バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

夏のドラマ評~今回もつまらないね~その2

第2回目ですよ~。

今回取り上げる予定の作品は、


「週刊赤川次郎」「山おんな壁おんな」「地獄の沙汰もヨメ次第」「山田太郎物語」


の4作。次回に「ライフ」「受験の神様」「ホタルノヒカリ」を取り上げて終了予定。

<作品を追加しました>





・週刊赤川次郎 △~○


岩田さゆりがシリーズ通してのヒロインということただ一点のみで観賞したのだが・・・。当初の予想よりは見ることが出来る内容・出来だ。


最初は、1話完結、ないしは複数話で1話完結の放送形式かと思いきや、わずか30分の放送で3話を並列させ、しかもそれが実は相互に絡んでいるというそれであるのには意外であった・・・。


今の所こういう形式もあり、さらにあまりに細切れで進行していることもあってか、まだ具体的な感想・評価を述べることは出来ない。また作品の特性上、「最後」がどうなるのかが評価を決定的なものとするので、「最終話」が終わってから機会があれば改めて評価・感想を述べたい。


ただ、シリーズ通してのヒロインである岩田の演技は結構良いと思う。かわいいルックスと適度な脱力感を感じさせる演技が、グラビア・レポーター・歌手などなどいろんなことをとにかくやらされる「売り時を逃しつつあるB級アイドル」の役にばっちりはまっている。

流石に作品柄圧倒的な凄みを感じるとかはないが、今クール出演の若手女優の演技の中でも確実に上位に入る。番組が全国ネット且つゴールデンでないのが残念だ。


他の出演役者らもかなり豪華なのに何故こんな扱い?



・山おんな壁おんな △


主役が伊藤美咲に深田恭子という点で期待薄な雰囲気を放出しまくっている今作。まあ、親が毎週見ているのでついでに目にしてしまうのであるが、当初の予想程には悪くなく「時間つぶし」として見ることは出来るぐらいの内容ではある。


とは言え、今作の舞台になっているデパートにおいてトップの売上げ成績を誇る主役の2人を演じている伊藤・深田両女優の演技力・魅力のなさが終始痛い。

特に深田にいたってはあのどっから声が出ているのかと疑いたくもなるようなセリフ回しが・・・。10代の時ならいざしらず、流石にもうこの年では・・・。


胸の小さな人をバカにしている内容構成にも疑問。そして胸が小さなことをやたらと気にする伊藤美咲演じる役においても、何故そういう風になったのかの説明がもう少し欲しいところ。今時こういうのはナンセンスだろう。漫画ではまだしも実写でやるには見ていて寒い。


しかし、これらことは観賞した時点で分かりきっていることであるのでまだいいのだが、個人的にかなり許せないのは、話の舞台であるデパート絡みでの「ありえない描写」の数々だ。


特にこの前の話における、

「売上争いのライバルの好調な売上に負けないために、主登場人物の1人が勤務時間中に制服姿で自腹で商品を買う」

の描写は最悪だ。このことが如何に非常識でありえないことであるか、小売業界に携わったことがある者ならば容易に分かる。

今、何を売っているか関係なく小売業界においては店員の管理が凄まじく厳しくなっている。中には制服姿での外出禁止というところも少なくない。それ以外にも超管理主義・超マニュアル主義の企業方針の下、もちろん上記勤務時間中での「買い物」なんぞはもってのほか。中でも限りなく店員管理や接客方針が厳しいであろうデパートを舞台にしたドラマでこういったあほすぎる描写を平然としているのは、制作者の怠慢・傲慢以外の何者でもない。そういった点の積み重ねが視聴率低迷といった事態をもたらしていることに何故気づかないのだろうか・・・。



・地獄の沙汰もヨメ次第 ××


今クールの作品でワースト作品を決めるとすれば今作であろう。1回目から嫁と姑との間で繰り広げられるあまりにばかばかしいやり取りにうんざりして速攻挫折。野際陽子演じる姑の人間性の何と酷いこと。鑑賞者を舐めるなと言いたい。



・肩ごしの恋人 ××


唯川恵の長編作品が原作となっているドラマ。

キャストやらその演技やらと言うよりも、今作のメインキャラである女性の人間性や奔放すぎる男女関係に生理的についていけない。昼ドラ以上のドロドロさ。

視聴率はかなり低いようだが、それも当然だろう。ただ「汚れ」の内容だけを延々見せ付けられることに共感を得る人は皆無。何の面白みもない。散々ある汚れの描写を経ての何かを見せられない限りこの作品に未来はない。


相変わらず米倉主演作品はつまらない。上戸と同じオスカー所属であるが、この2人(+堀北)ほど出演しているドラマがつまらない者もいない。私にとって米倉は「永遠の3流女優」だ。



・山田太郎物語 △


本物の金持ちと、本物の金持ちと回りから勝手に思われてはいるが実は貧乏である人物との交流を描いたドラマ。

恐らく多部ちゃん初の連続ドラマ出演ということもあり義理で見た作品であるが・・・。

まあ内容的には厳しいっす。作品に流れるゆる~い雰囲気が見所の一つであろうが・・・。今の所正真正銘の金持ち側を演じている櫻井君にあまり魅力を感じず・・・。多部ちゃんもね~、かわいくていいのだが役が悪すぎ・・・。いい加減多部ちゃんの魅力だけで見続けるのも辛い・・・。


それにしてもTMRの西川君との熱愛が発覚した大塚ちひろが今作に出演しているのであるが・・・。「白夜行」の時のかわいさが嘘であるかのように魅力がなくなっているな~。ただでさえこの人、長澤まさみの同期ということで恵まれた境遇に居るとは言えないのに・・・。これではあかんでしょ。


スポンサーサイト




2007/07/20 01:42|ドラマ・テレビ番組評トラックバック:0コメント:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/570-03cfc37b

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。