バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~そんなに大人っぽさに拘らずとも・・・

●BoA 「MADE IN TWENTY(20)」 評価:B+

ジャンル:洋楽ポップス、ダンス、ヒップホップ



amalogo111.jpg
(2007/1/17)


1. Lady Galaxy
2. 七色の明日~brand new beat~
3. Winter Love

4. STILL.
5. SO REAL
6. KEY OF HEART
7. OUR LOVE~to my parents~
8. no more make me sick
9. Revolution-CODE 1986-2006 Feat.RAH-D
10. Your Color
11. Prayer
12. Candle Lights
13. Gracious Days
14. LAST CHRISTMAS


<問題点・注意点>


1・バラード曲を中心に全体的にスローテンポの曲が多く、さらに中盤に固まっている






アルバムタイトルが明確に示すように、20歳という節目の年にあわせた発表された通算5枚目のアルバム。エイベックスの「非自作系アーティスト」の中ではトップクラスの安定感を今尚誇ってはいるものの、前作の出来には満足していなかったこともあり、また、20代最初且つ5作目という区切りのアルバムということもあり、どのような仕上がりになるのか、注目していたのだが・・・。


彼女の良い点、悪い点両方ともくっきり出たように思う。


アルバムの作風に関しては、基本的に前作の延長線上にあると捉えていいのではないだろうか。王道の洋楽的ポップスに持ち前の声質と歌唱力をいかしたエモーショナルなバラード曲を柱に、かつてからの魅力である2曲目のような煌びやかで明るさと切なさをにじませる曲もあり、前作にも見受けられたグルーブ感たっぷりのヒップホップ曲が何曲も盛り込まれたりと、非常にバラエティーに富んだ仕上がりになっている。スターダムな洋楽的楽曲をほぼ網羅していると言えよう。個人的に「HIStory」以降のマイケル・ジャクソンの作風(「Invincible」に近いかな)に通ずるものを感じる。


20歳になったBoAが、デビュー以来ひたすら培ってきた努力と、それによって伸ばされた天性のセンスに基づく「進化・成長した歌唱」あって可能となった楽曲構成であると思う。特に躍動感溢れる5曲目やグルーブ感に満ちた9曲目での歌唱は、彼女のボーカリストとしての更なる進化・成長を顕著に示している。文句なしに上手い。ブレイクしてからの、彼女及びエイベックスサイドの戦略であったであろう「踊れるアーティストから聴かせるアーティストへの転換」は、もう完璧に果たされたと思う。日本人女性アーティストでここまで幅広く且つ上手く洋楽ポップス曲を歌いこなせる者はそうそういないだろう。


しかし、前作でもそうだったのだが、ここ数年に渡って彼女に対し取られてきた「聴かせるアーティストへの転換」という戦略が、「BoAのボーカリストとしての能力」を高めたものの、アルバム評価を考える上では逆にマイナスになっているのではと思わずにはいられない。


その最たるものが「聴かせる楽曲」を意識するあまり、スローテンポの曲が多目になっていることであろう。6~10曲目と中盤から後半にかけてそれが顕著に出てしまったのは、今作の一番の問題であり、今のBoAの一番の問題でもある。


確かに10代の若かりし頃にデビューしたアーティストが10代の後半の後半や20歳になれば、その過程において「若さや勢い」だけではない「大人っぽさ」というものも提示していかなければならない。しかし、彼女のここ2作はそのことにやや拘りすぎだったのではと思う。彼女の歌唱力をいかしたスローな楽曲やバラード主軸の作風は、作品全体から勢いを奪い、こういう系統の「ダメ作品」に往々にしてある「タルさ」を増大させてしまう大きな理由になってしまった。


経歴は短くないとは言え、彼女はまだ「20歳」。変にアダルトさを追求するよりも若さ故に出せる勢いや魅力をもっと出してもいいのではないだろうか。そう、「Listen to my heart」「VALENTI」のような畳み掛けるダンス曲や、「Amazing Kiss」のような煌びやかな曲こそが、彼女ならではの曲であったはずだ。

今後しばらくは、彼女の従来の魅力をより見せ付ける楽曲・アルバムを作って欲しいように思う。


後、この話とは関係ないが、カバー曲である最終曲は必要なかったと思う。アルバムの中で作風が露骨に浮いているし、季節外れも甚だしい。あえて収録した理由がさっぱりわからない。










・アーティスト評価
歌唱力9 (→)
作曲3 (↑)
編曲8 (→)
独創性8 (↑)
安定性8 (→)
9 (→)
総合8 (→)
熱中度7 (→)

スポンサーサイト




2007/04/25 02:12|アルバムレビュートラックバック:0コメント:4

コメント
大賛成です!
読ませてもらいました。
相変わらずバツ丸さんのレビューが核心を突き過ぎていてドキッとしました。^-^;

>今後しばらくは、彼女の従来の魅力をより見せ付ける楽曲・アルバムを作って欲しいように思う。

本当にその通りですよね。
でもファンをやっていて、今のBoAにはもう Listen~ や Valenti の様な曲は表現出来ないのかな?・・・と思ってしまうことも。

ところが、やってくれました。SWEET IMPACT(新曲)ではなんとBoAマイケルを演じちゃってます(笑

去年行われた初のLIVE HOUSEツアー
BoA THE LIBE -裏BoA聴かせ系-
ではBoAの歌唱力に圧倒されました。

ラストのLAST CHRISTMASは確かに浮いてますが、サービスでしょうか?
冬の季節にはシングルCDで毎年BoAが送ってくれるクリスマスSONGで恒例化してるみたいですが。
しー #-|2007/05/03(木) 00:14 [ 編集 ]

ありがとうございます
>しーさんへ

まあ、ここ数作で彼女のアーティストとしての実力・魅力は凄く上がったと思うので。

まだ、若いから往年の曲のようなものも出来ると思いますね。


それにしてもマイケルをやっちゃったのですね。影響を受けているのは分かっていたんですけど・・・。それはうれしい。


私も以前ライブに行ったことがありますが、パフォーマンスは凄いですよね。

今はどれほどまでになっているのですかね。

歌姫好きであるのなら、彼女のライブは絶対に教えていただきたいと思います。
バツ丸 #-|2007/05/04(金) 14:39 [ 編集 ]

長文すみません
私の拙い文でちょっと書かせてもらいます。
ご存知かもしれませんが去年BoAが『BoA THE LIVE』と銘打って
初のLIVE HOUSEツアーを行いました。

『よりファンを近い距離で感じたい、踊らないBoAを見て歌を聴いて欲しい』

と言うBoAの願いから出たLIVEが実現したものです。
「裏BoA聴かせ系」の名の通り、見た者を歌で圧倒的に引き込むLIVEでした。
基本的にBoAらしい激しい踊りは無く、歌中心でした。
BoAってこんなにすごかったのか・・・と改めて感心。

このLIVEをやったお陰でファン離れは確実に防げたと思えるものでした。
ただアリーナクラスのLIVEと違い集客数は少ないですが。。

Listen to my heart~valentiのノリのいい曲で始まり、
sound scape、your color、winter love、メリクリなどのバラード系、
Quincy、jazzアレンジのmake a secret等々。

特筆したいのはMoon & Sunrise と カバー曲のain't no sunshineです。
16歳で初めて日本語で作詞したというMoon & Sunrise。
 「かぜがふいて まちはきょうもひとなみあふれる きみのこえがすこしはなれてゆく」
 「うそでもねえ ほほえむことはすてきなことね」
日本で一人ぼっちのBoAが当時の言葉でつづった曲です(驚き)。
恥ずかしながら涙しました。
R&Bのain't no sunshineはBoAの歌の上手さが光る1曲だったと思います。

『このLIVEが超えなければならない壁だと思っていました』

本当に真剣に歌うことに取り組んでいるBoAの口から出た言葉だと思います。
これからどんな風に成長していくんだろうと楽しみでもあり、それを見守っていける
喜びも感じました。
DVDも出ていますよ。よかったら見てみて下さい。
長くなりました。よかったのかな?(^^; すみません。
しー #-|2007/05/06(日) 19:14 [ 編集 ]

すいません
>しーさんへ

レス遅れてすいません。

いつもはアリーナ級ばかりでしたが、そのようなツアーがあったのですか・・・。知りませんでしたね。


歌唱に関しては、以前ツアーに参加したときにも思いましたが、バラードでの歌唱も素晴らしいものがありますね。

地道に確実に努力を積み重ねてきた結果であると思います。

この気持ちを忘れない限り、まだまだ彼女は成長できるでしょうね。

DVDは見てみたいですね~。

バツ丸 #-|2007/05/10(木) 01:24 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/520-ee98ef74

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。