バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~今年の娯楽系ナンバー1作品か?

●melody. 「READY TO GO!」(初回限定生産盤)(DVD付) 評価:A+

ジャンル:洋ポップス R&B ダンス


amalogo111.jpg
(2007/7/4)


1. Finding My Road
2. with you
3. Love Story
4. All For Love
5. HOPE

6. Glory of Love
7. READY TO GO!
8. ONE DAY
9. Lovin'U
10. REAL ME
11. ALL I DO
12. Shine
13. Dangerous


<問題点・注意点>

1・曲の出来に若干のムラがある
2・シングル曲とアルバムオリジナル曲が少しかみ合っていない
3・依然、「Believe Me」「Now」未収録
4・ジャケ写のmelody.ケバ過ぎ・・・





まあ、二元論的分類であるので、分類方法として必ずしも適切であるわけではないのだが、個人的に音楽は「作品性のそれ」「娯楽性のそれ」の2つに分けて考えることが多い。

前者は芸術性や思想的な部分が強い、後者はそういったものは薄いが聴いていて多くの人が楽しめる、と思っていただければいいだろう。

ジャンルで言うと、ヘヴィー・メタルやプログレ、プログレメタル、ポストロックなどが前者、ポップス、ロック、洋ポップスやR&B、ハードロックなどが後者に当たる。

当ブログで良く出てくるアーティストや有名なアーティストで例に具体的に分けると、「作品性アーティスト」はGARNET CROW、Fayray、FEEL SO BAD、大鴉、新居昭乃、湯川潮音、鬼束ちひろ、熊木杏里、HEAD PHONES PRESIDENT・・・、「娯楽性アーティスト」は倉木麻衣、愛内里菜、倖田來未、浜崎あゆみ、JYONGRI、伊藤由奈、絢香、BoA、YUI・・・となるか。


今までのランキング~上半期のランキングでもいいが、それらを見るに、個人的にはどちらかと言うと「作品性」のあるアーティストを好きになる・評価する傾向にあるようだ。上半期のアルバムランキングで言うと完全に「娯楽性」アーティストであるのはJYONGRIだけ。SNoWや竹井詩織里も入れられないことはないが、どのみちそれを含めても少ないのには違いない。

かといって別に娯楽性に溢れるメジャー音楽が嫌いではない。誤解があるかもしれないが、管理人は結構ミーハーなのである。それはさておき、このような一般受けする音楽が隆盛してこそシーンが活性化し、そうでない音楽も活性化すると確信している。

とまあ、大変前置きが長くなりすぎたが、今回紹介するmelody.の3rdアルバムは、改めてこのことを感じさせてくれる、また彼女の活動の着実な積み重ねと、それにともなういい意味での「変化」を感じ取ることの出来る良作に仕上がったと思う。



その大きなものが曲であろう。今作では5・7・13曲目に顕著にあるように、「ビート」の効いた力強い曲が強固な存在感を放っている。シングルでは「繊細な美声をいかしたバラードや爽快でアップテンポな曲」が多く、ともすれば面白みのない楽曲になりがちであるが、アルバムオリジナル曲において毎度かなりのものを見せ付けてきた彼女の強みが今作でも如何なく出ている。通常のこの手のアーティストとは違い、シングル曲が「看板」とはならず、本場アメリカのこの手のアーティストもかくや、と思えるぐらいの重厚でしっかりとした作りを感じさせるアルバムオリジナル曲こそが、彼女の真骨頂であり、その実力を見事に反映しているのである。いわゆる「いかにも海外の亜流っぽい=悪い意味でJ-洋ポップス的なインチキっぽさや安っぽさ」がない。他の同種アーティストに対するアドバンテージとなっている。


特に、前作においても数々の良曲を提供してきたKURISとTakuya Haradaの曲が圧倒的に素晴らしい(5・7はKURIS、13はHarada それ以外にも高評価した3曲・1曲目もこの両者各々が担当している)。

それ以外にも、従来のシングルで見せた爽快な楽曲は当然、スパニッシュテイスト、エスニックテイストを感じさせ躍動感と情熱に溢れる10曲目や、アコースティックバラード曲の8曲目やしんみりと聴かせる11曲のような曲があるなど、今まで以上にバラエティに富んだ内容だ。前作のように序盤の良さに対し後半バラードだらけで失速するようなこともなく、終始その構成がしっかりとしており飽きさせない。最終曲をバラードにせず躍動感溢れるダンス曲にしたのも良かった。


そして、こういった楽曲の質向上や多様化に呼応するかのように飛躍的な成長を見せた彼女の歌唱が実に見事である。melody.と言えば即「繊細で透明感と美しさのあるクリスタルボイス」というイメージがあるが、かつての「Now」や「De ja vu」にあるように、時に力強い歌唱も見せてもいた。今作では、ライブを通して歌唱により自信を持ったのか、特に5・7・13曲目のようなビートの効いた曲においてそういった彼女の歌唱の一面が飛躍的な成長を感じ取ることが出来る。もちろん、従来の繊細で美しい歌唱は顕在、どころかこちらも一層の成長を見せている。また、日本語の発音も以前より格段に向上しており、このことと上記相対する歌唱要素各々の成長とが、歌唱を通しての感情表現をより多彩で深いものとした。今まで以上に収録各曲の魅力に関し彼女に支えられた部分が多いように思う。

それらことを象徴するのが、3曲目であろう。曲の出来もさることながら、melody.の悲哀に満ち且つスケールの大きな歌唱が胸を打つ・・・。終盤のサビ繰り返しのところは何度聴いてもぐっとくる。彼女のバラード曲の中でも最高の1曲。今年を代表する良曲だ。


この歌唱にしてこの良曲の数々・・・。英語オンリー曲の素晴らしさもあり、ほんと日本市場だけに押し込めておくのがもったいない。いっそのことアメリカやイギリスでも積極的に活動しても良いのではないだろうか。この両国のチャートをにぎわせているなまじの女性ポップスアーティストよりも遥かにmelody.の方が魅力的だと思う。


ただ、非常に素晴らしい作品ではあるが、今作が傑作である1stアルバムを凌ぐ出来であるかと言うと、微妙な点がある。

2ndアルバムに比べるとかなりマシになったが、アルバム収録曲の出来に1stアルバムほどの安定感がない。

だが、それ以上に深刻なのは、作風のばらつきか・・・。

結局彼女の場合日本が主活動領域ということもあってか、どうしてもシングルでは「爽やかで当たり障りのない曲」になってしまいがちだ。そのことは確かに彼女の売出しを考える上である程度の役割を果たしたと思う。が、一方で今まで以上に重厚さや強靭さを増したアルバムオリジナル曲と比較すると、その完成度や作風に違和感や不満を抱かずには居られない。前作のレビューでも書いたが、大人の事情で未収録になっているmelody.最高傑作曲である「Believe me」や「Now」が今作黒字表記曲に変わり収録されていたら・・・。一体何の理由があって収録されないのだろうか?


しかし、それでも自分にとって、「絢香やBoA、JYONGURIや伊藤由奈もいいけど、やっぱり一番いいのはmelody.」だよね、と思わせてくれるに十分な出来であった。今作をして、この手のジャンルにおいてmelody.が一歩ぬきんでた存在になったように思う。活動4年目で早くも円熟の境地に達したか?


ただ、楽曲の出来とは全く関係ないが、今作のジャケ写はよろしくない。もうケバ過ぎ。彼女はどちらかと言うと今作ジャケのようなメイクよりも、前作のような抑え目のメイクの方がずっと合っている。土台が美人なのだからゴテゴテメイクにする必要はないだろうに。個人的には勘弁してほしい。










・アーティスト評価
歌唱力9 (↑)
作曲-- ()
編曲9 (↑)
独創性8 (→)
安定性8 (→)
8 (↑)
総合8 (→)
熱中度9 (↑)

スポンサーサイト




2007/07/25 00:00|アルバムレビュートラックバック:1コメント:6

コメント
待ってました!
はじめまして。今回melody.のアルバムは個人的にはかなりツボだったのでバツ丸さんのレビューをとても楽しみにしてました!特に1、4、7、13はかなり好きです。
作品系アーティストと娯楽系アーティストの説明は凄く頷かされました。こんな訳方があるんですね。自分は完全に娯楽系でしたw
これからもレビュー楽しみにしてます(*´艸`*)
C.L.EveR #CjlWd7YA|2007/07/27(金) 02:40 [ 編集 ]


>C.L.EveRさまへ

はじめまして。書き込みありがとうございます。

今作は非常に良かったですね~。1・4・7・13曲目は私も大好きです。

作品系・娯楽系の区分は私の脳内で勝手に行っているもので・・・。ま、テキトーです。

娯楽系の隆盛はシーンにとってよいと思うのですが、それでもどちらかと言うと作品系ですかね。


C.L.EveRさまもレビューブログやられておられるのですね。ちょくちょくお邪魔しますね。


バツ丸 #-|2007/07/28(土) 02:01 [ 編集 ]


どうもこんにちは。melodyのアルバム出ましたね~売り上げは芳しくないみたいですが、最近3作のシングル曲がかなり気に入ってるので、今度チェックしてみます。

O Limited Executionの「零」を聞かれたんですか~僕もこないだ偶然彼らの存在を知って購入して聞きましたが、なかなかの出来だと思います。歌唱力と声量が弱い気もしましたが(汗)声質と声の迫力感があって、また曲も良いのでこれから期待出来そう?な感じがしました。

ガネの「涙のイエスタデー」を買って何回も聞きましたが…やはりサビが面白くないというか、やはりイマイチな気がします(好きな方には申し訳ないですが)。カップリング曲は相変わらずデビューの頃から維持してきた彼らの独自の雰囲気や世界観が出てて素晴らしいと思いますが…


todo #-|2007/07/28(土) 13:38 [ 編集 ]


うーん、もう1回melody.さん改めて聞いてみます…。
数年前と今では耳も変化してると思うので。
『Believe me』はアルバム収録されていないのですね~。
テレビで流れて「おっ」と思い、曲名覚えてレンタルしに行ったのを覚えてます、勿体無いですねぇ…今でもこの曲好きです。

確かに今回のアルバムジャケを店頭で初めて見た時、「えっ、別人やん!」とビビりました。
1stのジャケのmelody.さん、柔らかな美人ですっごいときめいたのですが…(笑)あの横顔は反則です。

ガネの新曲は結局購入もレンタルもまだだったり…。
試聴をがーっとして来たのですが『涙のイエスタデー』、初聞きの時程の悪印象は無いのですが、弱いかな、というのが正直なところ。アレンジ・歌詞は好きなんですけどね。シングルの中ならまだしもアルバムに収録されるとなると、「うーん」という感じです。

カップリングは好きですね、特に『1番素敵だった日』が。
宮 #9mzW7kM6|2007/07/29(日) 14:15 [ 編集 ]


>宮さんへ

お返事遅れてすいません。

melody.さんはもう一度聴かれてみてもいいと思います。

「Believe me」と「Now」の2曲が収録されないのは、ほんと損失でしかないですね。

彼女のここ数年のケバ化にはついていけません。


ガネに関しては、悪くはないですが、誉める気にはなれませんね。今年で気持ちがかなり離れました。
バツ丸 #-|2007/08/02(木) 23:17 [ 編集 ]


>todoさんへ

melody.さん、売れていないのですか・・・。悲しいです。しかし、出来は良いと思いますので是非チェックしてみてくださいな。

ゼロリミも中々いいと思います。まだまだ甘いし粗いですけどね。

センスはあると思います。HPPや大鴉に比べるとまだまだですけど、将来に期待したいですね。

ガネに関しては既に書いていますけど、悪くはないですけど良いとも思えない・・・。今では彼ら以上の魅力・実力を見せてくれるアーティストが多いですからね。
バツ丸 #-|2007/08/02(木) 23:23 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
◆「READY TO GO!」 melody.
 melody. 1年ぶりとなる3rd Album 「READY TO GO!」 をレンタルしてきました! 先行Single 「Love Story」 や 「Finding My Road」 を含む、全13曲を収録した待望のフルアルバムです。 まずはジャケ写が最高! とくに通常盤の方が好きです☆ 先日リリースしたシングル .
日本の歌姫たち 2007/07/25(水) 20:46

トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/573-fb918d37

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。