バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~エモーショナルダークヘヴィーロックの旗手ここに

●RAMPANT 「CHAIN」 評価:A

ジャンル:ヘヴィーロック ミスクチャー ラウドロック


amalogo111.jpg
(2007/8/12)

試聴は→http://www.audioleaf.com/rampant/
http://www.myspace.com/rampant5


1. monster
2. tuberose
3. angela
4. 浮花
5. laugh and grow fat


<問題点・注意点>

1・高音域での歌唱がやや脆弱
2・「call」未収録


<長いけど序文>

2003年におけるエヴァネッセンスの躍進以降、欧米の音楽シーンの一角を確実に担い、特に欧州においてはトレンドの一つとなっているフィメールボーカルのメタル・ハードロック・ヘヴィーミュージック。しかし、ここ日本のメジャーシーンにおいては「最も活気がない・人気がない・面白みがない」ジャンルになりおおせているように思えてならない。ハイカラや土屋アンナ、木村カエラといった面々がこれらジャンルの成功者として存在している現状が実に嘆かわしい・・・。

しかし、それはあくまでの「メジャー」での話。お世辞でもメジャーとは言えないが、かといってインディーズと言うには抵抗がある「半メジャー・半インディーズ」とも言える領域においては、優れた実力・魅力を有すハード・ヘヴィー系アーティストでひしめき、活気を呈しているのである。

「歌バカ」やここで取り上げたアーティストを見るだけでも、HEAD PHONES PRESIDENT、大鴉、ALHAMBRA、シェリーズ、Kacica、school Food Punishment、星田紫帆、亜矢、アフェイジア、TorN、0 Limited Execution、Saber Tiger・・・。

そして今回取り上げるRAMPANTも、その一つに確実に挙げることの出来るバンドである。

このバンドについてざっと説明しておこう。RAMPANTはボーカルHIrokoを中心とした5人編成(ボーカル、ギター×2、ベース、ドラム)のバンドである。2005年11月の結成以降、関西を主軸に積極的なライブ活動を展開しているバンドである。8月には東京でのライブも行ったようで、少しずつであるが活動領域や支持者を増やしているようだ。今作はそんな彼らの初のアルバムとなる作品である。

何故今作をレビュー、というかそもそもこのバンドを知りその音楽を聴くことになったのには、恐らく当人達は忘れているだろうがメンバー直々(ボーカル)に「レビューしてくれ」との依頼があったからである。もちろん、単に依頼されたからだけでレビューをするわけではない。私がかつてはサイト、今はブログをやっている理由の一つに、「メジャー・マイナー関係なく実力・魅力を有すアーティストを紹介したい・知ってもらいたい」があるが、彼らにはそう思わせるだけの魅力・実力があったに他ならないからだ・・・。





簡単に音楽性を説明するとすれば、重く歪んだノイジーなギターが主軸の、モダンヘヴィネスからの影響を受けたアメリカンなミクスチャーミュージックを土台としたそれと言うことが出来よう。

しかし、この手の音楽性にしては欧州のメタルのようなテクニカル且つ速弾きのギターソロ・ツインリードを主としたインストパートの充実と、時折民族音楽からの影響を感じさせるトライヴァルなドラム・リズム感があるのが面白い(本家アメリカのこの手のバンドもそうであるし、HEAD PHONES PRESIDETもそうであるが、こういった系統の音楽はギターソロが存在しないのも珍しくない)。音質面を含めサウンド構成・展開に甘さはあるが、楽曲・演奏から感じ取れる潜在能力・センスにはただならぬものがある。

だが、最たる特徴は、2・3・5曲目が示すように、ミクスチャー的な重厚なリフとそれに相対するエモーショナルなギターソロ、そして何より、荒削りながらも凄まじい叙情性を見せるHIrokoのボーカルによる作品全体をトコトン貫くダーク且つエモーショナルな作風であろう。いや、エモーショナルでは生ぬるいか・・・。儚さと激情とを織り交ぜた、悲壮感すら感じさせるボーカルが描き出す、別れや悲しみ・孤独を主題としたダークな楽曲世界がとにかく胸を打つ。ここまでダーク且つエモーショナルに徹したバンドもないだろう。
(時折彼らの音楽性を表現するのに「エヴァネッセンス的云々」と書かれているのを目にするが、この点及び作風に関して欧州的な雰囲気を殆ど感じさせない点もで大きく間違っていると思う。)

この姿勢、このセンスの良さ、誠あっぱれである。


ただ、気になった点もなくはない。

まずは、ビシバシ決まる起承転とは対照的に終わりが「あっさり・ばっさり」の傾向にあること。あっさり・ばっさりとすることによる「散り」の美学の表現があるのかもしれないが、もう少し余韻を引きずるような終わり方にした方が良いように思う。さすれば、彼らの魅力がより引き立つのではないだろうか。


もう一つは、「call」が未収録であること。これは理解に苦しむ。上記URL両方において公開されていることからも、彼らにとっても思い入れと自信とがある曲と推測して良いだろう。コンピレーションアルバムに収録されているのもこの曲だ。何で収録しなかったのであろうか・・・。私がこのバンドに興味関心を持ちレビューするに至ったのも、まさに彼らのアーティストとしての本質を端的に示す非常に素晴らしいこの曲あってのことである。次の作品では是非とも収録していただきたい。


レビュー依頼を受けた際に「依頼を受けたからといってレビュー書くときに遠慮はしない」と返事をしたが故に思うところをしっかりと書いたが、この先の更なる飛躍を願ってやまない素晴らしいバンドである。ライブも生で見てみたい。


往年の鬼束ちひろやCOCCOといった情念系の音楽やヘヴィーで感情表現の激しい音楽が好き、何よりこういった音楽に飢えている人に間違いなくお勧めの作品である。









・アーティスト評価
歌唱力9 ()
作曲8 ()
編曲8 ()
独創性8 ()
安定性8 ()
8 ()
総合8 ()
熱中度8 ()

スポンサーサイト




2007/09/24 23:22|アルバムレビュートラックバック:0コメント:2

コメント

どうもこんにちは。左手の人差し指の先を骨折して少しテンション下がり気味です(苦笑)

rampantのレビュー見ました~実はバツ丸さんのレビューを見てから購入しようか判断しようと思ってました。でも「call」入ってないので正直迷ってます…

あと結構前になりますが、シェリーズの「夕暮れサイケビート」も買って聞きました。あの「ゾクゾク感」なかなか良いですね~確かに、その後にチャットモンチーを聞くと拍子抜けしそうです。

凛さんは元々ハロプロでいたみたいですが、今の歌唱を聞くとその面影は全く無いです。また僕も自分のブログでレビューしますが、玉置成実のプロデューサーをしてた人が凛さんをプロデュースをしてるみたいので、曲自体には若干そういう雰囲気がありますね。

そうでしたか~いつもご覧いただきありがとうございます。最近星田さんのリリースをずっと心待ちにしてるんですが、何か年内に出る気配ないですね…

todo #-|2007/09/27(木) 15:46 [ 編集 ]


>todoさんへ

お返事遅れてしまい大変申し訳ありません。指の骨折とはかなり大変ですね。後々に響かないものであれば良いのですが。

私は両親指に右手人差し指と小指の筋を痛めていて二度と治らないですね。握力も物凄く弱くて・・・。

rampantに関しては、callが入っていないのはマイナスポイントですけど、値段1000円ですので・・・。お買い得ですよ。

シェリーズを買われたとは・・・。あの展開のゾクゾクに発想の豊かさは尋常ではないですね。

チャットモンチーは悪いとまでは言いませんが個人的にはあまり感じるものがないですね。
シェリーズとは比べられないです。

凛さんは私も少し調べました。

金に余力があればほしいですね。レンタルには出ないでしょうね。

ほっしーは曲溜まっているのに何故出さないのでしょうかね。


全く問題ないと思いますが。
バツ丸 #-|2007/10/01(月) 23:31 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/608-ecfef473

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。