バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

春のドラマ評~結論編2

新ドラマは来週からだろうと勝手に思っていたら、既に今週からはじめってしまいました。いや、早いですな。

既に何作かチェックしましたけど、率直に言って・・・な出来の作品が早くもちらほらと見受けられます。今回はダメポイントは話の重要な役を演じる役者の選出と、それにも関わりますが、ずっと言い続けている出演役者の偏り・重複ですね。特に香里奈とか大杉蓮とか・・・。本編でも書きますが、5クール連続で主要な役を演じている香里奈は・・・。肉食に偏った食生活で肌艶の悪いパンパンの顔も含め見ていて腹が立ってきます。もっと無名どころを起用しましょうよ。人気モデルの安易なドラマ出演にもイライラしますね。「役者を育てる」という気概が特にテレビドラマからは感じ取れません。


と、何だか今クールのドラマの話になってしまってますが、前回のドラマ評の続きに話を戻します。

今回は、「ライアーゲーム」「わたしたちの教科書」「花嫁とパパ」を取り上げます。






・ライアーゲーム ○

今、まさに本誌で連載しているところを抜き去ってしまったテレビドラマ版。とりあえず今のところの最新のゲームであり連載中の「密輸ゲーム」に関しては、途中まで同じ、途中からはオリジナルという展開になっている。

オリジナルの内容の出来云々は別にして、先日評を書いた「セクシーボイスアンドロボ」もそうだが、まだ連載開始からそれほど進んでない・巻数が少ない漫画ですら、話題になっているもの・人気のあるものであれば安易にドラマ化するという風潮は何とかならないものだろうか。漫画原作でのドラマ作りを否定するわけでないが、最近はその風潮に歯止めがかかるどころかより酷くなっているのには、腹ただしくて仕方がない。他人からの借り物ではない「オリジナルで素晴らしい作品」を作ろうとする気概のある者・局はないものだろうかね。恥というものを知らないのだろうな、今のドラマ制作者や局の連中は。

ま、それはともかく、密輸ゲームのオリジナル部分~完全に自暴自棄になったと見せかけて罠を張り、さらに、最終的には相手チームの面々も神崎直の意を汲み取って引き分けに持ち込む、というオチは良かったと思う。


但し、最後は最悪。

北大路欣也演じる役と吉瀬美智子(いや~、この人素敵です。ファンになっちゃいました。存在感も良し)演じるエリーとの会話部分や、秋山と直との会話でせっかくよさげな感動を演出したにも関わらず、安っぽいホラー映画の如く、「主人公達は一連の事件から解放されたけど、別の場所で新たな悲劇が・・・」ってな場面が最後に盛り込まれるのは・・・。ここで一気に気が抜けてしまった。あほだ。いらんわ!! こんなのは!!


後、フクナガユウイチを演じた役者の暑苦しく下手な演技も終始気になった。こいつはこの作品においてかなり重要な役どころで且つ、秋山には勝てないけどかなり頭が切れ、行動力もある魅力的な人物なので、それにふさわしい役者に演じさせて欲しかった。


何かまた、原作が進んだら特番ドラマでやりそうな予感。吉瀬さんもブログでやって欲しいと書いていたし・・・。吉瀬さんは見たいけど・・・。



・わたしたちの教科書 △~○

今クール、私が知っている範囲で今作・「プロポーズ大作戦」「花嫁とパパ」と3本のオリジナルドラマを作ったフジテレビ。その意気込みは評価したいが肝心の出来は、今の日本のテレビドラマ制作力の低さを痛感させられるダメっぷり。

しかし、その中で一番マシであったのは今作だと思う。が、話が盛り上がった序盤に反し、オチはどうも良いとは思えない。


全体的には教育問題やいじめ問題についてそれなりに考えさせる内容でまずまずであると思うのだが・・・。

このドラマ、大きな問題というかミスが2つあると考える。

一つは、副校長(何故か最後の最後まで校長が出てこなかったな、このドラマ。)の息子の存在と彼による学校立てこもり事件。見終わった後よくよく考えると全く本編とは関係ない無駄話・・・。それどころかこのキャラは必要なかったと思う。



もう一つは、明日香の死の真相。ほんと、ただの事故だなんて・・・。まあ、これに関しては賛否分かれるだろうし、いろいろ意見もあるだろうが、個人的にはいじめを扱ったドラマであるので、やはり死の理由はいじめとの関連を持たせて欲しかった。でないと、序盤結構時間を割いて描かれた凄惨ないじめ場面の意味が・・・ない。「明日香はいい子だったんだよ」という、死者を美化する陳腐な感動話にすりかわってしまっている。


あくまで明日香の死の真相を谷村美月演じる佐藤未来との絡みでの「事故」にするのであれば、せめて彼女が飛び降りようしているところを明日香が止めに入り代わりに落ちて死亡、というようにして欲しかった。これだったら何故佐藤がずっと証言するのを避けてきたのかの説明もつくはず。

後、細かいところで一つ言えば、加地(伊藤淳二)と大城(真木よう子)が結婚したにも関わらず同じ職場にいること。今作では学校の設定が公立高校となっているのだが、こういうケースではどちらかが転属になるはず。こういう所でも作りこみの甘さがあるんだよな~。一応は現実に沿ったドラマとなっているはずなので、こういったところにも気を配って欲しい。



・花嫁とパパ ×

結局惰性で最後まで付き合ってしまったのだが、見終わった後に思うのは、「このドラマ、いったい何が言いたかったんだろう」でしかない・・・。何が悪いんだ、と言われると具体的には中々書けないのだが、何の面白みもない作品であった。コメディードラマとして見てもリアリティーのなさ過ぎるキャラ設定や行動がそう感じさせたのであろう。


それにしても、最終話「母親からの手紙を読み上げる場面」「結婚式の場面」での石原さとみの演技の下手さには呆れかえった。この人、泣く演技が全くなっちゃいない。感動のへったくれも何もなく、ふざけているのかとすら思った。モノローグも下手すぎ・・・。

いや、ここまで演技が下手だとは完全に予想外・・・。彼女の下手なワンマンショーには心底うんざり。

唯一の救いは、当初はケバメイクで全国のファンを驚愕させた佐津川愛美がいつもの彼女に戻ったことか。やっぱりかわいいな~、彼女は。


スポンサーサイト




2007/07/03 23:25|ドラマ・テレビ番組評トラックバック:0コメント:4

コメント

香里奈と大杉蓮って「牛に願いを」にも出てますよね…

ライアーゲームの最後は確かに後味悪く嫌でした。
まあ「人生はライアーゲームである」というテーマの意味付けみたいな感じでしょうが、とりあえずドラマとしてはハッピーエンドで終わって欲しかったなと思います。

今期は面白いドラマが少なかったです。個人的にライアーゲームと冗談じゃない!が良かったですが(日曜劇場のアホっぽいドラマ好きなので。「おとうさん」とか)それ以外は…という印象で。

今期は一応「ホタルノヒカリ」に期待…しています。

GARNET CROWの新曲、表題曲は…普通でしたが相変わらずカップリングが良かったです。
yoentown #ojm1IinY|2007/07/05(木) 17:00 [ 編集 ]


>yoentownさんへ

そうなんですよ。新ドラマにも出ています。大杉さんは「どんと晴れ」でも出演しています。

白石さんも江角マキコ主演のドラマに出演していたし・・・。

谷原章介もまた出演しますよね。堀北さんも恐らく3クール連続のはず。吹石さんも連続。

これら役者は皆魅力ありますし実力もありますが、いくらなんでもここまで連続で見ると「他に人がいるだろ!!」言いたくなります。

特に香里奈や伊藤美咲を筆頭としたモデル閥の人間の露出の多さには辟易します。演技が上手い人殆どいませんから。よくなったのって田丸麻紀さんぐらいでは・・・



傾向としては、特に若手女優に関しては、今回もまた多々主役を張っているジャニーズ事務所との絡みが・・・。

堀北さん、吹石さんってジャニタレとの共演が多い。たぶん事務所的な業務提携かもしれませんが・・・。堀北さんのスウィートパワーは特にそう。内山さん、堀北さん、黒木メイサさん皆ジャニタレの相手役として出演が多すぎですね。


ライアゲームは酷かった。あれじゃあエリさんと北大路さん演じる役との会話が何だったのって感じですよ。


「ホタルノヒカリ」ですか・・・。綾瀬さんのやつですね。ここ最近押されっぱなしの彼女でしたが、今までとは違う役どころで起死回生の一発となりますかね。期待したいですね。

後、松本まりかさんには個人的に注目したいですね。あおい様の大親友ですし、かわいいですしね。

ところで共演者の加藤和樹の紹介欄に「新人」って書いてあるけど、どう考えても違うよね~。「地獄少女」にもでていたじゃん。


しかし、今の所見た感じでは、大不作の前クールよりもひどそう。

今のところ◎評価がないどころか、○を探すのも難しい。「ライフ」ぐらいかな~。

期待しているのは成海さん主演の「受験の神様」かな。

既に見た奴の殆どが「挫折」レベル・・・。酷い内容だ。
バツ丸 #-|2007/07/07(土) 00:50 [ 編集 ]


モデルの人って確かに微妙ですよね。
滝沢沙織はめちゃめちゃ良くでますがモデル出身ですよね?この人はとにかく連続して出るのはいいけどいっつも微妙な役なのが…

ジャニタレは…出てるだけであんまり見たくなくなるんですよね。
多部未華子さんが出てるドラマも見たいと思ったんですが、W主演が嵐って。同じドラマにジャニタレが2人以上出るともうみたくないです。まあ、二宮くんは映画出演もしてるし力を付けているかもしれませんが…

ホタルノヒカリは清純じゃない綾瀬さんが見れるかな、と…加藤和樹は舞台もやってるし全然新人じゃないと思いますよ。

今クールは…見たのでは「牛に願いを」は微妙、「花ざかりの君たちへ」は普通…という感じ(堀北さんが可愛い)ライフは重そうだったので見なかったんですけど、興味はあります。
それにしても、「これは面白い」というドラマが出てこないですね。

「ファースト・キス」もそこまで面白そうじゃないですし。
yoentown #ojm1IinY|2007/07/07(土) 12:01 [ 編集 ]


>yoentownさんへ

中には成功した人もいるし実力ある人もいますが・・・。

ガッキーもあおい様も長澤まさみも蒼井優もモデル経験ありますしね。

滝沢さんは今年の春ドラマこそ出なかったものの、それまで14クール連続出演中って凄い記録を持っているようで。3年以上出詰め・・・。おいおい。

出身はモデル&ユニチカガールです。

ただ、彼女の役が微妙なものばかりなのは理由があるようで・・・。

一説によると、彼女って恐ろしくセリフ覚えがわるく、そのため主役をやれないとのこと・・・。

ジャニタレは皆が皆嫌いと言うわけではないのですが、先クールも今クールも出すぎですよ。若手男優が育っていない且つ松山ケンイチ程度がもてはやされる元凶でしょう。

「山田太郎物語」はね・・・。これこそ微妙・・・。二宮くんも多部ちゃんもいいんだけど。

個人的に成海さんの「受験の神様」とyoentownさんもかかれた綾瀬さんの「ホタルノヒカリ」に期待したいですね。岩田さゆりさんの「週刊赤川次郎」はどうなんでしょ。

加藤和樹はテニプリ跡部で出てますよね。新人じゃない。詐欺。

「牛に願いを」は、玉鉄かっこいいけど香里奈と戸田恵梨香が・・・。オリラジもうっとおしい。

「ファースト・キス」は井上さんが好きではないし、また伊藤英明ですし・・・。

「ライフ」は今の所唯一の◎評価ですね。北乃さんの演技がすばらしいです。

この人はWあおいと堀北さんに次ぐ若手世代を代表する女優になれますね。逸材です。

昼ドラの「こどもの事情」もなかなか。



ドラマは確実に衰退しています。先クール、視聴率20%越えが「プロポーズ大作戦」の最終回、ないしは「20%越えなし」との結果があるように、既にドラマは国民の興味関心ごとではなくなっています。

まあ、今のような重複連続の人材起用や漫画原作に頼ったドラマ作りをしていたら当然の結果ですけどね。
バツ丸 #-|2007/07/09(月) 01:38 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/561-63a2674c

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。