイオリンとチェロによって奏でられる旋律が、壮大且つ深遠で牧歌的、幽玄で湿っぽく哀愁漂う中世音楽の世界を醸し出しつつ、一方のメタル演奏により、硬質さや高揚感・力感をも同時に感じさせる。この両要素の融合が生み出す楽曲の数々はとにかく骨太で力強く、ドラマティックでメロディアスである。こういったところはジャーマンメタルからの影響が色濃く出ているように思う。


このようなサウンド構成に華を添える女性ボーカルJessica Thierjungの歌唱がまたいい。圧倒的なパワーや技術で押し込んでタイプではなく、素晴らしい美声と、それこそしっとりと語りかけているかのような丁寧で繊細な歌唱をして流麗な美メロをじっくりと歌い上げていく。特に先日レビューしたElisのボーカルがゲスト参加し重層なコーラスワークを見せる4曲目はフィメールメタル好きであればたまらない楽曲だ。

後半の楽曲が前半の楽曲に比べるとやや印象が薄い気がするが、収録曲全般の完成度は高く「捨て曲」に相当するものはない。全編通して安心して聴くことが出来る。

ただ、どうなのだろう・・・。今作におけるギターやドラムは悪いとまでは言わないが、ラジカル・トラッドや、ミスチャーやラウドといったモダンな音楽と融合させたヘヴィーミュージック、民族音楽プログレ、ゴシック・メタルといった音楽のそれと比べると、どうにも単調で古臭い。もっとはっきり言うと、「ダサい」「イケてない」のである。何だかギターやドラム演奏だけが20年前にさかのぼったかのようだ。「芋メタル」が好きな人であれば、今作のこういった要素は逆に大きな加点ポイントとなるだろうが、そうでないと結構なマイナスポイントとなるように思う・・・。15年くらい前の自分だったら喜んで聴きまくっただろうけど、今ではちょっと・・・。最近の「ヤケクソな勢いとノリ」が専売特許の「エモコア」や「ラウド」に傾倒している人にとってはかなり厳しいと思う。

やや古臭いメタルパートに堪えられるケルティックメタル好きにはとてもお勧めの一品。いろんなところで書かれているが、BLACKMORE'S NIGHTが好きであるのなら聴いてみる価値はあると思う。

スポンサーサイト




2007/02/09 02:30|アルバムレビュートラックバック:0コメント:4

コメント
ご無沙汰です
お久しぶりです。
仕事を辞めて何か自分で開業でもということで
私事ではいろいろありますがレビューは見させていただいています。

以前、ご紹介したRain Noteというユニットが
今月21日に発表するファーストアルバム「祈り」の試聴が可能になりました。
個人的には試聴を聴く限りなかなかの出来ではないかと思います。

http://qrclip.net/cd/kiodak/01
(以前お知らせさせていただいたSound Horizonという
組曲集団の傑作Chronicle 2ndなどの歌唱担当の
ヴォーカルのAramaryことあらまりさん
(現在はSound Horizon脱退)という女性を
メインヴォーカルに据えた音楽集団です。

よろしければご試聴ください。

あと、参考どおり、ヘッドフォンやCDプレイヤーについては
お金を出してそれら機材を変えてみましたが確かに音の幅が
違って聞こえます。 参考にさせていただきました。
(YAMAHAの安くて高性能な密閉タイプのヘッドフォンと
最新のCパナソニックのCDプレイヤーです)


(美しい女性ヴォーカル作品をお探しであれば
このお店の下のページのヘヴンリィーヴォイスという
カテゴリのページは殆ど買っていますが美しすぎる
凄いものばかりがいっぱいあります
http://www.x-rec.com/SHOP/30024/30025/list.html


それではまた、お邪魔させていただきます。
なんだか宣伝ばっかりになってすいません。
凛 綺羅 #-|2007/02/09(金) 23:54 [ 編集 ]

それはそれは
>凛 綺羅さんへ

お久しぶりです。お仕事辞められて独立ですか・・・、さぞ大変だったでしょうね。

Rain Noteですか。早速視聴してみます。


音響機器も買われたようで・・・。ヤマハのヘッドフォンですか。あまり知らないですね~。

教えていただいたサイトは早速見ましたよ。凄そうな作品ばかりで・・・。見なかったほうが良かったと後悔していますよ。
バツ丸 #-|2007/02/10(土) 02:14 [ 編集 ]

確かにクセが強いですな
ちょっと聴いてみたんですけど、
これは好み分かれそうですね(・∀・)

メタルが含まれる音では、プログレメタル、ゴシックメタルくらいしか聴かない
私にはちときついですね~展開美や構築美をずっと求めていたせいか、シンプルなサウンドワークには耐性がなくて・・

独特のクサメロ、シンプルなアレンジ等
が目立つメロスピ、ジャーマン系統の
音が好きな方は今作はタマランって
感じなんでしょうね~きっと。
ゆきお。 #-|2007/02/12(月) 11:12 [ 編集 ]

え? どこで?
>ゆきおさんへ

視聴とかで聴かれたのですか?

どうなんでしょうね。クセが強いと言うよりは、ケルトとメタルの絡みが何とも独特と言うか・・・。

好みは分かれますね。ケルト&クサメタが好きでないとまずダメでしょう。曲は粒ぞろいですけどね。

こういう作品でも好きなものはありますが、今作はチトだめでした。

どちらかと言うと、ミクスチャーやプロメタ、ゴシック的アプローチをとっているアーティストの方が好きですね、私も。GATEとかエヴァネッセンスとかflyleafとか・・・。
バツ丸 #-|2007/02/12(月) 23:08 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/462-9b53512a

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。