バツ丸のエンタメ問答

音楽・映画・本好きのためのよろずやブログ

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

カレンダー 

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ただいまのお時間 

最近の記事 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

おすすめ書籍 



読書履歴! 









検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--/--/-- --:--|スポンサー広告

1曲選べと言うけれど・・・~悩める秋

10月になりました。今年ももう残り3ヶ月を切りましたですね。

どの業界においても、個人的にも「年末」を意識し始める時期であると思います。

毎年年末に各種エンタメ関連の私的賞選出している私も、実質は12月の中旬にほぼ決定してしまうことから、あと2ヶ月くらいで選出しなければならない、というわけでして・・・。もう年内のリリースもほぼ決定していることもあり、そろそろ頭の中であれこれ考えたりCDを聴きなおしたり、ということを始めなければならなくなりましたね。

特に最優秀楽曲に関しては、現時点でもかなり悩みまくっております。


まあ、半分手抜き記事ではありますが、現時点での有力候補曲を比較的多めに紹介いたします。


では行ってみよう!!




・植村花菜 「冷たい雨」

リピート回数ではこの曲が一番でしょうな。彼女の新基軸を見せたダークなメロディーと歌唱は絶品。才能豊かな人です。



・柴田淳 「青の時間」「人魚の声」「君を思えば・・・」

移籍を経て、ここ数年のスランプが嘘のような傑作を聴かせてくれたしばじゅん。どの曲も良いのですが、やはりその中でも上記3曲でしょう。絶品の悲哀表現とスケールの大きい歌唱は「これぞ歌手」と言うにふさわしいと思います。その世界感に、歌唱に泣ける~~!!



・melody. 「Love story」「READY TO GO!」

今までも素晴らしい曲を送り出してくれた彼女ですが、今年は更なる成長を感じた年でもありましたね。極上の哀愁バラードである「Love Story」とビートの効いた「READY TO GO!」両方における彼女の歌唱はそれを如実に示していますね。今年のアルバムで彼女は一歩抜きん出たと思います。



・竹井詩織里 「いびつな果実」「at eighteen」

何だかんだと不満はありますが、時に素晴らしい曲を送り出してくれるものですからファンをやめられませんな。繊細にして表現豊かな歌唱が素晴らしいですね。



・SNoW 「Through My Eyes」

強靭として荒涼とした雰囲気をもつブリティッシュハード的なこの曲の持つかっこよい雰囲気にはしびれます。クールさとパッションの融合とでも言いますか・・・。最近音沙汰ないみたいだけど、この人も物凄い才能の持ち主であると思いますね。



・湯川潮音 「木漏れび」

菅野巨匠作曲曲。スケール大きくてイカれてます。



・大鴉 「magnolia」「風舞」「another aspect」

バツ丸ちょ~押しのフィメールメランコリックヘヴィーロック・ハードロックバンド大鴉の2ndアルバムからの選曲。
この3曲、それぞれ全くタイプの違う曲ですが、根幹となっているメランコリックな雰囲気にシャープでメリハリの効いた演奏、ボーカル星花のエモーショナルな歌唱がたまりません。ほんと、もっと多くの人に聴いて頂きたい!!

しかし、一番はプログレッシブな展開が冴える「another aspect」かな・・・。


・OLIVIA(NANA関連の曲も含む) 「Stars Shining Out」「Cut me free」「Tell me」「Recorded Butterflyes」

待望の復活を果たした彼女。ブランクは彼女の化物っぷりを削ぐものではありませんでしたね。いい意味でマニアックさや前衛さとメジャー的なキャッチーさが共存していると思います。アンビエントでダークな曲でも、キレ気味のハードな曲どちらも最高。


・FictionJunction YUUKA 「aikoi」「よろこび」

御代梶浦率いる超強力ユニットFJY。前作の楽曲も素晴らしいですが、今作もお見事でしたね。切なさを放出しながらも優れたリズム感とキャッチーさが良い「aikoi」も壮大なスケール感と深遠さのあるプログレバラード「よろこび」共に梶浦の多様さと構築美溢れる作曲センスの凄さを思い知らされます。深いですな~。どうやったらこんな曲作れるのでしょうかね?

「ピアノ」も素晴らしい曲で、今でも候補曲に入れるか入れないかで悩んでおります。


・石川智晶 「アンインストール」「ミスリード」「僕の空に季節はずれの雨が降る」

SEE-SAWでの相棒である御代梶浦に負けず劣らずの凄さを見せ付けた石川先生。ほんと「僕は彼女の実力をまだ何もしらなかった」のですね。中でも彼女ならではのシニカルさと優しさに満ちた「シニカル3部作」(と勝手に私が命名しているが)のうちの2曲「アンインストール」「ミスリード」の世界観・凄みには鳥肌が立ちます。他の誰がやっても決して真似できない、彼女の強靭な歌唱と表現力があって成立しうるものでしょうね。


・RAMPANT 「tuberose」

エモーショナルヘヴィーロックの新鋭RAMPANTの1stアルバム収録曲。本来ならここに「call」が入る予定だったのだけど、これもとてもよい曲ですね。荒削りながらその激情表現には光るものがあります。



・school food punishment 「pool」「浮かび上がる」

現時点で今年の最優秀新人賞最有力候補であり、最優秀アーティストの候補でもあるSFPの1stアルバムより。

素晴らしい作曲センス・メロディーセンスに石田ショーキチの編曲センスは言わずもがな、圧倒的な感性の良さを見せるボーカル内村の作詞と繊細でキャッチーな歌唱・声質が、前衛的で浮遊感溢れつつも実にポップでセンチメンタルという不思議な楽曲世界へと誘ってくれます。先日RAMPANTのアルバムレビューのところでも書きましたが、半メジャー・半インディーズの領域はとんでもないアーティストでひしめいていますね。



・Emmry FARANDLE 「fly,i will」

突如出来たと言っても良いBGVの新レーベル、「BGV TRIAL レーベル」初のアーティスト(男女ユニット)、Emmry FARANDLEの初公開曲。只今期間限定で公開中。

いや、この曲はすばらしいですよ。

(試聴はこちら→http://bgv.jp/bgvtrial/

ボーカルの方はたぶん日本人なんでしょうけど、アメリカ生まれでドイツ育ち、フランス留学経験もあるなど、欧州文化圏で育った音楽的バックボーンが、本人自ら奏でるヴァイオリンの旋律を筆頭に、欧州、特に北欧や英国的荒涼としながらも牧歌的でもの悲しい雰囲気を存分に出していますね。中々この手の曲ってないですよ。


歌声もそれにぴったりの少しハスキーでウェットな声質をしての美声。

今頓挫している上半期のBeing/GIZA総評(近々再開予定)に書きますけど、今年のここはかつてない動きを見せていますね。ジャズへの傾倒、ノーザンレーベル及びBGV TRIALレーベルの設立と、関西レーベルであったこと&単体アーティストだけでなくレーベル全体のファンを作り、囲い込む、

というここ10年で培ってきた特性・哲学を捨て去ろうとしているように思えてなりません。この判断が吉と出るか凶とでるか・・・、注意深く見守りたいと思います。

あ、話がそれましたが、早くアルバムだしてほしいっすよ。このレーベルには彼女らをきちんとフォーロしてくれることを願ってならない。



今月、来月と凄まじいリリースラッシュとなりますが(特に11月)、1曲でも多くいい曲に出会いたいものですね。

皆様のお勧めの楽曲ありますかね?
スポンサーサイト




2007/10/01 23:38|音楽総評トラックバック:0コメント:5

コメント

お久しぶりです。
今年の作品はまぁまぁでしょうか。私も植村さんの「冷たい雨」は特に好きですね。後は個人的に好きで挙がっていないのは、柴咲コウ「ひと恋めぐり」柴田淳「カラフル」竹井詩織里「サイクル」RYTHEM「蛍火」といったところでしょうか。
あんまり期待は持てませんがZARDの未発表曲も一応。
ピロリ菌 #-|2007/10/03(水) 00:13 [ 編集 ]


私が好きなのは鬼束ちひろ「僕等 バラ色の日々」JYONGRI「Lullaby For You」「Catch Me」ナナムジカ「Sora」島谷ひとみ「真紅」竹井詩織里「同じ夜 違う朝」あたりです。
Perfumeも前から音楽番組で紹介されてて気になってたんですけど「ポリリズム」もすごく可愛くて好きです。
yoentown #ojm1IinY|2007/10/03(水) 02:43 [ 編集 ]


>ピロリ菌さんへ

昨年ほどではないですが、今年もいい作品が多いと思います。高レベルの曲数やアルバム数に関しては、今年の方が多いかもしれません。


>yoentownさんへ

Lullaby For Youは私も好きですね。島谷さん、鬼束さんはまだ聴いていません。気になりますね。

ナナムジカはちょっと・・・。何かすきになれないっす。

「ポリリズム」は中間の「ポリ、ポリ」の繰り返しが多いのが・・・。どちらかと言うとカップリングのSEVENTH HEAVENの方が好きですね。

個人的には「チョコレイト・ディスコ」「リニア・モータガール」「エレクトロ・ワールド」が特に好きですね。

ライブ行きてぇ~。

バツ丸 #-|2007/10/05(金) 00:59 [ 編集 ]


ポリ・・の繰り返しは私は好きだったりします。

「エレクトロワールド」と「コンピュータシティ」が特に好きです。


やたらアイドルかぶれしてるモノクロームエフェクトもなんか嫌いにはなれないですけどね。(笑)
昔はちょっとアイドル性が強かったんでしょうか。

ただ、Complete Bestは新録が1曲しかなかったのを見るとやっぱベストみたいな物なので、これからという感じがします。
yoentown #ojm1IinY|2007/10/07(日) 21:46 [ 編集 ]


> yoentownさんへ

ポリの繰り返しお好きですか・・・。個人的にはもうちょっと少なくても良かったのではと思いましたね。

私は「リニアモータガール」「エレクトロワールド」が特に好きです。

当初は地声が強くて、ほんとアイドル歌謡っぽさがありましたね。


やっと名が売れてきたところなので、これから先の活動・楽曲がどうなるかですね。楽しみに。
バツ丸 #-|2007/10/10(水) 01:21 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://badtzmaru.blog34.fc2.com/tb.php/612-fad15161

プロフィール 

聴いた曲の履歴!! 



プレイリスト詳細

アクセスカウンタ 

,
・トータルアクセス



・ユニークアクセス





ランキングに参加しています。よろしければクリックしていただき、投票にご協力いただけたらと思います。

その他コンテンツ 

・バツ丸のヲタク拝見
・過去のレビュー
・以前の他事争論
・名盤紹介
・墓場に持って行きたい曲
・月別CD DVD購入&試聴記録
・アルバムレビューについての説明

リンク 

ブログ検索 

おすすめCD!! 

購入・試聴CD 











DVD・その他 

Copyright(C) 2006 バツ丸のエンタメ問答 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。