バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

映画評「サイドカーに犬」~若手女優ブーム・清純お泣かせ映画ブームへの警鐘となる良作

・評価:80点
(80年代に小学生であった20代後半~30代半ばまでの人必見)


ここ数年の映画・ドラマを考える上で決して外すことの出来ない、長澤まさみ「世界の中心で愛をさけぶ」の成功をきっかけに生じた「若手女優ブーム」「U-22女優ブーム」。

そのブームが生じ、拡大していったのにはいくつかの理由があるが、その一つに、今の若手女優らより4~6歳年上で、「四天王」(宮あおい・長澤まさみ・沢尻エリカ・上野樹里)以前の潮流を作り・支えてきた女優~竹内結子・広末涼子・矢田亜希子らのスキャンダルによる自滅・失墜があろう。彼女らが失墜すると同時にメインストリームは一気に四天王及びそれ以下の若手女優へと移行した。


だが、彼女らの活動を大いに妨げた若手女優ブームもここに来て急速にブレーキがかかっている。お泣かせ・闘病・死亡もの作品の乱立に主演女優にしか魅力を感じ取れない駄作のオンパレード・・・。今年の上半期においてこの手の作品で何一つまともな作品はなかった。

そのことを裏付けるかのように、ここに来て「若手女優」が主演を張る映画のつまらなさとは対照的に、「若手女優」のカテゴリーに入らない20代半ばから後半の女優が主役を張る「清純・闘病モノ作品」とは一線を隠す作品で面白い・出来が良いものが出てきている。


若手女優台頭を促し、20台半ば~後半にかけての女優らの地位を貶めた戦犯的存在である竹内結子の、一連のごたごたを経ての「復帰第一作目」とも言える今作はその一つ。今の若手女優ブームやそれらを主演女優とした安直な作品作りに一石を投じるつくり・内容であると思えてならない・・・。現時点で間違いなく竹内結子の最高の作品。

上半期の邦画作品には不満を感じるものばかりであったが、今作は周防監督の「それでもボクはやってない」以来の不満のない作品となった。非常にお勧めの作品だ。
(近々レビュー予定の「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」も高評価の作品)







<あらすじ>

不動産業者として日々働く薫(ミムラ)。疎遠になっていた弟から結婚式の招待状が届き、久しぶりに連絡を取った彼女は、その結婚式に離婚した両親も出席すると知らされる・・・。


それをきっかけに彼女は小学校4年生であった20年前のことを、仕事休みの時ふと顔を出した釣堀屋で思い出す。父が勝手に会社を辞め中古車を扱う怪しげな商売を始め、それに呆れた母が家を出て行った20年前の夏のある日、母と入れ替わるかのように自分達に食事を作るために突然我が家にやってきたヨーコさんのことを・・・。


ヨーコさんは美人で色っぽく、かっこいい自転車を颯爽と乗り回し、豪快で勝気、大雑把で陽気でタバコをスパスパふかすなど、堅苦しくて神経質、綺麗好きで口やかましい母親とは全く対照的な女性。しかし、そうでありながら読書好き且つ物知りで繊細な一面もあった。何より、母親と言うには年が若すぎで姉と言うには年が離れすぎている彼女は、薫を子供扱いせず1人の人間としてきちんと接し、自転車に乗るための特訓・コーラの上手さを教えてくれたのをはじめ、今までに見聞きしたことのないいろんなことをいっぱい教えてくれたのである。


そんな彼女に幼い頃の薫(松本花奈)は大変な驚きを感じると共に、次第に心惹かれていき、多大な刺激・影響を受けていった・・・。



<感想など>

子供の時におけるかけがえのない人との出会い、そこでの学術的な勉強では決して得がたい経験・・・、それは時に人の人生や思想にとてつもない影響を及ぼす。今作は80年代を舞台に、ある人との出会い・交流を通し、このことと主人公である子供の成長とを描いたハートウォーミングな作品だ。


作風柄、派手さとか劇的さとは全く無縁であるが、登場人物の心情を丁寧に描いたストーリー・演出、そしてそれを見事に受け止め表現した主登場人物の演技・魅力が非常に素晴らしく、それらがもたらす爽快でしみじみとした感動にぐっと来てしまう。言いようのない身にしみる寂しさともの悲しさを見せるラストは、バカの一つ覚えの如く安易に死や重病や奇蹟を用いる連中には絶対且つ永久に出来ないものであろう。


特に今作で胸を打ったのは竹内結子の演技と魅力。品がありすぎてもなさ過ぎても、単に美人なだけでも、がさつなだけでも繊細なだけでも崩壊してしまうこのヨーコという難役を見事に演じきった魅力ある外見と、それ以上に、

薫にとって完璧で素敵な大人であった彼女が、薫との交流が深まるにつれ、薫に対し「母親的な存在として接するか、それとも友達的な存在として接するか」の間で戸惑い、苦悩し、涙する様を見せた演技は、かつての出演作品で彼女が見せた演技・魅力とは全くレベルが違う非常に素晴らしいものであった。

離婚や親権争いからみのゴタゴタでの自らの失墜や、既にシーンの主軸が彼女よりだいぶ年下の若手女優に移っていることもあろうが、今作及びヨーコという役に対する彼女の並々ならぬ思いがひしひしと伝わってくる。それが役に対する説得力を文句なきものとした。ブランクからの復活どころか、革新的に進化したと言ってもいいだろう。今作における彼女の魅力・演技はとうてい今業界を席巻している若手女優らには出せようのないものである。彼女の魅力と演技とがなければ、今作は恐らく凡作になっていたに違いない。


また、彼女ののみならず、大人たちとの絶妙と言える距離感と子供らしい無邪気さとを見事に表現しきった子役の松本の演技・魅力や、幼い時に憧れたヨーコさんの姿とどことなく重なる容貌・振る舞いを見せたミムラの演技・魅力も光った。

とってつけたようなお泣かせの設定・話に基づいたインチキ映画とは対照的に、今作のような何気ない人々の生きる様や魅力、日常風景の描写などで鑑賞者を感動させられる映画こそ、本物の映画である。今作における丁寧でしっかりとしたつくりと、確かな実力・魅力を有す役者の的確な起用は、何度も言っているが、あまりのくだらなさを見せ付けるここ最近のドラマや清純系映画をつくり、へぼな役者もどきを乱発させている業界及びその関係者に是非とも見習っていただきたいところ。



<追記>

それにしても今作に出てくる様々な風景や物品は懐かしい。私が幼少時に見てきたものそのまんまだ。今の若い子は当然知らないだろうが、昔自動販売機の缶ジュースは250CCが基本でしかも材質がアルミではなくスチールであった。もちろん、今では当たり前のペットボトルも存在せず。値段も100円。それが110円に値上げしたときの衝撃たるや今でも容易に思い出せる。


こんなこと言うと、懐古主義・復古主義の説教臭いおっさんと何ら変わらないが、この時代は良かったのではと思う。

今のようにケータイもパソコンもTVゲームがあるわけではないが、身近にある簡素なおもちゃと自らの頭と体とを駆使した様々な遊びには、ゲームやパソコン、ケータイでは決して味わうことの出来ない面白さ、楽しさに満ちている。想像力や体力、社交性を養う上でも、子供だからこそ出来る原始的な遊びの数々は非常に重要である。

今公園や堤防に行っても、そこで遊んでいる子供を見かけることが殆どない。しかし、この時代に頭と体とを駆使した遊びを経験せずに過ごしてしまうのは非常に残念で何とも悲しいことである。

勉強するのも大事であるが、体と頭を使った遊ぶことの方が子供にとって遥かに重要であろう・・・。
スポンサーサイト




2007/07/13 01:52|映画評トラックバック:0コメント:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/566-e099fe0e

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。