バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~良いのだけど泣けない

●下川みくに 「さよならも言えなかった夏」(初回限定盤)(DVD付) 評価:B+

ジャンル:ポップス


amalogo111.jpg
(2007/07/04)


1.二人のカメラ
2.さよならも言えなかった夏
3.藍色の空の下で

4.ubiquitous
5.キミの願い
6.my home
7.南風
8.Bird -album mix-
9.もう一度君に会いたい
10. アルタイル
11. さよならの終わりに


<問題点・注意点>

1・爽やかな曲ばかり・・・
2・全体的には良く出来ているが、個々の楽曲レベルに関しては、必殺の一曲がない点で以前の作品よりも劣っている
3・泣かせるバラード曲がない
4・終盤失速・・・






オリジナルアルバムでは約2年8ヶ月ぶりとなる4thアルバム。

美人、性格明るい、歌うまい、声も良い、トークも面白くサービス精神も旺盛と、非常に優れたエンターテイナーである下川みくに。

しかし、その実力・魅力に反して楽曲にはお世辞でも恵まれているとは言えず、活動もアニメ業界を中心とした限定されているのが現状。

そういったこともあってか、個人的には島谷ひとみと並ぶ「恵まれていない人」「放っておけない人」になってしまっている。到底その活動内容に満足していないはずなのに、何故か気になって仕方がない。島谷と同様、必死に伝わってくる様が活動や歌唱を通して伝わってくるからだろうか・・・。


で、そんな彼女の久しぶりの作品となる今作であるのだが・・・。まあ、全体的には好盤と言えるのだが、相変わらずそのつくりに対する不満も多く・・・。


楽曲は前作の延長線上で、ギターのバッキングが全面に押し出た爽やか且つ穏やかな楽曲が主軸となっているが、大きな違いは、今作がその発売時期である「夏」に即した楽曲に仕上がっていることだ。今まで以上に、聴き手に「在りし日の思い出」を意識させる構成となっている。

活動の拠点こそアニメ業界であるが、如何にも連想しがちなアニメ主題歌的ノリや萌え要素、オタ要素はどの曲においても皆無。アイドル的存在で居るには決して「若い」とは言えない彼女がその実年齢相応に、聴き手の年齢や性別といったもの関係なく、特に彼女と同世代を中心に、じっくり丁寧に「聴かせる」確かな内容に仕上がっている。その切なく、それでいて決して悲観にくれることもない楽曲世界や、それを見事に構築している下川の確かな技術と丁寧な発声・発音、そして気持ちのこもった歌唱は普遍的魅力があると思う。1~3曲目や、シングルである7曲目は特にそういったことを連想させる良曲だ。もう、下川ならではの確固たる世界観・魅力である。


特に毎度のことであるが、下川の歌唱は絶品過ぎる。技術自慢に走ることなく、声量に任せて声を張り上げることなく、その透明感と伸びやかさ溢れる歌唱をしてじっくりかみ締めるかのごとく丁寧に言葉を聴き手に伝えていく歌唱は、ほんと多くの歌姫たちに見習っていただきたいと思える程に見事だ。こういう歌唱こそが、聴き手に「想いを伝える心のこもった歌唱」なのだと思う(生はもっと上手い)。この点に関しては彼女以上の歌い手はそうそういない。

このような歌唱は、ノスタルジー溢れる楽曲世界にこのうえなくはまっており、しみじみと、しかし確かな感動を与えてくれる。


だが・・・。賞賛ばかりで終わらないのが、相変わらずの下川の悲しいところであり・・・。


全体的には、過去の作品にあったあからさまな劣悪曲はなく、非常に良く出来ていると言えるのだが・・・。

あかんのは、全体のつくりが殆ど爽やか一辺倒であることだ。今作には過去の作品に1曲以上確実にあった、例えば「カナリア」「遠い星」「Missing」といった絶品の哀愁に満ちた、それこそ「聴いていて泣けてくる」ような「必殺の楽曲」がない。全体的な完成度・個々の楽曲の出来の安定感に関しては今作が一番であるのだが、アルバムを守り立てる・代表する良曲に限っての印象・完成度に関しては、ここ2作と比べても下のように思う。「夏」をコンセプトにして楽曲をまとめたことが仇となったか・・・。


爽やかな曲での歌唱ももちろん素晴らしいのだが、それも対照的な曲があってこそより魅力が引き立つというもの。上記のような曲が、失速感の出始める終盤に1曲でも入っていれば、A+以上の評価もありえたのに・・・。


ただ、何だかんだ言っても、個人的には今作は非常に好きな作品である。


しかし、それにしても、このような作風で且つここまで素晴らしい歌唱を見せている彼女をいつまで所属事務所や所属レコード会社は「アニメ歌手」として売り出し続けるつもりなのだろうか・・・。十分にメジャーであらゆる層に対して訴えかける魅力・実力があるのに・・・。全く理解できない。彼女の年齢を考えると、この先の展開には結構厳しいものがあろう。売り時や活動領域を完全に間違えた愚かな販売戦略に腹が立ってくる。

毎度毎度評価は高くはならないのだが、個人的には1人でも多くの人に聴いて頂きたいアーティスト。もっともっといろんなところで認められてもいいと思う。










・アーティスト評価
歌唱力9 ()
作曲4 ()
編曲8 ()
独創性9 ()
安定性8 ()
8 ()
総合8 ()
熱中度8 ()







スポンサーサイト




2007/07/10 11:39|アルバムレビュートラックバック:0コメント:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/564-febe9dc5

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。