バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

CDレビュー~こ、これは80年代レジームの再興か・・・?

●Perfume 「Perfume~Complete Best~(DVD付)」 評価:AA

ジャンル:テクノポップ


amalogo111.jpg
(2007/2/14)

視聴は→http://www.tkma.co.jp/tjc/j_pop/perfume/disco.html


1. パーフェクトスター・パーフェクトスタイル
2. リニアモーターガール

3. コンピューターシティ
4. エレクトロ・ワールド
5. 引力
6. モノクロームエフェクト
7. ビタミンドロップ
8. スウィートドーナッツ
9. ファンデーション
10. コンピューター ドライビング

11. Perfume
12. wonder2


<問題点>

1・1~4曲目の持つ圧倒的な勢いに比べるとそれ以降、特に中盤が弱い


<またまた序文>

今年初めごろから評価が高まり、夏における木村カエラの猛プッシュを契機に一気に人気に火がついたガールズテクノポップグループのPerfume。、広島県出身で同学年の樫野有香(かしゆか)、大本彩乃(のっち)、西脇綾香(あ~ちゃん)の3名により2001年結成。2003年に活動拠点を東京に移しメジャーデビューをする。先日新曲「ポリリズム」がオリコン上位に入り、またNHKの「MUSIC JAPAN」に出演するなど、既にめざましい活躍をしている
(「ポリリズム」がNHK環境リサイクルキャンペーンソングとなっていることからも下手すると紅白に出演する可能性もあるかも?)。

一応業界関係者ということもあり、今年の初めぐらいには彼女らがブレイクしそうだとの話を聞いてはいたが、まさかここまでになるとは・・・。また、木村カエラをはじめとした業界有力者からの猛烈プッシュも、その理由であろう。
今年の下半期のシーンを面白くする台風の目となりそうだ。

今回はその彼女らの、「best」とついてはいるが、ベストアルバムではなく、実質の1stアルバムである今作を取り上げる。
(ちなみに今作は2006年8月に発売された同名タイトルの通常再発盤である。初回限定盤は「モノクロームエフェクト」のPVが見れることもあり、各所でびっくりな価格で取引されている。)


いや、ほんと素晴らしい作品。「best」と銘打たれているのにもうなづける。何故こんなにも良いのか、はまってしまうのかを考えたとき、当然楽曲が良いことがその一番の理由であるのだが、それ以外にも大変興味深い点があることに気づいた。それは・・・。見出しにあるように、今作には80年代音楽・80年代文化からの影響が多々存在することにあるように思う・・・。





音楽性はデジタルサウンドを駆使したテクノポップ。個人的に全く知らないのだが、その筋でかなり有名なcapsuleの中田ヤスタカがプロデュースと作曲(多くの曲で作詞も)を全面的に手がけていることもあるのだろうが、同一フレーズの反復と様々なリズムと電子音とを多用した編曲は恐ろしく緻密で「計算されつくしている」という言葉がぴったり。しかし、そこまでであるのなら、この手の音楽にとってある意味当然のことであるとも言える。


このグループが今注目され、各所で高い評価を得ているのは、単にこのことのみならず、さらに計算高く様々な意匠が凝らされているからであると思う。そして、そのキーワードとなるのが、上にもあるように「80年代」だ。

若い女の子3人編成及び彼女らのキュートなボーカルを全面に押し出した、一度聴いたら子供でもすぐ歌えそうな分かりやすい且つ哀愁を漂わす歌メロ(要は歌う際高い技術を要求しない)に、かわいくてユニークな衣装とダンスという要素は、まさに80年代のアイドルグループ・アイドル歌謡の中核要素。

また、洗練された電子サウンドの中に時折恣意的に混ぜられた「安っぽい電子サウンドやマシンボイス」も、家庭用ゲーム初期のゲームソフトのサントラを想起させる。

それらだけに止まらず、さらに、それらに中田と木の子の書く、

「手塚治虫のSF漫画的(アトム今昔物語とか・・・)な、様々な領域におけるデジタル化・ロボット化が行き着いた近未来社会の良さと悲しみを時に切なく、時にシリアスに描いた、これまたデジタル化がまだ未来のことであった80年代的なSF観を感じさせる詞」

が加わることにより、そのサウンドやノリのよい作風とは対照的なノスタルジーや哀愁を不思議にも感じさせる。木村カエラがこのグループをプッシュする際に「PVもすっごいかわいいし、曲もすっごくよくて。なんか懐かしい感じというか、今の時代にない感じで面白い」と言っていたが、特に後半の部分はPerfumeの音楽性を非常に的確に言い当てていると言えるだろう。「近未来テクノ3部作」と称されている「リニアモーターガール」「コンピューターシティ」「エレクトロ・ワールド」の3曲は、このことを象徴する代表的楽曲であり文句なしの良曲。


これらことが、恐らく20代後半から30代後半ぐらいの人々がメイン支持層となっている一番の理由であろう(過去数回インストイベントを見た限りでの見解であるが)。

いや、そうではなくて、このグループの存在や音楽性の何もかもが、80年代を懐かしく思える人々をピンポイントで狙い撃ちするための高度な計算・戦略であるとすら私には思えてくる。それぐらいにすべてが完成度が高い。しかもそれを、21世紀のテクノロジーをふんだんに用いてやっているのだから、尚のこと中田ヤスタカの手腕とPerfumeメンバーの実力・魅力が光る。

大げさな表現になるが、Perfumeの今年における躍進は、ひょっとしたらここ数年のエンタメ業界を席巻していた「70年代ブーム」が「80年代のそれ」へと移行しつつあることを示しているのかもしれない。


ただ、あえてケチをつけるとすれば、「近未来テクノ3部作」のある序盤4曲の圧倒的な凄さに比べると中盤あたりの楽曲が少し弱かったのが今作の、恐らく唯一の弱点なのではと思う。


とまあ、いろいろ書いたわけであるが、そんなこと関係なくとにかくキュートでポップでノリが良く、楽しく聴ける優れた音楽であるので、とてもお勧めである。今年下半期の音楽シーンのキーワードはPerfume。ラジオのレギュラーも多数獲得し、ひょっとしたら紅白に出演するのでは?と思わせもする勢いのある彼女らを是非ともチェックしていただきたい。


<追記>

キュートな衣装と踊り、センスの良いCGを見事に融合させた完成度の高いPVもPerfumeの醍醐味であると言える。21世紀に入ってからのPVとは一線を隔したそのつくりも、それを押し出しているのもある意味、MTV時代である80年代的であると言えるのかもしれない・・・。










・アーティスト評価
歌唱力8 ()
作曲9 ()
編曲10 ()
独創性9 ()
安定性9 ()
8 ()
総合9 ()
熱中度9 ()

スポンサーサイト




2007/09/30 01:44|アルバムレビュートラックバック:0コメント:2

コメント

 雑誌「QuickJapan」の最新号(74号)はPerfume特集ですよ。
http://quicjapanbooks.seesaa.net/article/58480291.html

 Perfumeは、インターネット上で口コミで以前から噂になっていましたね。僕個人としては、『エレクトロワールド』が一番良い曲だと思いますね。この曲は、エレキギターの爆音と、テクノサウンドの融合が疾走感を感じさせて本当に良いですね。
金魚花火 #-|2007/10/24(水) 17:07 [ 編集 ]


>金魚花火さんへ

情報提供ありがとうございます。早速購入して読みました。


私の知る限りでは彼女らは昨年の終わりから今年初頭ぐらい話題になったと思います。

私は「エレクトロワールド」「リニアモータガール」「チョコレイト・ディスコ」あたりがとても好きですね。

「エレクトロワールド」はあの疾走感とノリがたまりませんね。
バツ丸 #-|2007/10/28(日) 22:54 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/611-43997250

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。