バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~GIZAの今後はどうなるの?~ジャズ入門には適した作品?

●早川えみ 「You and Me and Jazz」 評価:B

ジャンル:ジャズ


amalogo111.jpg
(2007/07/11)


試聴は→http://emi-hayakawa.com/disco.html

1. Smile
2. Non dimenticar
3. But not for me
4. On a slow boat to China
5. Tea for two
6. Somebody loves me
7. Avalon
8. Lullaby of Birdland
9. You and the night and the music
10. It's been a long,long time
11. Till there was you
12. Almost like being in love
13. Gone too soon

(カバーアルバムなので各曲に対する評価は行いません)





既にパン工場のライブでアーティストデビューを果たしている早川えみの、GIZAからのデビュー作品。

管理人好みのルックス・スタイルと名古屋在住という経歴もあり、個人的に非常に気にかけていたのだが・・・。とりあえず無事?デビューすることが出来たようでホッとしている。地元ということもあってか、私が購入した店では面展示で台に積まれ、お勧め盤として試聴器に入っているなど中々の扱いであった。

(余談であるが、どうやら彼女はデザイン関係の会社で働きつつ、モデルの仕事もやっているようである。メジャーデビューした今どうなっているのかはわからないが・・・。)



今作はオリジナル作品ではなく、彼女の音楽的ルーツであるジャズの楽曲の中から、時代やアーティスト関係なく、候補曲の中から本人のインスピレーションでピンと来たものを率直に選曲したカバー作品とのこと。
(カバーアルバムがデビュー作という点は竹井詩織里と同じ。竹井と絡めた話は後述する。)



ただ、選曲を見るに、一番新しい13曲目(マイケル・ジャクソン)でも15年ほど前のものであり、それ以外の楽曲に関しては、1930年代・50年代の曲が中心で1910年代の曲もあるなど、かなり古くから歌い継がれている曲でまとめられている。ジャズに疎い私にとっては、アーティスト名・曲名共に知らないのが大半であるが、それでもどこかで耳にしたことがある曲が多いのを考えるに、かなり「スタンダード」な選曲になっているのではと、素人ながら勝手に思うところがある。ということもあり、選曲された曲の出来に関しては不満はない。


まあ、こういった往年の名曲のカバー作品の場合、重要となるのはカバーに際しての「編曲」と「歌い手の歌唱力・魅力」に集約されていると言ってもいいだろう。


編曲に関しては、演奏を含めサウンドプロデュースと編曲を竹井詩織里やアンナ・ケイで御なじみディメンションの面々が担当していることもあり、非常に良い仕上がりとなっている。特に、この両アーティストの作品もそうであるが、巧みな構成を見せながらも、あまりジャズを聴かない人々にも抵抗なく聴かせる音作りには、毎度のことながら「さすが」と感心させられる。


一方の歌唱に関してであるが・・・。パンライブでの歌唱を2回聴いた上での個人的予想とは違い(何故?)、物凄くストレート且つソフト&ライトである。同僚である竹井やアンナ・ケイと比べても、それらがかなり際立っており、さらに両者に比べて声や歌いまわしにかわいさがあるのも、そのストレートさやライトさ故に「これといっての特徴を感じ取れない中での数少ない特徴」ではないだろうか。


こういった歌唱は、ジャズを日々愛好している方々にとっては「ものたりない」「個性がない」「スウィングしてない」といった厳しい評価に繋がってしまう可能性もあると思うが、「本格派」が苦手な「なんちゃってジャズリスナー」である私にとっては、「ポップス」の領域で括ることすら可能であろう「ここまでストレート且つソフトでいいのか!!」と思ってしまうぐらいの彼女の歌唱・声質はとても魅力的でありがたい。歌唱技術や表現力といった技術的な点に関しては「どうだろうか・・・」と思うところもあり、これからの修練が問われるところでもあるが、こと聴き易さに関しては上記先輩らを凌ぐ。ジャズに限定した場合の適性に関しては、オールランダー的側面を持っている竹井よりも上であると、両名のカバー作品を聴いた限りでは思う。ボーカリストとしての潜在能力はかなりのものだ。


カバーアルバムとしての出来を考えても、明らかにカバーするに適していない曲が散見する竹井のそれよりもずっと良いと思う。本格派のジャズファンには積極的にお勧めできないが、少なくとも私のように本格派が苦手でソフトな歌唱をお望みのリスナー、「ジャズに興味があるけどちょっと・・・」と考えていらっしゃるリスナーに対する「ジャズ入門用作品」としてなかなかの出来ではないだろうか。評価こそBであるが、それは元々カバー嫌いの管理人の性格によるものであり(原則80点以上に相当する評価はしない)、それを考えるとほぼ最高レベルの評価である。


ただ、問題なのは、どうこう言っても今作がカバーアルバムであることだろう。カバーを出したあとの「オリジナル曲」の出来や作風がどうなるかが、これから彼女が問われることであろう。そこのところGIZAにはきちんと対応していただきたいと思うわけであるが・・・。


そして、最大の懸念材料は、Being/GIZA内で「ほぼ竹井だけ」であったこの手のジャンルのシンガーが急に増えてしまったことだ。現在では竹井詩織里、アンナ・ケイ、そして今回取り上げた早川とさらにそれに加え早川と同時期にデビューした小泉ニロと既に4名もいる。新レーベルNORTHERN MUSICの設立もあろうが、所属アーティストが少ない状況でジャンルが被るアーティストが4組もいて問題がないのであろうか?少なくとも小泉を除く3名に関しては、ディメンションが積極的に作品作りに協力していることもあり、今後各々アーティストの特性を出していけるのか、や作品クオリティーの維持といった点に関し不安を抱いてしまう。

それ以前に早川自身がオリジナルでどういった音楽をやるのかを早急に決める必要もあろう。

頼むからデビューさすだけさして後は・・・ってな展開にならぬようしっかりとGIZAには面倒を見ていただきたいと思う。
スポンサーサイト




2007/07/21 22:40|アルバムレビュートラックバック:0コメント:4

コメント
最近は
本当にメジャーデビューばっかりさせてますね、あそこは。
あまりにも乱発させすぎて真中以降のデビュー組にはイマイチ興味を持てません(苦笑)
本当に久々の男性バンド辺りはしばらく様子を見るつもりですが…。
ジャズといえば森田&森川姉妹と青紀ひかりがいましたが、彼女らはどうしたんですかねぇ。

さて、ところで高岡の久々の新曲「こいはなび」、個人的にはなかなかいい出来です!ただアレンジがちょっと微妙かな…ドラム音のタイミングが。
頑張れば高岡は「こいはなび」や「control the sun」のような、程よくPOPで少し面白い独自のメロディー展開を見せる曲を作れるんだから、底辺のタイアップや活動ばかりじゃなく今回の様なチャンスをもっと与えてあげれば伸びるような気がするんですけどね…。
あっきー #7LEJAFRk|2007/07/22(日) 21:26 [ 編集 ]


>あっきーさんへ

ほんと、今年はメジャーデビューばかりですよ。

しかしご指摘のように乱発しているだけで・・・。真中さんもそうですけど、全く売り出せていないですよね。本人の実力・魅力以前にきちんと売り出す気があるのかと、疑問ですわ。

いろんな方からも意見がありますが、今のBeing/GIZAは「ジャズ・ボサノヴァレーベル」と化してますよね。

上記3名に加え、竹井、アンナ・ケイ、そして早川・小泉と・・・。


高岡さんの新曲は私もまずまずだと思います。

自作自演アーティストは貴重ですので、もっと社には伸ばしていただきたいところ。
バツ丸 #-|2007/07/23(月) 00:55 [ 編集 ]

2ndアルバム
少し久しぶりにコメントさせてもらいますね(^^;1年以上も前のアルバムなので、コメントするのはどうかなぁと思いながらも、自分は8月に発売された2ndアルバムを先に買ったのを機に、その後で今頃になって1stも買いました。
1stアルバムは発売された当時、カバーアルバムという事で懸念してしまって、視聴しても何となくゆったりとした曲が多くて物足りなさそうな印象を受けて結局聴かずじまいだったんです。あれから1年程経ち、2ndアルバムが発売されるということでインタビュー記事を読んだりしていて、何となく期待が持てそうだと思い買うことにしました。実際に聴いてみてもJ-POP風に仕上がっているようで、聴きやすくなったように感じましたね。どおりでアレンジャーが古井弘人さんや小林哲さん面々でしたが、てっきりディメンションの方が担当すると思っていました(^^)
それでもやっぱりオリジナルも聴きたいですが、2ndはカバーであって、そうでないような、ジャズなのにJ-POPのような不思議な印象をも受けてしまいました。
1stアルバムも買って聴いてみると、確かにゆったりした曲が多くこっちの方がジャズっぽい本格的な感じがするけど、何度も聴いていくうちにソフトな歌声に心が癒えるような感じです。もし2ndの方も聴いていたらレビューしてもらえるとありがたいですが、そこまで手が回らない状態ですよね?
U-chan #-|2008/09/16(火) 22:42 [ 編集 ]

まだ聴いてない
>U-chanさんへ

久しぶりでございます。

コメントは大いに歓迎なんでおかまいなく。

早川さんの2作目はまだ買ってないのですよ。お小遣いが出たら中島さんのと一緒に買いたいのですが、これから何かと入用なので・・・。

早川さんのはとにかく聴きやすいのがいいですわ。本格ジャズはどうも苦手なので。

レビューは簡易レビューの形でもいいからやれたらと思うのですけどね。

自分を取り巻く状況が好転出来たら更新頻度内容共にもう少しましになると思います。
バツ丸 #-|2008/09/19(金) 23:00 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/571-d06fae3b

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。