バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~盟主、ついに堕ちる!!

●DREAM THEATER 「SYSTEMATIC CHAOS」(通常盤) 評価:A-

ジャンル:メタル プログレッシブメタル プログレッシブロック


amalogo111.jpg
(2006/06/06)


1. In the Presence of Enemies, Pt. 1: Prelude /Resurrection
2. Forsaken

3. Constant Motion
4. Dark Eternal Night

5. Repentance
6. Prophets of War

7. Ministry of Lost Souls
8. In the Presence of Enemies, Pt. 2: Heretic/The Slaughter of the Damned/


<問題点・注意点>

1・メタリカっぽさの出た曲がダサい
2・1のような曲においてラブリエのボーカルとメロがあっていない、魅力がない
3・ルーデスのキーボードの音色や旋律がワンパターン化しており且つそれぞれに全く魅力がない
4・2と3のこともあり、ギター・ベース・ドラムの凄さと、ボーカルとキーボードの凡庸さとによるアンバランスさが甚だしい
5・以上の点もあり、楽曲そのものに往年の楽曲ほどの魅力や凄みがない
6・かつての作品の集大成的な作品であるがそれが故に一作品としての個性に欠けている
7・一撃必殺の名曲がない







元々気が短く飽き性ということもあってか、一つのアーティストを常に支持し続ける、聴き続けることが殆どない。いや、厳しい言い方をすると、そうさせてくれるアーティストが殆ど居ない、ということでもあるし、逆にそうさせてくれたアーティストは自分にとっての殿堂入りアーティストになっているわけであるが・・・。

ただ、そうなってしまうのには、洋楽、ことメタル系統のバンド・グループは日本のそれでは考えられないほどにメンバーチェンジが多いことがあろう。中には英国の名プログレバンド「ルネッサンス」や、オランダのテクニカルメロスピバンド「エレジー」のように、創設期からのメンバーが全員居なくなるという事例もある。
(日本で言えば、ガーネットクロウの今の4人のメンバーがそっくり抜け他の誰かが入ってくるということだ。恐ろしい。)


作曲担当者の脱退やボーカルの交代・・・、そのような事情でかつての音楽性と全く違うそれになってしまう。確かにそれが新規ファン層の獲得に繋がることもあるのだが、今まで多々見てきたケースで考えると、恐らく失望の方が多い。

と、まあ、意味不明に長くなったが、そういった状況の中で唯一デビュー時からずっと聴き続け・支持し続けているのが、今回レビューするドリーム・シアターである。何回かこのブログでも名を出しているが、90年代前半以降、HR/HMシーン、プログレメタルシーンの盟主的存在として君臨し続けている偉大なグループ。自分にとってのドリームシアターというのは、まさに「安全安心高品質」の象徴とも言うべき存在であるのだ。

常に高品質の作品を出していることもあり、今回も当然それに期待していたのだが・・・。通算9作目にあたる今作は、今までの彼らの作品の中でも個人的に最も出来が悪いものであると思う。ある時期を契機に彼らに感じ続けていた問題・疑問が一気に吹き出てしまった・・・、今作はそんな作品ではないだろうか。


とは言え、上記点数が示すように依然評価点は高い。相変わらずその演奏力や長尺の曲を苦なく聴かせる巧みな構成力は素晴らしく、余人がそうそう及ぶものではない。ただ・・・。


まずは作品全体の作りか。プログレッシブメタルを土台としつつも、「IMAGES&WORDS」や「メトロポリスパート2」のような一部の作品を除き、総じて「メタルより」か「プログレより」のどちらかに作品性がまとめられていたのだが・・・。

ドラムのマイクが各所で「このアルバムは俺たちが今まで達成してきた全ての要素が詰まっている。」と語っているように、今作には過去の作風が程よくつめられており、上記単純な分類では分けられない。しかし、このことが作品全体に対する印象を薄くしてしまっている。何もかもバ中途半端で過去の焼き直し的感がどうしても否めないのだ。それは、作風もさることながら、単純に楽曲と演奏とが良くない点にかなり集約されている。


楽曲に関しては、1・2曲目辺りでは「おお、流石はドリムシ」と思う素晴らしさがあったが、その後の、いかにもメタリカ的スラッシュメタルっぽさを見せた3・4曲目がかっこよくない。演奏は上手いのだが、旋律の印象が全体的に薄く、さらに何だか無理やりとってつけてます的違和感がある・・・。この2曲のみならず、演奏技術の上手さに反し、サウンド構成や演奏の魅力に欠ける。並みのバンドを遥かに凌ぐとは言え、往年の楽曲らと比べると「練りこみ」や「至高のバカテク応酬によるカタルシス」が足りない。酷いのがコーラス。3・4・6曲目をはじめ、メンバーがセルフでやっているコーラスワークのショボさ・ダサさは正直勘弁して欲しいと思う。


しかし、作品評価やバンド評価を考える上で今回かなり深刻な影響を及ぼしたのは、一つはラブリエのボーカル、もう一つはルーデスのシンセである。


ラブリエのボーカルであるが、2のようなバラード大曲では流石の上手さ、声の良さをまざまざと見せ付けるが、上記にもあるスラッシュメタルっぽい曲になるととたんにパワー不足・迫力不足を露呈する。繊細でじっくりと歌いこむのが向いている彼の歌唱スタイルとは根本的に作風が合っていないといわざるを得ない。

このことに輪をかけているのが、歌メロのまずさであろう。2曲目はよかったのだが、一部の曲を除き、特に後半の曲を中心に、昔のように曲中に何度も出てくるフックがあるメリハリの効いた印象的なメロディーの欠片もない冗長且つ単調なメロばかり。彼の歌唱力・声質があるからこそまだ上々レベルであるのだが・・・。赤字表記とした3・4曲目は特に酷い。なまじ、楽器演奏のレベルが尋常ではないので、ますますボーカル及び歌メロの存在意義が薄れている。


やはり一番の問題はルーデスのキーボードか・・・。彼が加入した当初はその超絶テクに感心したものであるが・・・。ギターとのユニゾンがやたらに多いのや4曲目での即興ジャズのような演奏パターンは正直飽き飽きしている。いかにも電子音じみた音色の使い方も全く好きになれない。機械的で情感や旋律の良さ・面白みを殆ど感じないのだ。

私はケヴィン・ムーアの、特に「awake」のようなオーガニックで哀愁・ダークさに満ちたエモーショナルな音色・旋律が大好きだったこともあるのだが・・・。私のような「ケヴィン信奉者」「ケヴィン在籍時こそがドリームシアターの絶頂期」と思っている人にとっては、今作でのルーデスのプレイを聴き続けるのは結構辛いのではないだろうか・・・。


結局こういった上記様々な事柄が悪い意味での化学反応となり、特に曲の端々で印象的・魅力的でスリリングな演奏を聴かせるギター・ドラム・ベースと、ボーカル・キーボードとの間に違和感・バランスの悪さを生じさせ、楽曲のレベルを押し下げている・・・。

卓越した演奏とそれによる優れたサウンド構成、キャッチーで印象的な歌メロの他にはない最高レベルでの融合こそがドリムシが業界の盟主となった最大にして絶対の理由。それがケヴィン脱退以降、特にルーデス加入してからと言うものの少しずつ崩れてしまい、ついに今作でかなり疑問・不満に感じるレベルにまで来てしまった。各作品に何曲かはあった、聴いていて問答無用の凄み・魅力を放つ曲が見受けられないのも気になるところ。かつての「Pull me under」「Learning to Live」「Lie」「SCARRED」レベルの楽曲はもう聴くことが出来ないのだろうか。


これでもこの作品が売り出し中の新人バンドの作品であれば、かなり評価したであろうが・・・。他ならぬドリムシだからして、到底満足からは程遠い。

個人的にはルーデスはもう首にした方がいいように思う。また、もし今作のような作風を今後も続けるのであれば、ラブリエについても考え直さなければならないとも思う。彼が下手・魅力がない、と言うよりも根本的に一部の曲で楽曲と彼の歌唱とが合っていない。

かれこれ15年以上彼らの楽曲を聴き続けてきたがこのような思いに囚われるのは初めてだ。次作での軌道修正に期待したい。
スポンサーサイト




2007/06/30 22:57|アルバムレビュートラックバック:0コメント:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/560-be924f96

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。