バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~しばじゅん、復活~!!

●柴田淳 「月夜の雨」 評価:AA

ジャンル:ピアノバラード J-pop


amalogo111.jpg
(2007/2/21)


1. プロローグ
2. 青の時間
3. HIROMI
4. 涙ごはん
5. 月夜畑 ~vocal solo~

6. 花吹雪
7. 真夜中のチョコレート
8. つまおうじ☆彡(拝啓王子様☆第三章)

9. 人魚の声

10. 雨夜の月 ~piano solo~
11. 紅蓮の月
12. 君が思えば…
13. 私の物語


<問題点・注意点>

特になし






自分にとってかなり重要なアーティスト・ボーカリストである柴田淳。しかし、間違いなく良作ではあれど、個人的にしっくりこなかった・納得行かなかった前々作・前作の存在もあり、ボーカリストとしての彼女に対する評価は変わらないままここ数年は少し距離を置くようになった。移籍騒動に対するネガティブな印象形成やシングル「HINOMI」「紅蓮の月」の出来に完全に満足できなかったのもその気持ちに拍車をかけたように思う。

しかし、移籍を経て約2年の期間を経て発表された5thアルバムは、そういった彼女に対する不満や不安を完全に払拭して余りありすぎる、非常に素晴らしい作品に仕上がった。個人的には彼女の最高傑作だと思っている。


収録されている楽曲は、今までと同様基本的にダークで重い曲が多い。だが、移籍騒動をはじめとした様々なごたごたや自身のスランプから解放されたのか、ここ2作にあったようなひたすら内向的且つ絶望的な暗さや、ネタ切れの中無理やり楽曲を生み出したかのような、それこそ「音楽を楽しんでやれていないのではないのか?」といった感はなく、ダークさや重さの中に明るさや開放感を感じ取ることが出来る。ここ2作に収録されたシングル曲を筆頭に結構あった「無駄に時間が長い曲」「冗長なサビ」がなくなったのも、こう感じさせる大きな要因であろう。作風としては、1st・2ndアルバムの頃に戻ったように思う。

しかし、そういった言葉だけでは説明できない新たな要素や成長が今作にあるように思えてならない。

一つはより作品全体の構成が非常に良くなっていることだろう。以前にもあったが、今作ではピアノソロや自らの歌唱のみで構成されたインタールードが次曲への適切なつなぎの役目を果たすだけでなく、例えば1曲目での旋律が次曲である2曲目に再び出てくるなど、面白い試みがある。バラード曲中心に構成されたアルバムに往々にしてある、聴いていて飽きてくる・だれてくる、といった印象・感想を持たせるのを今まで以上に上手く防いでいるのではないだろうか。


そして、もう一つは歌唱だ。今まででも十分すぎるほど上手かったが、今作では彼女の歌の上手さの象徴である感情表現がより深みを増し、さらには妖艶な大人の魅力でひしめき、「癒し」という陳腐な言葉では説明しきれない様々な感動がある。音楽活動だけでなく、人生においても酸いも甘いもたくさん経験してきたからこそ、出すことが出来るものであろう。インタールードである1曲目でのファルセット及び2曲目での凄まじくスケールのでかい歌唱、そして12曲目でのあまりに切なすぎる歌唱に、言いようのない心の高ぶりを抑えることができない。歌が上手いボーカリストは多々いれど、彼女はその中でも確実に1ランク上であろう。歌唱・詞・楽曲の一体感は尋常ではなく、間違いなく業界最高峰であると言える。

ここ2作で「ちょっと・・・」と思った人だけでなく、一人でも多くのバラード好き、歌姫好きに聴いて頂きたい一品。真に聴き手の心に訴えかける歌唱がここにある。










・アーティスト評価
歌唱力10 ()
作曲9 ()
編曲9 ()
独創性10 ()
安定性9 ()
10 ()
総合9 ()
熱中度9 ()

スポンサーサイト




2007/03/13 02:13|アルバムレビュートラックバック:1コメント:2

コメント
こんにちは
今作の購入についてかなり迷いましたが、ラジオで聞いた「人魚の声」と「君が思えば…」が気に入り、購入しました。買ってよかったと思います。

今作で一番おどろいたのは「人魚の声」での歌唱です。僕は曲を聴くとき歌っている人の表情を想像しながら聞くことが多いのですが(歌唱を売りにしている人だと特に)これまでのシバジュンのイメージは悲しい顔、寂しい顔をしてるけどどこか静かに微笑んでいるような、そんなイメージでした。それがどんなに暗い曲をうたっても親しみやすい、癒される、ということに繋がっているとおもうんです。でもこの曲でのシバジュンの歌唱は微笑む余裕なんてない。歌詞のとおり本当に消えてしまいそうな、切羽詰ったような印象を受けました。

これが歌唱スタイルの変化なのか、歌唱の幅が広がっただけなのかは分かりませんが、シバジュンの新たな一面が見れたような気がします。

なんだかすごく抽象的で個人的な文章になってしまいました(汗)でも本当に素晴らしい作品だと思います。

長文失礼しました。
バビデブー #-|2007/03/24(土) 14:49 [ 編集 ]

良かったですね~
>バビデブーさんへ

しばじゅんに関しては私も不安がありましたが、今では完全に吹き飛びましたね。
今回は暗い中にも明るさを見出せるのが良かったと思います。初期の路線に戻ったと思いますね。
もちろん、「人魚の声」のようなダークソングもその魅力は顕在ですさまじいものがありますし。
バツ丸 #-|2007/03/25(日) 22:01 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
■「月夜の雨」 柴田淳
 柴田淳さん、2年振りの5th Album 「月夜の雨」 をレンタルしてきました。 ビクター移籍後、初のアルバムですが、「花吹雪」 「紅蓮の月」 「HIROMI」 などのシングル曲を収録しています。 感想ですが、王道のバラードはもちろん、バラエティに富んだ楽曲が並んでおり、.
日本の歌姫たち 2007/03/16(金) 23:19

トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/497-1138f1ac

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。